「テーマ」とは?

関連ニュース

【文芸】<これはもう差別発言!>宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」★2 - 08月18日(金)23:46  mnewsplus

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。  「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 ■「他人事を延々と読まされて退屈だった」  第157回芥...
»続きを読む
カテゴリー:

「18if」第7話EDは水瀬いのり=ネネがラップする「too late」 - 08月18日(金)22:30 

テレビアニメ「18if」の第7話エンディングテーマ「too late」が、各音楽配信サイトにて本日8月18日24:00よりフルサイズで配信される。
カテゴリー:

【五輪】ASKAが勝手に「東京五輪テーマソング」を作り猛烈アピール - 08月18日(金)21:31  mnewsplus

歌手のASKAが、東京オリンピック・パラリンピックをイメージした曲を作り、8月16日に東京都内のスタジオでファン300人を前に披露した。 2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以降、テレビや飛び入り参加した知人のライブでは歌を披露していたが、自身のファンの前での 歌唱は今回が初めてで、「まだ早いんじゃないか」、「ようやく大御所が復活した。全力で歌うASKAを見てホッとした」などファンたちからも賛否両論が出ている。 「いろいろありました。いま、この言葉しかありません。みんな、ごめん」と謝罪したASKAは、「真...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】メタリカの『メタル・ジャスティス』のプロデューサー、ベースが極端に小さい理由を振り返る - 08月18日(金)20:32  mnewsplus

2017.8.17 木曜日 メタリカの『メタル・ジャスティス』のプロデューサー、ベースが極端に小さい理由を振り返る メタリカが1988年にリリースしたアルバム『メタル・ジャスティス』を手がけたプロデューサーが、アルバムのサウンド・クオリティについてバンドに非があるとしている。 ファンと批評家たちによって広く愛されてきた『メタル・ジャスティス』だが、そのサウンド・プロダクションは長くにわたって批判されている。その貧相なサウンドの理由については長年にわたって議論されてきており、ミキシングを担当したスティーヴ・...
»続きを読む
カテゴリー:

クイズ女王・篠原かをり 私生活は「クワガタの交尾に夢中」 - 08月18日(金)20:00 

鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」。8月18日(金)の生放送では、慶應義塾大学現役女子大生でクイズ女王の篠原かをりさんが登場。 生物学偏差値105を誇る篠原さんは、2016年10月の「Qさま!!」(テレビ朝日系)で初出場初優勝を果たし、新世代のクイズ女王としてクイズ番組やバラエティ番組を中心に活躍中。無類の昆虫好きとしても知られる篠原さんにいろいろと話を伺いました。 鈴木「今、家で飼っている昆虫は何匹ぐらいいるの?」 篠原「大まかな種類で言うと、ゴキブリ、クワガタ、コオロギ、ミルワーム、あと昆虫じゃないけどタランチュラがいます。ゴキブリがどんどん増えちゃって……今300匹ぐらいですね(笑)」 鈴木「300匹!? どうして昆虫に興味を持ったんですか?」 篠原「親に昆虫採集に連れていってもらうことが多くて。最初はダンゴムシをひたすら集めていました」 鈴木「そこからどんどん過熱していったのは何歳くらい?」 篠原「累代飼育といって、最強のクワガタを作るために大きいクワガタをひたすら交尾させて増やしていくのをやり始めたのが中学1年生のときです」 鈴木「完全に変わってるじゃん! 友達いなかったでしょ?」 篠原「正直いなかったですね(苦笑)」 鈴木「そんな風に掛け合わせて最強のクワガタ...more
カテゴリー:

ANA、隈研吾氏監修新千歳空港のラウンジを9月13日オープン 見学会に10名招待 - 08月18日(金)23:06 

全日空(ANA)は、新千歳空港のリニューアル工事中の「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」と新設する「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」を9月13日にオープンする。 「ANA LOUNGE」のコンセプトは「一期、一会」。「大空の玄関」と「翼につつまれる空間」をテーマに新デザインを展開する。面積は現在の約2倍に拡大し、3階エリアに移転する。滑走路に面した東側は全面ガラス張りの大きな窓を設け、遠くには北海道の山々を望むことができる。ユニバーサルデザインに配慮した、高さの低いカウンターや、ラウンジに直結する「ANAプレミアムチェックインカウンター」も新設する。 最上級ラウンジとなる「ANA SUITE LOUNGE」も3階エリアに新設し、ワインやプレミアムビール、パン、スープなど既存のサービスに加え、北海道にまつわるメニューも提供する。いずれのラウンジも、建築家の隈研吾氏が監修した。 オープンを記念して、ANAのFacebookページ、Twitterの「ANA旅のつぶやき」のファン・フォロワーを対象とした、両ラウンジの見学会に10名を招待する。ラウンジで提供する軽食や飲み物なども楽しむことができる。集合場所までの交通費や宿泊費は当選者負担となる。申し込みは8月23日午後5時30分まで受け付ける。 ■関連記事 ANA、国内4空港のラウンジをリニューアル 建築...more
カテゴリー:

オタポップユニット・天誅の新曲は有野課長とのコラボ! 「声ネタを発してくれてとても助かりました」 - 08月18日(金)22:00 

相変わらず我が道をゆくオタポップグループ・天誅。 彼らの新曲が先日発表されました。タイトルは「8ビット少年」 少年時代に大人気だったファミコンのBGMのようなピコピコ音とノスタルジックな歌詞。ファミコン世代にはたまらない曲に仕上がっています。 なんといっても驚くのは「ゲームセンターCX」でおなじみの有野課長が曲に参加していること! なぜこんな不思議な組み合わせができたかというと……。 ボーカルの魔王源は小説投稿サイト『エブリスタ』にて小説投稿をしている小説家の一面も持っていました。 そして2017年1月に『エブリスタ』で特別審査員に有野晋哉氏として参加した『レトロゲーム小説大賞』が開催され、魔王源が見事大賞を受賞したのです! 『レトロゲーム小説大賞』とは『エブリスタ』が開催したイベントで、バンダイナムコゲームスが過去に発売したゲームソフトから「パックマン」「ギャラクシアン」「マッピー」「源平討魔伝」といった懐かしのゲーム、いわゆるレトロゲームを題材に短編小説を募集するという企画。ゲームを元にしたユニークな短編小説が多く投稿されました。 (ちなみに筆者は源平討魔伝を元に挑戦したが落選しました……) 同賞には、受賞作を「なぞとも cafe」にて謎ときゲーム化する「なぞとも賞」と、有野さんが選ぶ「有野賞」があり、「有野賞」受賞者には「有野賞」(よゐこ 有野晋哉さんにお願い事を一つ叶えても...more
カテゴリー:

オカルト賢者達が怪運祈願した宝くじは当たるのか?! 『緊急検証!』サマーキャンペーン - 08月18日(金)21:00 

オカルト界の賢者達がガチで取材してきた、ファミリー劇場のオリジナル番組『緊急検証!』。シリーズ最新作『緊急検証!実録・あなたの街の霊出るハウス~その物件、バス・トイレ・いわく憑き~』の放送を記念して、スタッフが本気で“怪”運祈願を実施した「サマージャンボ宝くじ」連番10枚セットを100名様にプレゼントするキャンペーンをスタートする。 『緊急検証!』は、毎回、人類が検証すべきテーマを掲げ、専門家をスタジオに招いて徹底検証していく新世紀のオカルトバラエティ。 昨今、取材もしないで記事を想像含めてまとめるコタツ記事や、テレビなどの大手媒体がネットの作法をガン無視して他人のSNSを転用するという、横着なメディアの“おいた”がたびたび問題になっているが、“怪運祈願”のガチ取材の数々は、まぶしいくらいにマジメなのだ。 当選者に贈られる宝くじを導いた、怪運アドバイザーの面々も刺激的で、オカルト研究家の山口敏太郎氏、UMA研究家の中沢健氏、大槻ケンヂ、辛酸なめ子と、そうそうたるメンバー。 番組公式Twitter(@fami_geki)を見てみると、本当にファミ劇スタッフが全国各地のパワースポットなどを実際に回って、怪運祈願を実践していることがわかる。いわゆる宝くじ自体の“金運”を上げに上げまくったものをプレゼントするために、千葉県銚子市杉山神社、鳥取県金持神社、京都府御金神社などに宝くじを持参。...more
カテゴリー:

【文芸】<これはもう差別発言!>宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」 - 08月18日(金)20:18  mnewsplus

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。  「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 ■「他人事を延々と読まされて退屈だった」  第157回芥...
»続きを読む
カテゴリー:

NHKでも「東海地方は『冷やし中華にマヨネーズ』」 早朝からネットざわつく - 08月18日(金)20:00 

夏という季節柄か、様々なメディアで「冷やし中華」を扱い始めている。NHKの朝の情報番組「おはよう日本」でも、2017年8月18日、冷やし中華についての5分ほどのコーナーが設けられた。おはよう日本で紹介されたのは、「冷やし中華にマヨネーズ」という、東海地方を中心に広がる食べ方だ。ネットでは未だに注目を集めるトピックでもあるため、5時20分ごろという朝早い放送時間にも関わらず、SNSにはいくつもの反応が投稿された。起源は「スガキヤ」にあり番組では、「東海地方の『冷やし中華』意外な味付けのワケは?」をテーマに、Jタウンネットが14年の7月25日に公開した記事(「冷やし中華にマヨネーズ」文化圏は東海・東北! 西日本は「ありえない」強し)の調査結果も引用しつつ、冷やし中華にマヨネーズをかけるという食べ方は東海地方、甲信越、東北の一部を中心に高い支持を誇っていることを紹介した。 そして、その起源がラーメンチェーン「スガキヤ」にあること、夏バテ解消の面からもマヨネーズを夏に多く摂取するのは、少量の食事でエネルギーを確保できることから理にかなっていることなどが報じられた。それを受け、ツイッターではマヨネーズをかけることに対しての様々な感想が投稿された。「かける」派からは日常が珍しいと報じられた意外さが、「かけない」派からは予想外の食べ方に対する驚きが、それぞれにじみ出る反応だった。 冷やし中華にマ...more
カテゴリー:

もっと見る

「テーマ」の画像

もっと見る

「テーマ」の動画

Wikipedia

テーマ()

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる