「ティラーソン米国務長官」とは?

関連ニュース

【真・人民日報】米国の対北武力行使の本気度 中国が制裁しない理由との関連 - 03月29日(水)17:00 

米国の忍耐も限界に近付いている−−。3月15日、レックス・ティラーソン米国務長官が羽田空港に到着。就任後最初となる日本、韓国、中国のアジア歴訪を開始した。訪問の…
in English
カテゴリー:

NATO外相理を31日に前倒し=米国務長官に配慮 - 03月28日(火)00:15 

 【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)は27日、4月5、6両日に予定していた外相理事会の日程を3月31日に変更すると発表した。当初の予定では、ティラーソン米国務長官が出席できないため、前倒しすることにした。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

米国務長官、難民の安全区域設定を表明 - 03月23日(木)12:56 

[ワシントン 23日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は23日、シリアやイラクでの過激派組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織アルカイダとの戦いにおける次の段階として、難民の帰宅を支援するために停戦を通じて「安全区域」を設定する意向を明らかにした。
in English
カテゴリー:

IS掃討、圧力強化=米国務長官 - 03月23日(木)09:46 

ティラーソン米国務長官は22日、ワシントンの国務省で開かれた過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加する有志連合の閣僚会合で、ISへの圧力を強化するよう各国に求めた。
in English
カテゴリー:

外相理の日程変更検討=米国務長官と合意-NATO総長 - 03月23日(木)09:02 

 【ワシントン時事】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は22日、訪問先のワシントンでロイター通信に対し、4月5、6の両日にブリュッセルで予定されるNATO外相理事会について、日程変更を検討することでティラーソン米国務長官と合意したと語った。 米国務省は21日、この日程では長官が出席できないとして、別の日取りを提案したことを明らかにしていた。事務総長は「全加盟国に都合の良い日取りを見つける」と述べた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

コラム:トランプ大統領、北朝鮮に「禁断のカード」切るか - 03月29日(水)10:53 

[24日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は今月、北朝鮮に対する「戦略的忍耐」はすでに終わり、同国の核開発の野望に歯止めをかけるために「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と警告した。その言葉通り、米韓両軍の部隊は幅広い軍事シナリオに向けて準備を進めている。
in English
カテゴリー:

米国務長官、ビザ審査を厳格化する人々の特定を在外公館に指示 - 03月24日(金)12:34 

[ワシントン/ニューヨーク 23日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は、「監視を強化する必要のある人々」を特定し、そうした人々のビザ申請に対して審査を厳格化するよう在外公館に指示した。ロイターが、米外交公電を入手した。
in English
カテゴリー:

米国の対北朝鮮政策 われわれの意見を反映=韓国外相 - 03月23日(木)10:16 

【ワシントン聯合ニュース】米国を訪問中の尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官は23日、米国が新たな視角からの対北朝鮮政策の検討に着手したことに関連し、「北に対する制裁の圧力を持続しなければならないという共通認識が反映されており、この過程でティラーソン米国務長官を通じてわれわれの意見が伝達され、反映されている」と述べた。
in English
カテゴリー:

IS掃討、圧力強化=ワシントンで有志連合閣僚会合-米国務長官 - 03月23日(木)09:31 

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は22日、ワシントンの国務省で開かれた過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加する有志連合の閣僚会合で、「IS打倒は中東における米国の第1目標だ」と強調し、ISへの圧力を強化するよう各国に求めた。全68カ国・地域・機関が参加し、トランプ政権下では初開催。 ティラーソン氏は「(イラクやシリアの)安定化に向けた努力を支援するためにできることを検討してもらいたい」と要請。IS掃討後の地域の安定化に当たっては、軍事、財政両面で米国以外の参加国に大きな役割を求める意向を示した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

対IS掃討、閣僚級会合=トランプ政権の新戦略焦点 - 03月23日(木)00:40 

 【ワシントン時事】過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦に参加する有志連合の閣僚級会合が22日、ワシントンの国務省で開かれた。トランプ政権下では初めてで、全68カ国・地域・機関が参加。トランプ政権が策定を進めるIS掃討の新戦略が明らかになるかが焦点だ。 ティラーソン米国務長官は会合の冒頭、「米国はISや国際テロ組織アルカイダへの圧力を強める」と強調。シリア内戦の停戦を実現し、避難民を故郷に戻すために「暫定地帯」を設置すると述べた。設置場所など詳細には言及しなかったが、これらの新戦略について参加各国の意見を聴き、最終決定につなげたい意向とみられる。 マティス国防長官は2月末にIS打倒の計画案をトランプ大統領に提出した。具体的な内容は明らかになっていないが、トランプ政権は計画案を基に新戦略の策定を急いでいる。シリア国内における避難民のための安全地帯設置や、同国北部への米兵増派などが検討されているとみられる。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の画像

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる