「トム・ハンクス」とは?

関連ニュース

トム・ハンクス「ゲーム・オブ・スローンズ」監督の新作SFに主演 - 11月19日(日)11:00 

大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミー賞監督ミゲル・サポチニクがメガホンをとる新作SF映画「Bios(原題)」に、トム・ハンクスが主演すると米バラエティが報じた。ロバート・ゼメキスが...
カテゴリー:

「SNSで社員に全生活を配信させちゃう会社」が舞台の映画『ザ・サークル』監督インタビュー:「『ずっと働きたい』と主人公が思えるような会社を目指しました」 - 11月16日(木)20:30 

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved. 社会派っぽさとSFっぽさが絶妙に融合。2017年11月10日に公開された映画『ザ・サークル』は、「行きすぎたSNSが暴走を始める」というキャッチコピーがなんとも今風。何が起こるかと言えば、ひとりの若い女性が自らの全生活をSNSで配信、予想もしなかったトラブルに見舞われてしまいます。そんなの見えてる地雷な感じがしますが、彼女だって理由なくそんなことをするわけではありません。巨大SNS「サークル」の運営会社に勤めている彼女は、広報活動の一環として自らの生活を公開するんです。あくまでお仕事。彼女の勤めるサークル社は、一言で言うならGoogle(グーグル)みたいにデバイスも作るFacebook。SNS(Webサービス)を運営しつつも、それに紐付くスマートフォンなんかも作っています。サークル社は新製品として、どこからでもSNSに写真や動画をアップできる小型カメラを発表、主人公のメイはその広報担当に抜擢され、新製品を使ってできるPRとして自分の生活をSNSで配信するという設定です。四六時中SNSに配信する主人公はすぐに膨大なフォロワーを獲得。しかし、オフィシャルな行動だけでなく、家族や友だちとの大切な会話も見知らぬフォロワーた...more
カテゴリー:

エマ・ワトソンの無邪気な笑顔をキャッチ! 『ザ・サークル』オフショット独占解禁 - 11月15日(水)06:30 

 トム・ハンクスとエマ・ワトソンが初共演を果たした公開中の映画『ザ・サークル』より、2人やジェームズ・ポンソルト監督の撮影時の様子を写したメイキング画像が解禁され、真剣なまなざしで会話する監督やキャストの姿、笑顔ではしゃぐエマなど、スクリーン上では観られない貴重な様子を見ることができる。【関連】「エマ・ワトソン」フォトギャラリー 本作は、デイヴ・エガーズの同名小説をもとに、世界No.1のシェアを誇る巨大SNS企業「サークル」に入社した女性・メイ(エマ)が経験するSNSの脅威を描くサスペンス。憧れの企業に採用された新人のメイはカリスマ経営者・ベイリー(トム)の目にとまり、超小型カメラによる新サービス「シーチェンジ」のモデルケースとして自らの24時間を公開し、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得るが…。 解禁されたメイキング画像では、ジェームズ監督を挟み真剣に会話する2人や、撮影機材を片手に笑顔ではしゃぐエマの姿、大勢の群衆に囲まれる中での演技に挑む彼女のオフショットが公開されている。 メイを演じるにあたり「とても共感できる」と語るエマ。「若い頃から人目に晒されてきた人間として、公私の線引はいつも重要だと感じていたわ。この役、この映画を通して、以前よりもずっと強くそう思うようになったわね」と、本作への出演が自らの考えに影響したことを吐露している。 ジェームズ監督は、本作のキャストにつ...more
カテゴリー:

スティーヴン・スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が2018年3月に日本公開 - 11月14日(火)10:50 

メリル・ストリープ×トム・ハンクス主演 メリル・ストリープ×トム・ハンクスが主演するスティーヴン・スピルバーグ監督作が来年公開。
カテゴリー:

メリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演のスピルバーグ監督作、18年3月日本公開決定 - 11月14日(火)08:00 

 当代きっての名優メリル・ストリープとトム・ハンクスが、スティーブン・スピルバーグ監督のもとで初共演を果たした社会派ドラマ「The Post」が、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の邦題で2018年3月に日本公開されることが決定した。  「ミュンヘン」「リンカーン」「ブリッジ・オブ・スパイ」など、シリアスな社会派ドラマを多数手がけてきたスピルバーグ監督が、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年を舞台に、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。スピルバーグ監督は、17年1月のドナルド・トランプ米大統領就任から45日後の3月上旬、「今、撮るべき作品」として予定を早めて本作の製作に着手。そんなスピルバーグ監督の呼びかけにこたえ、ストリープとハンクスという2大オスカー俳優の初共演が実現した。  71年、国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるニューヨーク・タイ...more
カテゴリー:

トム・ハンクス「ゲーム・オブ・スローンズ」監督の新作SFに主演 - 11月19日(日)11:00 

 大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミー賞監督ミゲル・サポチニクがメガホンをとる新作SF映画「Bios(原題)」に、トム・ハンクスが主演すると米バラエティが報じた。ロバート・ゼメキスがプロデュースする。  本作は、世界滅亡後の地球を舞台に、余命わずかな発明家が愛犬の世話を任せるために、あるロボットを制作。ロボットは愛、友情、人間について学んでいくというストーリーで、クレイグ・ラック&アイバー・パウエルが脚本を執筆した。ハンクスが、死にゆく発明家役を演じる。2018年第1四半期にクランクインを予定している。  ハンクスは、ジェームズ・ポンソルト監督の新作「ザ・サークル」で、エマ・ワトソンと共演。巨大SNS企業の新入社員(ワトソン)が、カリスマ経営者(ハンクス)の目にとまり、私生活を24時間公開してアイドル的人気を獲得するが、何もかも透明化することに違和感を抱き始めるという、作家デイブ・エガーズ著の話題作を映画化したサスペンスで、公開中。 【作品情報】 ・ザ・サークル 【関連記事】 ・トム・ハンクス、リメイク版「幸せなひとりぼっち」に主演 ・E・ワトソン×T・ハンクス共演SNSスリラー「ザ・サークル」11月公開&予告披露 ・「いいね!」のために全私生活を公開!「ザ・サークル」本ポスター&本予告公開 写真提供:アマナイメージズ
カテゴリー:

ランチ・ウィズ・エドってなんだ!?【ピクサー現地取材レポート1】 - 11月15日(水)18:21 

ディズニー/ピクサーの最新作『カーズ/クロスロード』がいよいよ本日11月15日より先行デジタル配信。そして11月22日(水)にはMovieNEXが発売される。レーサーとして引退を迫られる主人公マックィーンの再起をかけた熱いドラマが全世界で話題を呼んだシリーズ第3作は、大ヒットした第1作への原点回帰を目指したと言われる。 【写真を見る】腕利きクルーであるフィアット500のルイジとフォークリフトのグイドが展示されている/ [c]2017 Disney/Pixar 今回、そのクリエイティブの秘密を探りに、アメリカ、カリフォルニア州にある“ピクサー・アニメーション・スタジオ”へ突撃取材を敢行した。そこで監督やプロデューサー、日本人クリエイターである原島朋幸氏ら関係者の証言と共に『カーズ/クロスロード』の魅力を数回に渡ってお届け! 第1回は、導入編として本作を生んだ“ピクサー・アニメーション・スタジオ”の秘密をご紹介。実はMovie Walker編集部がスタジオを訪れるのは16年12月以来。なので、今回は更にマニアックな秘密を調査した。 サンフランシスコ近郊のカリフォルニア州エメリービルにあるこのスタジオが作られたのは2000年11月のこと。『バグズ・ライフ』の世界的大ヒットがこの広大な敷地のスタジオに繋がったという。 おなじみの正門を抜けると見えてくるのが、設立者のひとり、故スティーブ・ジ...more
カテゴリー:

【映画】スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が3月公開決定、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演 - 11月14日(火)11:26  mnewsplus

2017年11月14日 8:00 スティーヴン・スピルバーグ最新作「The Post」が「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」の邦題で2018年3月より公開される。 メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演を果たした本作。1971年、泥沼化するベトナム戦争を背景にアメリカ国防総省がひた隠しにする文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をスクープした実在のジャーナリストたちの姿が描かれる。ワシントンポストの発行人キャサリン・グラハムをストリープ、彼女の部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをハンクスが演じたほか、サラ・ポールソ...
»続きを読む
カテゴリー:

スピルバーグ監督作でメリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演!『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』2018年3月日本公開! - 11月14日(火)08:01 

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC. スティーヴン・スピルバーグがメガホンを取り、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初競演を果たしたことで大きな話題を呼んでいる、本年度アカデミー賞最有力作『The Post(原題)』が、邦題『ペンタゴン・ペーパーズ/最...
カテゴリー:

スピルバーグ最新作、メリル・ストリープ×トム・ハンクスが初競演 日本公開決定 - 11月14日(火)08:00 

 スティーヴン・スピルバーグがメガホンを取り、メリル・ストリープとトム・ハンクスが“スピルバーグ作品”で初競演を果たす映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の日本公開が決定。併せてメイキング写真と場面写真が解禁された。【関連】「メリル・ストリープ」フォトギャラリー 本作は、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年を舞台に、ベトナム戦争の実情に関する実在の極秘文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”を明らかにしようした人々の奮闘を描く。 NYタイムズがスクープしたトップシークレットである“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在。アメリカ初の女性新聞発行人であるキャサリン・グラハム、部下の編集主幹ベン・ブラッドリーらワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を掲げてNYタイムズと連携。政府がひた隠しにする衝撃の事実を世に出そうと決断する。 スピルバーグ監督は「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に製作を発表。何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代において、「今」だからこそ伝えるべき作品だと本作にメッセージを込める。 そんなスピルバーグ監督の呼びかけに応えたのは、2大オスカー俳優であるメリル・ストリープとトム・ハンクス。さらに、脚本をリズ・ハンナ、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞最優秀脚本賞を手にしたジョ...more
カテゴリー:

もっと見る

「トム・ハンクス」の画像

もっと見る

「トム・ハンクス」の動画

Wikipedia

トーマス・ジェフリー・"トム"・ハンクスThomas Jeffrey "Tom" Hanks、1956年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優映画監督、映画・テレビプロデューサー。身長185cm。

来歴

全米長寿バラエティ番組サタデー・ナイト・ライブや、スプラッシュメイフィールドの怪人たちビッグといった軽妙なコメディ映画を得意とする若手コメディアンとして活躍していた。

カリフォルニア州コンコード生まれ。父親は料理人Stated on ''Inside the Actors Studio'', 1999、母親は病院職員リンカーンの母ナンシーの出身一族ハンクス家の子孫。Fenster, Bob. ''They Did What!? The Funny, Weird, Wonderful, and Stupid Things Famous People Have Done'', Andrews Publishing, 2002. p. 55.この縁で、リンカ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる