「ディズニー映画」とは?

関連ニュース

ディズニーのスター集結にファン歓喜!『スター・ウォーズ』『アベンジャーズ』俳優も【D23レポート2】 - 08月18日(金)14:52 

米カリフォルニア州アナハイムで7月14日~16日の3日間開催された"ディズニー最大のファンイベント"「D23 Expo」へ行って参りました! その第2弾のレポートで、ディズニー映画の最新情報の発表の模様を大紹介!
カテゴリー:

【芸能】島崎遥香、芸能界入りして初のサックス姿披露 「昔から本番には強いタイプなんです」 - 08月15日(火)23:36  mnewsplus

 元AKB48島崎遥香(23)が15日、東京・東急シアターオーブで行われた応援サポーターを務めているミュージカル 「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」にゲスト出演し、サックスの演奏を披露した。 中学で吹奏楽部だったが、09年にAKB48に加入して以降は一度も人前で演奏したことはなかった。 芸能界入りして初のサックス姿披露となった。  終盤、ディズニー映画「リトル・マーメイド」の劇中歌「アンダー・ザ・シー」で、白い星形マークが入った赤いスーツ姿で、 オールバックの髪形で登場。キャストと...
»続きを読む
カテゴリー:

Ava DuVernay (エイヴァ・デュヴァーネイ) 監督ディズニー最新作『A Winkle in Time』トレイラーが公開 - 08月12日(土)21:00 

『グローリー/明日への行進』でアフリカ系女性監督としてはじめてゴールデングローブ賞監督賞およびアカデミー賞監督賞にノミネートされた Ava DuVernay (エイヴァ・デュヴァーネイ) が監督を手掛けるディズニー映画『 […]
カテゴリー:

ディズニー、2019年に独自ストリーミングサービスを開始――Netflixからは引き揚げ - 08月09日(水)21:20 

ディズニーの本日(現地時間8/8)の発表は避けられない結果だった。同社は2019年に独自のストリーミングサービスを開始し、同年中にNetflixで配信されている映画を引き揚げると発表したのだ。しかし、ディズニーがストリーミングサービスをローンチするのはこれが初めてではないと気づいた人もいるかもしれない(つまり新サービスはアメリカの消費者にとっては初ということになる)。実は同社はDisneyLifeと名付けられたストリーミングサービスを2015年からイギリスで運営しており、一時的ではあったが中国でも過去に同サービスが利用できた。 もともとDisneyLifeは、後の大々的なローンチを見据えたディスニーの実験的なサービスとして考えられていた。 インフラ面だけでなく、どんなコンテンツや機能をユーザーが求めているのか、さらにはペアレンタルコントロールがどのように機能するかといったことをテストするためのプラットフォーム、という位置づけだ。DisneyLifeでは、1世帯(最大6人)あたりの少額の月額利用料を支払うだけで、ディズニー映画やテレビ番組のほか、音楽、オーディオブック、電子書籍などをデスクトップ、モバイル端末、テレビ(AirPlay、Chromecast経由)で楽しむことができる。 つまり同サービスはディズニー版Netflixのようなもので、ディズニーが将来世界中でローンチするであろ...more
カテゴリー:

【映画惹句は、言葉のサラダ。】第27回 『君の名は。』『美女と野獣』・・・。2017年上半期ヒット作を惹句で振り返る。 - 08月08日(火)10:52 

 今年に入って我が国の映画産業は、なかなか調子が良い。正月から6月末までに公開された上半期作品を見ても、興行収入50億円を超える大ヒット作が、実に6作品。昨年はこれが4作品だった。その顔ぶれを見ると、6本中4本がアニメ映画で、残る2本のうち1本は、かつてアニメ化もされた作品の実写リメイクだったりする。しかもその大半がファミリー・ターゲットの作品であるあたり、いささか偏りを感じないでもないが、とにもかくにも大ヒット作が多いのは良いことだ。その今年上半期の大ヒット作6本を、今回は惹句(コピー)で振り返ってみようという試みである。 ●第1位「君の名は。」、歴代4位の250.3億円。  今さらながら・・という気がしないでもないが、今年に入っても上映が続行されていたことから、この作品も2017年上半期作品としてカウントするのである。その興行収入は250.3億円。これは日本映画、外国映画歴代第4位、日本映画だけだと『千と千尋の神隠し』(興収308億円)に次ぐ歴代第2位の成績となるから大したもんだ。  その『君の名は。』の宣伝惹句がこれ。もはや懐かしい感じさえする。  「まだ会ったことのない君を、探している」  映画を見た後でこの惹句を見ると、「そうそう、こういう映画」と納得出来る、とてもストレートで、それでいて謎めいたテイストが秀逸な惹句だ。もうひとつこの作品の惹句で挙げたいのが、新...more
カテゴリー:

【芸能】<最も歌がうまいと思う女優>第3位柴咲コウ  2位高畑充希  1位はあの人!? - 08月17日(木)23:37  mnewsplus

テレビや映画、CMなど、さまざまな舞台で活躍する女優たち。中には、演技力だけでなく、歌唱力に定評がある人もいる。 そこで今回は、「最も歌がうまいと思う女優」を10代から70代までの男女100人に聞いてみた。 第3位(9%)にランクインしたのは、柴咲コウ(35)で、20~40代から支持が集まった。 女優業だけでなく、歌手としても活動しており、2003年には、映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』をRUI名義でリリース。 100万枚を超える大ヒットとなった。さらに、福山雅治(48)とのユニット“...
»続きを読む
カテゴリー:

夏休みに劇場やDVDで楽しむ人も!ピクサー人気映画ランキング - 08月13日(日)18:00 

(画像はピクサー公式サイトのスクリーンショット)夏休み映画として、7月15日から公開されている『カーズ/クロスロード』ほか、人気作品がたくさんあるピクサー・アニメーション・スタジオ(以下、ピクサー)の作品。この「カーズ」をはじめ「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」など、シリーズで「大好き!」という人も多いだろう。 しらべぇ編集部では、そんなピクサーの長編アニメーション映画について、全国の20~60代の男女610名を対象に「ピクサー長編アニメーション映画の中で好きな作品はどれか」調査を実施。その人気ランキングを紹介しよう。 ■5位:モンスターズ・インク(8.7%)日本における興行収入は93億円と、ピクサーの中でも歴代3位に入るこの作品。モンスターの世界に紛れ込んだ少女と、怖がらせ屋のモンスターたちが繰り広げるドタバタ劇は見どころ満載。モンスターたちが「怖がらせるのではなく、子供を笑顔にさせよう」と心が変化する姿に、思わず感動してしまった人もいるのでは? ■4位:ファインディング・ニモ(9.3%)昨年には続編『ファインディング・ドリー』も公開された、人気の「ニモ」が第4位にランクイン。魚の世界という一風変わったところに注目した本作は、美しい海の映像美と親子や仲間との絆が垣間見えるストーリーに心があらわれる思いになった人も多いはず。■3位:トイ・スト...more
カテゴリー:

井上芳雄「歌うたいのバラッド」(斉藤和義)への熱き思いを語る - 08月10日(木)07:40 

10月4日に初のシングルCD「風のオリヴァストロ」をリリースすることになったミュージカル俳優・井上芳雄。毎週日曜夜にTBSラジオで放送中の「井上芳雄 by MYSELF」は、彼が舞台で鍛えたトークと、極上のミュージカルナンバーとポップスの2曲を大貫祐一郎によるピアノ生演奏に乗せて生歌で聴かせることが注目を集めている。 【関連記事】ミュージカル界のプリンス・井上芳雄がラジオで生歌唱に挑む理由 8月6日の放送では、ポップス曲に斉藤和義の「歌うたいのバラッド」をセレクト。同曲は10周年記念コンサートやStarSのコンサートでも歌い好評を得た、井上にとって思い入れのある楽曲だ。番組のシークレットコンサートでは通常、1曲目にポップスを歌い、2曲目にミュージカルナンバーを披露しているが、この日は順序が入れ替えられていた。本人も「ポップスで歌うものがだいぶ大曲(たいきょく)なので逆にしました」と打ち明けている。 ただし、1曲目「One Jump Ahead」(ディズニー映画「アラジン」より)も「ポップスが大曲なので軽くて短いものを選んだつもりですが、大貫さんの譜めくりが大変なことになってる」と苦笑したほどで、曲終わりには、大貫が「恐ろしい」とポツリ。井上も「ドキドキしましたね。これがまた快感。とても楽しい曲ですけど、生放送でピアノ一台と一人の歌手で歌うものではないですよね。でも、そういうの含めて...more
カテゴリー:

ディズニー映画を直接配信 2019年から「アナ雪」続編も - 08月09日(水)10:28 

 米娯楽・メディア大手のウォルト・ディズニーは8日、ディズニーと傘下のピクサーの新作映画を直接配信するサービスを2019年に始めると発表した。これに伴って米動画配信大手ネットフリックスへの新作映画の供給を終了し、独占的に配信する態勢を整える。
カテゴリー:

新田真剣佑、改名後も快進撃! アクション俳優の素養と硬派な存在感で光り輝く - 08月06日(日)06:20 

 ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系/毎週火曜21時)に出演中の新田真剣佑。今年は『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『ピーチガール』、さらに4日から公開されている『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』など大作映画に相次いで出演。5月にはそれまでの真剣佑から改名したことでも話題となった。そんな彼の魅力はどこにあるのだろうか。【関連】「新田真剣佑」フォトギャラリー 続々とオファーされる理由はまず、その「出自」にあることは言うまでもない。彼の父親は、60年代から日本内外のドラマ・映画界で活躍し、ハリウッドでも名が知られる千葉真一。  だが、17年間アメリカで暮らしていた真剣佑の存在はそこまで浸透していなかった。だが逆にその「未知数」の魅力が、関係者の興味を駆り立てた。父はあの千葉真一、ビバリーヒルズ高校出身、そしてLA仕込みのネイティブな英語を話す、などなど……。 香港で長らく活動し、現地での評判を後ろ盾に日本に逆輸入することで国内でもブレイクしたディーン・フジオカのように、彼もまた日本でのデビュー時、テレビマンや映画関係者にとっては大いに惹かれる、最高の付加価値が備わっていたのである。 その証拠に2014年での芸能界デビュー後、わずか半年で映画『ちはやふる』の出演が決まっている。 ただ、「2世タレント」というのはどうしてもネ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ディズニー映画」の画像

もっと見る

「ディズニー映画」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ディズニー作品...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる