「トップ企業」とは?

関連ニュース

2018年に中国のスマホ使用時間はテレビを超える(eMarketer予測) - 04月20日(金)09:56 

2018年は、中国でスマートフォンの使用時間がテレビの視聴時間を超える年になる。すべてはデジタルビデオプラットフォームの成長による。eMarketerの最新レポートが伝えた。 世界最大のスマートフォン市場である中国では、すでに起きていたと思われてもしかたがないが、 eMarketer は、まもなくその歴史的瞬間が来ると予測する。 レポートによると、今年中国の平均的成人は1日あたり2時間39分モバイル機器を利用すると予想されている。これは2017年より11.1%多い。一方テレビの視聴時間は2%減の2時間32分だ。 デジタルビデオサービスの成長がこの変化の「主要な促進力」だとeMarketerは言う。同社は成人の1日あたりのオンラインビデオ利用時間は前年より26%増えて58分になると予測している。また2020年には中国の成人は自由時間の1/3をビデオ視聴に費やすとも予測している。 中国におけるデジタルメディアの勢いを示す兆候はこれまでにも見られており、同国のトップ企業が揃って相当額の資金を有力プレーヤーに注ぎ込んでいる。 Alibabaは2015年にYoukuを買収し、このYouTubeに似たサービスを46億ドルと評価した。一方、ライバルのTencentには独自サービスの “Tencent Video” があり、Baidu —— 中...more
カテゴリー:

「弱小メーカー」トヨタの思惑 インド市場でスズキと組むワケ - 04月09日(月)07:00 

トヨタ自動車とスズキが、インドで相互OEM(相手先ブランドによる生産)供給を始める。2018年3月29日、発表した。急成長するインド市場で、スズキはシェア4割を超えるトップ企業だが、トヨタはシェア3%と伸び悩む。トヨタはスズキの力を借りて巨大市場を切り込み、スズキは車種を増やして首位固めを狙う。
カテゴリー:

東京とソウルを比較すると東京が圧勝! - 04月16日(月)22:08  news

 中国メディア・東方網は15日、「日本の東京と韓国のソウル、比較してみて 東京が圧倒している理由を始めて知った」とする記事を掲載した。  記事は、「中国の都市を除いて、アジアを代表する都市には日本の東京と、 韓国のソウルがある。いずれもアジアの先進国であるゆえ、両都市はアジア 以外の大陸の国からもよく知られている。しかし、東京は総じてソウルを圧倒 しているのだ」としたうえで、東京とソウルを比較している。  まず、ソウルについて「韓国の首都であり、最も発展した都市。世界における 金融の中心の...
»続きを読む
カテゴリー:

「トップ企業」の画像

もっと見る

「トップ企業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる