「トランプ次期米大統領」とは?

関連ニュース

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑 - 02月14日(火)19:00 

先日掲載の記事「騙されるな日本。いつから米国は「信用できる国」になったのか」で、「米中首脳会談でのトランプ大統領を手放しで信用し、アメリカ盲従主義に陥るのは危険」と警鐘を鳴らした無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。今回は、米中首脳会談の直前に突如として中国と「和解」したトランプ大統領の不可解な行動を取り上げ、「日本が利用される可能性」について持論を展開しています。 トランプ、「一つの中国」を認める 大統領就任前から、中国とガンガンやりあってきたトランプ。先日、大きな譲歩をしました。「一つの中国」を認めたのです。 革命的だった、トランプと蔡英文の電話会談 2016年12月2日、全世界に衝撃が走りました。なんと、トランプが台湾の蔡英文総統と電話会談をした。 <トランプ氏・蔡氏>米中関係の緊張必至…断交後初の協議 毎日新聞 12/3(土)22:28配信   【ワシントン会川晴之、台北・鈴木玲子、北京・石原聖】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、安全保障などの「緊密な結びつき」を確認した。政権移行チームが発表した。 それにしても、トランプさんと蔡英文総統が電話で話すと、なぜ中国は激怒するのでしょうか? 中国は台湾を主権国家とは認めておらず、台湾を中国の一部と主張する「一つの中国」原則の順守を米国に求めてきた。トランプ氏が台湾独立志向の強い民...more
in English
カテゴリー:

【経済】「下からの変化」は日本でも始まっている…投資と経営のプロ中のプロ、モハメド・エラリアンが読む2017年 - 02月02日(木)03:16 

イラストレーション=山崎正夫 2016年、IMFは16年と17年の世界経済成長率予測を下方修正した。イギリスのEU離脱による不確実性が理由だ。また、日本の場合は景気の牽引役不在も影響している。 トランプ次期米大統領誕生で、政権が歳出拡大し、インフレをあおるとの見方から、米国債は急落。世界的な債券売りに広がった。米10年債利回りは1月以降で初めての2%を超える。 モハメド・エラリアン◎パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(ピムコ)CEO兼Co-CIO(共同最高投資責任者)を経て、ピムコの親会社で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ氏、メイ英首相と1月27日に初の外国首脳との会談…31日にはメキシコ大統領とも会談、日本は2月上旬に先送り - 01月22日(日)14:03 

 【ワシントン=川合智之】スパイサー米大統領報道官は21日、トランプ米大統領が27日にホワイトハウスで英国のメイ首相と会談すると発表した。トランプ氏の大統領就任後、外国首脳との会談は初めてとなる。 欧州連合(EU)離脱交渉を控えるメイ氏と、米英の2国間貿易協定の早期締結などを協議するとみられる。  31日にはメキシコのペニャニエト大統領と会談する。トランプ氏は国境に壁を築き、メキシコ政府に建設費を払わせると公約。北米自由貿易協定(NAFTA)も再交渉するとしており、会談ではこうした移民、通商問題につ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相、2月上旬にトランプ大統領と初の首脳会談へ★2 - 01月22日(日)10:36 

政府は19日、安倍晋三首相とトランプ次期米大統領による初の首脳会談について、 2月上旬にワシントンのホワイトハウスで行う方向でトランプ氏側と最終調整に入った。 これまでトランプ氏就任直後の1月27日を目指してきたが、先方の受け入れ態勢が整わないことから先送りを決めた。 複数の日本政府関係者が明らかにした。  首相は首脳会談で、中国の海洋進出などにより厳しさを増すアジア太平洋地域の安全保障環境を踏まえ、 日米安保体制が地域の平和と繁栄に重要との認識を伝達。 トランプ氏が20日の就任初日の離脱を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】日本政府がTPP承認を閣議決定!! トランプ大統領を牽制したい ★2 - 01月21日(土)14:47 

政府、TPPの国内手続き完了 トランプ氏の脱退けん制 2017/1/20 12:09  政府は20日、環太平洋連携協定(TPP)の承認を閣議決定し、協定の取りまとめ役のニュージーランドに承認を通知して国内手続きを完了した。 承認通知は参加12カ国で初となる。トランプ次期米大統領のTPP脱退表明で協定の発効は極めて厳しい情勢だが、トランプ氏の就任前に日本として正式に承認を打ち出すことで、保護主義的な動きをけん制し 以下ソース https://this.kiji.is/194984560802039285 ★1の立った日時:2017/01/21(土) 12:21:21.38 前スレ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【速報】中国、アメリカの交渉圧力に屈し一定の譲歩か トランプ大統領「1つの中国」尊重を伝達 - 02月10日(金)13:30 

トランプ米大統領 「1つの中国」の原則を尊重 2月10日 13時17分 アメリカのトランプ大統領は、中国の習近平国家主席と電話会談し、習主席の求めに応じて「1つの中国」の原則を尊重することを伝えました。 トランプ大統領は、これまで「1つの中国」の原則を尊重するかどうかは中国の対応次第だとして見直す考えも示唆していました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010871601000.html 関連 2017年1月14日 「一つの中国」見直しも トランプ氏「全てを交渉」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【トランプ】トランプ氏の「反中」は口先だけか 上級顧問の娘婿は中国企業と不動産取引 セレブ同士で会食も - 01月24日(火)09:30 

http://www.recordchina.co.jp/a160637.html 2017年1月9日、米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ次期米大統領について 「反中姿勢は口先だけで、長女イバンカさんの夫で実業家のジャレッド・クシュナー氏は、 中国企業と不動産売却について交渉していた」と伝えた。参考消息網が報じた。 16年11月16日の夜、米ニューヨーク中心部マンハッタンの高級ホテル。高級中華レストランのテーブルに、 同ホテルを所有する中国金融大手・安邦保険集団の呉小暉(ウー・シアオフイ)会長と、クシュナー氏が同席していた。 2人はマンハッ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】中国経済、10-12月に一段と安定 個人消費が経済成長の牽引役に - 01月22日(日)13:36 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-20/OK23HF6TTDS001 中国経済の成長率は昨年10-12月(第4四半期)に前年同期比ベースで2年ぶりに加速した。景気がさらに安定する形となり、 共産党指導部が中立的な政策への移行を進め、トランプ次期米大統領との貿易摩擦の可能性に備える中で、余裕が生まれることになった。   国家統計局が20日発表した10-12月期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.8%増。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は6.7%増だった。2016年通年のGDPは6.7%増と、1990年以来...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相、2月上旬にトランプ大統領と初の首脳会談へ - 01月21日(土)23:11 

政府は19日、安倍晋三首相とトランプ次期米大統領による初の首脳会談について、 2月上旬にワシントンのホワイトハウスで行う方向でトランプ氏側と最終調整に入った。 これまでトランプ氏就任直後の1月27日を目指してきたが、先方の受け入れ態勢が整わないことから先送りを決めた。 複数の日本政府関係者が明らかにした。  首相は首脳会談で、中国の海洋進出などにより厳しさを増すアジア太平洋地域の安全保障環境を踏まえ、 日米安保体制が地域の平和と繁栄に重要との認識を伝達。 トランプ氏が20日の就任初日の離脱を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】日本政府がTPP承認を閣議決定!! トランプ大統領を牽制したい - 01月21日(土)12:21 

政府、TPPの国内手続き完了 トランプ氏の脱退けん制 2017/1/20 12:09  政府は20日、環太平洋連携協定(TPP)の承認を閣議決定し、協定の取りまとめ役のニュージーランドに承認を通知して国内手続きを完了した。 承認通知は参加12カ国で初となる。トランプ次期米大統領のTPP脱退表明で協定の発効は極めて厳しい情勢だが、トランプ氏の就任前に日本として正式に承認を打ち出すことで、保護主義的な動きをけん制し 以下ソース https://this.kiji.is/194984560802039285 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ次期米大統領」の画像

もっと見る

「トランプ次期米大統領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる