「テゴネハンバーグ」とは?

関連ニュース

「下北沢ダイハード」2話。何かと文春に出される男、むきだしの光石研奮闘 - 08月04日(金)10:00 

11名の劇作家が下北沢を舞台に毎回さまざまな「人生最悪の一日」を描くドラマ『下北沢ダイハード』。第2回は細川徹が脚本と監督を手掛けた「違法風俗店の男」。登場するのは本人役の光石研。芝居の本番まで時間を持て余した光石は、池田鉄洋に教えられた「風俗ビル」に入ってしまう。しかしそこに警察の摘発が。光石はパンツ一丁、風俗嬢(川栄李奈)には自分の素性がバレる、本番の時間は迫る。そんななか偶然近くの席に座っていたロバートの秋山(本人)と、演技を駆使して二人でこの場を抜け出そうと画策する……。光ってるっぽい名前の人が風俗店を抜け出すべく迷走細かいところにクスクスしてしまう第2回。風俗ビルには光石も出演していたドラマにひっかけた『バイブレイヤーズ』という店があった。風俗嬢が勝手に画像を送った友達からは「なんか光ってるっぽい名前の人!」という指摘。秋山からは「生瀬さんですか?」。秋山が何かと口に出す名前は後輩コンビ、テゴネハンバーグ。そして冒頭に映る光石主演の舞台のタイトルは、このできごとを予見していたかのような「むきだしの庭」……。光石がクライマックスで「俺は俳優だ! 演技で切り抜けるぞ!」と決意したのはかっこよかったのに、秋山がそれをわかった雰囲気を出しつつ全然わかってないところなど、くだらなさやバカバカしさの積み重ねが心地よい。そういえば、入った風俗店が違法と知った光石が「文春出ちゃう! 」と...more
カテゴリー:

「テゴネハンバーグ」の画像

もっと見る

「テゴネハンバーグ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる