「トランプ次期大統領」とは?

関連ニュース

芸能、スポーツ…etc.2017年大予測「日本はこうなる!」 - 02月19日(日)11:00 

【芸能】SMAP、薬物疑惑…17年も週刊文春が猛威を振るう!?  2016年に引き続き、解散後も動向が気になるのがSMAPの面々だが、有力視されているのが「木村拓哉以外の4人の事務所独立」(芸能プロ関係者)だ。「木村の“裏切り”で独立が失敗したのは周知の事実。だから4人の独立は自然な流れと言えます。ですが、もし独立となったとき同時に予想されるのは、今までジャニーズ事務所が抑えていた4人のスキャンダルの一挙放出です」(女性誌記者)  事実婚状態といわれる香取慎吾の結婚話に加え、「草なぎ剛も結婚に向け渋谷区の高級住宅街で新居を探してるという話があります。リーダーの中居正広にも、どんな醜聞が飛び出すかは想像がつきません」(前同)  週刊誌といえば16年は『週刊文春』イヤー。しかし現場は、「足元をすくわれないよう緊張感を持って、粛々とスクープを追っています」(文春関係者)と言うように17年も芸能界を震撼させそうだ。気になるその中身を、芸能評論家の三杉武氏が分析する。 「17年はもう、普通の熱愛や破局は読者に響かなくなるでしょう。不倫などの生々しくエグい報道に慣れてしまいましたから、“どうせ番宣だろ”と思われるだけ。だからターゲットを変え、熱狂的なファンが多く、まだ手つかずで、神秘性が残る声優のスキャンダルが増えるのではないか」  そして、さらに増えるのは「薬物疑惑報道」(前出の三杉氏)だと...more
in English
カテゴリー:

トランプ氏側近、ロシア関係者と定期連絡 大統領選中に - 02月15日(水)14:50 

昨年の米大統領選の選挙期間中、共和党からの指名を受けていたドナルド・トランプ氏の高位のアドバイザーが、米国の情報機関に認知されているロシア人らと定期的に連絡を取っていたことが15日までに分かった。複数の情報筋がCNNに明らかにした。 事情に詳しい当局者によれば、ロシアの工作員と疑われる人物らとトランプ陣営の関係者との広範な通信の詳細については、当時のトランプ次期大統領とオバマ大統領の両者に報告...
in English
カテゴリー:

【宗教】安倍・トランプ会談は韓国系新興宗教の手配だった 新潮45報じる★5 - 01月23日(月)13:08 

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。 その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。 当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』 執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。 副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【海外】 ロバート・デニーロさんら“陣頭指揮” NYで「反トランプ」デモ 数千人が参加 ★2 - 01月22日(日)14:03 

 米ニューヨーク中心部のマンハッタンで19日、環境保護や女性の権利擁護を訴える団体のほか、俳優のロバート・デニーロさんや映画監督のマイケル・ムーアさんらリベラル派著名人の呼び掛けで、トランプ次期大統領に抗議する集会が開かれ、米メディアによると、数千人が参加した。  集会ではデニーロさんのほか、黒人運動の有力指導者シャープトン師、ニューヨークのデブラシオ市長らが登壇。ムーアさんは「トランプ政権に抵抗しよう。私たちは勝てる。彼は(大統領任期の)4年間もたない」などと気勢を上げた。  ワシントンで...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【宗教】安倍・トランプ会談は韓国系新興宗教の手配だった 新潮45報じる★3 - 01月21日(土)09:10 

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。 その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。 当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』 執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。 副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

露「サイバー攻撃」対応にみるトランプ大統領の外交センス - 02月16日(木)07:00 

 米国のドナルド・トランプ大統領の舵取りに、世界中の注目が集まっている。その最たるものが、対露外交の方向性だろう。  オバマ前大統領は、米大統領選中の「サイバー攻撃」を巡って、露外交官に厳しい処分を科した。さて、新大統領は、前任者の大きな置き土産をどう片付けるか。作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏が解説する。  * * *  米国のオバマ大統領(当時)は、ロシアがサイバー攻撃を仕掛けて米大統領選挙に介入したとの理由で、去年12月29日、米駐在のロシア外交官35人に72時間以内の国外退去を求めた。  ロシア、米国、中国、イスラエルなどのインテリジェンス大国がサイバー攻撃を行っていることは公然の秘密だ。むしろ、米国の民主党が、サイバー攻撃に脆弱なシステムを使っていたことが問題だというのが、インテリジェンス業界での相場観だ。  しかし、オバマ氏の基準は業界基準と異なるようだ。GRUやFSBは、米国の民主党のみならず共和党のサイトに対してもサイバー攻撃を行って機微に触れる情報を入手したが、共和党に関する情報は秘匿し、民主党に関する情報のみをリークしたことが、汚いと考えているようだ。  ロシアのサイバー攻撃がなかったならば、民主党のクリントン候補が大統領に当選していたということを強く滲ませる主張だ。見方を変えるならば、米国の民主主義は、ロシアのサイバー攻撃によって基盤を覆されるほど脆弱である...more
in English
カテゴリー:

松山英樹が世界ランクトップ5キープ 今季初VのJ・スピースは松山を抜かせず - 02月13日(月)17:41 

<男子世界ランキング> 米国男子ツアー「AT&Tペブルビーチ・プロアマ」終了時の最新の男子世界ランキングが発表された。 【関連写真】海外メディアも松山英樹のスイングに注目 連続写真解析 同大会で今季初勝利を挙げた世界ランク6位のジョーダン・スピース(米国)だったが5位の松山英樹を抜かせず。0.1ポイント差の6位にとどまっている。 単独3位の好成績で終えたダスティン・ジョンソン(米国)もヘンリック・ステンソン(スウェーデン)との入れ替わりで3位に返り咲き。また、欧州とアジア共催試合「メイバンク選手権」を制したファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)は187位から86位に大きくジャンプアップを果たした。 日本勢は2番手に35位の池田勇太、3番手に58位の谷原秀人が続く。石川遼は109位と順位に変動はなかった。 松山は今週開催の米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」に石川と共に出場予定。同大会にはスピースもエントリーしているが、ステンソンは欠場。今大会で活躍すればさらに上の順位も見えてくる。 【男子世界ランキング】 1位:ジェイソン・デイ(9.98pt) 2位:ローリー・マキロイ(9.30pt) 3位:ダスティン・ジョンソン(9.11pt) 4位:ヘンリック・ステンソン(8.79pt) 5位:松山英樹(8.70pt) 6位:ジョーダン・スピース(8.59pt) 7位:ア...more
in English
カテゴリー:

【宗教】安倍・トランプ会談は韓国系新興宗教の手配だった 新潮45報じる★4 - 01月22日(日)17:23 

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。 その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。 当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』 執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。 副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【米国】トランプ氏就任式に寄付金1億ドル オバマ氏就任時の倍に - 01月22日(日)01:27 

 米国ドナルド・トランプ次期大統領の就任式が米国東部時間1月20日の午前に首都ワシントンで行われる。 就任式実行委員会はトランプ氏の支持者などから集まった寄付金が1億ドル(約115億円)に達したと示した。2009年に行われたオバマ大統領の就任式で集まった金額より倍となり、すべて就任式費用に充てられる。 詳細 http://www.epochtimes.jp/2017/01/26685.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【アベノミクス】財政健全化目標、期限にこだわる必要ない=浜田参与 - 01月21日(土)08:27 

インタビュー:財政健全化目標、期限にこだわる必要ない=浜田参与 写真は都内の外国特派員協会で行われた記者会見で、2014年12月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato) ロイター Business | 2017年 01月 20日 14:11 JST http://jp.reuters.com/article/interview-hamada-idJPKBN1540DN [東京 20日 ロイター] - 安倍晋三首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一・米イエール大名誉教授は19日、ロイターとのインタビューで、金融緩和の効果を高めるためには財政政策の拡大が不可欠とし、消費税率引き上...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ次期大統領」の画像

もっと見る

「トランプ次期大統領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる