「デスノート」とは?

関連ニュース

『ゴーストリコン ワイルドランズ』リアルなボリビア観光ガイド 第2回 ~ジャングルで最恐の生き物は? デスロードとデスノート編~ - 03月23日(木)19:05 

ユービーアイソフトから発売中の『ゴーストリコン ワイルドランズ』。バックパッカー編集者によるリアルボリビア観光ガイド第2回目をお届け!
in English
カテゴリー:

Netflix、オリジナル実写版「デスノート」のティーザー公開 リュークはウィレム・デフォー - 03月23日(木)13:33 

Netflixがオリジナル実写版「デスノート」のティーザー動画をYouTubeで公開した。「Shall we begin?」というリューク役ウィレム・デフォーの声が渋い。
in English
カテゴリー:

元NASA技術者が絶対真ん中に当たるダーツボードを開発 ダーツに合わせて的が移動し強引に命中させる超技術 - 03月23日(木)09:00 

 元NASA所属エンジニアのMark Roberさんが、下手でも必ずブルズアイ(真ん中)に当てられるダーツボードを発明し、YouTubeで公開しました。ダーツの軌道を瞬時に予測して的が動き、むりやり真ん中へ当てさせる超絶システム。技術の無駄遣いにも程があるけどいいぞもっとやれ。 【動画】絶対当たるダーツボードの説明と遊ぶ様子  かつてNASAのJPL(ジェット推進研究所)で働いていた作者が、3年かけて開発。規定の距離からダーツが投げられると、6つのモーションキャプチャシステムが追跡します。ダーツには小さな反射板が仕込まれており、跳ね返った赤外線から位置を特定。これをもとに、システムは物理方程式を用いて軌道を計算し、ダーツの終着点を割り出します。  的は2軸のスライダーに取り付けられており、上下左右へモーターで移動。システムから情報を受け取るとダーツの終着点へ自動で向かい、ブルズアイになる位置で止まります。ここまでにかかる時間は0.4秒以内。ダーツの平均速度に合わせて設計しているそうです。  誰が投げても、届きさえすれば確実に当たるこのシステム。Mark Roberさんがバーに持ち込んで客に試してもらうと、みんな大喜びでした。ゲームとしては成立しませんが、真ん中に当たること自体が楽しいようです。正直いっぺん遊んでみたい。 【関連記事】 ・段ボールで「ドリンクバーの機械」を作る動画が...more
in English
カテゴリー:

東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」 - 03月21日(火)14:00 

 米原発事業で7000億円に上る損失を計上する見込みの東芝は、決算の発表を再び延期すると発表した。東京証券取引所は東芝株を「監理銘柄」に指定し、いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。15年前には誰も想像できなかった、日本を代表する名門企業の崩壊を、予見していた作家がいる。  *** 『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として活躍していた。相場氏の最新刊『不発弾』のテーマは、「粉飾決算」。架空の巨大電機企業・三田電機に発覚した「不適切会計」の謝罪会見から物語は始まるが、財界総理を多数輩出した名門企業には「米原発事業での減損」「半導体部門の切り売り」の運命が待ち受ける。 『不発弾』の連載開始は2年前。なぜ相場氏は巨大電機企業の凋落を予見できたのだろうか。 ■経済事件の「デスノート」 「この作品は、僕の新聞記者としてのケジメです」と相場氏は語る。「兜町担当の記者だった20年ほど前、日本企業が本業とは関係のない海外企業を異常な高値で購入するケースが目立った時期がありました。その背景として、バブル崩壊で生じた負債を、のれん代(買収された企業の時価評価額と買収価額との差額)に紛れ込ませて粉飾するという手法があることを教えてくれた情報提供者がいた。それが今回の着想のきっかけです。東芝の会見にあった『不適切会計』という言...more
in English
カテゴリー:

東出昌大の若手俳優批評に「恥ずかしい」の声!その演技力とは? - 03月18日(土)21:00 

2017年3月15日TBS系スペシャルドラマ『LEADERSⅡ』の制作会見が行われた。主演の佐藤浩市(56)をはじめ、内野聖陽(48)や菅野美穂(39)など名だたる演者が出席した制作会見だが、そこで俳優の東出昌大(29)が若手俳優について語る場面があり、その発言が波紋を呼んでいる。 ◆東出は棒演技で有名?! 発端は、制作会見で東出が「若手俳優の一番いけないところが、フレッシュさでなんとかしようとするところ。でもそうすると同じ画面に映ったときにペラペラになってしまう」と発言したこと。 ドラマ『LEADERSⅡ』で東出は、自動車販売店の若き営業マンの日下部誠を熱演している。東出は役どころについて「日下部の信じるところはいいものをお客様に届けようとする思いだと思ったので、そんな生半可で付け焼き刃なフレッシュさではなくその信念をもって挑ませていただいた次第です」と発言している。恐らく問題となった発言は、日下部という人物の魅力から派生したものだと思うのだが、若手俳優をひとくくりに批評してしまったことで、ネット掲示板ガールズちゃんねるは、東出の演技を批評する展開となった。 「東出さんも人の事言えないような……」 「大根役者がよく言うわ~」 「でも演技下手やねんな」 「分析できても演技は棒」 「論理はしっかり。演技もしっかりして」 「自分のことは棚に上げてよく言えるよな」 「こっちが……恥ずか...more
in English
カテゴリー:

【Netflix】海外勢が挑む映画『デスノート』新たなドラマを予感させる場面写真&予告編公開! - 03月23日(木)14:16 

2017年8月25日より全世界同時オンラインストリーミングされるNetflixオリジナル映画『デスノート』。この場面写真と予告編が公開された。 https://youtu.be/RGxLRqM4F6k 本作は、ハリウッドで大きな期待を集めている注目の若手サスペンス・ホラー監督アダム・ウィンガード(『ザ・ゲスト』『サプライズ』『V/H/S』)による新作映画であり、原作は言わずと知れた大場つぐみ(原作/原案)と小畑健(作画)による少年ジャンプの人気コミック『デスノート』。出演はナット・ウルフ、マーガレット・クアリー、キース・スタンフィールドな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『デスノート』ハリウッド実写版、初予告編で金髪のライト登場 - 03月23日(木)11:33 

 Netflixが製作する日本発の人気マンガ『DEATH NOTE』(原作・大場つぐみ、作画・小畑健)のハリウッド実写映画版。8月の北米リリースに先駆けて初予告編が解禁となり、ナット・ウルフ演じるライトの姿がお目見えした。【関連】『デスノート Light up the NEW world』フォトギャラリー 名前が記載された人間が死ぬことになる「デスノート」を手にし、己の手で生きる価値のない人間と判断した者に死をもたらそうとする若者ライトと、彼を追うLの攻防を描く『DEATH NOTE(原題)』。公開された約1分の予告編に登場するのは、天から降ってきた「DEATH NOTE」と書かれた黒いカバーのノートを手に取るブロンドヘアのライト。「このノートに名前を書かれた者は死すべし」と、ノートに記載されている項目を読み上げ、その威力を知ることになる。 死神・リュークの姿は見えないが、一瞬オレンジ色に光る目。気づいたライトがその方向に振り向くと、「始めようか」というリュークの声が…。ボイスキャストを務めるウィレム・デフォーが、英語版リュークをしっかりものにしている。ミサのハリウッド版となるミア(マーガレット・クアリー)やL(キース・スタンフィールド)らしき人物も一瞬だが映っている。 シアトルが舞台となる『DEATH NOTE(原題)』の監督を務めるのは、リブート版『ブレアウィッチ』(16)のア...more
in English
カテゴリー:

アメリカ版「デスノート」実写映画のティザー映像が公開――8月配信へ - 03月23日(木)08:26 

ウィレム・デフォーがリュークの声を担当 ライト、L、ウィレム・デフォーが担当するリュークの声がお披露目!
in English
カテゴリー:

東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」 - 03月21日(火)07:00 

 米原発事業で7000億円に上る損失を計上する見込みの東芝は、決算の発表を再び延期すると発表した。東京証券取引所は東芝株を「監理銘柄」に指定し、いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。15年前には誰も想像できなかった、日本を代表する名門企業の崩壊を、予見していた作家がいる。  *** 『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として活躍していた。相場氏の最新刊『不発弾』のテーマは、「粉飾決算」。架空の巨大電機企業・三田電機に発覚した「不適切会計」の謝罪会見から物語は始まるが、財界総理を多数輩出した名門企業には「米原発事業での減損」「半導体部門の切り売り」の運命が待ち受ける。 『不発弾』の連載開始は2年前。なぜ相場氏は巨大電機企業の凋落を予見できたのだろうか。 ■経済事件の「デスノート」 「この作品は、僕の新聞記者としてのケジメです」と相場氏は語る。「兜町担当の記者だった20年ほど前、日本企業が本業とは関係のない海外企業を異常な高値で購入するケースが目立った時期がありました。その背景として、バブル崩壊で生じた負債を、のれん代(買収された企業の時価評価額と買収価額との差額)に紛れ込ませて粉飾するという手法があることを教えてくれた情報提供者がいた。それが今回の着想のきっかけです。東芝の会見にあった『不適切会計』という言...more
in English
カテゴリー:

戸田恵梨香の新CMが「懐かしすぎる!」 - 03月18日(土)14:05 

 大塚製薬の大豆バー「SOYJOY」の新CMが3月11日よりテレビ放送を開始。CMでは戸田恵梨香(28)がキレの良いダンスを披露しているが、使用されている楽曲にも「すごく懐かしい!」と注目が集まっている。 「シンクロ」篇と名づけられたこのCMは、新商品の「SOYJOY Crispy ホワイトマカダミア」を手に持った戸田が、オフィスでOLたちと、タイトルの通りシンクロナイズドスイミングのようなダンスを踊るというもの。  そして、このダンスのバックに流れている曲が、今ネットで話題になっている。これは『Ja-nay』という曲で、俳優の鹿賀丈史(66)が1996年にリリースしたもの。子ども番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)に『Ja-nay Gymnastics』というタイトルで使われ、人気を博した。  今回のCMでは、同曲の「替え歌」が使われており、「いいじゃな いいじゃな いいじゃない それでいいじゃない」という独特の歌詞が、「いいじゃな いいじゃな いいじゃない 食べてもいいじゃない」へと変更されている。  これが『ポンキッキーズ』世代に見事に直撃。SNSでは、「めっちゃ懐かしい! 小学生の頃にずっと口ずさんでた!」「一気にあの頃の記憶がよみがえった……この曲すごい頭に残るよな」「ポンキッキーズ懐かしすぎる!」といった声が続出。思い出深い曲の復活に盛り上がっているようだ。 「『ポン...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「デスノート」の画像

もっと見る

「デスノート」の動画

Wikipedia

デスノート

出典

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる