「テレビドラマ」とは?

関連ニュース

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月19日付) トム・クルーズ主演の『バリー・シール』など話題作が続々公開! - 10月19日(木)21:30 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 10月19日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。  ■【10月19日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:10月16(月)~10月22日(日)劇場公開作品 新垣結衣、瑛太など豪華なキャストを迎えたロマンチックコメディー『ミックス。』が堂々の第1位! 山崎賢人主演、「週刊少年ジャンプ」で連載され、独特な世界観が支持されている麻生周一の人気ギャグ漫画『斉木楠雄のΨ難』、トム・クルーズ主演の『バリー・シール/アメリカをはめた男』など話題作も続々公開! 1位 『ミックス。』(https://yahoo.jp/lqpwPI) ■公開日 :2017年10月21日(土) ■監督  :石川淳一 ■キャスト: 新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、蒼井優、山口紗弥加、中村アン、久間田琳加、神尾佑、平山祐介、斎藤司、佐野ひなこ、鈴木福、谷花音、平澤宏々路、関太、真木よう子、吉田鋼太郎、池上季実子、松尾諭、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世 他 ■作品概要: テレビドラマ「リーガルハイ」の脚...more
カテゴリー:

クッキングパパが家で料理をつくっていることを隠していたのはなぜか『グルメ漫画50年史』 - 10月19日(木)09:45 

1985年の連載開始から今年で33年目に入った、うえやまとちの漫画『クッキングパパ』(「モーニング」連載)。現在、京都国際マンガミュージアムにて「クッキングパパ展 旅する。食べる。料理する。」も開催中だ(会期は来年1月14日まで。途中、展示替えで閉場期間あり)。『クッキングパパ』は、博多の一家庭を舞台に、サラリーマンの主人公・荒岩一味が、共稼ぎの妻に代わり家族で料理をつくる日常を描く一話完結型の作品だ。作中では登場人物が年齢を重ね、連載開始当時は小学2年生だった一味の長男も、いまや社会人となり、大阪に勤務している。料理ができることを10年以上も隠し続けたクッキングパパ当エキレビ!でもおなじみ杉村啓の新刊『グルメ漫画50年史』(星海社新書)によれば、男性が家庭で料理するという漫画には、ほぼ同時期に『バンザイお料理パパ』(話:東史朗、画:やまだ三平)があるとはいえ、『クッキングパパ』がほぼ元祖と言って差し支えないようだ。連載の始まった80年代当時は、まだ料理人以外の男性はあまり料理をつくらない時代だっただけに、そのコンセプトは画期的であった。そのためなのか、照れ屋という設定なのか、じつは荒岩一味は、料理ができることを当初は隠していた。ふたたび『グルメ漫画50年史』を参照すれば、一味がそのことを周囲に公表したのは、1998年発売の単行本51巻でのこと。じつにスタートして13年が経ってから...more
カテゴリー:

歴代子役で一番可愛かった女子ランキング - 10月19日(木)07:30 

テレビドラマや映画に欠かせない存在の子役。今まで数多くの子役がテレビドラマや映画に出演し、愛くるしい演技を見せてきました。では、歴代子役で一番可愛かったと思われている女子は一体誰なのでしょうか。 そこで今回は、歴代子役で一番可愛かった女子について探ってみました。 1位 芦田愛菜 2位 安達祐実 3位 井上真央 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「芦田愛菜」! 『マルモのおきて』(フジテレビ系)でのキュートな名演技とエンディングで見せた可愛らしいダンスが記憶に新しい芦田愛菜。知らない人はいないと言っても過言ではない、超有名子役。 5歳のときに出演したテレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)での演技が上手すぎると話題になり、その後テレビや映画に多数出演。数々の新人賞も受賞しています。つぶらな瞳が印象的で、何とも言えない表情を浮かべ見る人の心を揺さぶりました。 現在13歳になり、見た目もお姉さんへと成長した芦田愛菜。超難関と言われる慶応義塾中等部に入学し、世間をあっと驚かせました。女優業も継続のようで、大人っぽくなった彼女の今後の演技も楽しみですね。 2位は「安達祐実」! 最近一段と色っぽくなった安達祐実。そんな彼女が一躍脚光を浴びた作品といえば、「同情するなら金をくれ」の台詞で有名な『家なき子』(日本テレビ系)。二つ結びのヘアスタイルにオーバーオール姿で世の中を...more
カテゴリー:

【芸能】蛭子能収、ぱるるとドラマ共演2ショット「可愛いすぎるね、孫娘だね」 - 10月18日(水)16:26  mnewsplus

漫画家でタレントの蛭子能収が18日自身のアメブロを更新。 日本テレビ系で現在放送中のテレビドラマ『今からあなたを脅迫します』の撮影があったことを報告、元AKB48メンバーで女優・タレントの“ぱるる”こと島崎遥香との2ショットも公開した。 「今日は早朝から、『今からあなたを脅迫します』のドラマ撮りでした 共演のぱるる(島崎遥香さん)と」と島崎との2ショットを公開。 「可愛いすぎるね、孫娘だね」とコメント。 続けて「ドラマのみなさんへ差し入れたよっちゃん金太郎飴 デザインはもちろん俺です」と金太郎飴の写真も...
»続きを読む
カテゴリー:

蛭子能収、ぱるるとドラマ共演2ショット「可愛いすぎるね、孫娘だね」 - 10月18日(水)15:25 

漫画家でタレントの蛭子能収が18日自身のアメブロを更新。日本テレビ系で現在放送中のテレビドラマ『今からあなたを脅迫します』の撮影があったことを報告、元AKB48メンバーで女優・タレントの“ぱるる”こと島崎遥香との2ショットも公開した。 「今日は早朝から、『今からあなたを脅迫します』のドラマ撮りでした 共演のぱるる(島崎遥香さん)と」と島崎との2ショットを公開。「可愛いすぎるね、孫娘だね」とコメント。 続けて「ドラマのみなさんへ差し入れたよっちゃん金太郎飴 デザインはもちろん俺です」と金太郎飴の写真も公開し「10月20日から調布パルコで始まる、スーパーえびすリアリズムでも、よっちゃん金太郎飴5個入り1袋を、毎日先着100名様にお配りします 俺から来場者さまへのプレゼントです」とイベントを告知。「スーパーえびすリアリズムは入場無料なので、お時間あれば遊びに来てください」と呼びかけた。 この投稿に「ぱるる可愛い」「金太郎飴プレゼント太っ腹ですね」などのコメントが寄せられている。 日本テレビ系『今からあなたを脅迫します』は人を脅して解決する“脅迫屋”の千川完二(ディーン・フジオカ)と、見知らぬ人でも困っている人は助けたいお人よしの女子大生・金坂澪(武井咲)が繰り広げる脅迫コメディドラマで原作は藤石波也氏の同名小説。蛭子は千川らが通うバーの店員・ロビン役で出演、千川の仕事仲間でギャル...more
カテゴリー:

【芸能】反町隆史「相棒」新シリーズ放送開始で聞こえる「現場では低姿勢」 - 10月19日(木)15:23  mnewsplus

視聴率も興行収入も苦戦してきた反町隆史  人気テレビドラマ「相棒」(テレビ朝日)のシーズン16が10月18日にスタートした。歴代の相棒は寺脇康文、及川光博、成宮寛貴。 そして現在は4代目の反町隆史。「法務省キャリア官僚」という設定が微妙なのはさておき、少なくとも撮影現場で、反町隆史への評価は高いという。  ***  反町隆史がスターだった時代は終わった。主演した連続テレビドラマの視聴率と、映画の興行成績を並べてみよう。 【連続テレビドラマ】 97年「ビーチボーイズ」(フジテレビ) 平均視聴率23.7% 9...
»続きを読む
カテゴリー:

しまむら、テレビドラマ「監獄のお姫さま」と協業した商品発売 - 10月19日(木)09:00 

しまむらは11月1日、「ファッションセンターしまむら」で、TBS系ドラマ「監獄のお姫さま」と協業した商品を発売する。しまむらがテレビドラマと協業するのは初めて。 【関連記事】子供服関連企業16年度売上高 しまむらが初の1位 販売するのはドラマにも登場するルームウェアセット(税込み2900円)のほか、番組キャラクター「ぜんかもん」「はんせいこちゃん」をあしらったトートバッグ、ポーチやスマートフォンケ...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

ノーベル文学賞カズオ・イシグロ作品急上昇 代表作2作がTOP10入り - 10月19日(木)04:00 

 最新10/23付オリコン週間“本”ランキング文庫部門では、10月5日に2017年のノーベル文学賞を受賞した日本出身の英国人作家、カズオ・イシグロ作品が軒並み上昇、先週付で100位圏外から37位に上昇した『わたしを離さないで』(2008年8月22日発売)が7位に、『日の名残り』(2001年5月発売)が9位と、代表作がそろってTOP10入りを果たしたのをはじめ、合計7作が先週付100位圏外からTOP100内にランクインした。 【写真】綾瀬はるかと対談するカズオ・イシグロ氏  『わたしを離さないで』は、昨年2/29付以来1年8ヶ月ぶり、『日の名残り』は初のTOP10入りとなった。(週間売上はそれぞれ1.8万部、1.4万部)『わたしを離さないで』は、ある使命を背負って生きてきた子どもたちの姿を描き「生きること」の意味を問う物語。16年1月に女優の綾瀬はるか主演でテレビドラマ化され注目を集めた。  『日の名残り』は、老執事の過去の想い出を通じて失われてゆく伝統的な英国を描き、1989年に英国最高の文学賞「ブッカー賞」を受賞。また、今回の受賞を受け、発売日が10月14日に繰り上がったイシグロ氏の最新長編『忘れられた巨人』文庫版は初登場37位にランクインしている。  そのほか今週の同部門では、先週付で7位に初登場した西加奈子氏の第152回「直木賞」受賞作『サラバ!』上巻(小学館)が2位...more
カテゴリー:

【テレビの開拓者たち / 古沢良太】日本だけじゃなく、世界中の人たちが見るようなものを作りたい - 10月18日(水)16:00 

2002年、「第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」を受賞し脚本家デビュー。「鈴木先生」(2011年テレビ東京系)、「リーガルハイ」(2012、2013年フジ系)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジ系)など、放送終了後も熱く支持され続けるテレビドラマを次々と生み出し、また「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ(2005、2007、2011年)、「キサラギ」(2007年)、「エイプリルフールズ」(2015年)など話題の映画も多数手掛ける、今最も多忙な脚本家・古沢良太氏。10月21日(土)には、卓球の男女混合ダブルスを題材にした映画「ミックス。」が公開となる古沢氏を直撃。その人気の秘密に迫るべく、脚本家としての心構えや今後の展望を聞いた。 「日本だけでなく、世界中の人たちが見てくれるものを作りたい」と夢を語る古沢良太氏 ■ “こういうものが作りたい”という最初の衝動を大事にしています ――映画「ミックス。」は、古沢さんの“ラブコメ書きたい熱”から生まれた作品だそうですが、古沢さんの中では、常に「こういうものが書きたい」という構想があるんでしょうか? 「そうですね。いつも書きたいテーマはいっぱいあって、アイデアだけはたくさんあるんです。体が足りなくて、あと2つ3つあったらいいなと思うんですけど(笑)。まぁ、ひとつひとつ順番に出していって、コツコツ書いていこうかなと。...more
カテゴリー:

山崎賢人が主役の貫禄を見せつける!『氷菓』撮影現場レポート - 10月18日(水)12:00 

人気作家・米澤穂信原作のデビュー作で、累計発行部数230万部を超える青春学園ミステリー<古典部>シリーズの記念すべき第1作目を映画化した『氷菓』が、いよいよ11月3日(金・祝)より全国ロードショーされる。 【写真を見る】役作りに真剣な表情を見せる山崎賢人/[c]2017「氷菓」製作委員会 『バイロケーション』(14)や『劇場版 零〜ゼロ〜』(14)などで知られる安里麻里監督のもとに、山崎賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音といった今をときめく若手実力派俳優が集結。古典部に代々伝わる文集「氷菓」に導かれ、失われた記憶と学園に隠された秘密に迫っていく本作の、メイキング画像と撮影レポートをお届けする。 折木奉太郎は「やらなくていいことはやらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校生。姉からの頼みで、廃部寸前の古典部に入部することになった彼の前に、お嬢様・千反田えるが現れる。「私、気になります!」と大きな目を輝かせる彼女に振り回され、様々な謎を持ち前の推理力で解き明かしていく奉太郎。そんな彼に、えるは「10年前に失踪した叔父に言われた言葉が思い出させてほしい」と頼む。それは、33年前に学園で起きたある事件へと繋がる壮大なミステリーの幕開けだった。 昨年3月から約1か月間行われた撮影では、毎シーンごとに徹底的なリハーサルが重ねられた。「キャラクターが強い...more
カテゴリー:

もっと見る

「テレビドラマ」の画像

もっと見る

「テレビドラマ」の動画

Wikipedia

テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。

米国 シチュエーションコメディ

米国のテレビドラマでは、ひとつの定番は、米国では「sitcom(シットコム)」などと呼ばれているコメディドラマ(シチュエーションコメディ)で、内容としては、毎回、いかにも米国にありそうな「家庭」(のセット)が舞台になっていて、おきまりの家族の面々が登場し、日常生活を送るなかで、間の抜けた失敗をしたり、間の抜けた(視聴者が思わず笑ってしまうような)会話をし、(しばしば米国人流の大きなジェスチャーとともに)おかしな台詞が言われるたびに、テレビ音声としても(画面内の「家庭」にいるはずのない、架空の多数の観客の)「アハハハ..」といった笑い声(の合唱)が聞こえる、というタイプのドラマである。登場人物の中に、やたらと「おませ」な子供がひとりいて、その子が言う台詞によって、(普段、大人自身実はうすうす気付いているのだが、気付かないフリをしているような)大人の愚かさが浮き彫りにされ 笑いを誘う、というのはしばしば使われるパターンである。舞台が家庭ではなく学校になっていて同級生たちが登場するもの、また舞台が職...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる