「トランプ大統領」とは?

関連ニュース

武器輸出合意で防衛関連株↑ダウ89ドル高 5/23 7:29更新 - 05月23日(火)07:29 

22日の米・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価は前週末比89ドル99セント高の2万0894ドル83セントで取引を終えた。トランプ大統領がサウジアラビアに対して巨額の武器輸出で合意したことを受け、ボーイングなど防衛関連の株が大きく買われた。
カテゴリー:

トランプ大統領、イスラエル重視をアピール 5/23 7:04更新 - 05月23日(火)07:04 

イスラエルを訪問しているアメリカのトランプ大統領は22日、現職の大統領として初めてユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪れ、イスラエル重視をアピールした。対立するパレスチナとの仲介役を本当に果たせるのか。井上幸昌記者が伝える。
カテゴリー:

トランプ大統領「イランに核兵器持たせない」 - 05月23日(火)06:18 

イスラエルを訪問しているアメリカのトランプ大統領はネタニヤフ首相と会談し、対立するイランについて、「決して核兵器を持たせることはない」と述べ、イスラエルの安全保障に関与していく姿勢を明確にしました。
カテゴリー:

戦前なら不敬罪--森友学園の教育内容は現代の右派がイメージする「コスプレ劇」 - 05月23日(火)06:00 

日本の教育が揺れている。復古的な教育方針で知られた森友学園の国有地売却問題に対する首相夫人の関与疑惑や、3月末までに歴代事務次官を含む43人が処分を受けた文科省OBの天下り問題など、何かとグレーな事件が頻発しているのだ。 明治以来、日本の教育行政は政治や世論にしばしば翻弄されてきた。その歴史を「文部省」(現・文部科学省)をキーワードに読み解いたのが『文部省の研究「理想の日本人像」を求めた百五十年』である。著者の辻田真佐憲(つじた・まさのり)氏に聞いた。 * * * ―戦前の教育勅語を絶対視し、その復活を求める保守派の声が近年強まっているように思えます。しかし、歴史的に見れば教育勅語はしばしば改訂が議論されてきたとか。 辻田 教育勅語は明治23年、列強の植民地化におびえる日本が、国民の統合を目的として定めたものです。そのため、日本が大国化した日清戦争後から早くも改訂が議論され、解釈も柔軟になされてきた。教育勅語は本来「死守すべき絶対的な方針」では決してなかったのです。 そもそも明治前半時点の“望ましい道徳を形”にした文書にすぎないのですから、現代の時代にも合いません。教育勅語の復活はナンセンスな主張です。 ―戦後70年以上を経た現...more
カテゴリー:

米・イスラエル首脳、中東和平交渉再開に意欲 - 05月23日(火)05:37 

 中東を訪問中のアメリカのトランプ大統領は、イスラエルでネタニヤフ首相と会談しました。会談後、両首脳は「簡単ではない」としながらも、中東和平交渉の再開に強い意欲を示しました。現地からの報告です。
カテゴリー:

ピュリツァー賞 パナマ文書報道などに授賞 - 05月23日(火)07:15 

アメリカの優れた報道などに贈られるピュリツァー賞の授賞式が行われ、トランプ大統領が運営していた財団の不透明なカネの流れを追及したワシントン・ポストや、世界各国の首脳などによる資産隠しや課税逃れを暴いた「パナマ文書」を報道したICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合などが受賞しました。
カテゴリー:

もし大統領が弾劾されたら 知っておきたい米での手続き・裁判 - 05月23日(火)06:18 

 ワシントンで「弾劾」がにわかにささやかれ始めている。議員がすぐに行動を起こすことは意味しない。だがロシアによる昨年の米大統領選への関与疑惑に関連し、トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)長官だったジェームズ・コミー氏に、フリン前大統領補佐官への捜査をやめさせようとしたと報じられたのを受け、一部の法学者や元検察官からは、トランプ氏の行為が弾劾のレベルに達しているとの声が上がっている。弾劾手続きをQ&A方式で解説する。
カテゴリー:

イラン大統領「ミサイル実験継続」米に反発 5/23 6:16更新 - 05月23日(火)06:16 

イランのロウハニ大統領は22日、米・トランプ大統領が対イラン包囲網構築の動きを強めていることを受け、「米国が私たちの地域を理解していないのが問題だ」などと強く反論。ミサイル発射実験について、「平和と防衛のため」として継続する考えを強調した。
カテゴリー:

サウジ 米企業を大歓迎 トランプ大統領初の中東外遊に同行 - 05月23日(火)05:52 

 トランプ米大統領の就任後初となる中東外遊では、訪問先のサウジアラビアで大型投資案件の発表が相次いだ。経済的恩恵は国防分野にとどまらず、首都リヤドで20日に開催された「サウジ・米最高経営責任者(CEO)フォーラム」には30を超える米主要企業が参加しており、サウジとの取引拡大を虎視眈々(たんたん)と狙っている。
カテゴリー:

北朝鮮を「外交カード」として利用する中国の密かな野望 - 05月23日(火)05:00 

長引く北朝鮮問題でアメリカに協力する姿勢を匂わせながらも、実際には何もしていないと言われる中国。その理由を知るヒントは、長年続く中国と北朝鮮の関係性にあるようです。今回の無料メルマガ『石平(せきへい)のチャイナウォッチ』では、両国の事情に詳しい著者の石平さんが、問題解決に動かない中国の「真意」に迫ります。 中国は北朝鮮制御の「必殺の剣」を決して抜かない トランプ大統領はそれが分かってきた 今、北朝鮮問題への中国の関与が世界的に注目されている。米トランプ政権が問題解決へ向けて中国の役割を大いに期待していることは周知の通りだ。ならば中国は果たして、期待されるような働きをしてくれるのだろうか。中国にとって北朝鮮、あるいは北朝鮮問題とは何か、を見てみよう。 北朝鮮は以前から、中国にとって「話を聞かない厄介な弟分」という面は確かにある。しかしその一方で、中国からすれば北朝鮮は、さまざまな利用価値のある「貴重な存在」でもある。 例えば、鄧小平時代以来の中国の歴代政権が最も重要視している対米外交において、北朝鮮は時々、中国にとって有効なカードの一枚になるのである。北朝鮮が何らかの際どいことをやって暴れ出すと、アメリカは必ず中国に頭を下げて協力を求めてくるから、その分、中国のアメリカに対する立場が強くなる。 今の米中関係はまさにそうである。 当選した当時、中国に対して厳しい姿勢を示したトランプ大統...more
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ大統領」の画像

もっと見る

「トランプ大統領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる