「デート商法」とは?

関連ニュース

下村元文科相がセクハラ告発に被害者を「犯罪者」扱い 「福田次官ははめられた」 - 04月23日(月)18:32  news

自民党の下村博文元文科相(衆院議員)は22日、都内で行われた講演会で、福田淳一財務事務次官による テレビ朝日の女性記者へのセクハラ問題で、女性記者が福田氏の発言を録音していたことについて 「ある意味犯罪だと思う」などと述べ、セクハラ被害者を「犯罪者」扱いする暴言を吐きました。 下村氏は「確かに福田事務次官はとんでもない発言をしたかもしれないけど、テレビ局の人が隠して とっておいて、週刊誌に売ること自体が、はめられてますよ。ある意味犯罪だと思う」などと述べました。 被害女性は、福田氏に対する...
»続きを読む
カテゴリー:

「アラフォー独身女性」が婚活した結果ww - 04月22日(日)07:25  news

こんなの詐欺師からしたらイレグイ状態だろwww 東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を進めるというもの。 フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、 債権回収事業や不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、 社名もいずみ住販と...
»続きを読む
カテゴリー:

婚活女性の大半がデート商法に嵌められ熟女デリヘルに沈められてることが判明ww - 04月21日(土)09:51  news

シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する不動産会社スマートデイズ(東京)が経営破綻した問題で、 物件所有者側の弁護団が17日、所有者の中から死者が出たと明らかにした。 死因は「遺族のこともあり詳細は言えないが、多額の借金に悩んだことによる自殺だ」と説明している。 物件購入資金の大半を融資した地方銀行のスルガ銀行の関係者は、共同通信の取材に 「亡くなった所有者がいることは聞いている」と回答。 自殺かどうかは「保険による返済の手続きで把握したにすぎず、理由までは分からない」と指摘した。 https://...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀行デート商法被害者に「支援団体」うたう詐欺師が殺到、カモすぎww - 04月22日(日)09:22  news

首都圏で女性専用シェアハウスを販売・運営していた不動産会社「スマートデイズ」(経営破綻)を めぐる物件購入者への賃借料支払い停止問題で、購入者と問題解決をうたう団体との間で、 金銭トラブルが相次いでいることが20日、関係者への取材で分かった。 問題解決を期待してこの団体に金銭を支払ったものの、具体的な支援を得られないケースが多いという。 購入者側を支援している弁護士は「解決金名目で金銭をだまし取ろうとしている疑いがある」と指摘し、 注意を呼びかけている。 https://www.sankei.com/affairs/news/...
»続きを読む
カテゴリー:

「アラフォー独身女性」が悲惨すぎてワロタww - 04月21日(土)12:44  news

東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を進めるというもの。 フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、 債権回収事業や不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、 社名もいずみ住販といい、総会屋グループ小峰五郎こと故小泉幸雄が代表だった...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀行のデート商法やサブリース詐欺の債権回収は住吉会だったw 悪徳商法のメガバンクかよww - 04月16日(月)22:17  news

東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を 進めるというもの。フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を 起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、債権回収事業や 不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、社名もいずみ住販といい、 総会屋グループ小峰五郎こと故小泉幸雄が代表だった...
»続きを読む
カテゴリー:

「デート商法」の画像

もっと見る

「デート商法」の動画

Wikipedia

デート商法(デートしょうほう)とは、異性への恋愛感情を利用して、契約を締結させる商法である。「恋人商法」ともいう。

概要

概ね以下のような手口で行われる。

出会い系サイト、お見合いパーティー、合コン(コンパ)、電話、街角のアンケート、電子メールなどでの出会いをきっかけとして、異性の販売員が身分を秘匿して接近してくる。販売員は、相手と何回か会って話やデートをして相手に感情移入させた後、商品をねだって、業者の販売店に誘いこんで購入させる。中には店内の販売員数人で取り囲んだり、脅した末に、強引に購入させる手口もある。

また、販売員が異性であることが、心理的にクーリングオフの行使をためらわせる効果があるともいわれている。また、商品が購入したあとも自分が詐欺にあっているとの自覚がなく、友人等に話した時に初めて詐欺と気が付くケースが多いのも特徴の一つである。それを防止するために、「2人だけの秘密」などそれらしい文句を言うことでクーリングオフの期間を経過させる手口もある。

商品は、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる