「トランプ米大統領」とは?

関連ニュース

米国第一の安保戦略を公表 中ロに対抗、北朝鮮とイラン非難 - 12月19日(火)05:19 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、政権初の包括的な安保政策「国家安全保障戦略」を公表した。米国の国益を守...
カテゴリー:

「首都エルサレム」拒絶の決議案、米国が拒否権 安保理 - 12月19日(火)04:36 

【12月19日 AFP】国連安全保障理事会は18日、エルサレムをイスラエルの首都と認定したドナルド・トランプ米大統領の決定を無効とする決議案を採決したが、米国が拒否権を発動したことにより同決議案は廃案となった。≫続きを読む
カテゴリー:

「エルサレム首都認定」への反応でわかったアラブ諸国の本当の敵 - 12月19日(火)01:43 

12月6日、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、各国からの批判を一身に集めているトランプ米大統領。アラブ諸国からも非難の声が挙がってと報じられていますが、「マスコミ報道とは異なり、親米アラブ諸国の政権との関係は損なっていない」とするのは静岡県立大学グローバル地域センター特任助教の西恭之さん。西さんは軍事アナリストの小川和久さんが主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』で、その理由を記すとともに、アラブ諸国に「中東紛争=パレスチナ問題」という認識は存在しないと結んでいます。 [関連記事] ● 暗殺恐れて首相が電撃辞任。レバノンでいま何が起きてるのか?● 突然の「エルサレム首都」発言でトランプは誰を試したかったのか 親米アラブ諸国の多くはトランプに反発していない 通り一遍のマスコミ報道とは異なり、トランプ米大統領が12月6日、エルサレムをイスラエルの首都として承認したことは、エルサレムの聖地の管理権をもつヨルダンを例外として、親米アラブ諸国の政権との関係を損なっていない。サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、トランプ政権そしてイスラエルは、イランを中東最大の脅威と認識し、ガザ地区のハマス(イスラム抵抗運動)を含むムスリム同胞団を警戒ないし敵視している点で一致しているからだ。 サウジアラビアは、エルサレムに関するトランプ大統領の動きがまだ報道されていなかった11月21日の時点で、「リ...more
カテゴリー:

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手」と明示へ - 12月18日(月)20:34 

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は、18日に予定している国家安全保障戦略の発表で、中国とロシアは米国の競争相手であり、安全や繁栄を脅かそうとしているとの見解を述べる見通しだ。
カテゴリー:

【パレスチナ自治区ガザ】「北朝鮮人は80%オフ」 エルサレム問題で特別サービス 感謝の気持ち(但し北朝鮮人は1人もいない) - 12月18日(月)15:30  newsplus

【12月18日 AFP】「北朝鮮からのお客さんは80%オフ」──パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)のレストランが、こんな破格の大サービスを始めた。エルサレム(Jerusalem)をイスラエルの首都と認定したドナルド・トランプ米大統領(Donald Trump)を北朝鮮が非難したことへの感謝の気持ちだという。  ガザ北部ジャバリア(Jabalia)の難民キャンプでサリム・ラバア(Salim Rabaa)さんが経営するレストランの店頭には、「パレスチナの大義のために金正恩(キム・ジョンウン、 Kim Jong-Un )朝鮮労働党委員長が果たした役割に感謝し...
»続きを読む
カテゴリー:

米国が「世界の警察官を辞める」過程でエルサレム首都承認は起きた - 上久保誠人のクリティカル・アナリティクス - 12月19日(火)05:08 

トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都として正式に承認すると宣言し、米国の外交政策の歴史的大転換を行った。本稿では、「宣言」は過激ではあるが、決して「自分ファースト」ではなく、「アメリカファースト」という米国の党派を超えた新しい国家戦略の枠内の決断だと考える。
カテゴリー:

安保理:エルサレム「首都」撤回決議案を否決 米が拒否権 - 12月19日(火)03:13 

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は18日午後(日本時間19日未明)、エルサレムをイスラエルの首都とするトランプ米大統領の6日の認定を無効とし撤回を求める決議案を否決した。常任理事国の米国が拒否権を行使したため。一方、米国以外の全ての理事国14カ国が同案を支持し、この問題での米国の孤立ぶりが一層鮮明になった。
カテゴリー:

米大統領:「力による平和」新国家安保戦略を発表へ - 12月18日(月)20:35 

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は18日、ワシントン市内で演説し新たな国家安全保障戦略(NSS)を発表する。国境警備を含む国土安全保障の重要性を強調し、政権発足以来掲げる「力による平和」の姿勢を改めて打ち出す。
カテゴリー:

米新安保戦略、中ロけん制 トランプ大統領公表へ - 12月18日(月)20:24 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、政権初の包括的な安保政策「国家安全保障戦略」を公表する。米国に挑む三つ...
カテゴリー:

【国連安保理】エルサレム認定無効の安保理決議を採決する見通し、米が拒否権か - 12月18日(月)11:41  newsplus

http://yomiuri.co.jp/world/20171218-OYT1T50043.html  【ニューヨーク=橋本潤也】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを巡り、国連安全保障理事会は18日午前(日本時間19日未明)にも、エルサレムの地位の変更は無効だとする決議案を採決する見通しとなった。  米国が拒否権を行使するのは必至で、否決される公算が大きい。  決議案はエジプトが提出した。国連関係筋によると、決議案では、エルサレムの最終的な地位に関しては過去に採択された安保理決議に沿って、交渉で解決されるべきだと...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ米大統領」の画像

もっと見る

「トランプ米大統領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる