「トランプ政権」とは?

関連ニュース

【国際】米、北朝鮮と取引の企業に制裁へ トランプ氏が大統領令 ★2 - 09月22日(金)06:44  newsplus

9/22(金) 2:58配信 AFP=時事 米ニューヨークで、韓国の文在寅大統領との会談に臨むドナルド・トランプ大統領(2017年9月21日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は21日、北朝鮮と取引をする外国企業に制裁を科すことを可能とする大統領令に署名したと発表した。北朝鮮に対する圧力を劇的に高める措置だ。  大統領令は「北朝鮮との貿易に資金を調達し、助長する個人や企業」に対する制裁を可能にし、北朝鮮政権に対する経済的締め付けを大幅強化する内容。制裁が発動さ...
»続きを読む
カテゴリー:

カリフォルニア州:国境の壁建設は違憲 差し止め求め提訴 - 09月21日(木)20:49 

 米西部カリフォルニア州は20日、トランプ大統領が公約にしたメキシコ国境への壁建設は「違憲で連邦や州の環境法にも違反する」として、トランプ政権を相手取り、差し止めを求める訴訟を同州サンディエゴの連邦地裁に起こした。米メディアによると、壁を巡る州の提訴は初めて。【ニューヨーク】
カテゴリー:

米国株見通し:トランプ政権の政策運営リスクで利食いの流れか - 09月21日(木)18:22 

S&P500先物 2503.00(-2.25) (17:50現在) ナスダック100先物 5968.75(-2.25) (17:50現在) 17:50時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。
カテゴリー:

特別検察官 ホワイトハウスに“資料”要求 9/21 17:57更新 - 09月21日(木)17:57 

アメリカのトランプ政権とロシアを巡る疑惑を捜査している特別検察官が、ホワイトハウスに対しトランプ大統領に関する資料を提出するよう求めたと有力紙が報じた。
カテゴリー:

「アメリカ発の全世界監視社会がやってくる」日本の進むべき道は? ――堤未果×中西輝政の緊急対談 - 09月21日(木)15:54 

 ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任してから半年以上の月日が流れた。就任直後からロシアゲートほか、度重なるスキャンダルに見舞われ、人事の迷走をはじめ、政策遂行能力は著しく失われた。また、8月に入り、白人至上主義団体への擁護ともとれる発言が取り沙汰されるなど、トランプ大統領誕生以降、我々がかねてより抱いていた“自由の国”アメリカのイメージは、すっかり影をひそめてしまった印象がある。  いったい、彼の国にいま何が起きているのか。その謎を解き明かす書物として注目されているのが、『アメリカ帝国衰亡論・序説』、『【増補版】アメリカからが消える』の二冊。京大名誉教授の中西輝政氏と国際ジャーナリストの堤未果氏。両著者による緊急対談をお届けする。 ――トランプ政権が発足してから、およそ半年が経ちました。改めて振り返ってみた印象について教えてください? 中西輝政(以下、中西):「トランプはトランプ」ということに集約されると思うんです。日本から米軍を引き上げる、保護貿易政策を推進するといった選挙前の公約は、「大統領に就任したら少しまともになるんじゃないか」なんて空気感も日本にはありましたが、それはやはり幻想にすぎないということですよね。この政権は大変ということは、もっと自覚しないといけない。ショックを受けたり、パニックになる必要は何もないんですけどね、アメリカが画期的に変わっていくんだとい...more
カテゴリー:

【国際】米、北朝鮮と取引の企業に制裁へ トランプ氏が大統領令 - 09月22日(金)03:28  newsplus

9/22(金) 2:58配信 AFP=時事 米ニューヨークで、韓国の文在寅大統領との会談に臨むドナルド・トランプ大統領(2017年9月21日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は21日、北朝鮮と取引をする外国企業に制裁を科すことを可能とする大統領令に署名したと発表した。北朝鮮に対する圧力を劇的に高める措置だ。  大統領令は「北朝鮮との貿易に資金を調達し、助長する個人や企業」に対する制裁を可能にし、北朝鮮政権に対する経済的締め付けを大幅強化する内容。制裁が発動さ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏:エジプト支援削減の撤回検討を表明 - 09月21日(木)20:10 

 【ニューヨーク高本耕太】エジプトのシシ政権による強権体質への国際社会の懸念が高まる中、トランプ米大統領は20日、エジプト政府に通告していた支援の削減方針の撤回を検討していると表明した。歴代米政権と比べ、トランプ政権は人権問題を重視していないとの声もある。
カテゴリー:

4年制大学を出ても高卒レベルの仕事に… 閉塞するアメリカの労働者階級の現在 - 09月21日(木)18:00 

2016年11月。アメリカ大統領選挙は波乱を生む結果となった。ドナルド・トランプ大統領の誕生――知識人やエリートたちはこの事態に慌てた。事前調査では民主党のヒラリー・クリントン候補が優勢と言われていたが、その予測は見事に外れた。“Make America Great Again”というトランプの掲げたスローガンに動かされたのは、白人労働者(ホワイト・ワーキング・クラス)という人々だ。『アメリカを動かす「ホワイト・ワーキング・クラス」という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体』(ジョーン・C・ウィリアムズ著、山田美明・井上大剛訳、集英社刊)は、アメリカのポピュリズムを支えるホワイト・ワーキング・クラスの実体に迫る一冊。今回はホワイト・ワーキング・クラスについて、本書で解説文を執筆している慶應義塾大学SFC教授の渡辺靖さんにお話をうかがった。そのインタビュー中編だ。インタビュー前編はこちら(取材・文/金井元貴)■トランプの主張はなぜ白人労働者層に響いたのか?――日本から見ても「トランプ政権は大丈夫だろうか?」と思うことがありますが、そういう状況であってもトランプの支持基盤は揺るがないということでしょうか?渡辺:そうでしょうね。トランプ大統領の主張は反グローバル、反エスタブリッシュメント(支配階級)、反リベラルが特徴的です。グローバル化によっ...more
カテゴリー:

【ドイツ総選挙】メルケル独首相が放つ「無敵のオーラ」は本物か 専門家が分析 - 09月21日(木)17:32  newsplus

http://jp.reuters.com/article/wallace-merkel-idJPKCN1BW09U Paul Wallace [19日 ロイター] - 先の読めない緊張感が漂っていた今年のオランダ、フランス、英国における総選挙とはまったく対照的に、24日に控えたドイツ連邦議会(下院)選挙は際立って退屈な展開となっている。 「シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)」で知られるドイツでは、メルケル首相が4選に向けた道を固めつつあるなかで、嵐(シュトゥルム)も衝動(ドラング)もないベタなぎの選挙戦が繰り広げられている。 勝利がほぼ確実視されるメル...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ政権 国連舞台に「北朝鮮包囲網」 9/21 11:54更新 - 09月21日(木)11:54 

アメリカのトランプ政権は国連総会を舞台に「北朝鮮包囲網」作りを活発化させている。トランプ大統領は20日、アフリカ各国の首脳らと会談し、国連の制裁決議を履行するよう協力を呼びかけた。
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ政権」の画像

もっと見る

「トランプ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる