「ディストピア」とは?

関連ニュース

困ったときに必要なのは猫の手よりもジャクソンの手!? 猫好き必見の番組はコレ! - 04月20日(金)21:05 

調べたいことがあるとき、いまなら多くの人がインターネットでの検索に頼っていることだろう。しかし、ドキュメンタリー番組から解決の糸口を見つけることができる場合もある。そこで、注目のお悩み解決番組をHuluの週間ランキングからピックアップ。 まず今回、海外ドキュメンタリーの1位に輝いたのは、『“ex-エックス”オン・ザ・ビーチ 〜戦慄のバカンス〜』。セクシーな男女8人とそれぞれの元恋人たちが繰り広げる恋愛ゲームを楽しめるリアリティショーだ。徐々に気温が上昇し、夏へと気持ちが向いてきていることが影響しているのか、ビーチを舞台にした本作が視聴者たちから支持されている。 そんななか、今週ムビコレが注目するのは、10位の『猫ヘルパー 〜猫のしつけ教えます〜』。タイトルからもわかるように、猫ヘルパーのアドバイスによって猫たちがどのように変化していくかを見ることができる番組だ。いまは空前の猫ブームとなっているだけに、猫のしつけに悩んでいる人も多いことだろう。本作では、攻撃的な猫をどうすれば穏やかにさせられるのかなど、問題を抱える猫にどのような対処法が有効なのかを学ぶことができる。 今回、猫ヘルパーとして登場するのは、ジャクソン・ギャラクシーというスキンヘッドにタトゥーという一見強面の男性だが、つねに猫と同じ目線に立とうとする姿勢からあふれているのは、猫に対する優しさ。そんなジャクソンだからこ...more
カテゴリー:

ジャッキー・チェンは「中国の犬」。裏切られた香港映画界で反感 - 04月19日(木)05:00 

カンフーアクションを駆使してハリウッド進出も果たした香港出身のジャッキー・チェンですが、度重なる「中国当局寄りの言動」で台湾はおろか出身地の香港でも大ブーイングを受けているのをご存知でしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、ジャッキーがこれまで行なってきた言動を詳細に振り返るとともに、金の力で各国の芸能人を買収し、自由を排除した「官製の文化」のみを表に出す中国当局を批判しています。 【中国】中国当局の代弁者となったジャッキー・チェンに対して広がる反感 ● ジャッキー・チェンは中国の代表なのか、それとも香港の代表なのか 4月15日、香港のアカデミー賞とも言われる電影金像奨の授賞式が行われましたが、そのなかで、香港映画のベテラン役者である黄秋生(アンソニー・ウォン)が自身のスピーチの際、ジャッキー・チェンのことを指して、「彼も今晩、この電影金像奨に出席しているけど、中国映画の代表者としてかな? それとも香港映画の代表としてかな?」と発言、会場が凍りついたということが、台湾でも大きく報じられました。 アンソニー・ウォンは、日本でも公開された『インファナル・アフェア』や『頭文字D』など、数多くの作品に出演し、硬派な演技で定評のある役者です。そんな彼が、香港映画出身で、アジアを代表するスターであるジャッキー・チ...more
カテゴリー:

メキシコ郊外の新興住宅地を空撮すると、まるで「シムシティ」のような光景が広がっていた - 04月16日(月)11:00 

メキシコでは、政府による無秩序な住宅計画が進められた結果、過度に密集した低所得者向け住宅があちこちに点在している。その異様さは、空から見下ろすとさらに顕著になる。ゲーム「シムシティ」の世界か、はたまたディストピアを思わせるような「不気味な楽園」をとらえた13枚の写真を紹介しよう。
カテゴリー:

ガンダムとデロリアンが共演!?奇天烈な世界観をスピルバーグが自ら解説 - 04月14日(土)17:00 

ガンダム、デロリアン、キングコングなど有名ポップカルチャーからの引用が多数登場し、話題沸騰中の『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)。仮想現実を舞台とした本作の設定や奇抜な世界観について解説する、スティーヴン・スピルバーグ監督&キャストたちの特別映像を独占入手した! 【写真を見る】あのキングコングも大暴れ!/[c] 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED 2045年の近未来を舞台に、仮想現実世界“オアシス”における冒険が描かれる本作。映像内でスピルバーグ監督は「2045年の現実世界は、経済が破綻寸前のディストピア的な社会。現実逃避したくなる世界で人々が没頭しているのが、オアシスなんだ」と近未来におけるオアシスの立ち位置について説明。主人公・ウェイドを演じるタイ・シェリダンも「人々はオアシス内で学校や会社に行くんだ。現実の世界よりずっと楽しいからね。オアシスで人と出会い、友達も作るんだよ」とオアシスが人々の拠りどころになっていることを明かしている。 劇中では、そんなオアシスを作り上げた創設者ハリデーがオアシス内に隠した3つの謎と、その謎を解いたものに与えられる56兆円もの財産を巡る大冒険が繰り広げられる。今回の映像では、その財産を狙い世界を掌握しようとする大企業の社長ソレントと、彼から世の中を守ろうと対抗す...more
カテゴリー:

スイッチ版『Black The Fall』配信開始!本能が自由を求めるディストピアADV - 04月12日(木)19:45 

2014年にKickstarterキャンペーンを達成し、昨年海外でリリースされたSand Sailor Studio開発のパズルアクションアドベンチャー『Black The Fall(ブラック・ザ・フォール)』が、国内Nintendo Switch向けに配信開始となりました。
カテゴリー:

シンガポール、街灯に顔認証カメラをテスト導入へ - 04月19日(木)08:30 

Image: Shutterstock ディストピアまっしぐら…。スマート国家構想を推し進めているシンガポールは昨年、国内にある総計11万本もの街灯をワイヤレスセンサーのネットワークにする計画を発表しました。そして今、そのパイロットプログラムの一環として顔認証ソフトウェアにつながるカメラを導入するつもりだとロイターが報じており、プライバシー擁護派が恐れていた事態が現実になりそうです。 このプログラムを運営している連邦政府機関のGovTechは現在、「Lamppost-as-a-Platform」(LaaP)を組み立てる企業からの入札を募っています。シンガポールのスマート国家プロジェクトの一環として、パイロット版が2019年に開始され、そののちに全国的に展開される予定です。「LaaPの実験の一環として街灯でさまざまなセンサーを試しており、その中には顔認識をサポートするカメラも含まれています」とGovTechの広報は、Reuter(ロイター)の取材で語っています。「こういった機能は、群衆解析の実行やテロ事件が起きた時の追跡捜査のサポートに使われるかもしれません」とのこと。ここで要となってくるのは「かもしれません」という点で、プライバシー擁護団体はこのプログラムの境界線について懸念しています。果たしてカメラは24時間体制で、周囲のすべての人をデータベー...more
カテゴリー:

それでも人々は前を向いて頑張っていく「重神機パンドーラ」監督:佐藤英一インタビュー - 04月18日(水)19:00 

独特の世界観のなか、人間と特異進化生物B.R.A.Iの命を懸けた戦いが描かれる、現在放送中の「重神機パンドーラ」。今作にて監督を務められる佐藤英一さんに「パンドーラ」の世界づくりの裏側、そして今作に込められる思いについてをお聞きしました。 「重神機パンドーラ」より/(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media ――今回「重神機パンドーラ」の舞台は、2038年の近未来。この世界をどのように描こうとお考えでしたか。 佐藤:「我々の視点から見ると、いまの中国がすでに未来社会のように見える」というのが大きかったですね。日本では「もう少し時間がかかるかな」と思っていたことがすでに目の前にあったんです。ただし、今回は現在の中国をそのまま描こうとしているわけでも、未来の人々のメンタリティを描こうとしているわけでもありません。私の中では、あくまでも「今=現代」を描こうとしています。我々が今まさに、直面している問題をどう描くか。そこが今回のテーマですね。 ――皆さんが「未来」を感じた中国の都市は、劇中にも登場しているのでしょうか。 佐藤:「パンドーラ」の舞台であるネオ翔龍のモデルは、中国の重慶なのですが、単なる架空の未来都市をつくるわけではなく、重慶をモチーフにこの作品にふさわしいかたちで進化させた都市をつくっています。 ――絶対...more
カテゴリー:

ミリタリードラマ初! 米国防情報局協力のリアルさに釘付け - 04月14日(土)19:36 

4月も中旬に差し掛かってくると、徐々に新生活にも慣れてくる頃。とはいえ、初心を忘れないためにも、いい意味での緊張感は持ち続けていたいところ。そこで今回は、Huluランキングから思わず神経が高ぶる話題の海外ドラマをピックアップ。 まずトップに輝いたのは、相変わらずの人気を誇る『ウォーキング・デッド』。その魅力と強さに関してはもはや言うまでもないだろう。そのあとも、『ウェントワース女子刑務所』や『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』といったお馴染みの顔ぶれが続いている。 そんななか4位にランクインしたのは、『ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊』。国家を脅かすテロと立ち向かうため、世界中の危険地帯で戦っている米国のエリート特殊部隊を描いた作品だ。本作は、ミリタリードラマとしては初めて、アメリカ国防情報局から直接協力を得て作られているだけに、細部に至るまでリアルに再現されているのが見どころ。さらに、1話完結でエピソードごとに舞台となる国が変わるため、毎回異なる展開を楽しむことができるのも魅力だ。 いまなお終わることのないテロは、日本にとっても大きな脅威として今後の課題。それだけに、テロと戦う人々がどのような状況にいるのかというのを知る意味でも、観ておきたいシリーズとなっている。また、本作には超イケメンの特殊部隊が登場することや緊迫した空気の中でもクスッと笑える要素が含まれていることもあり、...more
カテゴリー:

「アーバンギャルドを青春にしてくれてありがとう」10年分の感謝込めたサンプラザ公演 - 04月12日(木)21:35 

アーバンギャルドが4月8日に東京・中野サンプラザホールにてワンマンライブ「アーバンギャルドのディストピア2018『KEKKON SHIKI』」を開催した。
カテゴリー:

ディストピアからの脱出を描いたパズルゲーム「Black The Fall」,Nintendo Switchで配信開始 - 04月12日(木)16:28 

BlackTheFall配信元SandSailorStudio配信日2018/04/12<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>荒んだ支配体制から逃げ出すんだ…『BlackTheFall…
カテゴリー:

もっと見る

「ディストピア」の画像

もっと見る

「ディストピア」の動画

Wikipedia

ディストピアまたはデストピア()は、ユートピア(理想郷)の正反対の社会である。一般的には、SFなどで空想的な未来として描かれる、否定的で反ユートピアの要素を持つ社会という着想で、その内容は政治的・社会的な様々な課題を背景としている場合が多い。

ディストピアの語源は、「悪い、困難な」を意味する「」δυσ-, Henry George Liddell, Robert Scott, ''A Greek-English Lexicon'', on Perseusと、「場所、風景」を意味する「」τόπος, Henry George Liddell, Robert Scott, ''A Greek-English Lexicon'', on Perseusを組み合わせたものである。また同様に「悪い、不道徳な」を意味する「」を組み合わせたカコトピア()κακόs, Henry George Liddell, Robert Scott, ''A Greek-English Lexicon'', on Perseusや、反ユートピア()、あるいは日本語では暗黒郷デイヴィット・アスキュー 「リバタリアンSF:月は無慈悲な夜の女王を中心に」リバタリアニズム読本 勁草書房、2005年、84頁。ISBN 978-4326101542。、地獄郷などとも言われる。

概要

ディストピアという語の初出は、オックスフォード英語...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる