「テレビ解説」とは?

関連ニュース

韓国に完敗したサッカー日本代表の収穫、小柳ルミ子が指摘 - 12月17日(日)21:35 

サッカー男子の東アジアE-1選手権の最終日、日本代表は韓国代表に1-4で完敗。2位に終わった。選手の能力や監督の手腕に疑問の声もあがる結果となったが、サッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子は収穫があったとアメブロに執筆した。 収穫は「【今日の様な仕事では 絶対 勝てない!!】と言う事」にあるという。そして「個の力 組織力 全員の技術力 全員のサッカー頭脳 全員の考える力 がレベルアップしない限り勝てない!! 逆に高い技術力があればそれ程 入魂せずとも勝てる」と続けた。 テレビ解説のラモス瑠偉と小野伸二も日本代表の試合ぶりには呆れている様子が見て取れたが、小泉も呆れている。 「とにかくミスが多過ぎる ミスをする人って何故あんなに 何度も 何度も同じミスをするんだろう 何も考えてない証拠だ 小野伸二選手が言ってた様に「勝つには どうしたら良いか 皆で考えて欲しい」その通りだ!!」 そのうえで、「言いたい事は 山程あるが批判と取られるのは不本意だから辞めておく」としたうえで、今回の負けにより【勝つ為には 何処を どうすれば良いか】を考えるようになればいいと日本代表にエールを送った。 今回の試合ぶりにはサッカー解説者のセルジオ越後氏もおかんむり。サッカーダイジェストの電子版で「韓国相手に自信がなかったハリル監督では、ロシアW杯で勝てるわけがないよ」と題した記事を出すなど危...more
カテゴリー:

【サッカー】<守備崩壊のハリルJ>ラモス「久しぶりに魂のない試合」 小野伸二「相手の方が勝ちたい気持ちが上回っていた」 - 12月16日(土)21:40  mnewsplus

東アジアE-1選手権最終日(16日、日本1-4韓国、味スタ)日本は韓国に完敗。通算2勝1敗の2位に終わり、2013年以来2大会ぶりの優勝を逃した。 日本はFW小林悠(30)=川崎=が開始直後に先制点を決めたが前半だけで3失点するなどし、タイトルを奪回できなかった。 テレビ解説を務めた元日本代表MFのラモス瑠偉氏(60)は、守備が崩壊した日本に「久しぶりに魂のない試合でしたね」と吐き捨てた。 「ピッチの中でキャプテンがいなかった。自分たちで改善しないといけない。そういう時間があったのにできなかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本メディア初の快挙!ニュースサイト「ホウドウキョク」が「SXSW」でスピーチ - 12月14日(木)12:55 

フジテレビが運営するインターネット向けのニュースメディア「ホウドウキョク」が、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018」にて、2018年3月13日(火)9時30分(米国時間)より、公式セッションでスピーチを行なうことがわかった。音楽、フィルム、テクノロジーの分野において世界最大級の祭典である「SXSW」は、Twitter やAirbnbが世界的に広がったきっかけとして知られ、イノベーター、最先端テクノロジー企業、投資家などが各国から集結。テクノロジーの進化やクリエイティブの高さから、近年は日本国内での注目度も急上昇しているほか、毎年、オバマ前大統領やレディー・ガガなど、豪華な登壇者によるセッションが行なわれることも注目されている理由の一つだ。今回は、「ホウドウキョク」の番組『週刊安全保障』のアンカー・能勢伸之が、この「SXSW2018」の公式セッションに登壇し、「North Korea: the Lowdown From Grassroots Reports(北朝鮮:草の根レポートによる実情)」というタイトルで、デジタル時代の新しい報道の形を発信。一般ユーザーや視聴者から寄せられた情報や知識を最大限に活用し、テレビ局が持っている映像と掛け合わせることで、これまで見えてこなかった北朝鮮の実情を紐解くという取り組みだ。「SXSW」の...more
カテゴリー:

テレビ解説のラモス氏、韓国に完敗の日本代表に怒り「魂のない試合」 - 12月16日(土)22:01 

日本代表は16日にEAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の第3戦で韓国代表と対戦するも、1-4の完敗を喫した。試合後、TV解説を務めたラモス瑠偉氏が、韓国戦の感想を述べた。
カテゴリー:

日本メディア初の快挙!ニュースサイト「ホウドウキョク」が「SXSW」でスピーチ - 12月14日(木)12:55 

フジテレビが運営するインターネット向けのニュースメディア「ホウドウキョク」が、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2018」にて、2018年3月13日(火)9時30分(米国時間)より、公式セッションでスピーチを行なうことがわかった。音楽、フィルム、テクノロジーの分野において世界最大級の祭典である「SXSW」は、Twitter やAirbnbが世界的に広がったきっかけとして知られ、イノベーター、最先端テクノロジー企業、投資家などが各国から集結。テクノロジーの進化やクリエイティブの高さから、近年は日本国内での注目度も急上昇しているほか、毎年、オバマ前大統領やレディー・ガガなど、豪華な登壇者によるセッションが行なわれることも注目されている理由の一つだ。今回は、「ホウドウキョク」の番組『週刊安全保障』のアンカー・能勢伸之が、この「SXSW2018」の公式セッションに登壇し、「North Korea: the Lowdown From Grassroots Reports(北朝鮮:草の根レポートによる実情)」というタイトルで、デジタル時代の新しい報道の形を発信。一般ユーザーや視聴者から寄せられた情報や知識を最大限に活用し、テレビ局が持っている映像と掛け合わせることで、これまで見えてこなかった北朝鮮の実情を紐解くという取り組みだ。「SXSW」の...more
カテゴリー:

「テレビ解説」の画像

もっと見る

「テレビ解説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる