「デベロッパー」とは?

関連ニュース

アジア圏デベロッパーのインディータイトルが六本木に集結! indie MEGASHOW Tokyoリポート - 09月23日(土)12:25 

2017年9月20日、アメリカの大手インディーゲーム・ショーケース“Indie MEGABOOTH”主催のイベント“indie MEGASHOW”が、東京港区六本木のスーパー・デラックスにて開催された。
カテゴリー:

Kubernetesがコンテナ時代のソフトウェア産業を全面的に支配、大企業もCloud Native Computing Foundationに参集する - 09月21日(木)18:55 

駅を出て徐々にスピードを増す列車のように、Cloud Native Computing Foundationは急速に強くなり、テクノロジー業界の大物たちを吸引してきた。過去1か月半だけでも、AWS, Oracle, Microsoft, VMwareとPivotalなどがこぞって参加した。 これらの企業は必ずしも毎日仲が良いわけではないが、しかしそんな中でKubernetesは業界の必須のツールへと育ち、どの企業もCNCFに参加してそのミッションをサポートすることが必要だ、と考えている。これは部分的には顧客の要望によるものであり、そして残りの部分は、Kubernetesやそのほかのクラウドネイティブ技術に自分も口出しをしたいという欲求の表れだ。 この団体はLinux Foundationの傘下にあり、最初はGoogleが開発したオープンソースのプロジェクトKubernetesもこの親団体の管理下にある。Kubernetesはコンテナ化されたプログラムのオーケストレーション部分を担う。そしてコンテナは、ソフトウェアを、以前のように大きな一枚岩的なプログラムとしてではなく、マイクロサービスと呼ばれる離散的な小片の集まりとして配布するための形式ないし方法である。 過去2年ほどはDockerがコンテナの普及に大きく貢献し、コンテナ化されたプログラムを作るための共通的な方法をデベロッパーに...more
カテゴリー:

Apple、アプリの携帯網ダウンロード上限を150MBに - 09月21日(木)06:53 

iOS 11の一般公開を期にAppleはアプリのダウンロード制限を多少緩和した。これまでiOSデバイスのオーナーは携帯ネットワークでアプリをダウンロードする場合、100MBが上限で、それ以上の場合はWiFiを使うことを求められた。生産性アプリ iWorkや多数のゲームがこの制限にかかっていた。今後、OTA(Over-the-Air)ダウンロードの上限は150MBになる。 この変更はAppleのデベロッパー向けサイトで簡単に報じられた。今回AppleはサードパーティーのデベロッパーにAR〔拡張現実〕アプリを開発する新しいテクノロジーも紹介している。これにより、ポケモンGOのような現実世界にバーチャル・オブジェクトを重ねて表示させるアプリの開発が容易になる。 しかし現在の人気ゲームのサイズを考えると、150MBはやはりかなり厳しい制限だ。 ダウンロード制限が緩和されることは1年も前から9to5Macが報じていた。Appleは2013年にダウンロード制限を 50MBから100MBに拡大したものの、それ以降は変更がなかった。もっともiOSのダウンロード制限は当初10MBだった。それから比べれば大進歩を遂げたことになる。 ただしなぜこうしたダウンロード制限が存在するのかは不明だ。ダウンロード制限は設定のオプションとすればよいはずだ。 現在、多くのiOSユーザーは無制限ないし事実上無制限に近...more
カテゴリー:

VungleがLINE Plus 株式会社と協業、アプリデベロッパーマネタイズ、ユーザー獲得の増大に向け合意 - 09月20日(水)11:00 

[株式会社Vungle] アプリ内動画広告で世界をリードするパフォーマンスマーケティングプラットフォームのVungleがマネタイズ拡大のため、LINE Plus株式会社と業務協業を結んだと発表した。LINE Plus株式会社は無料のチャットメッセ...
カテゴリー:

【明日リリース】iOS 11で追加される、24の新機能まとめ - 09月19日(火)18:00 

Image: Apple 今週買う人にも、買わない人にも。iPhone 8/iPhone 8 Plusの発売に先がけて、明日9月20日に iOS 11がリリースされます。iOS 11ではどんな新しいことができるようになるんでしょうか? ここで、知っておくべき主要な24の機能をまとめます。最初に、対応ハードウェアを確認しておきましょう。iOS 11は64-bit端末のみ対応、つまりiPhoneならiPhone 5s以降、iPadならAir・第5世代以降、iPad ProならどれでもOK、iPad miniならiPad mini 2以降、iPodなら第6世代以降となります。ということは、iPhone 5やiPhone 5C、第4世代iPadはサポートされないということです。1)ARKitアプリが解放So.. Apple put an awesome VR mode in Apple Maps (powered by ARKit) and didn’t even talk about it in the Keynote ? Wow pic.twitter.com/2ZBBXj4NYM— Felix Lapalme (@lap_felix) 2017年6月27日 iOS 11のARがすごいってことは...more
カテゴリー:

ハンズフリーARヘッドセットのMira(製品名Prism)の将来性に投資家も着目、が二度目の資金調達で$1M、最初の1000台をデベロッパー向けに出荷、SDKもリリース - 09月22日(金)18:59 

昨日(米国時間9/19)のiOS 11のリリースと共に、スマートフォン上のARが熱いニュースになりつつあるが、しかしMiraは、iPhoneによって消費者向けのハンズフリーのヘッドセットを使うARの世界も開けた、と期待している。 今日MiraはSDKをリリースし、著名なVCたちからの資金調達も発表した。 同社のPrismは比較的シンプルな構成だ。副次的な部位やセンサーなどはない。その巧妙な設計/デザインにより、同社がターゲットとねらう人びとの関心を集めつつある。 今年初めのシードラウンドは投資希望者が予定枠を超えるほどの人気で、Sequoiaのリードにより150万ドルを調達した。そして今日同社は新たに、Greylock Partners, Founders Fund Angel, およびMacro Venturesから100万ドルを獲得した。 さらに同社は、ヘッドセットの最初の1000台をデベロッパー向けに発送し始めた。99ドルのPrismの予約売上の総台数は分からないが、消費者もデベロッパーも今でもまだ予約注文が可能だ。対応アプリはiPhone 6, 6S, 7, 8をサポートしている(デバイスのサイズによって違いがある)。 iPhone Xの場合は、ARを体験するためにはMiraのアップデートを待たなければならない。でも今開発中の“バージョン1.5”なら...more
カテゴリー:

Digital OceanがオブジェクトストレージサービスSpacesを立ち上げ、スケールアップ無制限 - 09月21日(木)10:11 

人気のクラウドホスティングサービスDigital Oceanが今日、オブジェクトストレージサービスSpacesを発表した。同社の既存のブロックストレージサービスを補完するサービスだが、16TBという上限のあるブロックストレージサービスと違ってSpacesにはスケールアップの制限がなく、その物理的な量やストレージの仮想マシンへの接続は問題にされない。 Digital Oceanにとってこれは、同社の核となるクラウドコンピューティングサービスを拡張する試みのひとつであり、AmazonやGoogle、Microsoftなどの大手と同格に戦おうとする意欲の表れでもある。もちろん大手はすでに、Digital Oceanの現状よりもずっと幅広いサービスを提供している。 同社のクラウドストレージのプロダクトマネージャーJohn Gannonが、発表声明でこう述べている: “オブジェクトストレージはもっとも要望の多いプロダクトだった。コンピューターのリソースを抽象化したスケーラブルなストレージプロダクトの開発に着手したとき、ここには今日(こんにち)のデベロッパーが行っている問題解決のやり方をリファクターし改良する機会があることに気づいた”。 同社によるとこのサービスはAWS S3の既存のツールの多くと互換性があり、またすべてのデータは256ビットAES-XTSで暗号化されて...more
カテゴリー:

デベロッパーでなくても誰でも通信機能のあるアプリケーションを容易に作れるTwilio Studio - 09月20日(水)20:10 

Twilioはデベロッパーが自分のアプリケーションに通信機能(オーディオ、ビデオ、テキストなど)を容易に組み込めるためのAPIサービスとして長年有名だが、しかし今日(米国時間9/19)同社が非公開プレビューで立ち上げたTwilio Studioは、デベロッパーでない人びとを対象にしている。 あくまでも通信APIのプロバイダーという同社の本来の土俵にしっかりと立ってはいるのだが、しかし今回のプロダクトは、デベロッパーではなく“だれもが”、音声応答システムやメッセージングボット、通知ワークショップなど顧客のエンゲージメントのあるアプリケーションを、Web上のドラッグ&ドロップ方式で作れる。今のところ、ビデオはまだ使えない。なお、Twilioのマーケティング戦略としては、通信〜コミュニケーションを中心とするユースケースにフォーカスしているけれども、作れるアプリケーションの種類はそれだけではない(もっといろんなアプリケーションを作れる)。 Twilio Studioは特定の種類のアプリケーションを作るための、コーディング不要のサービスだが、実はプロのデベロッパーも対象にしている。Twilioのプロダクト担当VP Pat Malatackはこう語る: “これによって、こういうユーザー体験〔==アプリケーション〕を作れる人の数が大幅に増えるけれども、しかし...more
カテゴリー:

AWSのEC2が秒単位の課金制になった…GCPやAzureの分単位課金に対抗だ! - 09月19日(火)18:36 

2006年にAmazonがAWSのクラウドコンピューティングサービスEC2を立ち上げたときには、時間制の課金が画期的に感じられたが、でもそれは、端数がわずか数分でも1時間と数えられてしまうことを意味していた。しかしこのところAWSのコンペティターたちはより柔軟な課金形式を採るようになっている(分制が多い)ので、AWSも10月2日に彼らの上を行って、そのLinuxベースのEC2インスタンスには秒制の課金方式を導入することになった。 この秒制の課金形式は、オンデマンド、リザーブド、スポットの各インスタンスタイプに適用されるほか、EBSボリューム用に手配されたストレージにも及ぶ。Amazon EMRとAWS Batchもこの秒制に移行するが、各インスタンスの最低料金は1分ぶんであり、また、Windowsや、独自の時間制料金のLinuxディストリビューションを使うマシンには適用されない。 AWS Lambdaのようないわゆる“サーバーレス”のプラットホームが急伸し、これらが秒未満の課金制を導入している今となっては、古い時間制の課金形式は多くのデベロッパーにとってナンセンスと感じられる。しかし単純な事実としては、EC2はGoogleやMicrosoftなど分制の課金に移行したプラットホームに比べて割高である、という評判がこのところ広まっていたのだ。 [原文へ] (翻...more
カテゴリー:

Looxid Labsが脳波検査とVRを結びつけてコンテンツに対する反応、人間の感情分析を行う - 09月19日(火)12:27 

仮想現実は消費者市場の厚い壁をぶち破ることができず、その需要の核心も未だに掴みかねている。しかし一方、コンテンツの制作の分野では、企画や開発の過程で人間の感情を把握し分析できることが、ヒット作を生むための重要な鍵とみなされている。 今日(米国時間9/18)のDisrupt SF Startup Battlefieldに登場したLooxid Labsは、そのためにVRと〔それらを経験中の人の〕脳波の利用を考えている。 感情を調べるためにVRを利用するスタートアップは、このところいくつか登場しているけど、でもたとえばVRでユニコーン企業になったMindMazeが開発しSamsungがデモした技術は、顔の筋肉の動きから感情を推察するし、また、唇の動きを読む類似技術もある。それらに対してLooxid Labsは、EEG(脳波検査)と目の動きの検出を組み合わせて感情的な反応を検出し、独自のアルゴリズムにより、視聴者の現在の感情を推察する。 EEGはいまだに、その応用技術や応用製品が明確でないデータソースだが、しかしLooxid Labsがねらっているのは消費者市場ではなく、VRへの反応を表している感情を調べる研究調査の分野だ。 同社のLooxidVRと呼ばれる製品は、脳波や目の動きなどの情報を集めて解釈するシステムだ。それが発揮する調査分析機能により、VRに関心を示している多くの企業が、ユ...more
カテゴリー:

もっと見る

「デベロッパー」の画像

もっと見る

「デベロッパー」の動画

Wikipedia

デベロッパー(developer)(ディベロッパーとも)とは、

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる