「ディテール」とは?

関連ニュース

「ゼルダの伝説 BotW」の世界に臨場感をもたらす100のディテール - 03月23日(木)18:30 

空飛ぶ魔法のイカダからマッスルリンクまで 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」に見られる細部へのこだわりには脱帽してしまう。IGNが見つけた100の面白いディテールを紹介しよう。
in English
カテゴリー:

モデル秋元梢が教える「ディズニーTシャツ」を大人らしくかっこよく着こなすテク - 03月22日(水)17:30 

ユニクロの大人気ディズニーコラボ「MAGIC FOR ALL」から、ファッションデザイナーのオランピア・ル・タン氏とコラボしたスペシャルコレクション「Minnie Mouse Loves Dots Collection」が新登場! コラボを記念して、デザイナーを務めるオランピア・ル・タン氏と、もともとオランピア氏と親交があり、モデルとして活躍している秋元梢さんのトークショーが行われました。 コレクションのコンセプトは、ディズニーのファッションアイコン、ミニーマウスが主人公。ブルードレスをモチーフに、ドットをつけたり、塗ったりと、ミニーちゃんが自らドレスをアレンジしながらつくっていくというストーリーが描かれています。 オランピア・ル・タン氏(写真/左)は、コラボTシャツにタイトスカートと編みタイツを合わせてモノトーンでまとめ、コンサバ風にスタイリング。 秋元梢さん(写真/右)は、少し大きめのTシャツにスキニーデニム、ドットのスカーフでカジュアルにまとめていました。 オランピア・ル・タン氏は、ロンドンで生まれパリで育ったファッションデザイナー。独学でファッションを学び、“愛を込めて作る”という想いで、斬新なスタイルで、世界中にファンがいます。 「一番気に入っているディテールは、まるで“だまし絵”のように、プリントが刺しゅうに見えるところ。私がデザインしているブック型のクラッチバ...more
in English
カテゴリー:

のん出演のLINEモバイルCMがいい!曲と映像の名作CM選 - 03月22日(水)16:11 

 女優・のんが改名後初めて出演するLINEモバイルのCMが15日から放送されています。これがとても鮮烈でした。 ◆のんのLINEモバイルCMがすごくいい  真っ白なシャツを着て、じっとこちらを見つめるのんと、キリンジの名曲「エイリアンズ」。この絵と音の組み合わせに、商品やサービスのPRを超えたインパクトがあったのです。  興味深かったのは、撮影前のエピソード。監督から江國香織の短編小説『デューク』を渡され、「エイリアンズ」を聞きながら物語に登場するキャラクターの気持ちやイメージをふくらませて、あの表情を作ったのだそう。  プロモーションを全面に押し出すのではなく、まず映像作品として訴えかけるパターンの成功例だと思います。タレントや新曲との単純なタイアップばかりでは飽きてしまいますもんね。 ◆団しん也を起用したパイロットのセンス  そこで思い出したのが、筆記具のトップメーカー、PILOTの企業CM。“誰かを思う時間”篇では、孫娘の姿を思い浮かべながら、手紙への返事をしたためる祖父が描かれています。  音楽は、団しん也が歌う「True Love」(コール・ポーター作曲のスタンダード)。この歌声が、実に滋味深いのです。ふくよかに根を張った低音と、一つ一つの音に軽やかに折り目をつける正確な節回しに圧倒されます。団しん也をチョイスする見識そのものが、PILOTからのメッセージな...more
in English
カテゴリー:

【ガレキ】最低野郎は見逃すな!『ボトムズ』大河原邦男氏による新デザインAT「ホワイトオナー」がレジンキットで登場! - 03月21日(火)18:20 

高橋良輔監督が手掛ける最新ストーリーとして話題を集めた 『装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者』(WEB掲載:矢立文庫 書籍:ソフトバンククリエイティブ刊)に登場した、 大河原邦男氏による新デザインAT「ホワイトオナー」がランペイジよりレジンキットで登場です! 「ホワイトオナー」は、『装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者』収録のエピソード「絢爛たる葬列」に登場するAT。 アボルガ王国近衛大隊第三儀仗中隊、通称「蒼穹の盾」の専用ATという設定で、 その雰囲気に沿った白基調のカラー、装飾ディテールが目を引く魅力的な機...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「エルメスの手しごと展」で出逢った、職人さんの”手”【梨香子の東京カルチャー散歩】 - 03月19日(日)10:00 

初めまして。CanCam専属モデルの坂田梨香子です。 『CanCam.jp』のエディターの面白コラムたちに対抗意識を燃やしたので(笑)、 私も参戦します★ 私が素敵だと思ったモノやコト、 いろんなものを自由に紹介していきますね。   先日、表参道ヒルズにて3/9〜19まで開催中の 『エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた”』に行ってきました。 こちらでは、エルメスのアトリエで働く職人たちによる ”手”で商品が作られていくさまを、目の前で見ることができるという 本当に貴重な体験ができます。 繊細で1つの傷も許さないその姿勢から、 ブランド力とチーム力の大きさを垣間見ることができます。   まずは、「鞍」の職人さん。 乗馬の世界では「人馬一体」という言葉が使われますが、その中で人と馬を繋げる大切な役割を担っているのが「鞍」。 騎手と馬が快適で、さらに怪我がないよう、突起や素材の角となる部分に細心の注意を計っておられるそう。   職人さんならではの”手”の表情にも注目してみたら、面白いくらい個性に溢れてました。 爪もよく切られていて、手は職人さんならではの細かい皺が見受けられました。     次はスカーフ。エルメスと言えば、私はスカーフを思い浮かべます。 長い工程を経て、エルメスのス...more
in English
カテゴリー:

東京の門番「サポートサーフェス」のブレないポリシー - 03月23日(木)08:00 

 東京のコレクション・シーンでは異彩ともいえるウィメンズブランド「サポートサーフェス(support surface)」のコレクションが、ゆりかもめの新豊洲駅にほど近い、Brillia ランニングスタジアムで行われた。なぜ「異彩」かというと、布の造形やモデルが着た時の後ろ姿など、ディテールを突き詰めたコレクションが、デビュー当時からまったくブレないという東京では珍しいタイプのブランドだからである。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
in English
カテゴリー:

ボルボ、雷神デザイン採用「XC40」の画像が流出 デザインすげぇええええ - 03月22日(水)17:28 

ボルボの最小クロスオーバーSUVとして開発が進む、新型「XC40」プロトタイプに接近、Spyder7のカメラが、初めて鮮明な写真撮影に成功した。 「XC40」は、次世代プラットフォーム「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を初めて採用し、ジュネーブモーターショーで初公開された「XC60」新型の下に位置する。 前回は超望遠による撮影で、ボディも布で覆われていたためディテールが不明だったが、今回の撮影ではバンパーのエアダクトの一部、「雷神 T字型デイタイムランニングライト」、 ボルボのアイコンとも言...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

リアリティたっぷりのフィクション!『タイムレス』キャスト&スタッフが語る魅力 - 03月22日(水)10:25 

4月2日(日)よりAXNにて日本独占初放送される、歴史上名高い事件・出来事を新しい視点で描くSFドラマ『タイムレス』。そのキャストやスタッフによる製作秘話が届いた。まずは主演の3人。「誰だって考えたことがあるでしょ? 時間を遡って歴史を見られたら、冒険できたら、実際に関われたらってね」と目を輝かせて話すのは、歴史学者ルーシー役のアビゲイル・スペンサー。タイムマシンの技術者ルーファス役のマルコム・バレットは、「毎回度肝を抜かれたよ。セットも雰囲気も完璧で、一瞬のうちに別世界に行けるんだ」と、毎回いろんな時代、場所が舞台となる設定に説得力を与えている歴史考証や美術設定のディテールを称賛。軍人ワイアット役のマット・ランターは、「完璧に再現されたいろんな世界が見られる」とマルコムの意見に賛同しつつ、「スティーブン・スピルバーグの作品を連想させる」とも表現した。「作っていてこんなに楽しくて骨の折れる作品はないよ。毎回違う事件を題材にしているから、衣装も登場人物も特殊効果も違う」と苦笑いを浮かべるのは、製作総指揮を務めるエリック・クリプキ(『スーパーナチュラル』)。歴史考証を担当するデビット・ホフマンは、「時代が決まったら、時間をかけて当時の生活を理解するんだ。当時撮影された写真や映像を研究し尽くし、見た目だけでなく質感を感じ取るようにしたよ」と、そのこだわりぶりを明かしている。劇中で、ある登...more
in English
カテゴリー:

和テイストのインバウンド向け宿泊施設「HOSTEL EAST57 ANNEX館」がオープン 本館は2月にオープン - 03月20日(月)13:46 

D・フロントは、2月10日に浅草橋にオープンした「HOSTEL EAST57 ASAKUSABASHI」の新館となるANNEX館を3月1日にオープンした。 ANNEX館のコンセプトは、和のイメージを残しつつ、日本的なディテールを用いてデザインされたシャープな日本風スタイル。ドミトリータイプの本館に比べ、共用部等にゆとりと趣を持たせた空間演出を施した。 全73ベッドで、シングルタイプ、ツインタイプ、4人用、6人用の部屋や和室を用意。1階には広々としたオープンテラスを設けた。10種類の国内外のクラフトビールが日替わりで楽しめるほか、クラフトビールと和風食材を使い、定番のバルメニューをオリジナルにアレンジしたビアメニューを味わえるBEER&PUBを併設。3月中旬からはランチ営業も開始する予定。 アクセスは浅草橋駅から徒歩2分。チェックインは午後4時、チェックアウトは午前11時。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

向井理&斎藤工、W主演で池井戸作品を映像化! - 03月19日(日)06:00 

WOWOWプライムで7月より放送される「連続ドラマW アキラとあきら」で、向井理と斎藤工がW主演を務めることが明らかになった。 【写真を見る】池井戸作品は'17年10月期にもドラマ化が決定している 原作である池井戸潤による同名小説は、徳間書店発行の月刊小説誌「問題小説」にて、2006年から2009年にかけて連載。本作は単行本化されていなかったが、大幅な加筆修正を加え、5月31日(水)に徳間文庫より刊行されることが決まった。今回、これに合わせてドラマ化も決定した。 メガバンクを舞台に、スリリングな展開と重厚な人間ドラマが繰り広げられる、まさに“これぞ池井戸潤”な作品。 大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(向井)と、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄(ほんろう)されながらも理想を育んだ山崎瑛(斎藤)。交差する2人の人生を描く。 ■ 向井理コメント (斎藤と)共演するのは本作で4作目になりますし、同い年でプライベートでも話はしています。でも、初めて会った時には変な人だなって思って見てました(笑)。しっかりと対峙(たいじ)して2人芝居に挑戦するのは本作が初めててなので、不思議な感じですが楽しんでやれればと思います。 本作は職業物の骨太なストーリーとエンターテインメントの要素があり、すごく芯の通った作品だと思います。WOWOWには初めての出演...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ディテール」の画像

もっと見る

「ディテール」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる