「ディープラーニング」とは?

関連ニュース

対話モデルの訓練/評価フレームワーク ParlAI がすごい - ディープラーニングブログ - 10月19日(木)21:07 

対話モデルの訓練/評価フレームワーク ParlAI がすごい - ディープラーニングブログ2017 - 10 - 19 対話モデルの訓練/評価フレームワーク ParlAI がすごい Dialogue Natural Language Processing Deep Learning Tweet こんにちは, Ryobot です. 本稿では ParlAI の基本的な使用法やユーザーが独自に定義できるエージェントの実装方法を解説しました. 以下,PyTorch, Chainer, Tens...
カテゴリー:

スタートトゥデイがファッションアプリ「IQON」運営のVASILYを子会社化 - 10月19日(木)15:06 

ファッションコーディネートアプリ「IQON」などを提供するVASILYは10月19日、スタートトゥデイグループに参画することを明らかにした。スタートトゥデイがVASILYの全株式を取得し、完全子会社化する。金額やスキームは非公開。 VASILYの主力サービスであるIQONは、提携する200以上のECサイトのファッションアイテムを、ユーザーが自由に組み合わせてコーディネートを作成、共有できるアプリ。当初はウェブサイトのみだったが、モバイルアプリでも展開してユーザー数が拡大。現在IQONには250万件以上のコーディネートが登録されていて、ユーザは気に入ったものをお気に入り登録や購入できる。 2017年3月にTechCrunchではVASILY代表取締役の金山裕樹氏を取材している。その時点で月間アクティブユーザーは200万人を超えていて、同年1月には売上最高値を記録するなど一定の評価を得ているという話だった。 また3月に第2弾のサービスとして、人気インスタグラマーと提携した「SNAP by IQON」もリリースしている。SNAPは自社開発のディープラーニングによる画像解析エンジンを活用して、インスタグラマーのコーディネートに似たアイテムを購入できるアプリ。金山氏は「IQONよりも広がるのではないかと期待している」とも話していた。 VASILYは「ZOZOTOWN」や「WEAR」を提供す...more
カテゴリー:

Nvidiaに負けたくないIntelがニューラルネットワーク専用プロセッサーNervanaを年内発売 - 10月18日(水)12:03 

今朝(米国時間10/17)WSJのD.LiveイベントでIntelが公式に、同社のニューラルネットワークプロセッサーNervanaを披露した。この機械学習のユースケースを想定したチップ系列は、開発時のコードネームがLake Crestだった。 このチップの基本技術は、Intelが昨年8月に3億5000万ドルで買収したNervana Systemsに負っている。このニューラルネットワークプロセッサー(Neural Network Processor, NNP)チップは標準的なキャッシュ階層を廃し、チップ上のメモリをソフトウェアが管理することによって、ディープラーニングのモデルの訓練を高速化する。 Intelはここ数か月、Nvidiaに完敗することを避けようと躍起になっていた。今成長著しいAI市場に向けて舵を切ることにより、このレガシーのチップメーカーは、これまでに築いた業界とのコネを利用して生き残ろうとしている。その点に関してIntelの目標は、2020年のAI部門の売上を現在の100倍にすることだ。 NervanaはNNPとしてスケーラビリティと数値計算の並列化を売りにしている。また、強力な双方向データ転送能力も、重要なセールスポイントだ。Intel独自の数値フォーマットFlexpointを使うことによって、スループットを上げているという。また回路のサイズを縮小したことによって並列...more
カテゴリー:

『アサシン クリード オリジンズ』のUbisoftがGoogle TensorFlowで「ヒエログリフの解読を簡略化する人工知能研究プロジェクト」を立ち上げる - 10月17日(火)19:00 

Image: Dabarti CGI/Shutterstock.com 必要は発明のネフェルティティ。オープンワールドのエジプトを舞台に、アサシン教団の起源に迫る最新ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』。開発社であるUbisoftは、世界観をリアルに作ろうとするあまり、ヒエログリフをより簡単に翻訳しようと人工知能での解読を試みたのだそうです。gamesindustry.bizによりますと、このプロジェクトに使用するのはGoogle TensorFlow。これはオープンソースのディープラーニング/多層ニューラルネットワークライブラリで、言語処理や顔認識、画像検索および画像を認識して文章化するアルゴリズムなどに強いソフト。そしてこのプロジェクトは「ザ・ヒエログリフィック・イニシアティヴ」と名付けられ、できるだけたくさんのデータを収集/活用するべく、エジプト研究に関係する人たちに向けたオープンソースとなっています。活用事例までは報告されていませんが、たとえばこのソフトが入ったスマートフォンでロゼッタ・ストーンの写真を撮ると、象形文字が瞬時に翻訳されたりする…という使い方もできるのかもしれません。エジプト学者で博士号の学生であるパーリーン・ポイロンさんいわく、「このプロジェクトはエジプト学研究の時短に役立つ可...more
カテゴリー:

松尾豊×山極壽一×川村元気 異才3名が東大で「未来の生き方」語る - 10月17日(火)16:00 

10月15日、東京大学本郷キャンパスにて工学者の松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)、霊長類学者の山極壽一氏(京都大学総長)、映画プロデューサーの川村元気氏が、現役大学生約200人に向けて公開講義を実施した。 【写真を見る】映画「告白」は「音楽と映像で新しいスリラーを表現した」と解説する川村元気氏 これは、“知のフロントランナー”と現役大学生が徹底討論する公開型授業「未来授業~明日の日本人たちへ」の一環として行われたもの。今回の3人は、「AIは産業・社会の何を変えるのか? シンギュラリティ後の世界で私たちはどのように生きていくのか?」をテーマに大学生たちと熱い議論を交わしている。 なお授業の模様は、脳科学者・茂木健一郎の総合司会によるラジオ特別番組「NISSAN presents FM Festival2017 未来授業~明日の日本人たちへ」として、TOKYO FM をはじめとするJFN38局で11月3日に放送される。 ■ 松尾豊(東京大学大学院工学系研究科特任准教授) まず1時限目は“人工知能研究の第一人者”である松尾豊氏が担当した。 現在の人工知能研究では機械学習(ディープラーニング)の分野が発展していることなどを説明した後、今後は「カンブリア爆発で生物が眼を持つことで生物の生存率が上がったように、AIが“眼”が誕生することで同じようなことが起こりうる」と予言。 「...more
カテゴリー:

Adobeは人間の創造性と知性を強化するために人工知能を使う - 10月19日(木)18:49 

約1年前、AdobeはSenseiという名前のAIプラットフォームを発表した。他の企業とは異なり、Adobeは一般的な人工知能プラットフォームの構築には興味がないことを明言している。その代わりに、顧客の創造性を高めることに焦点を当てたプラットフォームを構築したいと考えているのだ。今週開催されているMaxカンファレンスで、Adobeはこれが何を意味するのかについてより多くの洞察を提供し、同時にSenseiをその主要ツールに統合するやり方についての、沢山のプロトタイプを示した。 「私たちは業界の他の企業が開発しているような汎用AIプラットフォームを構築しているわけではありません。もちろん彼らがそのようなものを構築していることは素晴らしいことですが」と、AdobeのCTOであるAbhay Parasn​​isは、本日(10月18日)の基調講演の後の記者会見で述べている。「私たちは創造的なプロフェッショナルたちが、画像、写真、ビデオ、デザイン、そしてイラストレーションに対して、どのように取り組んでいるかを、とても深く理解しています。私たちは、これらの非常に特殊なドメインについて何十年も学んできました、その価値の多くが私たちのAIに反映されているのです。Photoshopの最高のアーティストの1人が創作に時間を費やすとき、彼らがやることは何なのか、そしておそらくもっと重要なことは、彼らは何を...more
カテゴリー:

本の作り手と読者が交流「日本橋BOOKCON」10/20まで…丸善日本橋店 - 10月18日(水)20:15 

 大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトが共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」は10月18日から20日までの期間、丸善日本橋店で版社や著者が来場者と交流する本の体験型イベント「日本橋BOOKCON(ブックコン)with honto」を共催する。出版社80社116ブースが出展予定。 期間限定イベント「日本橋BOOKCON with honto」は、書店が著者や編集者の思いと読者の橋渡しとなり、店舗内で生まれるコミュニケーションを通じて本の魅力をより伝えようとする特別イベント。開催者らは、BOOKCONを通して「持ち帰りたい本」を増やしてもらえればと意気込む。 期間中は、丸善日本橋店の地下1階から3階各所に出版社80社116ブースを配置。家計簿ワークショップやメイクレッスンなど、直接その場で著者が書籍内容を伝え、来店した読者が本の内容を体験できる企画が多々開催される。書籍に関するミニセミナーやイベントのほか、子どもとの読書体験に役立つ知識や、自分の糧にできるような次の1冊に出会える場が用意されている。 出展ブースは日によって異なる。たとえば、ポプラ社は開催初日にあたる18日、親子を笑顔にする絵本の読み方「のびのび読み」を伝授するイベントを実施した。残念ながら同内容はすでに終了しているが、ポプラ社Webサイト内では「のびのび読み」特設コ...more
カテゴリー:

Hot Chips 29 - Wave Computingのディープラーニングチップ - 10月18日(水)11:00 

Wave Computingは2010年に設立されたのであるが、最近までステルスモードで活動してきており、主要な学会での発表は、今回のHot Chips 29が初めてである。Wave Computingはベンチャーキャピタルから資金を得て、2010年に設立された。現在、従業員は、データフロー、データ科学、システムの専門家からなる53人のチームである。
カテゴリー:

ソニーモバイルが『Xperia Hello!』を発表 能動的な会話ができるスマートスピーカー×ロボット - 10月17日(火)18:30 

ソニーモバイルは10月17日、コミュニケーションロボット『Xperia Hello!』を発表しました。スマートイヤホン『Xperia Ear』、スマートプロジェクター『Xperia Touch』に続く、ソニーモバイルのスマートプロダクト第3弾となる製品。11月18日の発売を予定しています。 センサーとロボティクス技術、センサーと連動して対話機能を実現する技術“ソニーエージェントテクノロジー”を組み合わせることで、能動的に周囲の状況を把握し、自ら動いたり話したりできる家庭用のコミュニケーションロボット。「ハイ、Xperia」と話しかけることで音声によるコミュニケーションが可能になります。 本体はカメラと目の表情を表現するLED、スピーカーを搭載して回転動作する頭部、4.6インチのタッチパネルディスプレーを搭載して340°回転する胴体、4個の赤外線の人感センサーと7個のマイク、温度&湿度センサー、底面にボリュームキーやリセットボタン、電源ボタンを備える底部から構成します。 話しかけた内容や動画を『LINE』のメッセージで送信したり、『Skype』通話や伝言を残すコミュニケーション機能が利用できるほか、ニュース、天気予報、交通情報、リマインダーなどの音声コンテンツ、見守り機能などが利用できます。見守り機能では、外出先からスマートフォンで家族の様子を聞くと「5分前に見かけました」...more
カテゴリー:

機械の目が見たセカイ -コンピュータビジョンがつくるミライ 第44回 ディープラーニングの基礎(3) - 回帰・2クラス分類・多クラス分類の出力層 - 10月17日(火)11:00 

今回は、「回帰」、「2クラス分類」、「多クラス分類」におけるディープラーニングの出力層の違いについて解説したいと思います。独自のネットワークを設計する際は、注意しておきたいポイントとなります。
カテゴリー:

もっと見る

「ディープラーニング」の画像

もっと見る

「ディープラーニング」の動画

Wikipedia

ディープラーニング深層学習()とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、)を用いた機械学習である。莫大な計算資源を用意し、ニューラルネットワークの規模を拡大し、不均一なニューラルネットを構築する必要があるが、汎用人工知能(強いAI)の実現が期待されている。

概要

ディープラーニングは、ニューラルネットワークの多層化、特に3層以上のものに対し、1990年代に進められた脳、特に視覚野の研究や、「たった一つの学習理論()」、ブルーノ・オルスホーゼンによるスパース・コーディング理論を基にしたアルゴリズムが実装されたものを指す。

これに画像などのデータを入力すると、情報が第1層からより深くへ伝達されるうちに、各層で学習が繰り返される。この過程で、これまでは画像や音声などそれぞれのデータの研究者、技術者が手動で設定していた特徴量が自動で計算される。

特徴量とは、問題の解決に必要な本質的な変数であったり、特定の概念を特徴づける変数である。この特徴量を発見できれば、あらゆる問題の解決につながったり、パターン認識精度の向上や、フレーム問題の解決につながったりすると期待されて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる