「デザインコンセプト」とは?

関連ニュース

調布市に新たなランドマークが誕生!「トリエ京王調布」がオープン - 08月15日(火)12:52 

京王電鉄株式会社は、調布駅周辺で開発を進める商業施設「トリエ京王調布」を9月29日(金)より開業する。2012年、「京王線・相模原線(調布駅付近)連続立体交差事業」の完了によって鉄道が地下化され、街の南北が地上で結ばれたことで、街の様子も変化している。その変化する調布の新たなランドマークとして、「トリエ京王調布」が誕生する。 【写真を見る】調布の新たなランドマークとして、「トリエ京王調布」が誕生する 「調布らしい“ちょっとステキ”な生活」をコンセプトにA・B・Cの3館から構成される同施設の周辺には、駅前広場に面したテラス席や南北に連なる壁面緑化など、“人々や暮らしを結ぶ”をテーマにした環境施設が整う。外装では、人々や暮らしを結びたいという想いを“街を結ぶ”、“人を結ぶ”、“緑を結ぶ”というデザインコンセプトを反映。各館1階に店内の雰囲気を感じられるガラス壁やテラス席があり、街を眺めながら食事を楽しむことができる。また、壁面緑化のフレームには本物の鉄道レールが使用されており、街の歴史を感じることができる。 内装では中庭の雰囲気を演出する吹抜空間に面した大きな窓や、多摩川の河川敷をイメージしたレストスペース、太陽の下の野原をイメージしたキッズスペースがあるなど、まるで自然の中にいるような開放感のある空間が楽しめる。なお、各フロアごとにデザインコンセプトが違う内装になっているので注目して...more
カテゴリー:

「&Y01」が「グッドデザイン賞」「iF Design Award」に続き 世界的デザイン賞「Red Dot Award」コンセプト部門初受賞 - 08月10日(木)11:01 

[ヤマハ株式会社] 「&Y01」は、波間を思いのままに駆け抜ける白ヨットをイメージして、ヤマハとヤマハ発動機とが共同で開発したデザインコンセプトモデルで、様々なイベントやパフォーマンスで使用されています。軽く滑らかに移動...
カテゴリー:

【自動車】メルセデス・ベンツ、最高級セダン、新型『Sクラス』を発表 - 08月09日(水)20:07  bizplus

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン、新型『Sクラス』を発表し、8月9日より予約注文の受付を開始、9月上旬より順次納車を開始する。 新型Sクラスでは、先進安全技術「インテリジェントドライブ」がさらに進化。先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進するようになった。また、車線のカーブと先行車両を認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストする「アクティブステアリ...
»続きを読む
カテゴリー:

Official: 「ディオン」の後継モデルとなるか!? 3列シートMPVの三菱「エクスパンダ―」がインドネシアでワールドプレミア!! - 08月13日(日)17:00 

Filed under: ビデオ, その他の自動車ショー, ミニバン, 三菱, ニューモデル, 東南アジア【ギャラリー】2017 MMC Expander11三菱自動車 は、8月10~20日に開催されている第25回インドネシア国際オートショーで、小型クロスオーバーMPVの「エクスパンダ―」を世界初公開した。 エクスパンダーは、スタイリッシュでルーミーなMPVと、タフでダイナミックなSUVを融合させた、次世代クロスオーバーMPV 。三菱の代表的なSUVである「パジェロスポーツ」の持つ力強さ、存在感、上質感を受け継ぎ、従来の小型MPVクラスにはないスタイリングを目指してデザインされたとのこと。 様々な路面状況において優れた乗り心地を実現し、乗員すべてに静かで快適な居住空間と充分な荷室を確保したうえで、SUVに求められる機動力や走破性といった要件も兼ね備えている。 三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させて採用。フロントフェイス中央のラジエーターグリルを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方向から包み込むようなプロテクト形状とし、人とクルマを守る安心・安全の機能を力強く表現。また、LED ポジションランプを被視認性に優れる高い位置に配置し、ヘッドライトは低い位置(フロントバンパー)に位置するなど、より機能的にそして、トレンドにあわせて進化させたデザイン...more
カテゴリー:

成田空港に訪日外国人向け情報拠点、観光案内所など先行オープン - 08月10日(木)09:17 

成田国際空港は、第1ターミナル中央ビル本館1階に訪日外国人を対象とした観光情報提供施設「Visitor Service Center」を第1ターミナル中央ビル1階に8月10日、先行オープンした。 先行オープンしたのは、外国人観光案内所(ツーリストインフォメーションセンター)、旅行・チケット販売店舗、Narita Airport Transit & Stay Program受付カウンター、情報端末コーナー。この他にすでに、携帯電話・Wi-Fiレンタル、SIMカード販売、レンタカー受付、ミーティングサービス、ATM、自動外貨両替基、コインロッカーを周辺に配置している。10月下旬には、訪日外国人向けのプロモーションスペース、全国の観光やアニメツーリズム関連情報を入手できるパンフレットコーナー、電源も提供するシーティングスペースをオープンする計画。 デザインコンセプトは「Trip Tailor」で、利用客それぞれの希望や目的に合わせ、テーラーメイドのように日本の旅を形作る手伝いをしたいという思いを込めた。内装は「現代の日本」を感じられるデザインとし、おもてなしの気持ちを表現する。総面積は約1,300平方メートル。 旅行・チケット販売店舗はジェイティービー(JTB)が運営。市中店舗と同様にJR、航空、バス、テーマパークのチケット、宿泊・ツアー商品の販売などを行うほか、京成スカイライナー...more
カテゴリー:

「デザインコンセプト」の画像

もっと見る

「デザインコンセプト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる