「ディープラーニング」とは?

関連ニュース

[GTC Japan]現実の素材からデータを取り込むマテリアルスキャナとは? - 12月15日(金)15:25 

 2017年12月13日に行われたGTCJapanは主にAIなどのディープラーニングやHPCをターゲットとした講演が多かったのだが,プロフェッショナル向けのグラフィックスに関するセッションも行われてい…
カテゴリー:

Pythonで学ぶ 基礎からの機械学習入門 第8回 広がる機械学習の世界 - そしてディープラーニングへ - 12月14日(木)11:00 

本連載では、プログラミング言語Pythonを用いて実際に手を動かしながら機械学習に触れ、機械学習でどんなことができるのかを紹介していきます。
カテゴリー:

「使わないと現場が回らない」自動化領域広げる協働ロボットは戦国時代へ - 12月14日(木)06:40 

2年に1度の「2017国際ロボット展」が11月29日から12月2日の日程で開催され、大盛況に終わった。出展企業・団体数は612社・団体と過去最大。来場者数は4日間合計で130,480名。前回(121,422名)よりも9,000人程度増え、会場内は大混雑だった。各種産業用ロボットやサービスロボットのほか、今回はトヨタや川崎重工業から新型のヒューマノイド、さらに流行のディープラーニングを活用したロボットなども出展され、メディアほか多くの注目を集めた。今回は自動化の範囲を広げる協働ロボットを中心にざっと見なおして、おさらいしておこう。
カテゴリー:

NEC、深層学習の自動最適化技術を開発--認識精度を向上 - 12月12日(火)14:45 

NECは12月12日、ニューラルネットワークの構造に応じた深層学習(ディープラーニング)の自動最適化技術を開発したと発表した。
カテゴリー:

NEC、ディープラーニングの自動最適化技術を開発 認識精度向上へ - 12月12日(火)12:42 

NECがディープラーニングの自動最適化技術を開発。ニューラルネットワークの学習の進み具合をその構造に応じて自動的に最適化する技術で、画像認識や音声認識などで従来より高い認識精度を容易に実現できるという。
カテゴリー:

組み込み向けディープラーニングのLeapMind、米調査サービスCBINSIGHTSの「AI 100」を受賞 - 12月14日(木)11:40 

[LeapMind] [画像: https://prtimes.jp/i/16656/16/resize/d16656-16-454396-0.jpg ] ◆CBINSIGHTS「AI 100 2018」とは CBINSIGHTSが年に一度、全世界を対象に「革新的な人工知能技術に取り組んでいる最も有望な100社」を選...
カテゴリー:

クラウディアン、ディープラーニング学習システムにS3 APIを独自追加 - 12月14日(木)08:34 

クラウディアンは「NVIDIA Deep Learning GPU Training System(DIGITS)」のバージョン6.1のインターフェースにS3 APIを開発追加。
カテゴリー:

3ステップでAIによる映像解析を開始できる「SCORER Cloud Processing」が登場 - 12月12日(火)15:00 

映像解析システムの開発プラットフォームを提供するフューチャースタンダードは12月12日、AIによるクラウド映像解析ツール「SCORER Cloud Processing(スコアラー クラウド プロセッシング、以下SCP)」の提供を開始した。 フューチャースタンダードはこれまでに、映像解析技術を使ったプロダクトやサービスの開発を簡易化する開発プラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を提供してきた。SCORERは、カメラや映像に関する最新の解析技術をブロックのように組み合わせることで、安価で簡単に映像解析システムを開発することを可能にする。システム企業やAIベンチャーなどの持つ高性能・高機能な映像解析技術、ネットワーク技術、クラウド技術、組込み技術の提供を受け、それらを一元的に管理・利用できる。SCORERについては、以前のTechCrunch Japanの記事でも詳しく紹介している。 SCPは、SCORERのクラウド版サービスだ。SCPでは、ログインすれば、映像解析の知識や経験がない人でも簡単に、AIによる映像解析が始められる。映像解析の設定に必要な手順は「解析したい映像を選択」「解析アルゴリズムを選択」「解析結果を確認・出力」と3ステップで済み、とても簡潔だ。 SCPで利用できるAIアルゴリズムには、フューチャースタンダードが自社で開発したオープンソースベースの顔認識・人物...more
カテゴリー:

NEC、ディープラーニングの自動最適化技術開発 - 12月12日(火)14:42 

NECは12月12日、認識精度の向上を実現する、ディープラーニングの自動最適化技術を開発したと発表した。
カテゴリー:

文章をもっと読みやすく、わかりやすく。推敲・校閲支援ツール『文賢(ブンケン)』が、AI(機械学習やディープラーニングなど)を軸とした共同開発を開始しました。 - 12月12日(火)11:00 

このたび、株式会社ウェブライダー(所在地:京都市中京区)は、自社が提供する推敲・校閲支援ツール『文賢(ブンケン)』の機能追加・サービス向上を目的とした新たな共同開発の取組を株式会社レッジ、株式会社SPJとともに開始します。AI(機械学習やディープラーニングなど)の技術を活用し、文章校閲業務の簡易化と、その先にある「誰もが他人に思いやりのある文章を書ける未来」の実現を目指します。
カテゴリー:

もっと見る

「ディープラーニング」の画像

もっと見る

「ディープラーニング」の動画

Wikipedia

ディープラーニング深層学習()とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、)を用いた機械学習である。莫大な計算資源を用意し、ニューラルネットワークの規模を拡大し、不均一なニューラルネットを構築する必要があるが、汎用人工知能(強いAI)の実現が期待されている。

概要

ディープラーニングは、ニューラルネットワークの多層化、特に3層以上のものに対し、1990年代に進められた脳、特に視覚野の研究や、「たった一つの学習理論()」、ブルーノ・オルスホーゼンによるスパース・コーディング理論を基にしたアルゴリズムが実装されたものを指す。

これに画像などのデータを入力すると、情報が第1層からより深くへ伝達されるうちに、各層で学習が繰り返される。この過程で、これまでは画像や音声などそれぞれのデータの研究者、技術者が手動で設定していた特徴量が自動で計算される。

特徴量とは、問題の解決に必要な本質的な変数であったり、特定の概念を特徴づける変数である。この特徴量を発見できれば、あらゆる問題の解決につながったり、パターン認識精度の向上や、フレーム問題の解決につながったりすると期待されて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる