「ディープラーニング」とは?

関連ニュース

NVIDIAはディープラーニング技術を武器に「医療」という巨大市場に切り込んでいる - 03月29日(水)19:00 

グラフィックボード最大手のNVIDIAは、強力な並列演算性能をもつGPUを機械学習システムに応用して人工知能や自動運転カー、画像認識技術などのさまざまな分野で新技術の開発を行っています。そんな中、NVIDIAは「医療」という巨大市場にディープラーニング技術を武器に切り込んでいます。続きを読む...
in English
カテゴリー:

NTTレゾナント、AI技術を活用した行動支援サービスを提供開始 - 03月28日(火)20:40 

AIを活用した行動支援サービス NTTレゾナント株式会社は、NTTグループのAI関連技術「corevo」を活用した行動支援サービスを9月に提供開始すると発表した。 AIが、旅先や旅行目的がはっきりしていないユーザーと対話することで、「のんびりしたい」「癒されたい」などのユーザーの気持ちを推察し、「教えて!goo」の旅行に関するQ&Aデータや「gooブログ」の旅行体験記事など旬なソーシャル情報、「goo旅行」の観光地情報、「goo地図」の地域情報をディープラーニングで学習し、ユーザー理解を深める。これにより、ユーザーの気分に寄り添った旅先の提案を行う。同社は2016年9月に「教えて!goo」でのAIサービスを開始し、恋愛カテゴリのQ&Aデータをディープラーニングによって学習し、一問一答形式で回答を生成するサービスを提供している。これに対して、今回のAI技術は、ユーザーとのリアルタイムの対話を繰り返すことで、ユーザーの曖昧な気分から関心事を理解する。 発表資料URL:https://pr.goo.ne.jp/goo/2017/20109/2017/03/28 ■関連記事 ちゃんと耳が取れるゴッホのフィギュア、キックスターターで人気を集め製品化へ (2017.3.28) デスクが狭いならマウスだけのテーブルがあればいい...more
in English
カテゴリー:

電通、AI活用のスポーツ解説システム「ZUNO(ズノさん)」を開発 - 03月27日(月)21:23 

電通でテクノロジーを起点とした新しい表現開発に取り組む制作チーム「Dentsu Lab Tokyo」(電通ラボ東京)は27日、ディープラーニングなどのデータテクノロジーを活用した「AIスポーツ解説プロジェクト」を始動したと発表した。
in English
カテゴリー:

2018年度にAIによる野球解説の実現目指す、電通が新プロジェクト始動(ニュース) - 03月27日(月)16:31 

 電通は2017年3月27日、テクノロジーを起点とした新しい表現開発に取り組む制作チームの「Dentsu Lab Tokyo」(電通ラボ東京)がディープラーニングなどのデータテクノロジーを活用した「AIスポーツ解説プロジェクト」を同日に始動したと発表した。
in English
カテゴリー:

日本製の囲碁AI 進化するも「ご乱心」の詰めの甘さが弱点 - 03月26日(日)16:00 

 ついにAI(人工知能)が、囲碁のトッププロが競う国際大会に参加する時代がやって来た──。  日本、中国、韓国のトップ棋士に囲碁AI「DeepZenGo」を加えた四者で世界ナンバーワンを決める「ワールド碁チャンピオンシップ」(主催:公益財団法人 日本棋院)が3月21日~23日の3日間にわたって大阪市で打たれ、韓国代表の朴廷桓(パク・ジョンファン)が全勝で優勝し、賞金3000万円を手にした。  注目の囲碁AI「DeepZenGo」(以降、Zen)は、1勝2敗で3位となったものの、全局で終盤入り口まで優位に立ち、その実力を大いにアピールした。  参加棋士は豪華だ。朴九段は世界戦で優勝経験もある韓国ナンバーワン棋士。中国はランキング2位で若手有望株のビ・イクテイ九段。そして日本代表は、昨年4月に前人未到の七大タイトル制覇を成し遂げた井山裕太九段(現六冠)。  各国を代表するトップ棋士3人との対局前に、Zen開発チーム代表の加藤英樹さんは「1勝したい」と話していた。  Zenは日本生まれ。囲碁ソフトとして成長してきたが、個人用パソコンバージョンでは限界があった。  昨年3月にグーグル社が開発した人工知能AIソフト「アルファ碁」に、元世界チャンピオンの李世ドル九段が1勝4敗で敗れたのをご記憶の方も多いだろう。飛躍的に強くなったのはディープラーニング(深層学習)という革新的な技術を採用したこと...more
in English
カテゴリー:

ディープラーニングを用いて「写真の見た目の特徴」を別の写真に転送してしまう「Deep Photo Style Transfer」 - 03月29日(水)08:00 

ディープラーニングを用いてベースとなる画像に他の画像のスタイル(見た目の特徴)を付与することで、新しい画像を生成することができる「Deep Photo Style Transfer」が、ソフトウェア開発プロジェクトの共有プラットフォームであるGitHub上で公開されています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

電通、スポーツ解説システム「ズノさん」開発--NHKの野球番組で使用 - 03月28日(火)15:40 

電通でテクノロジを起点とした新しい表現開発に取り組む「Dentsu Lab Tokyo」(電通ラボ東京)は3月27日、ディープラーニングなどのデータテクノロジを活用した「AIスポーツ解説プロジェクト」を発表した。
in English
カテゴリー:

日立がカメラ映像の人物を深層学習で特定する技術、「物を拾う」の識別も(ニュース) - 03月27日(月)20:46 

 日立製作所は2017年3月27日、防犯カメラなどが撮影した映像に深層学習(ディープラーニング)を適用して、人物を特定したり抽出したりできる技術を開発したと発表した。人物の性別や年齢層といった複数の特徴を同時に判定できるほか、「しゃがむ」「走る」「物を拾う」といった行動も識別できる。
in English
カテゴリー:

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】 | IT Leaders - 03月27日(月)15:30 

米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。今回は、音声認識などのユーザーエクスペリエンスを提供する「Microsoft Cognitive Services」と、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークである「The Microsoft Cognitive Toolkit」について、その位置づけと利用方法を解説したい。
in English
カテゴリー:

ディープラーニングと知能の本質は「画像」なのか?|人工知能はどのようにして「名人」を超えるのか?|山本一成|cakes(ケイクス) - 03月24日(金)10:20 

ディープラーニングと知能の本質は「画像」なのか?|人工知能はどのようにして「名人」を超えるのか?|山本一成|cakes(ケイクス)第8回 で山本一成さんは「現在の人工知能は、プログラマ自身が書いた部分だけでなく、人工知能が自分で学習した部分の両方からできている。プログラマからの卒業を果たしつつある状態だ」と言いました。しかし、さらに今後は「科学からも卒業する」とのこと。これはいったいどういうことでしょうか。 今回は、ディープラーニングのマルチモーダル化を実現させるかもしれない、興味深い最新の動向を紹介しておきます。 それは、...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ディープラーニング」の画像

もっと見る

「ディープラーニング」の動画

Wikipedia

ディープラーニング深層学習()とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、)の機械学習の事。汎用的なAI、いわゆる強いAIの実現が期待されている。概念・手法は1980年前後からあったが、2010年代に画像認識などから急速に盛り上がり、三度目の人工知能ブームと言われる。第三次ブーム以後は、機械学習は単なる流行を超えて社会インフラとして広く定着して行った。コグニティブコンピューティングの核となる技術でもある。

概要

ディープラーニングは、ニューラルネットワークの多層化、特に3層以上のものに対し、1990年代に進められた脳、特に視覚野の研究や、「たった一つの学習理論()」、ブルーノ・オルスホーゼンによるスパース・コーディング理論を基にしたアルゴリズムが実装されたものを指す。

これに画像などのデータを入力すると、情報が第1層からより深くへ伝達されるうちに、各層で学習が繰り返される。この過程で、これまでは画像や音声などそれぞれのデータの研究者、技術者が手動で設定していた特徴量が自動で計算される。

特徴量とは、問題の解決に必要な本質的な変数であったり、特定の概念を特徴づける変数であ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる