「ディープラーニング」とは?

関連ニュース

ソニー、ディープラーニングのコアライブラリを無償公開 - 06月27日(火)19:30 

ソニーは6月27日、ディープラーニングのプログラム生成に利用するフレームワーク「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化したと発表した。
カテゴリー:

ソニー、ディープラーニングのコアライブラリをオープンソースで公開 - 06月27日(火)12:53 

ソニーがディープラーニングのコアライブラリを公開。開発者・研究者に利用してもらいたいとしている。
カテゴリー:

ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化 - AV Watch - 06月27日(火)10:14 

ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化 - AV Watchニュース ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化 臼田勤哉 2017年6月27日 10:02  ソニーは27日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成する際のフレームワークとなる「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化した。同ライブラリを利用することで、プログラマやデザイナーは、人工知能(AI)を実現できるディープラ...
カテゴリー:

ソニー、AI開発で外部連携 ソフト無償公開  :日本経済新聞 - 06月27日(火)02:14 

ソニー、AI開発で外部連携 ソフト無償公開  :日本経済新聞ソニーは人工知能(AI)開発で自前主義を改め、外部と広く連携する方針を決めた。1990年代から自社で培ってきたAI関連の開発ソフトを無償で公開し、他社や研究機関に利用してもらって用途開発を促す。日本の大手企業が自社のAI技術の利用を幅広く働きかけるのは珍しい。外部の知恵も巻き込み、AIで先行する米IT(情報技術)大手を追う。  公開するのは、人の脳をまねた深層学習(ディープラーニング)のプログラム...
カテゴリー:

【書籍紹介】詳解ディープラーニング TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理 - HELLO CYBERNETICS - 06月25日(日)13:59 

【書籍紹介】詳解ディープラーニング TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理 - HELLO CYBERNETICS2017 - 06 - 25 【書籍紹介】詳解ディープラーニング TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理 雑談 雑談-書籍紹介 人工知能 人工知能-ディープラーニング Follow @ML_deep SNSでこの記事をシェアする Bookmark! Facebook Twitter Google+ Pocket 最近発売されたディープラーニングの本。 基礎的な内容から始まり、主にリ...
カテゴリー:

ソニー、ディープラーニング開発を支援するフレームワークをオープンソース化(ニュース) - 06月27日(火)18:48 

 ソニーは2017年6月27日、ディープラーニングのプログラム開発に使うフレームワーク「Neural Network Libraries」をオープンソースとして公開した。人工知能(AI)を活用したビジネスが活発化している中でオープンソース化し、フレームワークを強化する狙い。
カテゴリー:

【機械学習】ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化。Pythonで利用可能、GPU実行も - 06月27日(火)11:07 

 ソニーは27日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成する際のフレームワークとなる「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化した。同ライブラリを利用することで、プログラマやデザイナーは、人工知能(AI)を実現できるディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるという。 ディープラーニングは、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを用いた機械学習の一手法。従来型の機械学習に置き換えて使用し、画像認識や音声認識の性能が近年飛躍的に向上、ある領域では...
»続きを読む
カテゴリー:

ソニーがAIの進化を加速する。ディープラーニングのコアライブラリをオープンソース化|ギズモード・ジャパン - 06月27日(火)10:08 

ソニーがAIの進化を加速する。ディープラーニングのコアライブラリをオープンソース化|ギズモード・ジャパンImage: Sony ソニーだって、ずっと前からやってたから。 本日発表されたのが、ソニーの「 Neural Network Libraries 」。 ディープラーニング ( 深層学習 )のコアライブラリ(プログラムを生成する際のフレームワークとなるソフトウェア)です。オープンソースとして提供されるため、エンジニアやデザイナーは 無償 で活用して、 人工知能 ( AI )を実現できるディープラー...
カテゴリー:

【人工知能はいま 専門家に学ぶ】(13)実世界知能システム研究の第一人者、原田達也氏が見るAIの世界 - 06月26日(月)12:00 

 ディープラーニングが騒がれるきっかけにもなった、2012年の画像認識コンテストで圧倒的な精度で優勝したヒントン教授のSupervisionに、まさにその現場で苦汁を飲まされる経験をした日本人研究者がいる。そのコンテストで、それまでトップ争いをしてきた原田達也である。原田の現在の研究について、ディープラーニングをどのように活用しているかも含めて、聞くために研究室を訪ねた。
カテゴリー:

GPSなし、森の中を迷わず進むドローン NVIDIA、ディープラーニング活用して開発 - ITmedia NEWS - 06月23日(金)14:25 

GPSなし、森の中を迷わず進むドローン NVIDIA、ディープラーニング活用して開発 - ITmedia NEWS「GPSがなければ大半のドローンは迷子になるでしょう。でも、こちらのドローンは違います」――GPSなしで森の中の細道を迷わず進めるドローンをNVIDIAが開発した。 「GPSがなければ大半のドローンは迷子になるでしょう。でも、こちらのドローンは違います」――米NVIDIAは、GPSなしで森の中を迷わず進めるドローンを開発したと発表した。ディープラーニング技術と同社のAIモジュールを活用し、周囲の画...
カテゴリー:

もっと見る

「ディープラーニング」の画像

もっと見る

「ディープラーニング」の動画

Wikipedia

ディープラーニング深層学習()とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、)の機械学習の事。汎用的なAI、いわゆる強いAIの実現が期待されている。概念・手法は1980年前後からあったが、2010年代に画像認識などから急速に盛り上がり、三度目の人工知能ブームと言われる。第三次ブーム以後は、機械学習は単なる流行を超えて社会インフラとして広く定着して行った。コグニティブコンピューティングの核となる技術でもある。

概要

ディープラーニングは、ニューラルネットワークの多層化、特に3層以上のものに対し、1990年代に進められた脳、特に視覚野の研究や、「たった一つの学習理論()」、ブルーノ・オルスホーゼンによるスパース・コーディング理論を基にしたアルゴリズムが実装されたものを指す。

これに画像などのデータを入力すると、情報が第1層からより深くへ伝達されるうちに、各層で学習が繰り返される。この過程で、これまでは画像や音声などそれぞれのデータの研究者、技術者が手動で設定していた特徴量が自動で計算される。

特徴量とは、問題の解決に必要な本質的な変数であったり、特定の概念を特徴づける変数であ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる