「トゥールーズ」とは?

関連ニュース

訃報:イブマリ・アリューさん70歳=日本近代詩研究者 - 04月17日(火)16:58 

 イブマリ・アリューさん70歳(フランスの日本近代詩研究者)12日午後、フランス南部のトゥールーズで死去。葬儀は19日に現地の教会で営む。  中原中也や萩原朔太郎など、日本の近代詩などを研究し翻訳を手がけた。訳書に「中原中也詩集」、俵万智さんの「サラダ記念日」などがある。著書に「日本詩仏訳のこころみ
カテゴリー:

エールフランス航空、日本発着フランス・ヨーロッパ行きでセール 往復8万円から - 04月17日(火)05:07 

エールフランス航空は、5月から7月の日本発フランス・ヨーロッパ行きエコノミークラスを対象としたセールを、4月20日まで開催している。 東京/羽田・東京/成田・大阪/関西発着で、パリ、ニース、ボルドー、リヨン、マルセイユ、トゥールーズ、ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ヴェニス、ボローニャ、ナポリ、バルセロナ、マドリード、ビルバオ、バレンシア、マガラ、ベルリン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ハンブルグ、ミュンヘン、ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、サウサンプトン、ジュネーブ、バーゼル、チューリッヒ、ブリュッセル、アムステルダム、リスボン、ポルト、ウィーン、プラハなどへ、往復80,000円から。燃油サーチャージと諸税は別途必要となる。 日本発が土・日曜、パリ発が金・土曜の場合はそれぞれ10,000円の週末料金が必要となる。東京/羽田発着のAF279便とAF272便では2,500円、AF293便とAF274便では5,000円の追加料金がそれぞれ必要となる。 予約クラスは「R」で、変更や払い戻し、パリでのストップオーバーはできない。有効期間は5日以上21日以内。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スカンジナビア航空、エアバスA330-300発注--2019年第2四半期に導入 - 04月13日(金)11:20 

エアバスは4月12日(トゥールーズ時間)、スカンジナビア航空(SAS、本社: ストックホルム)が、長距離用機材のさらなる統一のため、エアバスA330-300を選定したことを発表した。発注されたA330-300は2019年第2四半期から、同社の路線ネットワークに投入される。
カテゴリー:

エールフランス航空、日本発着フランス・ヨーロッパ行きでセール 往復8万円から - 04月17日(火)05:07 

エールフランス航空は、5月から7月の日本発フランス・ヨーロッパ行きエコノミークラスを対象としたセールを、4月20日まで開催している。 東京/羽田・東京/成田・大阪/関西発着で、パリ、ニース、ボルドー、リヨン、マルセイユ、トゥールーズ、ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ヴェニス、ボローニャ、ナポリ、バルセロナ、マドリード、ビルバオ、バレンシア、マガラ、ベルリン、デュッセルドルフ、フランクフルト、ハンブルグ、ミュンヘン、ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、サウサンプトン、ジュネーブ、バーゼル、チューリッヒ、ブリュッセル、アムステルダム、リスボン、ポルト、ウィーン、プラハなどへ、往復80,000円から。燃油サーチャージと諸税は別途必要となる。 日本発が土・日曜、パリ発が金・土曜の場合はそれぞれ10,000円の週末料金が必要となる。東京/羽田発着のAF279便とAF272便では2,500円、AF293便とAF274便では5,000円の追加料金がそれぞれ必要となる。 予約クラスは「R」で、変更や払い戻し、パリでのストップオーバーはできない。有効期間は5日以上21日以内。 ⇒詳細はこちら 投稿 エールフランス航空、日本発着フランス・ヨーロッパ行きでセール 往復8万円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

イブマリー・アリューさん死去 日本の近代詩研究・翻訳 - 04月16日(月)18:36 

 イブマリー・アリューさん(フランスの日本近代詩研究者)が、友人で京大名誉教授の宇佐美斉さんによると、12日(現地時間)、心臓発作のため南仏トゥールーズの自宅近くで死去、70歳。 中原中也や宮沢賢治な…
カテゴリー:

【航空】空の旅も寝台で、エアバスが専用客室を開発 貨物室に設置 - 04月12日(木)00:21  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3170806?cx_position=22 2018年4月11日 16:40 発信地:パリ/フランス 【4月11日 AFP】欧州航空機大手エアバス(Airbus)は10日、旅客機向けに寝台を設置した客室の開発・販売を行うと発表した。仏航空宇宙大手サフラン(Safran)の子会社の仏航空機器メーカー、ゾディアック・エアロスペース(Zodiac Aerospace)と共同で手掛ける。  寝台用客室は航空機のロアデッキ(下部貨物室)に組み込む仕様となっており、通常の貨物用コンテナと容易に取り換えが可能。2020年からワイドボディ(双通路)のA...
»続きを読む
カテゴリー:

「トゥールーズ」の画像

もっと見る

「トゥールーズ」の動画

Wikipedia

トゥールーズトゥルーズToulouse 発音例, オック語:Tolosa )は、フランスの南西部に位置するコミューンで、オクシタニー地域圏の首府、オート=ガロンヌ県の県庁所在地である。

地勢

2006年の人口は437,715人にのぼる。トゥールーズの近郊にはトゥールーズ市の人口を含め96万4,797人が住み、都市圏としてはフランス第5の規模を持つ(2006年時点)。在住日本人の数は2009年度で約200名と推定されており、日本人子弟のためのトゥールーズ日本語補習授業校が運営されている。

独特の建築的外観を持つ建物が多いことから、別名バラ色の都市(la ville rose)と呼ばれる。これは、他のフランス都市であれば石を山から切り出してきて建築資材に使用するところ、トゥールーズ周辺には資材に適した石がないため、焼いたテラコッタ・レンガを積み重ねて資材としたことに由来する。また他の別名にはスミレの市街(Cité des violettes)がある。スミレの群生地がトゥールーズにあり、ここでの花の生産は非常に重要とされてきた。過去には、モンディーヌの市街(Cité Mondine、オック語ではCiutat Mondina)と呼ばれた。これは、トゥールーズ伯のお膝元であることを、歴代伯が多く名乗ったレーモン(Raymond)の名から引用しているLexique des troubadours ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる