「テレビドラマ」とは?

関連ニュース

【芸能】高畑淳子、マスコミへのエキセントリックな激ギレ対応で完全復帰が遠のいた - 02月25日(土)21:06 

 芸能ジャーナリストも「あきれた行為」と斬り捨てる。 「淳子は“庶民的な女優”のイメージがありますが、14年秋の叙勲で紫綬褒章を受章したことでプライドが高いんです。 また、息子の件に関しては“ハメられた”という思いが強いのでしょう。100歩譲ってハニートラップだったとしても、それに乗っかるほうが悪い。 しかも、今回の件は被害者がいるんです。マスコミにブチギレるなら、息子にキレろと言いたい。今回の件でイメージはますます悪化、 これでテレビドラマ復帰は遠のきましたね」 http://asajo.jp/excerpt/24638 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【映画コラム】今年のアカデミー賞の大本命!『ラ・ラ・ランド』 - 02月25日(土)15:48 

 第89回アカデミー賞で、作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞など主要部門を含む13部門で14ノミネートされたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が公開された。 偶然出会った女優志望のミア(エマ・ストーン)と売れないジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)の恋愛模様をミュージカル仕立てでつづったのは『セッション』(14)のデイミアン・チャゼル監督だ。 チャゼル監督は、全編にジャズやミュージカルへの愛をあふれさせ、『ロック・オブ・エイジズ』(12)やテレビドラマ「GREE」のような、懐かしさと新しさが混在するミュージカル映画を作り出した。 ちなみに、エマとライアンは『ラブ・アゲイン』(11)『L.A. ギャング ストーリー』(13)に続く3度目の共演となったが、今回のエマは特にキュートに見える。 ところで、本作はオリジナルではあるのだが、『ウエスト・サイド物語』(61)を思わせる高速道路での見事な群舞に始まり、往年の名コンビ、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースを連想させる歌とダンスから、ウディ・アレンの『世界中がアイ・ラブ・ユー』(96)や、仏のジャック・ドゥミの『シェルブールの雨傘』(64)『ロシュフォーヌの恋人』(67)の要素までを取り込み、ミュージカル映画の魅力を多角的に見せてくれるので、その楽しさを存分に味わうことができる。 それ故、ロサンゼルスの愛称であり、気...more
in English
カテゴリー:

堀井新太&山田裕貴&三津谷亮が赤ちゃんのパパに!? - 02月25日(土)11:00 

4月19日(水)からD-BOYSの堀井新太主演ドラマ「3人のパパ」が、TBSで放送されることが明らかになった。堀井は民放連続ドラマ初主演となり、同じD-BOYSのメンバーである山田裕貴、三津谷亮と共に、シェアハウスで8カ月の赤ちゃんの子育てに挑む。 【写真を見る】無責任な男3人を見守る役どころに松井愛莉、相楽樹、濱田マリが決定!/(C)TBS 本作は、今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描く、ハートフルコメディー。 '14~'15年に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」や、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」('15年)、「表参道高校合唱部!」「下町ロケット」(共に'15年)、映画「青空エール」('16年)などの人気作品に次々に出演し注目を浴びている堀井は、主人公・平林拓人役で民放連続ドラマ初主演を務める。 拓人は、高校時代の友人たちとシェアハウスに暮らす明るく能天気な元野球少年の営業マンで、生きることに少し不器用なところがあり、自分の子どもかもしれない赤ちゃんを育てることに戸惑いながらも、命に向き合い、一緒に成長していこうと決意する役どころ。 また、シェアハウスに暮らす友人・羽野恭平を演じるのは、堀井と同じD-BOYSの一員である山田。映画「ストロボ・エッ...more
in English
カテゴリー:

千葉真一 『仁義なき』大友役で「芸名を変えてもいいと…」 - 02月25日(土)07:00 

 1973年に公開された映画『仁義なき戦い』(深作欣二監督)は、公開から40年以上を経た今も、ソフト化作品の人気がまったく衰えていない。映画史上に残る名作の中でも抜群の存在感を発揮した大友勝利を演じた千葉真一が、同作を振り返る。  * * *  深作欣二監督──僕は敬意を込めて「キンジ・フカサク」と呼んでいますが、深作監督の口グセは「千葉ちゃん、映画はジャズなんだよ。大事なのはリズムだ、観客を飽きさせちゃダメだ」でした。だから『広島死闘篇』の大友勝利も、とにかくセリフを切ることなく、一気にたたみかけてやろうと。  実は最初、北大路欣也ちゃんが演じた山中正治が僕の役だったんです。脚本の笠原和夫さんは、その前に『日本暗殺秘録』(1969年)で僕が演じた小沼正のヤクザ版として山中を描いた。だから僕も山中のセリフは完全に入っていた。  それを欣也ちゃんが「大友はできない」と言ったから、クランクイン直前で役が入れ替わった。実は彼とは役柄交代は2回目。そりゃあ、向こうは市川右太衛門さんの御曹司で、こっちは雑草。それでも2回目となると「勝手にしやがれ!」と思ったけど、ふと考えたらあの深作欣二が違うと思ったら絶対に曲げるわけがない。  ははぁん、これは監督の陰謀か……そうか、それならやってやろう。そう思って改めてシナリオを読んでみたら「何じゃこれ!」なわけです。山中とは180度違う役柄で、欣也ちゃ...more
in English
カテゴリー:

【べっぴんさん】松下優也、栄輔役に感謝「ラッキーなポジションをいただけた」 - 02月25日(土)05:00 

 NHKで放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月~土 前8:00 総合ほか)に岩佐栄輔役で出演中の俳優・松下優也(26)。第3週より登場し、募る恋心を押し殺して、夫の帰りを待つヒロイン・すみれ(芳根京子)を物心両面で支える姿が切ない、と注目を集めたが、第8週で姿を消しまい、「栄輔ロス」が巻き起こった。 “白・栄輔”の頃の場面カットと比較  「ちょっとだけ、ホッとした。いま『○○ロス』というのがいっぱいあって、今回の栄輔は『栄輔ロス』と言われないといけないポジションにいたので、何も言われなかったらどうしよう、という心配もありました。その後、『栄輔ロス』と言われているのを知った時に、よかった。俺も何人かにはロスってもらえたんだ、とホッとしました(笑)」(松下、以下同)。  しかし、約2ヶ月後の第15週で再登場。ナイトクラブ「青い月」に若者たちのカリスマとして現れ、高校生になったすみれの娘・さくら(井頭愛海)と再会する。空白の13年間に、栄輔はアメリカに渡って若者文化を学び、帰国して若い男性をターゲットにしたファッションブランド「エイス」の社長となっていた。かつて兄貴と慕った野上潔(高良健吾)の会社「オライオン」の商売敵として敏腕をふるう栄輔に対し、ドラマファンの間では、かつての栄輔を「白/ホワイト栄輔」、再登場後を「黒/ブラック栄輔」と呼ぶ声も。  実は、企画段階では、「オ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】中川翔子 南野陽子が持参した31年前の写真に亡き父の姿…感動「お優しい」 - 02月25日(土)20:53 

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/25/kiji/20170225s00041000236000c.html 2017年2月25日  中川翔子(31)が25日、自身のツイッターを更新。中川がMCを務めるNHK FMの「アニソン・アカデミー」(土曜後2・00)に南野陽子(49)がゲスト出演。 亡くなった中川の父でタレントだった中川勝彦さんと31年前に共演した際の写真を南野が持参、「その心に感動しました」と喜んだ。  中川は本番前、「なななななんとゲストに伝説の南野陽子さまが降臨!!」とつぶやいていたが、加えて粋なサプラ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『NIKITA』デヴォン・サワ、米ABCの殺人ミステリーに出演 - 02月25日(土)11:10 

『NIKITA/ニキータ』のオーウェン・エリオット役でおなじみの、カナダ人俳優デヴォン・サワ(『388』『ファイナル・デスティネーション』)が、米ABCの殺人ミステリードラマに主演することが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。デヴォンの出演が決定した新ドラマは、韓国ドラマを元にした10話構成の『Somewhere Between(原題)』。人気スパイ・アクション映画『ミッション:インポッシブル』などに出演しているポーラ・パットンが主演を務めることは当サイトでも以前お伝えしていた通りだが、デヴォンはニコ・ジャクソンという名の、元警官で現在は私立探偵をしている男を演じる。デヴォンにとって同作は、『NIKITA』以来のテレビドラマ出演となるが、90年代には多くのティーン映画に出演していた。『キャスパー』、『アイドル・ハンズ』、『ファイナル・デスティネーション』など今となっては懐かしい作品への出演で注目していた人も多いだろう。今作の脚本を手掛けるのは、『ブラザーズ&シスターズ』や『TAXI ブルックリン』でペンを執ったスティーヴン・トルキン。彼は、アイヴァン・フェカン(『Kim's Convenience(原題)』とジョセフ・ブロイド(『アースブレイク』)とともに製作総指揮も務める。『Somewhere Between』の放送は、今年の夏を予定している。(海外ドラマNAVI)...more
in English
カテゴリー:

『愚行録』出演の中村倫也、人気が急上昇でも「つかめない人でいたい」 - 02月25日(土)09:01 

 人気小説家、貫井徳郎さんの直木賞候補作を、妻夫木聡さん、満島ひかりさん主演で実写化した映画『愚行録』が全国公開中です。  未解決の一家惨殺事件を取材する週刊誌記者と、その妹の物語を軸に、人間の深い闇へと入り込んでいく本作にて、事件の被害者の大学時代を知る関係者の尾形として登場する中村倫也(なかむらともや)さん。尾形の大学時代と、37歳の現在を演じています。  中村さんといえば、現在放送中のテレビドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」への出演でも人気ですが、昨年はまったく違う顔を見せた「闇金ウシジマくん Season3」も話題を集めました。さらに今年は『3月のライオン』『先生!』の公開が控え、さらなる注目を集めている彼に迫ります。 ◆尾形は若い男あるある ――台本を読まれたとき、作品と尾形について思われたことは? 中村:真ん中にあるミステリーという軸とともに出てくる色んな人の人柄や、しゃべっていること、その裏にあるものといったことを想像しながら読みました。『愚行録』というタイトル通り、いろんな愚行があるわけですが、その愚行が絡み合ってミステリーになる。映画として、どうなるんだろうと思いました。  尾形に関しては若い男あるあるだなと。特に女性への対応が、波風を避けるというか。ヤワっぽい感じをどう出していけるかなという点を考えました。ただ、わりと読んですぐにキャラクターのイ...more
in English
カテゴリー:

【写真20点】厳選!ワンフェス2017[冬]の美人&セクシーコスプレイヤー - 02月25日(土)06:00 

2月19日(日)、幕張メッセでガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2017[冬]」が開催されました。今回は会場で見かけた美人コスプレイヤー、そしてセクシーコスプレイヤーを紹介します。 「ストリートファイター」シリーズのキャミィに扮する愛佳さん 会場には多数の新作ガレージキットが展示されていましたが、それらと同じくらい注目を集めていたのが美しいコスプレイヤーたち。彼女たちをカメラに収めようと、多数のカメラマンが行列を作っている様子も珍しくありませんでした。 また、晴天に恵まれたとは言えまだ肌寒い中、露出度が高めなコスプレをしているコスプレイヤーがいたのも印象的。中でもテレビドラマ版「デアデビル」のデアデビルや、イラストレーター・韮沢靖さんによる短編集「DOES'NT」のギロチーナなど、比較的マイナーな作品のキャラクターに扮したコスプレイヤーは、抜群のスタイルのよさで注目を集めていました。 次回となる「ワンダーフェスティバル2017[夏]」は、7月30日(日)、会場は今回と同じく幕張メッセで開催。今から約半年後には、コスプレのトレンドがどう変化しているのか、今から楽しみです。【文=はるのおと、写真=大長淳一朗・塩入正隆】 【関連記事】 ・【写真20点】ゲームキャラが百花繚乱!ワンフェス2017[冬]ゲーム系コスプレイヤー特集 ・【写真20点】「メイドラゴン」トール人気拡大中!...more
in English
カテゴリー:

【芸能】外見でイロモノ扱いされたけど サヘル・ローズさん - 02月24日(金)23:18 

イラン出身タレントのサヘル・ローズさん=東京都港区、仙波理撮影  3月8日は国際女性デー。女優のサヘル・ローズさんは「本能のままに自分の『色』をつくっていこう」と呼びかけます。      ◇  ランドセルの色も、洋服も、将来の夢も。日本の社会や学校って、何でも「男の子用」「女の子用」を分けすぎです。  8歳の時に初めてイランから来日して、埼玉県の小学校に入学した時は「男子と女子が隣同士に座って勉強できるんだ」って驚いたんです。 日本のことはテレビドラマの「おしん」でしか知らなかったし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「テレビドラマ」の画像

もっと見る

「テレビドラマ」の動画

Wikipedia

テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。

概要

テレビ

米国 シチュエーションコメディ

米国のテレビドラマでは、ひとつの定番は、米国では「」などと呼ばれているコメディドラマ(シチュエーションコメディ)で、内容としては、毎回、いかにも米国にありそうな「家庭」(のセット)が舞台になっていて、おきまりの家族の面々が登場し、日常生活を送るなかで、間の抜けた失敗をしたり、間の抜けた(視聴者が思わず笑ってしまうような)会話をし、(しばしば米国人流の大きなジェスチャーとともに)おかしな台詞が言われるたびに、テレビ音声としても(画面内の「家庭」にいるはずのない、架空の多数の観客の)「アハハハ..」といった笑い声(の合唱)が聞こえる、というタイプのドラマである。登場人物の中に、やたらと「おませ」な子供がひとりいて、その子が言う台詞によって、(普段、大人自身実はうすうす気付いているのだが、気付かないフリをしているような)大人の愚かさが浮き彫りにされ 笑いを誘う、というのはしばしば使われるパターンである。舞台が家庭ではなく学校になっていて同級生たちが登場するもの、また舞台が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる