「テレビ小説」とは?

関連ニュース

佐久間由衣「笑いを堪えるのが大変でした」…困らせたのはあの人! - 02月25日(日)20:00 

孫、祖母、先祖の三世代が織りなす越谷発ホームコメディ、『越谷サイコー』でヒロインを務める佐久間由衣さんに話を伺いました。 「私が演じる加奈子は、雑貨屋を営む古い家に祖母と2人で暮らす女の子。加奈子は現代っ子なので、早く新しい家に引っ越したいと思っているんです。けれど、おばあちゃんはなかなか耳を傾けてくれない。そんなとき、自宅の蔵で先祖の幽霊と出会い、関わっていく中で、育ってきた場所の大切さや地元の人々の温かさに少しずつ気づき始めるんです」 埼玉県越谷市を舞台に、孫、祖母、先祖の3つの世代が織りなす、笑いあり、感動ありのホームコメディ『越谷サイコー』。物語の中で地元の住宅販売会社に勤めるヒロイン・加奈子を演じているのが、 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』での好演が記憶に新しい佐久間由衣さん。 「『ひよっこ』で演じた時子とはまた違う、加奈子のような等身大の女の子は、以前から挑戦してみたかった役。でも現場で生まれていくものを大切にしたかったので、あえてそれほど役を作りこまず、セリフだけ覚えた状態で現場に入って、監督からの演出に素直に動けるよう心がけていました」 監督だけでなく、共演した祖母・良枝役の竹下景子さんや先祖の幽霊・伝助を演じた佐藤二朗さんからも様々なアドバイスをもらったそう。 「私が迷ったり、不安を感じたとき、いつも優しい言葉で背中を押してくださったのは竹下景子さん。佐藤二朗さ...more
カテゴリー:

明日のわろてんか:2月26日 第122回 隼也の“つばき断ち”にてん… - 02月25日(日)13:00 

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第22週「夢を継ぐ者」を放送。26日の第122回では、隼也(成田凌さん)がつばき(水上京香さん)への思いを断ち、仕事に励む姿を見て安心するて…
カテゴリー:

『わろてんか』第22週、芸人たちに引き抜きの手が迫る中、四郎は上海行きを宣言 - 02月25日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は26日から第22週「夢を継ぐ者」が放送される。てん(葵わかな)は、隼也(成田凌)がつばき(水上京香)への思いを断ち切り、仕事に励む姿を見て安心する。風太(濱田岳)は伊能(高橋一生)と組んでアメリカから招致した「マーチン・ショウ」が成功し、その勢いに乗って北村笑店の創立25周年パーティーを大々的に行うことを決めた。【写真】『わろてんか』第22週フォトギャラリー 25周年パーティーを開催することになった北村笑店。てんはその責任者に隼也を指名、跡継ぎとしての自覚を持たせようと考えた。 そんな中、北村が「マーチン・ショウ」で成功したことを妬んだ東京のライバル会社が、北村の芸人たちを引き抜く動きを見せ始め、その手は看板コンビのリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)にも及んでくる。二人は付き合い始め、周囲もあきれる熱々ぶりで漫才も順調だった。 風太はコソコソと怪しい動きをする四郎を見て、引き抜きを疑い問い詰める。だが四郎は突然、リリコと別れて上海に行くと言い出す。 先週放送された第21週「ちっちゃな恋の物語」では、「マーチン・ショウ」詐欺の被害に遭った隼也は、てんの下で一から修業をやり直すことに。そんな隼也の先見の明を証明してやろうと考えた伊能は本物の「マーチン・ショウ」をアメリカから呼ぶことにするが、てんはそのプロジェクトから隼也を外す。隼也はショックを受...more
カテゴリー:

真野恵里菜、表情の演技で魅了! 共演の中川大志も「本当に胸が痛かった」 - 02月25日(日)08:00 

原作コミックが第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝き、テレビアニメ化も大きな話題となった人気作「坂道のアポロン」が、知念侑李、中川大志、小松菜奈ら豪華俳優陣と三木孝浩監督によって待望の実写映画化。3月10日(土)に全国公開となる。 【写真を見る】真野恵里菜、ディーン・フジオカ演じる桂木淳一に引かれていく“表情”も見事/(C)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (C)2008 小玉ユキ/小学館 本作では、都会から長崎・佐世保へ転校してきた高校生の西見薫(知念)が、クラスメートの川渕千太郎(中川)、迎律子(小松)と出会い、“一生もの”の友情や恋愛、そしてジャズの魅力に目覚めていく姿が描かれる。劇中で知念がピアノ、中川がドラムの本格的なパフォーマンスを披露することも話題を集めている。 そんな本作で、抜群の存在感を発揮しているのが真野恵里菜だ。「ハロー!プロジェクト」よりソロ歌手としてデビューし、卒業後は女優として活躍。 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年、NHK総合ほか)での厳しい先輩役、社会現象化したドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年、TBS系)での“元ヤン”母親役などを経て、映画「覆面系ノイズ」(2017年)や、先日公開された「不能犯」など、話題の映画にも立て続けに出演。 また、「LIFE!~人生に捧げるコ...more
カテゴリー:

成田凌、監督にやらされた「恥ずかしいこと」って何? - 02月24日(土)22:00 

『逃げるは恥だが役に立つ』などのドラマや、『キセキ―あの日のソビト―』、声優を務めた『君の名は。』など、数多くの話題作に登場して存在感を放つ成田凌さん。まさに“引っ張りだこ状態”の彼が、「どうしても演じたかった」と切望したのが、映画『ニワトリスター』の星野楽人(らくと)役。 ――楽人に強く惹かれたのは、なぜですか? 成田:この役を演じられる人はずるいし、同世代のほかの人が演じていたら嫉妬するなと思ったんです。楽人は粋がっているけど弱い人。人生から逃げ、名前のとおりラクに生きています。でも、人って、誰でもラクなほうへ行こうとするものじゃないですか。それを、とことんまで行ききっていて、こんな自堕落になれるやつはいないと思ったし、そういうところに魅力を感じました。自分から監督に出演したいと言ったので、芝居を見てもらって決まったときは嬉しかったですね。でも、撮影が始まってからは大変だった。かなた(狼)監督が本当に怖いんです。たとえば、「恥ずかしいことって何?」と聞かれて、ないと答えたら「裸になって踊れ」と言われるんですよ。それで、高校生のときに踊ったことのあるAKB48の振りをやってみせたりしました。とあるシーンでは、瞳孔が開いてないからと撮影前に走らされたりもした。今、思い出しただけでもしんどいです。でも、そこまでした甲斐のある役だと思っているし、ずっと大切にしたい作品になりました。映画...more
カテゴリー:

「わろてんか」コミカライズ始動!「伊能栞の明治大正洋食記」がWebで - 02月25日(日)17:16 

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」のコミカライズ連載「伊能栞の明治大正洋食記」が、月刊コミックゼノン(徳間書店)のマンガサイト・WEBコミックぜにょんにて本日2月25日よりスタートした。作画はオイカワマコが務める。
カテゴリー:

NHKわろてんか出演の成田凌 「もっと売れたい」のワケは? - 02月25日(日)11:00 

話題作に次々と出演する成田凌さんは、まさに“今”の空気感をまとった俳優の一人。ひょうひょうとしたイメージとは裏腹な演技に対する熱い思いを語ってくれました。 ――モデルと俳優業では、どんな違いがありますか? 成田:モデルの仕事は、たくさん写真を撮った上での、ベストな一枚が雑誌に載ります。でも、映像の場合は一瞬だけでなく、動きの流れを撮られるので、ずっとカッコつけていなくていいわけです。だからこそ、生っぽさや人間らしさを伝えることができる。両者のあいだには距離感があるし、僕にとっては、まったくの別ものですね。でも、自分の表情や動きで表現をするという点は共通しているし、それは、すごく楽しいです。 ――これからやってみたいことはありますか? 成田:主役です。主役を演じる人間でありたいです。今はまだ、作品の中の1ピースだと思っているので。 ――というのは? 成田:今は若いからだったり、これから注目されるかもしれないと期待していただき、選んでくださっているところが大きいと思っています。それに対して、満足してもらえる数値は出せる自信はありますが、そうではなく、もっとちゃんと責任や苦労を背負って演じたい。でないと、いつかダメになる気がするんです。だからこそ、本当の意味で自分を選んでもらえたと思える人との出会いや仕事は嬉しいし、ありがたいと思うんです。 ――いい意味でユルい空気感をまとっている方だ...more
カテゴリー:

「わろてんか」スピンオフは風太のジェラシーなどをオムニバスで! - 02月25日(日)09:00 

連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)のスピンオフドラマが、NHK BSプレミアムにて4月21日(土)に放送されることが分かった。 【写真を見る】濱田岳の“頭ポンポン”シーンにキュンッ/(C)NHK 「ラブ&マンザイ」と題された本作で描かれるのは、「わろてんか」本編の裏側で起きていた、愛と笑いの物語。全4本のオムニバス形式となっている。 第1話は「風太のジェラシー」。濱田岳演じる風太のヒロイン・てん(葵わかな)に対するいちずさや、風太とトキ(徳永えり)の恋模様は特に反響を呼んでいただけに、風太を中心に据えた今回のスピンオフは注目を集めそうだ。 そして、第2話は「リリコのボディーガード」。第3話「楓の恋のラビリンス」と続き、最終話は“感動”ならぬ「勘当のフィナーレ」というラインアップになっている。 2013年度後期の「ごちそうさん」以降、7作連続でスピンオフ作品が作られてきた“朝ドラ”。前作「ひよっこ」では2017年末の「NHK紅白歌合戦」内で“特別編”と称した企画が放送されるに留まっていた。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・“朝ドラ”2作連続出演の松尾諭、広瀬アリス演じるリリコに「ラブがあふれていました」 ・「わろてんか」最終週のSPゲストに“師匠”が決定 ・「わろてんか」隼也が帰国で新展開! 成田凌『笑って愛されたい』 ・「わろて...more
カテゴリー:

ビートたけし、大杉漣さん追悼VTRに涙「オレが生かして、オレが死なせたような…」 - 02月24日(土)22:26 

 お笑いタレントのビートたけしが24日、TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演し、自身が監督する映画に多数出演し、急性心不全のため21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年67)の追悼VTRを見て、目に涙を浮かべた。 【写真】北野組の常連だった大杉漣さん  大杉さんは『ソナチネ』(1993)以降、最新作の『アウトレイジ最終章』(2017)まで合計10本の北野映画に出演し、北野監督が最も信頼する俳優だった。たけしは涙をこらえながら思い出を回想し、『ソナチネ』で自身が見出してブレイクした大杉さんが、同作でも『アウトレイジ』でも死ぬ役だったため「オレが生かして、オレが死なせたようなところがあるのかな…」とつぶやいた。  また、大杉さんの訃報をマネージャーから聞いた時は、「亡くなったっていうのは分かるんだけど、大杉さんって誰のことかすぐに理解できなかった」と、驚きのあまり状況を整理できなかったことを明かした。  大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在...more
カテゴリー:

来週のわろてんか:第22週「夢を継ぐ者」 一度は別れを選んだはずが…… - 02月24日(土)13:00 

 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説「わろてんか」(総合月~土曜午前8時ほか)は、26日から第22週「夢を継ぐ者」に入る。互いに引かれ合いながら、別の道を進むことを選んだ隼也(成田凌さん)とつば…
カテゴリー:

もっと見る

「テレビ小説」の画像

もっと見る

「テレビ小説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる