「ディズニー映画」とは?

関連ニュース

「君の名は。」「シン・ゴジラ」に厳しい米レビュー「福島思い出してトラウマがよみがえる」 - 01月22日(日)10:19 

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1767942.html 「君の名は。」「シン・ゴジラ」に厳しい米レビュー 2016年に国内興行収入トップ2を記録した日本映画、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」。世界で大ヒットしたディズニー映画「ズートピア」(16)の興行収入を日本では上回る結果となった。 海外でも公開されているこの2本の映画だが、海外の反応はどのようなものなのだろうか。  どちらの映画も世界的に非常に良い評価を得ている。世界最大級の映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『美女と野獣』エマ・ワトソン、あのディズニー映画の大役を断っていた! - 01月21日(土)17:10 

珠玉のミュージカルナンバーと共に、今なお世界中で愛されて続けているディズニー・アニメーション『美女と野獣』の実写映画でヒロイン、ベルを演じるエマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』シリーズ)だが、過去にあの人気ディズニープリンセスの役を断っていたことが明らかになった。米Vultureが伝えている。そのキャラクターこそ、ディズニープリンセスの代表格で2015年に実写映画化された『シンデレラ』。公開された映画では『ダウントン・アビー』のリリー・ジェームズがシンデレラに扮していたが、元々エマにも同役のオファーがあったのだという。英Total Film誌のインタビューに応じたエマは、「『シンデレラ』を断ったときは『美女と野獣』が製作されることは知らなかったの。でも、ベル役をオファーされたとき、シンデレラよりもずっと共鳴できるキャラクターだと感じたの」と、ベルへの思いを語った。また、ベルは女性のお手本になる存在だと感じたエマは、よりダイナミックなキャラクターにするためにビル・コンドン監督と話し合いを重ねたのだという。「ベルにはアウトサイダー的の要素があって、自分への期待に対し明確に反抗していたという事実があったの。彼女は自分が置かれた状況に疑問を呈していて、私はそんな彼女からインスパイアされたわ。彼女は誠実さと、自分の考え方をしっかりと持ち続けている。人の意見に簡単に流されたりしないのよ」エマが...more
in English
カテゴリー:

【モアナと伝説の海】日本版モアナがついに披露! 主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go」吹替版PV公開 - 01月20日(金)18:00 

2017年3月10日(金)日本公開のディズニー長編アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。 【動画】世界が認めた歌声♪ 「どこまでも~How Far I’ll Go」吹替版PV 各国での公開から遅れること4ヶ月、日本語吹き替え版のモアナがどのような声で、どのような歌詞を歌うのか期待が高まっています。 そんなモアナ主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go」の吹替版PVがついに公開されました。 注目の吹き替え版PVついに公開! 2014年空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016年『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー長編アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。 先日ハワイで、ディズニー史上最大級のオーディションで選ばれたモアナ役の日本版声優が屋比久知奈さんと発表されました。 無名の新人の大抜擢に、早く歌声が聴きたいと大きな話題となりましたが、このたび、ついに日本版モアナが歌う主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go」の吹替版PVが公開。 世界が認めた屋比久さんの歌声が収められている必聴の映像となっており、「レリゴーの次は”アイルゴー“旋風がやってくるのは間違いない」とディズニー担当者は語ります。 公開された主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go」はモアナの心情を歌った大切な曲。 16年間島の外に出ることを禁じら...more
in English
カテゴリー:

【劇団四季】新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』 アニメーション映画ファンが語る4つの見どころ - 01月20日(金)06:30 

2016年12月11日(日)に東京で初演を迎えた劇団四季新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』。 【写真5枚】劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」フォトギャラリー 劇団四季が手掛けるディズニーミュージカルは6作目となり、開幕前から話題を呼んでいました。 また、東京公演の大盛況を受け、2017年7月に京都公演、2018年4月に神奈川公演がすでに決定。 多くの観客をひきつけるその魅力を、ディズニーアニメーション映画ファンの視点からお伝えします。 ※本記事では物語の結末に関するネタバレはありませんが、一部ストーリーや重要なテーマに触れる記述があります。 重厚な人間ドラマを描いた物語 ヴィクトル・ユゴーの原作に立ち返ったストーリー 本ミュージカルは1996年に公開されたディズニー劇場版長編アニメーション『ノートルダムの鐘』の楽曲をベースに制作されています。 しかし、ストーリーや作品のトーンは原作小説であるヴィクトル・ユゴーの「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に立ち返ったシリアスな内容です。 原作小説を知らず、アニメーション版に慣れ親しんだ方は、その違いに驚くことでしょう。 コミカルなやり取りで物語のトーンを明るくする3匹のガーゴイルが登場しないなど、ファンタジー要素が薄い点が特徴です。 ファミリー向けを意識したディズニー映画とは違...more
in English
カテゴリー:

ディズニー映画で少年が失った言葉を取り戻す! 感動のドキュメンタリー公開 - 01月19日(木)10:00 

ディズニー映画で失った言葉を取り戻した少年を映したドキュメンタリー「Life, Animated」が、「ぼくと魔法の言葉たち」の邦題で4月の公開が決定、ポスタービジュアルがお披露目された。自閉症...
in English
カテゴリー:

【TDL】アナ雪の仲間たちのぬいぐるみが可愛い!「フローズンファンタジー」2017スペシャルグッズ - 01月22日(日)06:30 

東京ディズニーランドで、ディズニー映画『アナと雪の女王』の仲間たちのぬいぐるみや、ぬいぐるみバッジが販売中! 【写真13枚】TDL「アナとエルサのフローズンファンタジー」2017ぬいぐるみバッジ フォトギャラリー アナ、エルサはもちろん、オラフにスヴェン、クリストフ、ハンスまで、勢ぞろい! 40cm以上ある大きめアナ&エルサ クラシックな人形の趣きがある、アナとエルサのぬいぐるみ。 それぞれ、¥3,500です。 大きさは、アナが長さ約43cm、エルサが長さ約44cmと、子どもにとっては一抱えもある、大きめサイズ! ぬいぐるみバッジ勢ぞろい! 身に付けて歩きたいケースにおすすめなのが、ぬいぐるみバッジ。 おおよそ、長さ15cm〜18cmほどと、小ぶりながら、存在感があります。 ぬいぐるみと比べて、アニメチックにディフォルメされていて、可愛い!! どことなく、腹黒さ!? を感じさせる笑顔のハンスや、お茶目な表情のスヴェンには、注目。 スノーギースが愛おしいオラフ ちっちゃなスノーギースたちを、愛おしそうに抱きかかえている、オラフのぬいぐるみバッジ。 長さ18cmで、厚みもあるので、他のぬいぐるみバッジと比べると、やや存在感があります。 オラフの頬は、ほんのり桜色。 たくさんの弟ができたお兄ちゃんの気持ちなのかな? それとも、お母さんの気持ち? オラフな...more
in English
カテゴリー:

「君の名は。」「シン・ゴジラ」に厳しい米レビュー - 01月21日(土)10:23 

 2016年に国内興行収入トップ2を記録した日本映画、「君の名は。」と「シン・ゴジラ」。世界で大ヒットしたディズニー映画「ズートピア」(16)の興行収入を日本では上回る結果となった。海外でも公開されているこの2本の映画だが、海外の反応は…
in English
カテゴリー:

【Celine Dion】セリーヌ・ディオン、『美女と野獣』実写版で新曲をパフォーマンス - 01月20日(金)16:23 

ディズニー映画『美女と野獣』の実写版で、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドがテーマ・ソングを歌うことが発表されたが、オリジナルのアニメ映画(19...
in English
カテゴリー:

松下奈緒マネキン・チャレンジで涙「こんな美しい」 - 01月19日(木)19:59 

 女優松下奈緒(31)が19日、東京・歌舞伎町シネシティ広場で行われたディズニー映画「ドクター・ストレンジ」(1月27日公開、スコット・デリクソン監督)のスペシャルイベントで涙を流した。  日本語吹き替え版で声優を務める三上哲(48)樋…
in English
カテゴリー:

ディズニー映画で少年が失った言葉を取り戻す! 感動のドキュメンタリー公開 - 01月19日(木)10:00 

 ディズニー映画で失った言葉を取り戻した少年を映したドキュメンタリー「Life, Animated」が、「ぼくと魔法の言葉たち」の邦題で4月の公開が決定、ポスタービジュアルがお披露目された。  自閉症により2歳の時に突然言葉を失ってしまった少年・オーウェンが、両親の深い愛情とサポートのもと、大好きなディズニー映画を通じて徐々に言葉を取り戻していった様子と、障害を抱えながらも底抜けに明るく前向きに生きる、現在のオーウェンの姿を映し出すドキュメンタリー。ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督が、2016年のサンダンス映画祭で監督賞を受賞、これまでに世界の映画祭で12の映画賞ノミネート、11の受賞を果たしている。  サスキンド家の次男オーウェンは、2歳から言葉を失い、7歳になる頃まで、誰ともコミュニケーションを取れなくなっていた。父は、ある日、オーウェンが発する意味不明のモゴモゴとした言葉が、実は彼が大好きなディズニー映画「アラジン」に登場するセリフであることに気づく。5年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、一家はディズニー映画を用いてオーウェンの言葉を取り戻すための作戦を始める。  「ぼくと魔法の言葉たち」は、4月上旬からシネスイッチ銀座他で全国順次公開。 【作品情報】 ・ぼくと魔法の言葉たち 【関連記事】 ・ディズニー「アラジン」も実写化!監督候補はガイ・リッチー ・今...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ディズニー映画」の画像

もっと見る

「ディズニー映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる