「デビュー」とは?

関連ニュース

スキマスイッチ、戸田恵梨香・久保田紗友が主演するCMソング「未来花(ミライカ)」を書き下ろし! - 02月19日(月)18:21 

スキマスイッチ 今年デビュー15周年を迎えるスキマスイッチが戸田恵梨香、久保田紗友が姉妹役で主演し、3月1日からスタートするアキュビュー®新CMソングに新曲「未来花(ミライカ)」を書き下ろした。 このCMは、アキュビュー® から始まる小さな変化の物語で、昨年公開とともに反響を得た人気CMの続編。新曲...
カテゴリー:

現役大学生の演歌歌手一条貫太が経験ない恋愛歌 - 02月19日(月)17:48 

 演歌歌手一条貫太(21)が19日、都内で、デビュー曲「ふたりの始発駅」の発表会に出席した。  一条は現役の大学3年生。「平成生まれの『昭和なボイス』」のキャッチコピーに3月7日、同曲でデビューする。日本テレビ系「全日歌唱力選手権 歌唱…
カテゴリー:

賀来賢人、10年ぶり月9出演!芳根京子主演『海月姫』で外国籍の実業家役 - 02月19日(月)17:15 

俳優の賀来賢人が、2月26日放送の連続ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)第7話に出演することが決定。月9ドラマに出演するのは、本人初の地上波ドラマ出演作でもある『太陽と海の教室』(2008年)以来、10年ぶりとなる。芳根京子主演の本作は、筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、女装男子・蔵之介(瀬戸康史)とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。2007年に映画『神童』で俳優デビューして以来、数々のドラマ、映画、舞台に出演し、実力、人気ともに若手トップの俳優へと駆け上がった賀来。そして2015年、劇団☆新感線の舞台『五右衛門vs轟天』に出演してからコメディーの魅力を知り、その後、福田雄一との出会いから、ムロツヨシや佐藤二朗などが名を連ねる福田組の常連になった。自身も「コメディーで一番になる」と公言するほど、今や、若手としては押しも押されもせぬコメディー俳優のトップを独走している。そんな賀来が演じるのは、香港やシンガポール、ソウルなどアジア各国でセレクトショップを展開する実業家、カイ・フィッシュ。最近は日本に力を入れており、ある日、最近出店した東京のセレクトショップの状況を視察しに来ていた際に、アパ...more
カテゴリー:

小田急ロマンスカーGSEデビューキャンペーン、新宿駅西口にカフェ - 02月19日(月)17:13 

小田急電鉄はこのほど、3月17日のダイヤ改正に合わせて新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)が運行開始することを記念し、「ロマンスカー・GSEデビューキャンペーン」を展開すると発表した。
カテゴリー:

大原櫻子、4月ニューシングル発売と7月ツアーがW決定 - 02月19日(月)17:00 

今年12月14日にデビュー満5周年を迎えることと、初のW主演映画『あの日のオルガン』への出演発表を行った大原櫻子が、早くも5周年第2弾、第3弾として、4月25日にニューシングルを発売と7月の全国ツアーを同時発表した。
カテゴリー:

松任谷 由実(64)恒例の「苗場ライブ」 - 02月19日(月)18:20 

松任谷 由実(64)恒例の「苗場ライブ」:松任谷 由実さん(64)が、デビュー45周年の2018年も、恒例の苗場で38回目となる真冬のライブを行った。...
カテゴリー:

misono、アンガ山根と子作りについて話す「何だか凄い日でした!」 - 02月19日(月)17:21 

歌手のmisonoが自身のアメブロを更新。お笑いコンビ・アンガールズの山根良顕と子作りについて話したと報告した この日「毎年…ヒデさん(中山秀征さん)が、連絡してきて下さり!池田夏希ちゃん&麻美ゆまちゃん&多岐川華子ちゃんと、志村けんさんの誕生日会へ!」と志村けんの誕生会に行ったことを報告。「志村さんが優しいのは、もちろんの事…」と前置きし、「モト冬樹さん&川合俊一さんと「モノマネやバラエティーの話」で、盛り上がったり!」と楽しんだよう。 misonoは「島崎和歌子さん&タカアンドトシさんetc…大先輩からも!」とつづり「「結婚おめでとう」「幸せそう」「顔つきまで変わった」」と自身の結婚を祝福されたことを明かし、「そこまでモノマネが好きなら…ものまねでも良いと思うから、歌え」「「相変わらず面白い」とか、言ってもらえたり!」「ミッツさんが“的確な分析&アドバイス”をして下さったり!」と先輩からたくさんアドバイスを貰ったこともつづっている。 続けてアンガールズの「山根さんにも、久々に会えて“結婚&子作り”について、喋ったり(笑)」とつづり、「何だか凄い日でした!凄く良い日でした!」「「愛されてるな~恵まれてるな~」と…めちゃくちゃ感じました!」と感想をつづり、誕生会の楽しそうな記念写真を多数公開した。 【関連記事】 ・1/16、2/17(misonoオフィシャルブログ) ・m...more
カテゴリー:

賀来賢人、10年ぶり月9出演!芳根京子主演『海月姫』で外国籍の実業家役 - 02月19日(月)17:15 

俳優の賀来賢人が、2月26日放送の連続ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)第7話に出演することが決定。月9ドラマに出演するのは、本人初の地上波ドラマ出演作でもある『太陽と海の教室』(2008年)以来、10年ぶりとなる。芳根京子主演の本作は、筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、女装男子・蔵之介(瀬戸康史)とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。2007年に映画『神童』で俳優デビューして以来、数々のドラマ、映画、舞台に出演し、実力、人気ともに若手トップの俳優へと駆け上がった賀来。そして2015年、劇団☆新感線の舞台『五右衛門vs轟天』に出演してからコメディーの魅力を知り、その後、福田雄一との出会いから、ムロツヨシや佐藤二朗などが名を連ねる福田組の常連になった。自身も「コメディーで一番になる」と公言するほど、今や、若手としては押しも押されもせぬコメディー俳優のトップを独走している。そんな賀来が演じるのは、香港やシンガポール、ソウルなどアジア各国でセレクトショップを展開する実業家、カイ・フィッシュ。最近は日本に力を入れており、ある日、最近出店した東京のセレクトショップの状況を視察しに来ていた際に、アパ...more
カテゴリー:

大原櫻子、4月にニューシングル発売と7月から全国ツアーを開催することを発表! - 02月19日(月)17:02 

大原櫻子 今年12月14日にデビュー満5周年を迎える事と、初のW主演映画『あの日のオルガン』への出演発表を行った大原櫻子が、早くも5周年第2弾、第3弾として、4月25日にニューシングルを発売する事と7月に全国ツアーを行う事を同時発表した。 シングルは昨年11月リリースの「さよなら」以来5か月振り9枚目と...
カテゴリー:

『分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.2)』 - 02月19日(月)17:00 

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。  2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて西島さんにお話を聞かせていただきました。 ■早期退職とゲリラ戦、編集者への恩と休刊へのアンチテーゼ ―― 『IKKI』版の『ディエンビエンフー』はどこまで連載で、どこから描き下ろしになったんですか? 西島 8巻と9巻から描き下ろしになりました。なんでかというと出版不況の始まりぐらいだったのかな。「『IKKI』のページが薄くなるから西島くん連載載らないのどうですか?」と...more
カテゴリー:

もっと見る

「デビュー」の画像

もっと見る

「デビュー」の動画

Wikipedia

デビュー()とは、社交界舞台文壇などに、新人が初めて登場すること。初舞台初登場などと訳される。芸能界スポーツ界など華やかな場に初めて出ることも含む。転じて、鉄道車両自動車の新型車両などの登場時にも使われる。反対語は引退

débutante(デビュタント)は、初めて社交界に出た女性や初舞台を踏んだ女優を意味する。

  • (近年の用例で)高校時代にぱっとしなかった人物が、大学入学後に過去の自分を知っている人物が周囲に居なくなったために今までの自分にもたれていたイメージを払拭しようと、派手なファッションをしたり目立つことをした場合に「大学デビュー」ということがある。同様の例として「高校デビュー」「社会人デビュー」という言葉もある。また、地方出身者が渋谷に出かけることを「渋谷デビュー」ということなども同様の例である。
...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる