「デイリースポーツ」とは?

関連ニュース

【テレビ】<小池栄子>宮迫博之の不倫報道コメントぶった切り!「お前、クソつまんなかった!」 - 12月17日(日)22:32  mnewsplus

女優の小池栄子(37)が17日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、 共演した宮迫博之(47)が不倫騒動時に発したコメントについて「お前、クソつまんなかったな!」とバッサリとぶった切った。宮迫は「やかましいわ!」と応戦した。 番組ゲストに俳優の堤真一が出演。MCの東野幸治が堤に、若手から恐れられる立場ではと尋ねた。堤はそんなことはないと否定。 隣に座った小池に「楽でしょ」と問うた。小池は「みんな憧れだと思います。私はそうじゃないけど。しゃべらなきゃかっこいい」と堤を評した。 ここ...
»続きを読む
カテゴリー:

松居一代の離婚会見服に「カーテン?」/イモト眉の竹内結子<今週の見逃しニュース> - 12月16日(土)15:46 

 先日の会見でろれつが回らなくなる場面のあったトランプ大統領(71)。健康不安説もささやかれるなか、驚きの食生活が明らかになりました。  マクドナルドではビッグマックとフィレオフィッシュを2個ずつに、チョコレートのミルクシェイクを注文。加えてダイエットコーラを1日に12本も飲むんだとか。  書き出しただけで胸焼けがしてきたので、どうでもいい芸能ニュースを振り返りましょう。 ◆①【松居劇場一問一答1】一番守るべきものは「財産」と明言 元夫へは「大っ嫌い」 デイリースポーツ 12/15(金)配信ほか  恐怖のYouTube動画投稿からおよそ半年。松居一代(60)と船越英一郎(57)がついに離婚することで合意しました。  13日に裁判所での調停を終え、15日には朝から記者会見。「やりました! ありがとう!」とガッツポーズで“勝利宣言”する松居さんに、「離婚したかったのは船越さんなのに、なんで勝利なの」と、日本中に???が飛び交いました。  また、会見時のファッションにもド肝を抜かれました。黄色地にピンクの花をあしらったテラッとしたジャケットに、「どこのブランド?」「カーテン?」「かけ布団?」とネット民は騒然。  軽く調べてみましたが、ブランドはわかりませんでした。裁判の時の赤いスーツがシャネルだというから、きっと高級なカーテンなのでしょう。 ◆②竹内結子、イモト眉を披露...more
カテゴリー:

【芸能】故古尾谷雅人さんの妻の元女優・鹿沼絵里さん、大動脈解離で一命を取り留めていた[17/12/15] - 12月15日(金)20:10  mnewsplus

故古尾谷雅人さんの妻の元女優・鹿沼絵里さん、大動脈解離で一命を取り留めていた2017.12.15 デイリースポーツ online https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/15/0010821365.shtml 2003年に自殺した俳優・古尾谷雅人さんの妻で元女優の鹿沼絵里さん(65)が15日放送のTBS系「爆報THEフライデー」に出演し、今年7月に急性大動脈解離を発症して身体障害者手帳1級を支給されていることを明かした。 鹿沼さんは「大動脈解離という病気になりまして、身体(障害)者手帳の1級をいただいて、年内は安静にしてください...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】松居一代、財産分与はなしと明言 自宅は「船越さん持分を買い取り」 - 12月15日(金)09:25  mnewsplus

 夫で俳優の船越英一郎との離婚が13日に成立したと発表された女優・松居一代が15日、都内で会見を開いた。  松居はこれまでブログで裁判も辞さずの姿勢を見せてきたが、13日に開かれた第2回の離婚調停で、急転調停離婚が成立。 ドロ沼バトルに終止符が打たれたかと思われたが、14日のブログで「約束事が破られました」などとつづり、怒りをにじませていた。  この日は黄色のスカート姿で登場すると、終始笑顔。注目の財産分与について聞かれると、「財産分与というものがございますが、 今回、家裁不調なら裁判に臨む...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】宮根誠司 「今年の漢字」を「退」…今年は引退した人が多い - 12月12日(火)14:51  mnewsplus

 年末の恒例イベントで、2017年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「北」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。フリーの宮根誠司アナウンサーは同日の読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」において、「退」と予想した。  宮根アナは「退」と考えた理由について、「今年はいろんな引退があった」と切り出し、「アスリートでいうと浅田真央ちゃん、宮里藍ちゃん、伊達公子さん。加藤ひふみんの引退、小池都知事も代表を退き、日馬富士も引退した。今年は引退した人が多いと思う」と述べた。...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】ハリル「W杯はまた別物」「それではよいお年を」 - 12月17日(日)00:36  mnewsplus

12/16(土) 23:50配信 デイリースポーツ  大会を振り返るハリルホジッチ監督=味の素スタジアム  「サッカー・東アジアE-1選手権、日本1-4韓国」(16日、味の素スタジアム)  完敗を喫した日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が試合後会見では「W杯はまた別物。本日のチームで戦うわけではない」と語った。 【写真】韓国代表監督「勝たないといけない試合だった」  試合直後のフラッシュインタビューの段階から「韓国が格上だった」と今大会のチームでの実力差を認めていたが、会見でも「韓国の方が大きく上回...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】松居一代、母親へ生電話で離婚を報告「お母ちゃん、お母ちゃん…」★2 - 12月15日(金)22:05  mnewsplus

 夫で俳優の船越英一郎との離婚が13日に成立したと発表された女優・松居一代が15日、 都内で会見を開いた。松居は、黄色の明るい色のスカート姿で登場。終始満面の笑顔を 浮かべていたが、会見中、実家の母親に生電話で離婚を報告する場面があった。  松居は会見冒頭で、家裁の約束で16日まで離婚は口外しないと約束していたことを 明かしていたが、そのため実家の両親にも離婚を直接報告していなかった。そのため会見場では 松居はスマホを手に母へ生電話。涙を浮かべながら 「お母ちゃん、お母ちゃん…よかった。離婚で...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】松居一代、母親へ生電話で離婚を報告「お母ちゃん、お母ちゃん…」 - 12月15日(金)09:27  mnewsplus

 夫で俳優の船越英一郎との離婚が13日に成立したと発表された女優・松居一代が15日、 都内で会見を開いた。松居は、黄色の明るい色のスカート姿で登場。終始満面の笑顔を 浮かべていたが、会見中、実家の母親に生電話で離婚を報告する場面があった。  松居は会見冒頭で、家裁の約束で16日まで離婚は口外しないと約束していたことを 明かしていたが、そのため実家の両親にも離婚を直接報告していなかった。そのため会見場では 松居はスマホを手に母へ生電話。涙を浮かべながら 「お母ちゃん、お母ちゃん…よかった。離婚で...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】「恋人なら、自身の性的な写真や動画の共有構わない」20代の1割  IPA「リベンジポルノの危険」と警鐘 - 12月14日(木)06:32  newsplus

「恋人なら共有」20代1割 性的画像、親しくても注意  デイリースポーツ:2017.12.14. http://www.daily.co.jp/society/human_interest/2017/12/14/0010816563.shtml 独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)がスマートフォン利用者を対象に行った意識調査で、20代の1割が 「恋人など親しい間柄であれば、会員制交流サイト(SNS)で自身の性的な姿を撮影した写真や動画を共有しても構わない」と回答したことが14日、分かった。 IPAは「リベンジポルノのリスクがあり、親しい間でもやりとりは危険」と注意を呼び掛...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】横山だいすけ、歌のお兄さんになりたくて…NHKお客様センターに電話を6年 - 12月12日(火)13:56  mnewsplus

横山だいすけ、歌のお兄さんになりたくて…NHKお客様センターに電話を6年 2017年12月12日 11時49分 デイリースポーツ http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14017473/  NHK幼児番組「おかあさんといっしょ」の歌のお兄さんを今年3月に卒業した横山だいすけが12日、日本テレビ系「PON!」で、歌のお兄さんになるために、6年間、NHKのお客様センターに電話をかけ続けていたことを明かした。  番組では横山をゲストに迎え、生歌などを披露してもらったが、トークコーナーでは、歌のお兄さんになったいき...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「デイリースポーツ」の画像

もっと見る

「デイリースポーツ」の動画

Wikipedia

デイリースポーツ(''Daily Sports'')は、日本スポーツ新聞である。株式会社デイリースポーツ編集、神戸新聞社から発行されている。本社は神戸市中央区で関西に地盤を築いている。キャッチコピーは「ブレないスポーツ紙」。

歴史・概要

神戸新聞社デイリースポーツ事業本部のあるエコール・マリン

創刊までのいきさつ

太平洋戦争終結後、日本に進駐してきたGHQは、既存紙の紙面の方針転換を促すとともに、新しい新聞の創刊を推奨した。しかしこの頃は新聞用紙が慢性的に不足しており、結局は既存紙が、用紙割り当て数確保のために、積極的に新興新聞発行を行った。

神戸新聞でも子会社の神港夕刊新聞社を通じて、系列の夕刊紙「神港夕刊」を発行していたが、神港夕刊側が事実上の独立を申し入れたため、神戸新聞側が別の新興新聞発行を検討した。京阪神の売店等で売られている新聞を市場調査した結果、スポーツをメインに据えた新聞を発行することに決定。1948年7月25日付けの神戸新聞に創刊予告が出され、8月1日に第1号が発刊された。

デイリースポーツ社の設立

1950年から...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる