「トランプ政権」とは?

関連ニュース

司法妨害捜査、9月終結の見通し 7月にトランプ氏聴取か - 05月21日(月)09:12 

【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは20日、トランプ政権のロシア疑惑に絡み、トランプ大統領の弁護士を務め...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

日米、揺らぐ「対中共同歩調」…トランプ政権の対日強硬姿勢、足かせに - 05月19日(土)22:56 

 米中両政府が通商問題をめぐり協議する中、日本は両国のはざまで難しい対応を迫られている。日本は、中国による知的財産侵害などへの対応で米国と共同歩調を模索する一方、米国は鉄鋼の輸入制限などで対日強硬姿勢を崩さないためだ。今後も中国の不公正貿易に米国と連携して対処する考えだが、トランプ政権の出方次第では、日米の足並みが乱れる恐れもある。
カテゴリー:

「完全な非核化」実行は難航も=検証・不可逆性に課題 - 05月19日(土)15:37 

 【ワシントン時事】トランプ米政権は6月12日の米朝首脳会談で、北朝鮮に「体制の保証」を与える代わりに「完全な非核化」を求める方針だ。だが、金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に「本気」の姿勢を示したとしても、それを実行に移すのは容易ではない。実際の作業は難航が予想されている。 トランプ政権が求める「完全かつ検証可能、不可逆的な非核化」で、最初の関門になるのが国際原子力機関(IAEA)や米国などが担うとみられる「検証」の部分。「申告したものを検証するのは簡単だが、申告していないものの検証は困難」(アインホーン元国務省調整官)だからだ。 米国は、北朝鮮が保有する核兵器の数や、核兵器に転用可能な高濃縮ウランやプルトニウムの保有量を完全につかめてはいない。国防情報局(DIA)は核兵器の数を最大60発と推定しているとされるが、米シンクタンクは13~30発と見積もる。核関連施設の場所もすべては特定できていないとみられ、「100%の検証は不可能」(元米政府高官)なのが現実だ。 また、核施設の無能力化や核物質の国外搬出などを指す「不可逆的」な措置について、ガルーチ元国務次官補は「(一度獲得した)核兵器開発能力を北朝鮮から取り除くことはできない」と指摘する。北朝鮮が閉鎖した核施設を再開したり、新たに造ったりすることを完全に阻止することは難しい。 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、核兵器の解体・...more
カテゴリー:

トランプ政権、駐韓大使に横須賀生まれのハリス司令官 - 05月19日(土)10:06 

 米ホワイトハウスは18日、空席の駐韓大使に太平洋軍トップのハリー・ハリス司令官(海軍大将)を指名する、と発表した。2月にハリス氏を駐オーストラリア大使とする人事が発表されており、発表後の大使人事の変…
カテゴリー:

米、対イラン新戦略発表へ=欧州に共闘呼び掛け - 05月19日(土)06:51 

 【ワシントン時事】米国務省は18日、ポンペオ国務長官が21日に対イラン新戦略を発表すると明らかにした。トランプ政権のイラン核合意離脱決定を踏まえ、イランによる弾道ミサイル開発や周辺国への介入といった脅威に対応する基本方針を提示し、欧州諸国などに共闘を呼び掛ける。 国務省のフック政策企画局長は電話による記者会見で、ミサイル技術拡散やテロ支援など「イランの脅威全体に立ち向かう新たな枠組みが必要だ」と指摘。新戦略を通じ「米国のイラン核合意離脱決定後の新たな安全保障構造を実現するための外交ロードマップ(行程表)を提示する」と説明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米、シリア北西部への支援打ち切りへ 影響力低下の懸念も - 05月20日(日)14:31 

米国のトランプ政権がシリア安定化に向けた支援を見直し、同国北西部での支援事業を打ち切るとの見通しが20日までに明らかになった。米国務省当局者がCNNに語った。 同当局者によると、米国では現在、トランプ大統領の指示を受け、シリア安定化に向けた2億ドル(約220億円)規模の支援の見直しが進められている。またこの金額とは別に、シリア北西部での支援事業の資金を同国北東部への支援拡大に回す計画があるとい...
カテゴリー:

米国:駐韓大使にハリス氏 対中タカ派を起用 - 05月19日(土)21:49 

 【ワシントン高本耕太】米ホワイトハウスは18日、太平洋軍司令官を務めるハリス海軍大将を駐韓大使に指名すると発表した。上院の承認を経て就任する。トランプ政権は2月、ハリス氏を次期駐オーストラリア大使に指名したが、空席の韓国大使への起用を提言したポンペオ国務長官の要請を受け、撤回していた。北朝鮮の核・
カテゴリー:

米高校乱射:銃規制論議の再燃必至、続く悲劇に無力感も - 05月19日(土)10:26 

 米南部テキサス州の高校での18日の銃乱射事件は、各地の学校で銃犯罪が頻発し、高校生らが銃規制強化を求める声を上げている中で起きた。銃をなくそうとの訴えに対し、トランプ政権は教師に銃を持たせて学校の安全を確保すべきだとの立場。論議の再燃は必至だ。
カテゴリー:

米中貿易協議が終了へ 不均衡是正へ前進か - 05月19日(土)08:29 

 米中両政府は18日、2日間の貿易協議を終える。トランプ政権は、米国の大幅赤字になっている貿易上の不均衡を是正するため、中国に輸入増を要求。中国は歩み寄る姿勢を見せており、交渉は前進した可能性がある。
カテゴリー:

「対米黒字22兆円削減」 中国提案、貿易摩擦長期化回避へ譲歩 - 05月19日(土)06:11 

 米中両政府は17日、ワシントンで閣僚級の通商協議を始めた。トランプ政権の当局者によると、中国は米製品の輸入拡大などの措置により、年間の対米貿易黒字を2000億ドル(約22兆1920億円)削減する案を提示したという。中国は米国の要求をのむことで、貿易をめぐる米中対立の長期化を避けたい考えだ。ただ、中国外務省の陸慷報道官は18日、「私が知る限りそのような提案はしていない」と否定した。
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ政権」の画像

もっと見る

「トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる