「デンパサール」とは?

関連ニュース

エアアジアグループ、モバイルアプリからの購入で20%オフ - 10月20日(金)14:04 

エアアジアグループは、全路線全席を対象に、公式モバイルアプリでの購入で運賃が20%割引となるキャンペーンを、10月20日から22日まで開催している。 割引となるのは運賃のみで、諸税等は別途必要。搭乗期間は2018年5月3日から11月21日で、繁忙期など一部適用対象外となる期間がある。エアアジア・ジャパン運航便は設定期間内の航空券を販売していないため、対象外となる。 エアアジアグループは、タイ・エアアジアXが東京/成田・大阪/関西~バンコク/ドンムアン線、エアアジアXが札幌/千歳・東京/羽田・大阪/関西~クアラルンプール線と大阪/関西~ホノルル線、インドネシア・エアアジアXが東京/成田〜デンパサール線を運航している。エアアジア・ジャパンも、10月29日より名古屋/中部〜札幌/千歳線に就航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【インドネシア・ドローン旅】ドローンってどうやって海外に持ち込むの? 飛行機での移動について - 10月13日(金)21:00 

キーコーヒーのプレスツアーに参加し、インドネシアにある『トアルコ トラジャ』のコーヒー農場を取材してきた筆者。取材にはコンパクトドローン『DJI Spark』を持参して、様々な場所で撮影してきたので、道中のドローンを使った撮影の過程や動画をシリーズで紹介していきます。 第1回は、ドローンを持っての海外への渡航について。事前にいろいろ調べてみたのですが、なかなかまとまった情報が見つからなかったので、こちらでまとめておきます。 バッテリーの持ち込みができるかを確認 現在、モバイルバッテリーのようなリチウムイオン電池の航空機での輸送は制限されています。具体的には、モバイルバッテリーは機内荷物で持ち込むことはできる一方で、預け入れ荷物に入れることはできない、というケースがほとんど。 今回、渡航に利用したガルーダ・インドネシア航空ではリチウムイオン電池について細かい制限はなさそうですが……。 お手荷物について – Garuda Indonesia https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/garuda-indonesia-experience/on-ground/baggage/index.page JALやANAでは、ワット時定格量が 100Wh以下:機内持ち込み制限なし、預け入れ不可 100Wh以上160Wh以下:機内持ち込みは2個まで、...more
カテゴリー:

エアアジア、日本市場の焦点当てたブランディングキャンペーン セールやイベント開催 - 10月13日(金)19:37 

エアアジアは、日本市場にフォーカスしたブランディング強化の一環として、コンセプトを「CHALLENGE」としたキャンペーンを展開する。 8組16名に、エアアジアの就航地の中から選定した渡航先で最大4泊6日の「弾丸チャレンジツアー」をプレゼントする。エアアジアのTwitterかInstagramアカウントをフォローし、エアアジアが就航している場所の中から、行ってみたい場所、体験してみたいことをイメージした写真と20文字以内の意気込みや自己アピールを、ハッシュタグ「#エアアジア」「#弾丸チャレンジャーズ」または「#airasia」「#danganchallengers」「#AirAsiaDangan」「#danganwithairasia」をつけて投稿し投稿することで応募できる。応募期間は10月16日から11月5日まで。結果は11月上旬に発表する。 また、「弾丸キャンペーン」記念セールとして、10月14日と15日の2日間、東京/羽田・大阪/関西・札幌/千歳〜クアラルンプール線と東京/成田・大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線、東京/成田〜デンパサール線を片道7,700円から販売する。 また、東京、大阪、名古屋、札幌の4都市で、エアアジアの認知度向上を目的としたイベントを開催する。各種展示、VRトラベルコーナー、キャビンクルーとの撮影会、抽選会などを行う。東京では10月14日と15日にサ...more
カテゴリー:

【インドネシア】バリ島で揺れ強まる、噴火への懸念高まり3万4000人以上避難 - 09月25日(月)02:01  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3144090?cx_module=latest_top 【9月24日 AFP】リゾートとして知られるインドネシア・バリ(Bali)島で、頻発している小規模な地震の揺れが大きくなってきており、50年以上振りにアグン山(Mount Agung)が噴火するとの懸念が高まっていることから、これまでに3万4000人以上が避難した。当局者が24日、明らかにした。  インドネシアの災害対策当局は、アグン山がいつ噴火してもおかしくないという懸念が高まる中、同山周辺から避難した人の数は22日から3倍に増えたと発表した。  災害対策当局の...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】バリ島の火山噴火のおそれ 警戒レベル最高に 住民避難も - 09月23日(土)12:33  newsplus

バリ島の火山噴火のおそれ 警戒レベル最高に 住民避難も 9月23日 6時49分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170923/k10011153181000.html 日本からも多くの観光客が訪れる、インドネシアのバリ島にある火山が噴火するおそれがあるとして、インドネシア政府は、警戒レベルを最高度に引き上げて周辺の住民を避難させるなど注意を呼びかけています。 インドネシアのバリ島にあるアグン山では、このところ火山性地震が増加しており、インドネシア火山地質災害対策局は22日、警戒レベルを最も高いレベル4に引き上げました。 これ...
»続きを読む
カテゴリー:

エアアジアグループ、モバイルアプリからの購入で20%オフ - 10月20日(金)14:04 

エアアジアグループは、全路線全席を対象に、公式モバイルアプリでの購入で運賃が20%割引となるキャンペーンを、10月20日から22日まで開催している。 割引となるのは運賃のみで、諸税等は別途必要。搭乗期間は2018年5月3日から11月21日で、繁忙期など一部適用対象外となる期間がある。エアアジア・ジャパン運航便は設定期間内の航空券を販売していないため、対象外となる。 エアアジアグループは、タイ・エアアジアXが東京/成田・大阪/関西~バンコク/ドンムアン線、エアアジアXが札幌/千歳・東京/羽田・大阪/関西~クアラルンプール線と大阪/関西~ホノルル線、インドネシア・エアアジアXが東京/成田〜デンパサール線を運航している。エアアジア・ジャパンも、10月29日より名古屋/中部〜札幌/千歳線に就航する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジアが日本市場でPR強化--年内にエアアジア・ジャパンも国内線就航 - 10月13日(金)20:13 

LCCのエアアジアは10月から日本市場にフォーカスした活動を展開しており、その一環として、「CHALLENGE」をコンセプトに日本におけるエアアジアのブランディングを強化する。年内にはエアアジア・ジャパンでの国内線も就航を予定している。 エアアジアは、2010年のエアアジアXによる羽田=クアラルンプールの就航以来、気軽に東南アジアまでアクセスできる航空会社として日本市場で展開を開始した。2017年は、5 月の成田=バリ便就航、7月の関空=ホノルル便就航に加え、年内には国内線も就航を予定している。 これを記念して、新たなブランディングコンセプト「CHALLENGE」のもと、"挑戦するLCC、挑戦する人を応援するLCC"としてのコミュニケーションを含めたキャンペーンとして、第一弾の「弾丸チャレンジャーズ」を実施。日本における認知率の向上と、実際の搭乗数の増加を目指す。 「弾丸キャンペーン」記念セールとして10月14日と15 日の2日間、エアアジアの一部路線を片道税込7,700円で販売する。対象渡航期間は2018年5月1日~2018年9月30日で、対象路線は羽田=クアラルンプール、関空=クアラルンプール/ドンムアン、新千歳=クアラルンプール、成田=ドンムアン/デンパサール。 「弾丸チャレンジャーズ」コンテストは、8組16人にエアアジアの国内外ネットワークの中からエアアジアが選定し...more
カテゴリー:

エアアジア、2日間限定でセール 東南アジアへ片道総額7,700円から - 10月13日(金)18:18 

エアアジアは、10月14日と15日の2日間、「弾丸キャンペーン」記念セールを開催する。 対象路線は東京/羽田・大阪/関西・札幌/千歳〜クアラルンプール線と東京/成田・大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線、東京/成田〜デンパサール線で、片道運賃は7,700円から。 搭乗期間は2018年5月1日から9月30日までとなる。いずれも諸税込み、受託手荷物料金や支払手数料は別途必要となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【緊急避難情報】火山噴火の恐れ。近所のやつはすぐ逃げろ - 09月23日(土)21:07  news

ロシア外務省危険情勢発表センターは「インドネシアでは、バリ島アグン山の火山活動が活発化しているため、 数千人の住民および観光客の避難が行われている」と発表した。 ただし、ロシア観光各社の情報を取りまとめたロシア観光業協会(ATOR)によると、今のところ避難はバリ島 北部の住民のみを対象としており、島南部の観光地域は混乱なく平穏な状況だという。 観光各社の情報では、バリ島には現在約100人から150人のロシア人観光客が滞在している。バリ島のデン パサールにある日本総領事館は、バリ島に在住する日本人...
»続きを読む
カテゴリー:

「デンパサール」の画像

もっと見る

「デンパサール」の動画

Wikipedia

デンパサール () は、インドネシアバリ州の都市であり、「北(デン)の市場(パサール)」という意味である。旧名はバドゥン。バリ島の南部に位置し、バリ州の州都。小スンダ列島の中心地でもある。1958年にバリ州が設置された当初はシンガラジャが州都であったが、1960年に州都となった。デンパサール市 (Kotamadya Denpasar) は第二級地方自治体 (Daerah Tingkat II) であり、県 (Kabupaten) と同等である。ビーチリゾート地として知られるサヌールも含まれるが、普通デンパサールと言えばププタン広場周辺を指す。郊外のングラ・ライ国際空港からはタクシーで約40分程度かかる。

歴史 植民地時代

デンパサールはバドゥン王国の首都だった。

1906年、オランダバリ侵攻によって王宮は破壊・略奪された。中央広場の像はププ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる