「デンパサール」とは?

「デンパサール」の画像

もっと見る

「デンパサール」の動画

Wikipedia

デンパサール () は、インドネシアバリ州の都市であり、「北(デン)の市場(パサール)」という意味である。旧名はバドゥン。バリ島の南部に位置し、バリ州の州都。小スンダ列島の中心地でもある。1958年にバリ州が設置された当初はシンガラジャが州都であったが、1960年に州都となった。デンパサール市 (Kotamadya Denpasar) は第二級地方自治体 (Daerah Tingkat II) であり、県 (Kabupaten) と同等である。ビーチリゾート地として知られるサヌールも含まれるが、普通デンパサールと言えばププタン広場周辺を指す。郊外のングラ・ライ国際空港からはタクシーで約40分程度かかる。

歴史 植民地時代

デンパサールはバドゥン王国の首都だった。

1906年、オランダバリ侵攻によって王宮は破壊・略奪された。中央広場の像はププ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる