「デスノート」とは?

関連ニュース

菅田将暉、俳優として「カッコ悪い姿は見せたくない」 - 06月24日(土)10:00 

  昨年は『セトウツミ』『何者』『デスノート Light up the NEW world』『溺れるナイフ』など9本の映画に出演し、今年も『キセキ ーあの日のソビトー』『帝一の國』『あゝ、荒野』など話題作への出演が続く菅田将暉さん。最新出演作となる漫画原作の映画『銀魂』では、志村新八という人気キャラクターを演じています。ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどを手掛け、“コメディの奇才”といわれる福田雄一監督の現場について、仕事に対する思いなどを聞きました。 【写真】ふとした表情も魅力的な菅田将暉 ◆『銀魂』は初めて最初から最後まで楽しめた作品 ――主演映画『明烏 あけがらす』やドラマ『宇宙の仕事』など、何度も“福田組”に参加されていますが、今回の現場を振り返ってみていかがですか? 菅田将暉 今回の福田組の現場は最初から最後まで楽しめた自分がいました。そんな風に感じることができたのは初めてなんじゃないかなと。いつもは楽しめるようになる前に、いろいろと自分に対して頭を抱えてしまうことが多くて。でも、今回は本当にただただ楽しい撮影でした。 ――それは何故だと思いますか? 菅田将暉 新八というキャラクターが僕の中でイメージしやすかったというのもありますし、共演者も素敵な方々が集結した現場だったから楽しめる余裕があったんじゃないかなと思います。それに福田組の“笑いのセンス”が好きですし...more
カテゴリー:

再演でより迫力を増した『デスノート THE MUSICAL』まもなく開幕 - 06月22日(木)10:30 

2015年に日本で世界初演の幕をあけ話題となった『デスノート THE MUSICAL』の待望の再演が、まもなく富山公演からスタートする。ブロードウェイで活躍するフランク・ワイルドホーンが音楽を手がけるなど世界トップレベルのクリエイターたちが制作、日本のほか韓国版も上演され、ワールドワイドな展開を見せているミュージカルだ。再演でも、主役の夜神月をWキャストで務める浦井健治と柿澤勇人、月を追い詰める探偵L役の小池徹平ら、当たり役だと好評を博したキャストたちが続投。初演を超える熱演に期待が高まる。6月中旬、その稽古場を取材した。『デスノート THE MUSICAL』チケット情報はこちら(PC)原作は言わずと知れた大ヒット漫画『DEATH NOTE』。名前を書かれた人間は40秒以内に死ぬ“死神のノート”を手に入れた高校生・夜神月が、正義の名の下、犯罪者たちを粛清していくという物語だ。この日は初の“通し稽古”(本番同様、冒頭から最後まで通して行う稽古)とのことで、稽古場にはピリッとした空気が流れている……かと思いきや、意外に和やかな雰囲気。些細な会話で俳優たちが笑い転げている。だが「はじめます」の声がかかるととたんに静かになり、熱を帯びたような空気になった。オープニングは、40秒からカウントダウンしていく時計の音と映像。この段階で映像が使われている稽古場というのも珍しいが、減っていく数字が不...more
カテゴリー:

【今すぐ死んで】陰湿な30代主婦の掲示板 『旦那デスノート』が話題に 女って発言小町とか好きだよな - 06月20日(火)17:05 

30代の主婦が旦那の愚痴を書く『旦那デスノート』というウェブサイトが話題になっている。 掲示板のようになっており、自ら匿名でトピックを作成でき、そこにコメントをつけることができる。 企業が運営してるものではなく、個人運営のウェブサイトで、誰が運営しているのかは不明。 マザコン旦那への不満や旦那に死んで欲しいという願いを実際に書く人まで。 「プロ野球選手の妻をやっています」という暴露や、中には「結婚10周年、未だに愛し合っています」 「旦那のことが大好き、、、死んで欲しいくらい笑」というノロケの書...
»続きを読む
カテゴリー:

永遠のセックスシンボルを「バナナ」でどうぞ。 - 06月11日(日)06:00 

「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan Bruscheさん。趣味で始めたものが思いのほか周囲の注目を集め、「本気でやったらどうなるんだろう?」と思ったのが“決断”の理由だという。しかも、不安を抱くどころか「やらなきゃ一生後悔する」と感じたらしいのだからスゴイ。不思議なバナナワールド、とくとご覧あれ。 言うまでもなく、『七年目の浮気』の1シーン。夏になったらバナナサーフィンしに行こう!うわっ!蹴らないでね…。立体的な部分も、もちろん全てバナナ。こちらは『スター・ウォーズ』からルーク・スカイウォーカーが登場!アラスカでバナナ釣り。恐い…。最後の晩餐。食べているのはバナナ?『デスノート』の大ファンなんだとか。ちなみに、作品に使ったバナナはちゃんと食べているそう。制作過程で苦労することについてStephanさんに聞いてみた。「“時間内”に作品を完成させることが難しいよ。というのも、バナナが腐ってしまうから、だいたい1時間くらいで絵を描いて、カット、仕上げなきゃいけないんだ。描いたものは消せないから、失敗が許されないところも難しいね」将来的には、さらにスキルを磨き、様々な国で展示会を開きたいとのこ...more
カテゴリー:

【映画】新作『ゴジラVSコング』 「デスノート」のアダム・ウィンガードが監督へ 全米公開2020年5月予定 - 06月04日(日)17:45 

http://www.cinemacafe.net/article/2017/06/02/49910.html アダム・ウィンガードが新作『ゴジラVSコング』の監督を務めることが決定した。 「Hollywood Reporter」によると『サプライズ』や『ザ・ゲスト』などのスリラー映画を手掛けてきたウィンガード監督が、 レジェンダリー・エンターテイメントとワーナー・ブラザースが贈る、2つの伝説的人気を誇るキャラクターが共演する新作映画のメガホンを取ることが決まったようだ。 作品の詳細については明らかになっていないものの、2014年作『GODZILLA ゴジラ』と2017年作『キ...
»続きを読む
カテゴリー:

「死んでも許さない」「事故死でお願いします」 結婚の闇が見えるウェブサイト『旦那DEATH NOTE』 - 06月23日(金)07:30 

一見幸せな結婚生活を送っているようでも内面ではどす黒い感情を抱いているのかも……。2015年から開始されたウェブサイト『旦那DEATH NOTE』がにわかに注目されています。 トップ画面に「今すぐ死んで欲しい。毎日思っている」とあり、「結婚した自分があきれる。鬱になりそう。お願いだから死んで。世の中にはお前より素晴らしい人達が生きられないとか不公平だ」というパンチのある言葉が並んでいるこのサイト。説明によると、「旦那デスノートとは旦那へ死んで欲しいという願いを書くものである。書く人物が自分の旦那じゃないと効果は得られない。また、実名や所在住所を書いても効果は得られない」とのこと。 投稿のタイトルには「いなくなれ」「私を病気にした糞旦那……」「育メンだと思い込んで調子乗っちゃって〜」といったものが並び、それだけでおなかいっぱいになりそうですが、内容はさらにディープ。現在、書き込みは1200超といったところですが、「だんなと再構築したい」がわずか10投稿なのに対して「だんなに死んでほしい」が1100以上と圧倒しており、これだけで闇の深さが感じられます。 『Twitter』では、「恐ろしい」「母親がやってそう」といった声が多数あったほか、「発言小町といい勝負」「(2chの)鬼女板の毒を煮詰めてさらにその毒どうして争わせたようなやつ」といった感想も。「独身で良かった」「結婚のメリットがわか...more
カテゴリー:

「卒業記念」中学生に成人グッズを渡した元講師が書類送検 「良い先生」と同情の声も - 06月21日(水)14:00 

©sirabee.com部活動の元教え子に「成人向けグッズ」を贈ったとして、神奈川県警山手署が県青少年保護育成条例違反(有害玩具の贈与)の疑いで、横浜市立中で吹奏楽部の外部講師をしていた男性(32)を書類送検していたことが報じられた。■卒業記念にオトナグッズ男性は4月上旬、18歳未満と知っていながら、中学を卒業した元吹奏楽部員の男子生徒に成人向けグッズ1個を渡した疑い。同署によれば、元講師は3月下旬から4月上旬にかけ、男子生徒の同級生に「卒業記念」として成人向けグッズ4個を渡し、うち1個を男子生徒に渡すように伝えたという。男子生徒らは部の送別会にそれらを景品として出品した。それを現役の部員が手に入れ、自宅で保管していたところを家族が見つけ、県警に相談したことで発覚したようだ。■元講師に同情の目を向けるネット民もこの報道を受け、元講師に対して同情の声をあげるネット民も。こういった性に関するグッズの共有や譲渡は、男性たちにとっての文化なのだろうか。・親に見つかっちゃって、泣く泣く「元講師に貰いました」ってゲロっちゃったんだろうな・今は教育もガチガチで余裕もないですからね。昔なら冗談で通じたレベル・もらった子のお母さんびっくりしただろうけど、県警に相談するほどの事か?・良いセンセじゃないか(笑) 生徒もそういうの貰ったらベッドの下にでも隠しとけ。後日帰宅するとベッドの「上」に置...more
カテゴリー:

「GODZILLA」続編が撮入!ゴジラ×モスラ×ラドン×キングギドラの頂上決戦 - 06月20日(火)12:00 

 米レジェンダリー・ピクチャーズが6月19日(現地時間)、2014年の大ヒット作「GODZILLA ゴジラ」の続編「ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ(原題)」の撮影を米アトランタで開始したと発表した。  巨大生物に関する調査や研究を行う秘密機関モナーク(MONARCH)のメンバーが、ゴジラをはじめ、ゴジラと激突するモスラ、ラドン、キングギドラの巨大モンスター集団に立ち向かうアクションアドベンチャー大作。単なる神話にすぎないと考えられていた古代の超巨大生物がよみがえり、覇権をかけてぶつかり合ったとき、人類は存続の危機にさらされるという内容のようだ。  あわせて主要キャストも公表された。カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、長編映画初出演の子役ミリー・ボビー・ブラウンが出演し、前作の渡辺謙とサリー・ホーキンスが続投。中国を代表する国際派女優チャン・ツィイーが新たに参戦する。その他、ブラッドリー・ウィットフォード、トーマス・ミドルディッチ、チャールズ・ダンス、オシェア・ジャクソン・Jr.、アイシャ・ハインズが脇を固める。  レジェンダリーと米ワーナー・ブラザースが、ゴジラとキングコングを主軸に据えて展開する“モンスターバース”の次回作。「クランプス 魔物の儀式」のマイケル・ドハティ監督が、同作でタッグを組んだ脚本家ザック・シールズの脚本をもとにメガホンをとる。全米公開は20...more
カテゴリー:

【映画】ハリウッドで「ゴジラVSコング」制作へ★2 - 06月04日(日)22:13 

アダム・ウィンガードが、新作「ゴジラVSコング」の監督を務めることが決定した。 ザ・ハリウッド・レポーターによると、「サプライズ」や「ザ・ゲスト」などのスリラー映画を手掛けてきたウィンガード監督が、レジェンダリー・エンターテイメントとワーナー・ブラザースが贈る、2つの伝説的人気を誇るキャラクターが共演する新作映画のメガホンを執ることが決まったようだ。 作品の詳細については明らかになっていないものの、2014年作「GODZILLA ゴジラ」と2017年作「キングコング: 髑髏島の巨神」を掛け合わせた作品になり、ゴジラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】ハリウッドで「ゴジラVSコング」制作へ - 06月02日(金)10:29 

アダム・ウィンガードが、新作「ゴジラVSコング」の監督を務めることが決定した。 ザ・ハリウッド・レポーターによると、「サプライズ」や「ザ・ゲスト」などのスリラー映画を手掛けてきたウィンガード監督が、レジェンダリー・エンターテイメントとワーナー・ブラザースが贈る、2つの伝説的人気を誇るキャラクターが共演する新作映画のメガホンを執ることが決まったようだ。 作品の詳細については明らかになっていないものの、2014年作「GODZILLA ゴジラ」と2017年作「キングコング: 髑髏島の巨神」を掛け合わせた作品になり、ゴジラ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「デスノート」の画像

もっと見る

「デスノート」の動画

Wikipedia

デスノート

出典

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる