「テスラ」とは?

関連ニュース

中国でテスラと連携も=パナソニック - 05月21日(月)21:44 

パナソニックの津賀一宏社長(写真)は21日、インタビューに応じ、中国での電気自動車(EV)事業戦略をめぐり、米EV大手テスラとの連携強化に意欲を示した=大阪府門真市
カテゴリー:

地下トンネルを利用した新交通システムの運賃は「1ドル」だとイーロン・マスク氏が述べる - 05月21日(月)11:28 

「テスラ」や「SpaceX」の創業者として知られるイーロン・マスク氏が、ロサンゼルスの渋滞緩和のために進めている地下トンネルを利用した新交通システムについて、わずか1ドル(約110円)の運賃にする予定であることを明かしました。続きを読む...
カテゴリー:

テスラ「モデルX P100D」がカンタス航空のボーイング787-9型機を牽引 約130トン - 05月20日(日)19:49 

カンタス航空とテスラは、5月15日、電気自動車のテスラ モデルX P100Dでボーイング787-9型機の牽引を世界で初めて成功させた。 電気乗用車として最も重い物を牽引する、ギネス世界記録への挑戦の一環。牽引するボーイング787-9型機の重さは約130トンで、乗客は搭乗していらず、貨物は搭載していなかったものの、少量の燃料は残った状態だった。 カンタス航空では温室効果ガス削減計画の一環として、すでにシドニーとキャンベラで電気自動車を使用して機体の牽引を行っている。カンタス航空は1万台以上の地上作業車を使用しており、その全てがディーセル車。電気自動車へのシフトは、持続可能な未来に影響を与えるものとしている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

イーロン・マスク氏の地下トンネル交通網、乗車料金は1ドル - 05月20日(日)19:05 

米ロサンゼルスで地下トンネルを用いた大量輸送用の超高速交通システム導入を目指す米電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日までに、このシステムの乗車料金は1ドル(約111円)になるとの見通しを示した。 ロサンゼルス市で同システムの詳細をさらに公表した際に述べた。不要となった地上の道路は公園空間に転用出来るだろうとも語った。この交通システムは「ループ」と呼ばれ...
カテゴリー:

ASCII.jp:走る巨大タブレット、テスラを超えた未来の中国製コンセプトカー「Byton Concept」 - 05月19日(土)17:24 

ASCII.jp:走る巨大タブレット、テスラを超えた未来の中国製コンセプトカー「Byton Concept」Bytonのコンセプトカーのダッシュボード 49型の超大型ディスプレーにLTEを搭載、顔認証でドアロックもできるというまるで未来から来たような電気自動車「Byton Concept」。2018年1月のCES2018で中国のスタートアップ系自動車メーカー「Byton」がその概要の一部を公開しましたが、4月にミラノで開催されたミラノ・デザインウィークでは実車が一般公開されました。完成度はまだ85%とい...
カテゴリー:

完全無人の自動運転車がドライブする様子。未来は着実にやってきてる - 05月21日(月)12:40 

Image: Drive.ai 僕らは未来を生きている。大手の自動車メーカーだけでなくGoogle(グーグル)、Apple(アップル)、Tesla(テスラ)など、さまざまな企業が開発を進めている「自動運転技術」。同技術を開発している「Drive.ai」がテキサスで行なわれた自動運転車のテストドライブ動画を公開しました。多くの場合、自動運転車のテストドライブでは、安全管理のために運転席や助手席に1人もしくは2人のテストドライバーを乗せます。今回公開された動画を見ると、運転座には誰も座っていないのが確認できます。無人の車のハンドルがくるくると自動で回り、ごく当たり前のように住宅街を走行しています。車両の加減速、安全確認、状況判断など、どれもがまるで人間…いや、もしかしたらそれ以上かもしれません。また動画の右下には車載システムがどのように現実世界を認識しているかのサブウィンドウも表示されています。それを見ると、カメラやレーダーなどで周囲の地形、運転車両、自転車、歩行者を認識し、進むべき方向の道路に赤いラインを引いていることがわかります。Drive.aiは先週、テキサスのフリスコにて自動運転車をアプリで呼び出せるサービスを2018年7月に展開すると発表しました。自動運転システムの実現には技術の発展はもちろん、法規...more
カテゴリー:

テスラが主張する「オートパイロットは一般の車よりも3.7倍安全」という主張をデータサイエンティストが詳細に分析 - 05月21日(月)06:30 

ドライバーに替わって自動車を走らせてくれる自動運転機能「オートパイロット」の使用中に事故を起こしてドライバーが死亡した事件を受け、テスラはこの機能によって死亡事故が起こる確率は低く、一般の自動車における統計データ「8600万マイルあたり1回(約1億4000万kmあたり1回)」に比べて3.7倍安全であると主張しています。しかしこのデータに関しては批判的な見方を示す専門家も存在しており、データサイエンティストのブリンダ・A・トーマス博士はテスラが公表しているデータを詳細に調査して分析するエントリをMediumに投稿しています。続きを読む...
カテゴリー:

テスラ「モデルX P100D」がカンタス航空のボーイング787-9型機を牽引 約130トン - 05月20日(日)19:49 

カンタス航空とテスラは、5月15日、電気自動車のテスラ モデルX P100Dでボーイング787-9型機の牽引を世界で初めて成功させた。 電気乗用車として最も重い物を牽引する、ギネス世界記録への挑戦の一環。牽引するボーイング787-9型機の重さは約130トンで、乗客は搭乗していらず、貨物は搭載していなかったものの、少量の燃料は残った状態だった。 カンタス航空では温室効果ガス削減計画の一環として、すでにシドニーとキャンベラで電気自動車を使用して機体の牽引を行っている。カンタス航空は1万台以上の地上作業車を使用しており、その全てがディーセル車。電気自動車へのシフトは、持続可能な未来に影響を与えるものとしている。 ⇒詳細はこちら 投稿 テスラ「モデルX P100D」がカンタス航空のボーイング787-9型機を牽引 約130トン は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

米テスラ:逆境に直面 EV大量生産苦戦、株価急落 - 05月19日(土)21:31 

 【ワシントン清水憲司】米電気自動車(EV)メーカー、テスラが逆境に直面している。走行能力とデザインの良さで人気を集め、将来性を期待されて、自動車大手をしのぐ時価総額を誇るようになったが、思うように生産台数を伸ばせず、株価が急落。最近は幹部の退職も相次いでいる。
カテゴリー:

EVで自動運転体験 テスラの「モデルX」、スムーズ車線変更に驚がく - 05月19日(土)16:10 

 昨年、欧州や中国で電気自動車(EV)普及に向けた政策が動き出し、一気にEV化の波が本格化した。EVとはどんな車なのか。米EVメーカー、テスラの車に試乗した。電気で動くだけでなく、条件付き自動運転の機能を搭載。「EV」と「自動運転」という車の行く先を体験してきた。
カテゴリー:

もっと見る

「テスラ」の画像

もっと見る

「テスラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる