「テクニカラー」とは?

関連ニュース

映画「オズの魔法使」の3つの「ウソ」からわかるテクニカラーの歴史 - 01月14日(日)22:00 

テクニカラーは赤・青・緑の3原色に分解して撮影した3本のフィルムを基に1本のカラー映像にする彩色技術です。テクニカラーを使った作品では、1939年に公開されたミュージカル映画「オズの魔法使」が、モノクロ映像からカラー映像に変わる演出が画期的であるとして、高く評価されています。海外メディアのVoxによると、「オズの魔法使」には3つのウソが存在していて、そのウソがテクニカラーの歴史を知る上でとても重要であるとのこと。YouTubeで公開しているムービーを見ると、テクニカラーの仕組みと歴史がよくわかるようになっています。続きを読む...
カテゴリー:

「テクニカラー」の画像

もっと見る

「テクニカラー」の動画

Wikipedia

テクニカラー()はカラー映画の彩色技術を開発した企業またはその彩色技術の通称である。フィルムの現像、プリント、テレシネなど、ポストプロダクションを行っている。1916年にアメリカ合衆国で起業し、その後数十年に亘り進化を続けた。現在は現テクニカラー社の一部門となっている。同社で処理された映画作品は、クレジットで''COLOR BY TECHNICOLOR''と表示され、テクニカラー作品などと呼ばれることが多い。 同業のデラックス社とは長年のライバル関係にある。

概要

テクニカラーはイギリスで開発されたキネマカラーに次ぐカラー映画彩色技術として、アメリカ合衆国で1916年に開発した。当初はキネマカラー同様に二色法だったが、その後に世界で初めて三色法での彩色技術として確立した。

1922年から1952年の間にハリウッドでカラー映画の制作に広く使用された。テクニカラーの色純度の高さは定評があり、オズの魔法使雨に唄えばなどの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる