「ディエゴ・ルナ」とは?

関連ニュース

禁断の臨死実験の果て…もうひとつの体飛び出す!「フラットライナーズ」ポスター - 11月12日(日)18:00 

 1990年のサスペンス映画をエレン・ペイジ主演でリメイクする「フラットライナーズ」のポスタービジュアルが、このほど公開された。  オリジナル版は、キーファー・サザーランドが主演し、ジュリア・ロバーツ、ケビン・ベーコン、ウィリアム・ボールドウィン、オリバー・プラットら当時の若手スターの豪華共演が話題を呼んだサスペンスドラマ。5人の医学生が臨死体験をした後、奇妙な幻覚に悩まされる姿を描いた。  「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレブ監督がメガホンをとったリメイク版は、“フラットライン(心停止)状態”のリアリティが増すなど、恐怖描写がスケールアップ。「人は死んだらどうなるのか?」という好奇心を抱く医学生コートニーは、心臓を止めて1分後に蘇生させる臨死実験を行う。死後の世界を垣間見た彼女は、突然ピアノが弾けるようになるなど不思議な能力が覚醒。仲間と競い合ううちに実験はエスカレートし、臨死時間が7分を超えた時、恐ろしい現象が起こる。  ポスタービジュアルは、コートニーら医学生3人が心拍停止の状態で横たわる姿が描かれている。3人の体からは、魂が抜け出たかのように“もうひとつの体”が浮かび上がり、“死後7分”の先に待ち受ける恐怖が伝わってくる。  なおキャストは、ペイジをはじめディエゴ・ルナ、ニーナ・ドブレフ、ジェームズ・ノートン、カーシー・クレモンズらが...more
カテゴリー:

サスペンスホラーの名作をリメイク 『フラットライナーズ』12・22公開  - 11月12日(日)00:56 

 1990年に公開された米映画『フラットライナーズ』(ジョエル・シュマッカー監督)を、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のニールス・アルデン・オプレヴ監督がリメイクした2017年版『フラットライナーズ』が12月22日に公開される。 【写真】昨年『ローグ・ワン』で来日したディエゴ・ルナ  1990年のオリジナル版は、臨死実験に挑んだ医大生が次々と直面する恐ろしい現象を、ジュリア・ロバーツ、キーファー・サザーランド、ケヴィン・ベーコンなど当時の若手スター主演で描いた傑作サスペンス。オリジナル版の製作をした俳優マイケル・ダグラスが再び製作を務める2017年版は、医学と技術の進歩に伴い、フラットライン(心電図の波形が平らになる心停止)状態をよりリアルに信憑性を持たせて描いている。  “人は死んだらどうなるのか?”という好奇心から、医学生のコートニーは自分の心臓を止めて1分後に蘇生させるという<臨死実験>を仲間に持ちかける。死後の世界を垣間見て生き返った彼女は、突然ピアノが弾けるようになったり、一度読んだだけの医学書の細部を覚えていたりと驚くべき不思議な能力が覚醒する。そんなコートニーを見て、仲間たちは競って臨死実験の実験台となり、死の時間を1分から2分、2分から3分、と次々延ばしていった。だが、臨死時間が7分を過ぎたとき、そこには想像もつかない恐ろしい体験が待っていた――。  ...more
カテゴリー:

「ディエゴ・ルナ」の画像

もっと見る

「ディエゴ・ルナ」の動画

Wikipedia

ディエゴ・ルナ・アレクサンダーDiego Luna Alexander、1979年12月29日 - )は、メキシコ出身の俳優

プロフィール 来歴

メキシコシティ出身。母親のフィオナ・アレクサンダーはイングランド人の衣装デザイナーOn a roll: Diego Luna's movie career is smokin' hot | The San Diego Union-Tribune、父親のアレハンドロ・ルナはメキシコ人のセットデザイナーDiego Luna Biography (1979-)。わずか2歳の頃に母親を交通事故で亡くし、父親の影響を強く受けた。

子供の頃からガエル・ガルシア・ベルナルと友人で、6歳の時にガエルと共に舞台デビュー。メキシコのソープオペラや舞台で活躍し、2000年に夜になるまえにでハリウッドにも進出。2001年にガエル・ガルシア・ベルナルと共演した天国の口、終りの楽...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる