「トップチーム」とは?

関連ニュース

【野球】中国野球はどこに行ったのか2:プロスポーツとして定着したサッカーを観て思う - 04月20日(金)21:13  mnewsplus

北京五輪のメインスタジアムだった国家体育場。「鳥の巣」という愛称の方がわかりやすいかもしれない。 市北部にある収容8万のこの巨大スタジアムは、現在も各種競技やコンサートなどに使われ、2022年の冬季五輪でも開閉会式の会場になる予定だ。普段は、北京の目玉観光施設として、国内外からのゲストを迎えている。  北京五輪では全37会場のうち22会場が新設、残りは既存の施設を活用した。市内中心部にある収容6万6000人の工人体育場もそのひとつだ。 ここは、現在、もっぱらプロサッカー、中国スーパーリーグの北京国安のホーム...
»続きを読む
カテゴリー:

東京梶山「チャンスもらった」今季トップ初出場弾 - 04月18日(水)23:45 

 FC東京FW梶山陽平(32)が、トップチームでの18年公式戦初出場となったルヴァン杯・横浜F・マリノス戦で、ナビスコカップ時代の12年9月5日の清水エスパルス戦以来、同杯では5年7カ月ぶりのゴールを決めた。東京での公式戦のゴールも、そ…
カテゴリー:

<ベガルタ>ピッチサイド 無限の可能性 - 04月17日(火)06:05 

8人。J1仙台が選手登録している高校生の数だ。ユースチームに所属しながらトップチームの一員としてJリーグの公式戦に出場できる2種登録。仙台でこれだけ多いのは珍しい。 16日はトップの練習に全員で参加。
カテゴリー:

川崎、U18所属FW宮代大聖とプロ契約締結…2種登録で公式戦出場も可能に - 04月13日(金)23:30 

 川崎フロンターレは13日、U-18チームに所属しているFW宮代大聖とプロ契約を締結したと発表した。また同選手を2種登録選手として登録し、トップチームでの公式戦出場が可能となったことも併せて発表してい
カテゴリー:

悩み多き7人制ラグビー 日本、来季昇格決めたが… - 04月11日(水)06:59 

 7人制ラグビーの男子日本代表が、ワールドシリーズ(WS)全試合に出場できる上位グループ(コアチーム)への来季昇格を決めた。2季ぶり3度目の復帰となる。世界10都市を回ってトップチームと戦うWSは、2…
カテゴリー:

【サッカー】<フットボールの真実>中村俊輔落選2カ月前人任せ通告! トルシエ監督は逃げた... - 04月19日(木)12:37  mnewsplus

トルシエ監督が逃げた。02年5月16日。日本代表はノルウェー遠征からパリ経由で成田に戻り、翌17日がワールドカップメンバー発表日だった。パリのシャルル・ドゴール空港のラウンジで指揮官は、日本協会の強化推進本部・加藤彰恒部長を呼んだ。「オレは成田行きの飛行機には乗らない」。突然の通告に、あぜんとした加藤部長は即座に日本にいた木之本副本部長に電話を入れた。「俊輔のことだろう。逃げたいのなら、いいよ。オレが発表するから」。電話の向こうからそう返ってきた。  最大の関心事は当時23歳だったMF中村俊輔...
»続きを読む
カテゴリー:

指導者ライセンス取得に奮闘するラウール氏、「現役時代とは違う視点」で次期レアルの監督へ - 04月17日(火)17:11 

指導者講習を受けているラウール・ゴンサレス氏。順調にコースを消化すれば1年以内にはトップチームの指揮が可能になる予定だ。
カテゴリー:

【F1】<フェラーリ>「見せ物」になるならF1撤退!CEOが興行主の提案に警告 - 04月14日(土)12:28  mnewsplus

フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)に参戦するフェラーリ(Ferrari)は13日、レースの重点に置くべきは「見せ物」ではなく競技であると主張し、 選手権が米国のNASCARシリーズのようになっていくならば、チームはF1から迷わずに撤退すると警告した。 イタリアメディアによると、フェラーリのセルジオ・マルキオーネ(Sergio Marchionne)最高経営責任者(CEO)は、オランダ・アムステルダムで行われた株主総会で、 「F1がスポーツではなく見せ物となり、レースがNASCARのような方向に進むならば、フェラーリは去ることになる」と...
»続きを読む
カテゴリー:

浦和の低迷で「その場しのぎにもほどがある」とセルジオ越後。中途半端なフロントの責任とは… - 04月12日(木)11:00 

昨季アジア王者の浦和が苦しんでいる。リーグ第5節終了時点で勝ち星がなく、早くも堀監督を解任した。 不振の理由はひとつではないけど、今年1月の始動直後にラファエル・シルバを中国のチームに引き抜かれたのが大きい。昨季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)優勝の立役者であり、個の力で局面を打開でき、得点もアシストもできる彼が抜けたことで、もうひとりの得点源である興梠(こうろき)が前線で孤立。チームとしてどうやって点を取るのか、今は攻撃の形が見えない。 堀監督は昨季途中にコーチから監督に昇格。低迷していたチームを立て直し、10年ぶりのACL優勝を達成した功労者だ。でも、元々“つなぎ”役だったわけで、昨季もACLこそ制したものの、リーグ戦、天皇杯での戦いぶりはパッとしなかった。優勝候補の一角が開幕から5試合未勝利では解任もやむをえない。浦和の判断はプロのクラブとして当然だ。 ただし、ほとんどの浦和サポーターは、不振の責任が堀監督だけにあるわけではないことに気づいているし、誰も納得していないだろうね。浦和の問題はやはりフロントにある。 ここ数年、毎年のように他チームの主力、特に若手選手を複数獲得しているけど、結局、交代も含めて試合に出ているのは同じメンバーばかり。縄張りができているというか、...more
カテゴリー:

【サッカー】“多摩川クラシコ”で「デルモンテ対ドール」バナナ対決!? FC東京が新スポンサー契約を発表 - 04月10日(火)19:41  mnewsplus

“多摩川クラシコ”でバナナ対決!? FC東京が新スポンサー契約を発表 4/10(火) 17:35配信 ゲキサカ バナナ企画で知られる川崎フロンターレ(Instagram on kawasaki_frontale) FC東京は10日、フレッシュ・デルモンテ・ジャパン株式会社とのスポンサー契約締結を発表した。 フルーツを主に取り扱う同社はバナナが一大製品。ライバルの川崎フロンターレもバナナを使った名物企画で知られており、両者の動向に注目が集まりそうだ。 FC東京の公式サイトを通じて、フレッシュ・デルモンテ・ジャパンは 「FC東京に関わる皆様の毎日の健...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「トップチーム」の画像

もっと見る

「トップチーム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる