「ディーゼル車」とは?

関連ニュース

Teased: フォルクスワーゲン、2018年のパイクスピークス・ヒルクライムに電動レースカーで参戦すると発表! - 10月22日(日)06:00 

Filed under: クーペ, グリーン, モータースポーツ, フォルクスワーゲン, 電気自動車, レーシングフォルクスワーゲン(VW)は、ディーゼル車の排出ガス不正問題をどうしても過去の話にしたいようだ。私たちがこれを忘れることはないだろうが、電気自動車(EV)企業としてブランドの再構築を目指す同社は、今度はパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに電動マシンで参戦すると発表し、そのティーザー画像を公開した。 近頃は何もかもが電気化に向かっている。それには良いと思われるいくつかの理由があるからだ。まず、EVは本質的にクリーンであることが挙げられる(少なくとも末端消費者の話だ。どこから電力を得るのかと考え、そしてVWが素材を遠くから調達すればするほど、理性的な問題になってくる)。また、標高の高い山頂を目指してタイムを競うスプリント競技のパイクスピーク・ヒルクライムは、電動マシンに向いているとも考えられる。 Continue reading フォルクスワーゲン、2018年のパイクスピークス・ヒルクライムに電動レースカーで参戦すると発表!フォルクスワーゲン、2018年のパイクスピークス・ヒルクライムに電動レースカーで参戦すると発表! originally appeared on Autoblog Japan on S...more
カテゴリー:

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】 - 10月15日(日)08:53 

 日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。  あなたは次の自家用車 [...]
カテゴリー:

希望・小池の仕掛ける踏み絵の罠にハマるな! 古賀茂明が立憲民主党に送るアドバイス - 10月14日(土)06:00 

10日に公示された衆院選で、「希望の党」と新党「立憲民進党」、さらに無所属と事実上、分裂することとなった民進党。 そんな中、枝野幸男代表代行が立ち上げた「立憲民主党」に対し、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、「改革を打ち出すべき」とアドバイスする。 * * * 『週刊プレイボーイ』41号のコラムで、民進党は解党に踏み切り、保守系、リベラル系に分かれるべきだと主張した。民進党の最大の弱点は両者が混在して意見がまとまらず、何をやりたい政党なのか、よくわからないことだった。 そこで、保守タカ派新党とリベラル平和主義新党に分党・純化して出直せとアドバイスしたのだ。特に安倍自民との差別化を明確にできるリベラル新党は政権批判の受け皿として、躍進する可能性が小さくない。ただ、その時点ではこうした民進党の純化作業は実行に移せるとしても、最低数ヵ月の時間がかかると考えていた。 ところが、9月25日の小池百合子都知事による「希望の党」の結党宣言をきっかけに、前原誠司民進党代表による希望の党合流宣言→小池知事の「全員は受け入れない」発言→枝野幸男代表代行によるリベラル新党「立憲民主党」結党と、わずか数日間で民進党の解党...more
カテゴリー:

パリ、2024年までにディーゼル車禁止へ 五輪に合わせ - 10月13日(金)09:34 

【10月13日 AFP】フランスのパリ市当局は12日、五輪を開催する2024年までにディーゼル車の使用を段階的に禁止する目標を発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

VW:ディーゼル車を日本発売へ 不正問題後で初めて - 10月11日(水)17:19 

 フォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)は11日、新型エンジンを搭載したディーゼル車を日本で来年初めに発売すると発表した。排ガス不正問題以降で、日本でディーゼル車を販売するのは初めて。燃料費が割安で、走りが力強いとして根強い需要があると判断した。
カテゴリー:

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】 - 10月15日(日)08:53 

 日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。  あなたは次の自家用車として、EV(電気自動車)を考えてますか? 「はい」と答える人は、最大でも3割だろう。なぜなら、自宅に充電設備を設置できるのは、持ち家一戸建て(車庫付き)のにお住いの方だけで、その割合が3割くらいだからだ。賃貸や、持ち家でもマンション住まいの方には、そもそもEVという選択肢はない。  英仏は、2040年までにガソリン車やディーゼル車の国内販売を禁止する方針を打ち出したが、非現実的だ。もちろん電動化は徐々に進むでしょうが、ガソリン車やディーゼル車にもまだまだ改良の余地はあり、少なくとも火力発電で作った電気を充電するEVとなら、エネルギー効率やCO2排出量で、いい勝負が続けられるはずなのだ。  なかでもガソリン車やディーゼル車の将来性に対して、最も前向きに考えている自動車メーカーが、マツダだろう。  マツダが誇る独自のエンジン技術といえば、スカイアクティブD(ディーゼル)が代表だが、実はディーゼル乗用車が売れている大きな市場は欧州だけ。北米や中国ではサッパリだ。世界の自動車業界は、まだまだガソリン車を中心に回っている。  そこで、というわけでもないが、このた...more
カテゴリー:

Official: フォルクスワーゲン、43年の歴史を持つ「シロッコ」の生産を終了 - 10月14日(土)19:30 

Filed under: ハッチバック, クーペ, ヨーロッパ, フォルクスワーゲン【ギャラリー】2014 Volkswagen Scirocco R: First Drive Photos27 ディーゼル車排出ガス不正問題による打撃を受け、現在は電気自動車(EV)の開発に力を入れているフォルクスワーゲン(VW)が、40年以上の歴史を持つ「シロッコ」の生産を打ち切ると正式に発表した。同社の顧客向けのドイツ語ウェブサイトによると(Google翻訳を利用)、「今後はシロッコの注文をお受けできませんが、すでに生産済みのクルマは引き続き販売します」とのことだ。 Continue reading フォルクスワーゲン、43年の歴史を持つ「シロッコ」の生産を終了フォルクスワーゲン、43年の歴史を持つ「シロッコ」の生産を終了 originally appeared on Autoblog Japan on Sat, 14 Oct 2017 06:30:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

【仏】パリ、2024年までにディーゼル車禁止へ 五輪に合わせ 政府よりさらに野心的な目標を掲げる - 10月13日(金)11:23  newsplus

仏パリで、厚いスモッグに覆われてかすむエッフェル塔  【10月13日 AFP】フランスのパリ(Paris)市当局は12日、五輪を開催する2024年までにディーゼル車の使用を段階的に禁止する目標を発表した。従来型のガソリンエンジン車も2030年をめどに禁止を目指す。目標は市の新たな環境計画に盛り込む予定。  フランス政府は先に、2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売を禁止することを明らかにしているが、パリ市はさらに野心的な目標を掲げた格好だ。  パリはしばしばスモッグに覆われ、アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)...
»続きを読む
カテゴリー:

VW、日本でディーゼル車発売へ 来年初め、20年ぶり - 10月11日(水)23:50 

 独フォルクスワーゲン(VW)日本法人は11日、中型車、パサートのディーゼル車を2018年初めに日本で売り出すと発表した。国内でのディーゼル投入は約20年ぶり。15年の排ガス不正問題の発覚以降、日本で…
カテゴリー:

部品点数は一般車の半分以下でOK。電気自動車が起こす新産業革命 - 10月11日(水)01:31 

最新のテクノロジーとして脚光を浴びているEV(電気自動車)ですが、その誕生はなんと1830年代、今から180年前だとか。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では著者の嶌さんが、ガソリン車からEVへのシフトが世界的に進み始めた背景と、EV化がもたらす自動車産業構造の大変化について、わかりやすく解説しています。 新産業革命をおこすEV 世界で初めて電気自動車(EV)が走ったのは、何と180年以上前の1830年代とされる。多分、遊園地で走っているゴーカートやゴルフ場のゴルフカートのようなものだったに違いない。電気モーターをのせて動力源にすれば簡単に走れたのだ。ゴーカートやゴルフカートから想像すれば、簡単に作れて早くから利用されてきたことはうなずける。ガソリンエンジンなど内燃機関に比べエネルギー効率も格段に高く、エネルギー費用はガソリンに比べ10分の1程度ですむ。 EVは内燃機関、クラッチ、変速機などが不要なので部品の数も少ない。一般乗用車の部品点数は3万点以上といわれるが、EVでは半数以下。走行時の二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出もないのでエコカーともいえる。しかし充電に時間がかかるほか、同一体積や重量の内燃機関に比べると走行距離が短いという欠点があり、これまで自動車エンジンの主流にはなれなかった。 ところが近年、急速にEVが脚光を浴びてきた。ガソリンエンジ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ディーゼル車」の画像

もっと見る

「ディーゼル車」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる