「テーマ」とは?

関連ニュース

板野友美「自然な感じのセクシー」写真集で初下着姿 - 02月24日(土)16:50 

 板野友美(26)が24日、都内で写真集「Wanderer」(講談社)のお渡しイベントを開催した。  「自分らしさを追い求める旅」をテーマに、1週間米ロサンゼルスに滞在して撮影した。写真集では初めて下着姿も披露したが「お部屋で着替えたり…
カテゴリー:

ギャル+電子工作+ランニング!? 原宿をギラギラ輝いて走ってみたら… - 02月24日(土)15:56 

 2月の半ば。猛烈な寒波に襲われていた東京・原宿で、ギャルと共に電子工作を楽しんだのち、運動不足の身体を必死に支えながら代々木公園内を走った。これだけを見た読者はきっと、いったい筆者は「何を語っているのだろうか」と疑問を抱くかもしれない。しかし、すべてその当日に味わった事実である。  筆者が参加したのは、2月10日に行われたワークショップ「ギャル電 presents ランニングをアップデート~電子工作でもっと輝けナイトラン~」だ。 「ギャルも電子工作を掲げる時代」をスローガンに掲げるユニット・ギャル電をフィーチャーしたこのイベントでは、親子連れも含めた人たちが笑顔で電子工作を楽しみ、ギラギラと輝きながら多くの人びとが行き交う原宿を駆け抜けた。 ◆真剣な現場に飛び交う「今すぐハンダ付け!」  ギャル電は、2016年9月から活動を続けるユニットである。ギャルによるギャルのためのテクノロジーを提案する電子工作ユニットとして、現在では、クラブカルチャーからど真面目なテクノロジー系の講演会に至るまでを舞台に、あらゆる人たちに電子工作の魅力を伝えている。  メンバーは2人で、元・ポールダンサーという異色の肩書きを持つきょうこさんと、現役女子大生ギャルのまおさん。見た目からして、いわゆる誰もがイメージしうるゴッリゴリのギャルなのだが、そんな2人が電子工作と向き合う姿勢や眼差しはいたって...more
カテゴリー:

【Luxeな日本~地元発】MRJの魅力を堪能するミュージアム 鈴木亜紀子 - 02月24日(土)15:00 

 国産初のジェット旅客機として注目を浴びる三菱航空機のMRJ (三菱リージョナルジェット)をテーマとする三菱重工業の「MRJミュージアム」を訪ねた。場所は愛知県豊山町のMRJ最終組立工場。実機の製造作業などを見る90分のアテンドツアーに参加してみた。
カテゴリー:

バービーが60周年、西武池袋本店が「ピンク」をテーマにしたイベント開催 - 02月24日(土)14:00 

 西武池袋本店が、60周年を迎えるバービーのイベント「バービー ピンク♥コレクション」を開催している。期間は3月6日まで。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

RADWIMPS、チェン・カイコー監督の言葉に感激!『空海』公開初日にサプライズ登場 - 02月24日(土)13:42 

夢枕獏による原作をチェン・カイコー監督が映画化した『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』の初日舞台挨拶が2月24日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、染谷将太、阿部寛、松坂慶子、チェン・カイコー監督が登壇。サプライズゲストとして主題歌を担当したRADWIMPS(野田洋次郎、桑原彰、武田祐介)が駆けつけ、会場を盛り上げた。 【写真を見る】RADWIMPSの野田洋次郎、チェン・カイコー監督に花束をプレゼント! 本作は、唐へ渡った若き僧侶・空海(染谷)と中国の詩人・白楽天(ホアン・シュアン)が、楊貴妃の死の謎に迫る姿を描いた歴史エンタテインメント。RADWIMPSが主題歌「Mountain Top」を書き下ろした。 RADWIMPSの登場は観客にはまったくのサプライズ。カイコー監督、キャスト陣に笑顔で花束を渡した野田は「このすばらしい作品に携われただけで光栄。公開日という晴れの舞台にみなさんとご一緒できて幸せです」とコメント。大きな拍手を浴びた。 野田は「カイコー監督のお名前は存じあげていた。僕らにオファーをいただけたのは意外」と驚きとともにオファーを受け取ったそうだが、「監督から『この映画にはRADWIMPSの音が必要なんだ』と言っていただいた。僕らとしても誇らしく、なんとか監督の期待に応えたいと思った」とカイコー監督からうれしい言葉をもらったことを明かした。 さらに野田は「あ...more
カテゴリー:

北原里英、恋愛解禁を意識? LINEで告白は「絶対されたくない」 - 02月24日(土)16:07 

 アイドルグループ・NGT48の北原里英が24日、都内で行われた映画『サニー/32』のスペシャルトークイベントに白石和彌監督とともに出席した。とある誘拐事件を軸に、SNSの脅威など現代的なテーマも描かれる作品で、春にグループを卒業し恋愛解禁となる北原は「学生時代にLINEなどなかった。(今は)ネットで何でも済ませてしまうのは寂しいなって。例えば(学生時代だったら)LINEで告白とか絶対されたくない」と明かすと、司会者から「北原さんに告白する時は直接した方がいいってことですね」と返され、困惑の表情を浮かべた。 【写真】北原里英がピンクのドレス姿で… 『サニー/32』場面カット  全国で公開中の同作は、殺人犯を“サニー”と呼んで神格化する男たちに拉致監禁された女性がたどる運命を描くジェットコースター・ムービー。主演の北原は拉致される中学教師を演じ、劇中には雪山を素足で逃げる場面や、共演のピエール瀧から殴られ、顔を舐められるシーンなどが登場する。  体当たりで演じた北原は「脚本を読んだ時、これは自分にできるのかなと不安はあった。撮影が始まると、周りの人に引っ張ってもらったので、深く考え込まずにできました」と回想。「極限な状況だったので、『やるしかない!』みたいな感じでやり抜けた」と振り返った。  最後に北原は「この映画があったからNGT48の移籍を決断しました。この映画で一番救わ...more
カテゴリー:

「あの素晴しいママをもう一度」なぜ人はオヤジになると女性をママと呼びたくなるのか――コラムニスト木村和久 - 02月24日(土)15:41 

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その199 ―  タイトルからしてパクッてしまいましたが、元ネタはザ・フォーク・クルセダーズの「あの素晴しい愛をもう一度」ですからね。  というわけで、オヤジ世代の子供の頃の思い出はテレビドラマ「奥さまは魔女」とかを見てた母ちゃんが西洋文化に被れて、子供に「ママ」と言わせたことですな。しかも旦那は「ダーリン」だからね。  東京のよろしき家庭はママと呼んで結構ですが、こちとらは宮城県の漁港育ちです。そこで「ママ~」なんて言ったら、友達からベーゴマ投げられそうです。でも、こっそり言わされていた子供いたなあ。  子供の頃、お母さんのことを無理やり「ママ」呼ばさせるのはどうなんでしょう。あと10年ぐらいしたら「ママハラ」って言われる可能性がありますよね。親が無理強いするな。子供の呼びたいように呼ばせようとか、そんな時代が来るかもしれません。  そして、ママの呼び名は自立心が出てくる中学校ぐらいになると、異性に対する見栄も生まれ「ママ」と言うことを拒否る、プチ反抗期が起こります。「おかあさん」ならまだしも、わざと「かあちゃん」とか「おふくろ」とか言っちゃったりして。それを聞いて怒る母もいれば、嘆く母もあり。いつしか若者は「ママ」の呪縛から脱却し、親離れして大人へと成長していくのでありました。  ところが、40歳ぐらいのいいオッサンになってみなさい。...more
カテゴリー:

染谷将太 映画「空海」の撮影は「一瞬一瞬が宝物だった」RADWIMPSもサプライズ登場 - 02月24日(土)14:21 

日中合作映画「空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎」の初日舞台挨拶が24日行われ、主演の染谷将太をはじめ、阿部寛、松坂慶子、チェン・カイコ―監督が登壇。またサプライズゲストとして本作の主題歌と日本版挿入歌を担当したRADWIMPSが登場した。 【写真を見る】サプライズゲストのRADWIMPS野田洋次郎から染谷将太に花束を贈呈ほか 映画「空海」会見ショット集 映画「空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎」は、夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)を原作に、遣唐使として唐に渡った若き日の空海(染谷)が、唐の詩人・白楽天(ホアン・シュアン)とともに、唐の都・長安で起きる怪事件の謎を解き明かすファンタジー作品。中国映画の巨匠チェン・カイコーが監督を務め、6年の歳月をかけて東京ドーム8個分の敷地に長安の街並みを再現するなど、圧倒的なスケール感が大きな話題となっている。 約5か月間中国で撮影したという染谷は、撮影時のエピソードを聞かれ「中国語のセリフを覚えるのが大変ではありました。でもそれは楽しくもあり。またよく監督が食事会を開いてくださいまして。でっかい円卓をみんなで囲んで何回も乾杯をして宴をするんです」とコミュニケーションを重視するチェン・カイコー流の映画製作の楽しさを語った。 阿部は「僕が撮影で中国にいた時期は寒くて氷点下10度、朝霧が凄くて、3メートル先の車が見...more
カテゴリー:

「イカ」をアートに昇華! 佐賀県×落合陽一のスタイリッシュなコラボ - 02月24日(土)14:00 

佐賀県では「サガプライズ!」と題し、ネットへの情報発信で地方創生を図るプロジェクトを行っている。以前もJタウンネットで、「ユーリ!!!on ICE」や、「ストリートファイターII」のコラボといった独自の取り組みを紹介してきた。今回は、「YOBUKO 限りなく透明に近いイカ」と題し、東京でイベントを実施する。テーマは村上龍氏の某作品に強い影響を受けていることが想像されるが、「ブルー」ではないその「イカ」の正体とは――?やけにスタイリッシュな、「イカ」のPR動画その「イカ」の正体は、佐賀県唐津市の呼子町の名産として知られる「呼子(よぶこ)イカ」。PR動画も存在しているというから驚きだ。重厚感のあるエレクトロニカのようなスタイリッシュな音楽とともに「透明の証明」と一文。映像の流れもセンスの高さをうかがわせるもので、(こういっては「イカ」に失礼かもしれないが)動画のクオリティが高く、やけにかっこいい。呼子イカは、高い透明度としっかりとした歯ごたえで知られており、イカシュウマイも有名だ。活け造りの写真を見ると、普通のイカと比べてみると向こう側が透けて見えるほど、美しい透明度であることがわかる。今回の企画は、「呼子イカ」の透明度をアピールすべく、鑑賞者も参加できる映像芸術作品であるインスタレーションを展示するほか、呼子イカの刺身や佐賀の日本酒も楽しむイベントも開催する。二子玉川ライズで行われ、...more
カテゴリー:

板野友美、羽生結弦の金メダルに感動 精神力に感銘受け「私も自分に負けずに進む」 - 02月24日(土)13:04 

 歌手・女優の板野友美が、写真集『Wanderer』の出版記念お渡し握手会を24日、都内にて開催した。板野は「自分らしさ」というコンセプトで写真集と連動している新曲をかけながら撮影を行ったことを振り返り「涙が出ました」と語った。【写真】板野友美写真集『Wanderer』出版記念イベントフォトギャラリー 「自分らしさを追い求める旅」をテーマにした本作は、夢追う者たちが集うアメリカ・ロサンゼルスでロケを敢行。見渡す限りの荒野、水面きらめく広大な海岸、ポップでレトロ感溢れるダイナーなどを舞台に、様々な表情を見せる板野の姿を余すところなく収めている。 ファン垂涎の下着姿も披露している板野は「自分探しの旅に出ているような気持ちで撮影したので、ロサンゼルスに1週間行って、一人旅をしているかのような気持ちで撮影しました。新しい場所にも行き、自分の知らない自分と出会うみたいな、そんな気持ちになりました」と回想する。 お気に入りの写真を問われると、白のトップスにジーンズを合わせたスタイルで笑う姿を収めたカットを選び「あまり撮られている気持ちではなく撮影してもらったので、自然体な笑顔が作れたかなって思います」と満足気。撮影の最後には、写真集と連動している新曲『Just as I am』を流したそうで「自分の書いた歌詞とか曲を聞きながら撮影したので、なんか感動して。『あ、1週間の一人旅も終わりなんだ』み...more
カテゴリー:

もっと見る

「テーマ」の画像

もっと見る

「テーマ」の動画

Wikipedia

テーマ()

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる