「ティラーソン米国務長官」とは?

関連ニュース

米国務長官、ラマダン記念の恒例行事主催を拒否=関係筋 - 05月29日(月)15:10 

[ワシントン 26日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は、イスラム教のラマダン(断食月)を記念する行事の主催要請を断った。2人の当局者が匿名で明らかにした。
カテゴリー:

自国民が中国で拘束、欧米の場合「何としてでも助け出す!」日本の場合「自己責任だろ」「パヨクだろ」 - 05月27日(土)14:56 

世界屈指の冷酷民族日本人 中国の邦人拘束 欧米は交渉で救出 取り残される日本 中国で拘束中の日本人11人(写真:産経新聞) 中国当局がスパイ行為に関与したとして外国人を拘束する事件は後を絶たないが、 欧米諸国では外交交渉を通じて国民を“救出”したケースが目立つ。 一方、2015年以降に拘束された日本人男女のうち4人は拘束から約2年を迎えるが、 早期釈放に向けた日本政府の強力な外交努力は確認できない。 4月末、中国当局に約2年間拘束されていた米国人女性実業家が釈放され帰国した。 女性は米連邦捜査...
»続きを読む
カテゴリー:

米、対テロで英と結束=情報漏えいに「全責任」 - 05月26日(金)22:24 

 【ロンドン時事】ティラーソン米国務長官は26日、英国を初めて公式訪問し、ロンドンでジョンソン外相と会談した。長官は記者会見で、マンチェスターの自爆テロに関し「米国全体が悲嘆に暮れている」と犠牲者に弔意を示すとともに、テロ対応で英国と結束していく考えを改めて強調した。 マンチェスターのテロで英捜査当局の情報を米当局が米メディアに漏えいしたとされる問題について、長官は「(事実とすれば)明らかに遺憾だ。われわれ(米政府)が全責任を負う」と述べ、再発防止に努める方針を表明。「米英間に存在する特別な関係は、この不幸な出来事(自爆テロ)にも屈することはない」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

【北ミサイル】米国務長官、北朝鮮への失望表明 「失望した。憂慮すべきことだ」 ★5 - 05月23日(火)00:48 

 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は21日、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「失望した。憂慮すべきことだ」と述べ、ミサイル発射実験を「やめるよう求める」と訴えた。FOXニュースとのインタビューで語った。  ティラーソン氏は、北朝鮮に核放棄を迫るトランプ政権の取り組みは「初期の段階だ」と述べ、功を奏していないとの見方を否定。北朝鮮に経済的圧力や外交的圧力をかける取り組みを続ける考えを強調した。新たなミサイル発射は「北朝鮮が圧力を感じ始めており、それに対する反応として暴れているとみることも...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮のミサイル発射、憂慮すべき=米国務長官 - 05月22日(月)09:12 

[ワシントン 21日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は、北朝鮮のミサイル発射を受け、同国への経済・外交的圧力は継続されると述べた。「FOXニュース・サンデー」のインタビューで「現在行われている実験は失望を誘う行為で憂慮すべきだ。やめるよう求める」と語った。
カテゴリー:

米国務長官も参加「ローリングサンダー」 全米のバイク乗り集結 - 05月29日(月)12:55 

【5月29日 AFP】米首都ワシントン(Washington D.C.)で28日、戦没者を追悼する毎年恒例のバイク行進「ローリング・サンダー」が開催され、レックス・ティラーソン米国務長官がハーレーダビッドソンにまたがって参加した。≫続きを読む
カテゴリー:

英捜査情報漏れ、米国に全責任=ティラーソン国務長官 - 05月26日(金)23:08 

[ロンドン 26日 ロイター] - 英マンチェスター自爆攻撃事件の詳しい捜査情報を米メディアが報じた件を巡り、ティラーソン米国務長官は26日、米国が情報漏えいの全責任を負うと表明した。
カテゴリー:

エルサレムに米大使館を=イスラエルで高まる期待 - 05月23日(火)07:12 

 【エルサレム時事】トランプ米大統領のイスラエル訪問に際し、注目を集めているのが米大使館のエルサレム移転問題だ。トランプ氏は近く移転の可否について態度を明らかにする見通し。エルサレムを「東西不可分の永遠の首都」と位置付けるイスラエルは、この問題を通じてトランプ氏が親イスラエルの姿勢を示すことを期待している。 イスラエルは今年6月、東エルサレムなどを制圧した1967年の第3次中東戦争から50年を迎える。今月24日は、同戦争によるエルサレムの「解放と再統一」を祝う「エルサレムの日」に当たり、これに重ねる形でトランプ氏訪問を歓迎するムードが高まっている。 ティラーソン米国務長官は14日、米NBCテレビのインタビューで、大使館移転について「イスラエルが和平の助けとみるか、弊害とみるかによる」と発言。これに対し、イスラエルのネタニヤフ首相は「エルサレム移転は和平プロセスを損なわない」と言い切った。日本を含む各国はエルサレムを首都と認めず、大使館をテルアビブに置いているが、首相は「全ての大使館はエルサレムに移転すべきだ」と訴えている。 一方、東エルサレムを首都とする国家樹立を目指すパレスチナは「米大使館のエルサレム移転は和平プロセスの終わりを意味する」(和平交渉担当者アリカット氏)と強く批判。第3次インティファーダ(対イスラエル民衆蜂起)を引き起こしかねないと警告している。 大使館移転は95年...more
カテゴリー:

【北ミサイル】米国務長官、北朝鮮への失望表明 「失望した。憂慮すべきことだ」 ★4 - 05月22日(月)19:02 

 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は21日、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「失望した。憂慮すべきことだ」と述べ、ミサイル発射実験を「やめるよう求める」と訴えた。FOXニュースとのインタビューで語った。  ティラーソン氏は、北朝鮮に核放棄を迫るトランプ政権の取り組みは「初期の段階だ」と述べ、功を奏していないとの見方を否定。北朝鮮に経済的圧力や外交的圧力をかける取り組みを続ける考えを強調した。新たなミサイル発射は「北朝鮮が圧力を感じ始めており、それに対する反応として暴れているとみることも...
»続きを読む
カテゴリー:

ミサイル発射 米国務長官「圧力に反応か」 5/22 6:07更新 - 05月22日(月)06:07 

北朝鮮のミサイル発射をうけ、ティラーソン米国務長官は21日、テレビ番組で「憂慮している」として北朝鮮に発射実験をやめるよう求めた。また、今回の発射は「北朝鮮が圧力を感じ始めており、それに対して反応しているのかもしれない」との見方を示した。
カテゴリー:

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の画像

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる