「トランプ米大統領」とは?

関連ニュース

駐米大使にアントノフ氏=ロシア - 08月21日(月)22:44 

 【モスクワ時事】ロシア大統領府は21日、プーチン大統領がアナトリー・アントノフ外務次官(62)を新たな駐米大使に任命したと発表した。前任のキスリャク氏はトランプ米大統領の陣営とロシア政府の癒着疑惑でしばしば名前が取り上げられた。 アントノフ氏は1978年にソ連(当時)外務省入省。2011~16年に国防省に出向し、国防次官を務めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

トランプ氏所有のリゾート施設、利用中止の団体が続出 - 08月21日(月)14:27 

トランプ米大統領が所有するフロリダ州の会員制リゾート施設「マール・ア・ラーゴ」でイベントを開催してきた団体が、相次いで利用中止を発表する事態となっている。背景には、バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義団体と反対派の衝突をめぐり、トランプ大統領が双方に責任があるとの見方を示したことがありそうだ。 フロリダ州のパームビーチ動物園は20日、団体の使命や文化に反するとして、マール・ア・ラー...
カテゴリー:

アングル:米政権、バノン氏解任でも米国第一主義は堅持へ - 08月21日(月)11:48 

[ワシントン/ブリッジウォーター(米ニュージャージー州) 19日 ロイター] - トランプ米大統領は腹心とされたバノン首席戦略官兼上級顧問を解任した。だがこれによって、投資家や米国の貿易相手を不安に陥れ、ホワイトハウス内のナショナリストと国際主義者の対立を招いた米国第一主義を、トランプ政権が放棄することはないとみられる。
カテゴリー:

トランプ米大統領、対アフガン政策の新方針を発表へ - 08月21日(月)11:25 

米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は米東部時間の21日夜(日本時間22日午前)に演説し、対アフガニスタン政策の「進路」を明らかにする。 ホワイトハウスが20日に発表したところによると、トランプ氏は午後9時にバージニア州フォートマイヤーの陸軍基地で演説を予定している。 これに先立ち、マティス国防長官は同日、新たな対アフガン政策が決まったと述べたものの詳細には言及せず、発表の時期はトランプ氏...
カテゴリー:

トランプ氏、混乱収拾へ正念場 夏休み終了 - 08月21日(月)10:45 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、東部ニュージャージー州ベッドミンスターにある自身のゴルフ施設での17日...
カテゴリー:

米イージス艦衝突、不明10人捜索=また第7艦隊所属-シンガポール東部沖 - 08月21日(月)17:51 

 【ワシントン、シンガポール時事】米海軍は20日(日本時間21日)、シンガポール東部沖を航行中のイージス駆逐艦「ジョン・S・マケイン」(9000トン、全長154メートル)がタンカーと衝突し、乗組員10人が行方不明、5人が負傷したと発表した。現場海域で捜索が続いている。米海軍は6月中旬にも静岡県・伊豆半島で同じ第7艦隊所属のイージス駆逐艦が衝突事故を起こしている。 トランプ米大統領は20日、記者団から事故について聞かれて「非常に残念だ」と語った。ツイッターには「駆逐艦の乗組員らに心からお見舞い申し上げる」と投稿した。 第7艦隊によると、事故の報告があったのは日本時間21日午前6時24分(シンガポール時間同日午前5時24分)ごろ。衝突はシンガポール領ペドラ・ブランカ島の北方で起きたとみられる。駆逐艦は左舷の船尾付近に損傷を受けたが、シンガポール紙ストレーツ・タイムズ(電子版)によると、駆逐艦は自力航行でシンガポールに到着した。 事故は、駆逐艦が寄港のためシンガポールに向かう途中に発生した。負傷した5人とも命に別条はない。衝突現場付近には、シンガポール海軍の艦船やヘリコプターが派遣され、捜索救難活動が行われている。また、衝突は南シナ海のマレーシア領海内で発生したとしてマレーシア海軍も捜索に参加している。 衝突したのはリベリア船籍のタンカー(約3万トン、全長183メートル)で、台湾から約1...more
カテゴリー:

米大統領、「夏季休暇」終了 - 08月21日(月)11:51 

20日、夏季休暇を終え、ホワイトハウスに戻ったトランプ米大統領(左)とメラニア夫人。スティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問の解任などで混迷が深まるホワイトハウスの立て直しが急務となる=ワシントン
カテゴリー:

米紙:トランプ氏へ批判強める 「民主主義の脅威」 - 08月21日(月)11:32 

 【ニューヨーク國枝すみれ】米南部バージニア州で衝突事件を起こした白人優位主義者らの肩を持ったとして、トランプ米大統領に対する米国の主要メディアの批判が強まっている。
カテゴリー:

トランプ米大統領、「夏季休暇」終了=ホワイトハウス立て直し急務 - 08月21日(月)11:04 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は20日、夏季休暇を終え、滞在先のニュージャージー州から首都ワシントンに戻った。スティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問の解任などで混迷が深まるホワイトハウスの立て直しが急務となる。 トランプ氏はオバマ前大統領が長期休暇を取っていたことを批判していたが、自身は17日間の休暇を取得。そのことを指摘されると「ワーキングバケーション」だと主張していた。 ワシントンに戻る直前にはツイッターに「熱心に働いた。これまでに見たことがないほど悲惨で不正直なフェイク(偽)ニュースを目撃し、ワシントンに戻る」と投稿した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米、アフガニスタン新戦略発表へ 駐留米軍4千人増派か - 08月21日(月)09:49 

【ワシントン共同】トランプ米大統領は米東部時間21日夜(日本時間22日午前)にアフガニスタンに関する新戦略を発表す...
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ米大統領」の画像

もっと見る

「トランプ米大統領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる