「トップニュース」とは?

関連ニュース

号泣の安藤優子「生きることしか…」西城さん悼む - 05月17日(木)17:04 

 安藤優子キャスター(59)が、歌手西城秀樹さんの死去に大粒の涙を流して悲しんだ。  17日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」は、西城さんの訃報をトップニュースで伝えた。番組では、西城さんの歌手人生を振り返るとともに、安藤キ…
カテゴリー:

「何歳からオッサン?恋愛はありえる?」20代プロ女性が残虐コメント - 05月17日(木)15:51 

 財務次官の福田淳一氏のセクハラ発言など、連日トップニュースに女性関係のスキャンダルが浮上している。ここで問題となる男性はいつも40代以上の“いい年のおっさん”だ。いくつになっても恋愛をしたい、若いコと遊びたいというのが気持ちが衰えないことは健全と言えるのかもしれない。が、年齢的にもただの中年男性であることを自覚しなければ大きな失態に繋がることは、有名人にかぎらずサラリーマンも他人事ではないだろう。  一つ、興味深い話がある。オヤジ向けのWEBマガジン『Hot-Dog PRESS』No.175(講談社)の調べによると、「40オヤジはズバリ恋愛対象ですか?」という20代女性を対象とした質問に(たった)18%の女性が「好みのタイプならOK」と答えたという。  では好みのタイプとはどういう人なのか見てみると、一般の40代男性が20代女性と恋愛するのが絶望的なのがわかる。同誌の「40代男性の好きな有名人ランキング」には、竹野内豊や西島秀俊などの現実とはかけ離れた存在のイケメンが並ぶ。つまり18%の20代女性が「好みのタイプならOK」と言っていても、若い女性の好みのタイプの40代男性など、一般的には存在しないと言ってよいのだ。 ◆「40代男性との恋愛は99%ない」  このようなデータは実際にどの程度有効なのか。連日のおじさんスキャンダルを受け、日刊SPA!取材班では都内に住むキャバク...more
カテゴリー:

あのオフィス北野芸人が生配信で事務所騒動を語る『ライブ de フォーチュン』(5/7~5/11) - 05月14日(月)12:00 

 日替わりMC陣が占い師とタッグを組んでお届けするライブトーク番組『ライブ de フォーチュン』(占いTV:uranaitv.jp)は、MCのトークのほか、気になる話題やニュース、占い師の鑑定アドバイスまで多彩なラインナップで配信している。先週の配信から、気になるネタをご紹介。 ■月曜日 ランジャタイ、移籍問題の最終ジャッジを安沙蘭にゆだねる!?(5/7放送)  月曜MCは、何かと話題のオフィス北野所属のお笑い芸人・ランジャタイ。「今の事務所に居続けるのはアリ?」と、安沙蘭に公開ガチ相談した。最初は移籍したい事務所名は伏せていたが、徐々にヒートアップ。「干されねえ、オレたち?」「業界のお約束がわかんねえし」とビビリながらも、意中の事務所の実名でタロットの鑑定が進む。 >オンデマンド動画でこの放送を見る ■火曜日 ウソかマコトか解析不能なぴんくワールド全開(5/8放送)  街裏ぴんくのウソかマコトかわからんトークは、この日も絶好調。「営業先で」「亡くなったはずの方に」「叱られた」というお題では、「営業先で決めゼリフをパクってウィンナーを売ってたら」という、奇妙なシチュエーションの怪談を披露。「しかし見事にウソばっかですね」と、ゲストの梅エース・阿久津和正を呆れさす。 >オンデマンド動画でこの放送を見る ■水曜日 「記事は事前にチェックしたのに、写真の確認は忘れてた(笑)」(5/9放送...more
カテゴリー:

【芸能】嵐・櫻井の「ZERO」、山口達也メンバー事件なぜスルー 後輩らが相次ぎコメント出すなか違和感 - 05月01日(火)15:51  mnewsplus

アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さん(36)が、「TOKIO」山口達也メンバーの書類送検発覚後初めて曜日レギュラーの「NEWS ZERO」(日本テレビ系)に出演したが、事件に関する報道はなく、櫻井さんのコメントもなかった。 報道・情報番組のキャスターをつとめるジャニーズ事務所のアイドルは、ここまで次々と事件について見解を述べてきた。その中で櫻井さん出演の「NEWS ZERO」がスルーしたことに、視聴者は「ちょっとでも喋った方が良かった気がしてならない」などと違和感も覚えたようだ。 ■翔くん泣いてきたらこっちまで泣けるよ...
»続きを読む
カテゴリー:

「何歳からオッサン?恋愛はありえる?」20代プロ女性が残虐コメント - 05月17日(木)15:51 

 財務次官の福田淳一氏のセクハラ発言など、連日トップニュースに女性関係のスキャンダルが浮上している。ここで問題となる男性はいつも40代以上の“いい年のおっさん”だ。いくつになっても恋愛をしたい、若いコと遊びたいというのが […]
カテゴリー:

【ゲンダイ】森友問題スクープ記者を“左遷”  NHK「官邸忖度人事」の衝撃 - 05月17日(木)15:17  seijinewsplus

「皆様のNHK」どころか、これでは“安倍様のNHK”だ。森友学園問題に関するスクープを連発していたNHK大阪放送局の記者が突如“左遷”されるというのだ。安倍政権の急所である森友問題を報道させないための“忖度人事”ではと、NHK内部に衝撃が走っている。  森友問題を最初に指摘した木村真豊中市議が15日、フェイスブックに〈大阪NHKの担当記者さんが、近く記者職から外されるということです!〉〈NHKが「忖度」したということなのか〉と投稿し、物議を醸している。  これを受け、日刊ゲンダイが調べたところ、木...
»続きを読む
カテゴリー:

中学校跡に遺族集結=手抜き工事責任追及やまず-四川大地震から10年・中国 - 05月12日(土)21:20 

 【都江堰(中国四川省)時事】中国で8万7000人以上の死者・行方不明者を出した2008年5月の四川大地震から12日で10年を迎えた。300人近い生徒が犠牲になった都江堰市の聚源中学校は「手抜き工事」による倒壊が疑われた校舎の跡地に200人以上の遺族が集まり、地元政府の責任追及と遺族への補償を要求した。 「子どもたちの血の代価を忘れるな」「手抜き工事の真相究明を党中央に強く要請する」。地震の翌年には早々と商業施設が建ったという中学校跡地は12日、10本余りの横断幕が翻り、騒然としていた。中央には亡くなった生徒の写真や名前を掲示した祭壇も設けられた。 当時14歳の一人娘を亡くした張※(※ニンベンに四)明さん(47)は「手抜き工事に対する地元政府からの説明は一切ない。寄せられた支援金も財政赤字の穴埋めに使い、遺族に約束した2万元(約34万円)の補償金も支払われていない」と憤った。 現場では「真相を伝えてほしい」と記者の周りに遺族が次々に集まった。中国では16年に廃止されるまで40年近く「一人っ子政策」が続いただけに、遺族の多くが子どものいない老後の生活に不安を訴えた。一方で、「ここは危ない」と記者に警告し、河南省から派遣されたという私服警官が記者に近づかないよう盾になって誘導してくれる遺族もいた。付近の道路ではこの日、遺族を取材しようとした香港有線テレビの男性記者が警察関係者から暴行を...more
カテゴリー:

「トップニュース」の画像

もっと見る

「トップニュース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる