「トランプ政権」とは?

関連ニュース

【企業】東芝米原発子会社が破産申請決定 トランプ政権が懸念を表明「安全保障問題」 - 03月29日(水)14:50 

https://this.kiji.is/219572323833824764?c=39546741839462401 経営再建中の東芝の米原発子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が米連邦破産法11条の適用申請を決め、 手続きに入ったことが29日、分かった。東芝も同日の取締役会で承認した。関係者が明らかにした。 申請すれば即日適用される見通しだ。日本の民事再生法に相当する再建型の破綻処理で、東芝は1兆円規模に 上るとみられる損失額を確定する。WHを連結対象から切り離し、海外の原発事業からも撤退、財務基盤を立て直す。  ロイター通信は、米政府筋の話...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ氏支持率、36%に 前政権の最低記録はや更新 - 03月29日(水)11:27 

 米ギャラップによる世論調査で、トランプ米大統領への支持率が36%に落ち込み、政権発足以来で最低を記録した。同社が実施したオバマ前大統領の任期中の最低支持率は38%。トランプ政権は発足からわずか2カ月…
in English
カテゴリー:

【国際】世界銀行に次ぐ規模となった「AIIB」 米中首脳会談で米国の「AIIB」加盟が議題にのぼる可能性も - 03月29日(水)10:52 

https://zuuonline.com/archives/144505 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は3月23日、カナダ、香港をはじめ、13カ国・地域の新規加入申請を承認した。これで加盟国は70カ国・地域となり、 の上ではアジア開発銀行を上回り、世界銀行に次ぐ規模となった。 一帯一路戦略とAIIBは一対の関係 習近平国家主席はこの時、アセアン諸国訪問前に中央アジア諸国を訪れているが、そこで提唱したのが一帯一路戦略である。 一帯一路戦略とは、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードの2つのルートにおける発展戦略である。前者は中国、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

IATA事務局長「効果ない」、米電子機器持ち込み禁止措置を批判 - 03月29日(水)09:08 

[モントリオール 28日 ロイター] - 国際航空運送協会(IATA)のドジュニアック事務局長は28日、米トランプ政権が一部イスラム教国家から米国への直行便でノートパソコンなどの機内持ち込みを禁止したことを批判した。
in English
カテゴリー:

トランプ氏は難民救済を - 03月29日(水)09:05 

米ニューヨークにあるトランプ大統領の所有するビルの前で28日、トランプ政権が進める難民・移民対策に抗議するデモが開催された。デモ隊は難民らが避難の際に使用するボートを手に持ち、彼らの救済を訴えた。
in English
カテゴリー:

トランプ政権、中国製アルミ箔を調査 不当廉売疑いで制裁関税へ - 03月29日(水)12:23 

 米商務省は28日、中国製のアルミ箔が米国に不当に安い価格で輸入されていないかどうか調査を始めると発表した。不正行為が明らかになれば、独立機関である米国際貿易委員会(ITC)の認定を経て、反ダンピング(不当廉売)関税や、中国政府の補助金分に相当する相殺関税を課す方針だ。
in English
カテゴリー:

トランプ政権、気候変動対策見直しを指示 パリ協定達成遠のく CO2削減目標で - 03月29日(水)11:02 

 【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領は28日、オバマ前大統領が決めた気候変動対策の見直しを環境保護局(EPA)に命じる大統領令に署名した。二酸化炭素(CO2)排出量に対する規制の撤回につながる可能性があり、地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」で表明した温室効果ガス排出量削減目標の達成は遠のきそうだ。
in English
カテゴリー:

米商務省:中国製アルミホイルを調査 政権初、不当廉売で - 03月29日(水)10:24 

 【ワシントン清水憲司】米商務省は28日、中国製アルミホイルの反ダンピング(不当廉売)調査に着手すると発表した。中国政府による輸出補助金の支給などが確認されれば制裁関税を課す。トランプ政権は中国などによる不公正貿易の取り締まり強化を掲げており、米メディアによると、政権初の調査開始となる。
in English
カテゴリー:

個別銘柄戦略:AIやドローン、宅配ボックス関連などのテーマ株に注目 - 03月29日(水)09:06 

28日の米国市場は、トランプ政権に対する不透明感が根強いものの、原油相場の上昇が好感されたほか、消費者信頼感指数が大きく上昇し、米経済の力強さに対する楽観があらためて広がった。
in English
カテゴリー:

沖縄に「大東亜戦争」を評価する記念碑を建てた台湾。台湾政策が劇的に変わる【評論家・江崎道朗】 - 03月29日(水)08:53 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第8回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆台湾から届いた熱烈な親日メッセージ  昨年8月15日、台湾の方々の手によって大東亜戦争を「評価する」記念碑が建てられている。場所は、沖縄南部の糸満市にある沖縄平和祈念公園の、各県の慰霊塔が立ち並ぶ摩文仁の丘の一角だ。沖縄戦で亡くなった人々を慰霊・追悼する聖地である。  「台湾之塔」という文字は、台湾総統の蔡英文氏による揮毫だ。昨年台湾に誕生した蔡英文政権は中国共産党と距離を置き、日米との関係を重視している。日本台湾平和基金会などによる「碑文」には、こう書かれている。 《台湾之塔は、先の大戦に台湾から参戦し散華された軍人軍属などの御霊を慰霊・顕彰する碑であります》  慰霊は霊を慰めるという意味。顕彰とは「隠れた功績・善行などをたたえて広く世間に知らせること」という意味だ。  大東亜戦争において日本軍とともに戦った台湾人の功績・善行をたたえて、広く世間に知らせようと碑文は呼びかけているわけだ。  お隣の韓国・北朝鮮は、戦前・戦中に日本軍に協力した人たちを批判し、あるいは「日本軍の犠牲者」だと決めつけ、「反日宣伝」の道具として使っているが、台湾は、日本軍とともに戦ったことを「功績・善行」と捉えているのだ。  実...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ政権」の画像

もっと見る

「トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる