「ティラーソン米国務長官」とは?

関連ニュース

【米国】ロヒンギャ迫害「民族浄化」 責任者に制裁も-ティラーソン米国務長官 - 11月23日(木)11:53  newsplus

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は22日、ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害問題で、「ラカイン州の状況は民族浄化に等しい」と断定した。米国は迫害の責任者に対する制裁も検討していることを明らかにした。   ティラーソン氏は、8月25日にラカイン州で起きたロヒンギャ武装集団による治安部隊襲撃を非難した。その上で襲撃事件を契機にミャンマー国軍や治安部隊、地元の自警団が行った「恐ろしい残虐行為」は正当化できないと指摘。「残虐行為に関与したものは責任を取らねばならない」...
»続きを読む
カテゴリー:

ロヒンギャ迫害「民族浄化」=責任者に制裁も-米国務長官 - 11月23日(木)00:48 

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は22日、ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャ迫害問題で、「ラカイン州の状況は民族浄化に等しい」と断定した。米国は迫害の責任者に対する制裁も検討していることを明らかにした。 ティラーソン氏は、8月25日にラカイン州で起きたロヒンギャ武装集団による治安部隊襲撃を非難した。その上で襲撃事件を契機にミャンマー国軍や治安部隊、地元の自警団が行った「恐ろしい残虐行為」は正当化できないと指摘。「残虐行為に関与したものは責任を取らねばならない」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

ロヒンギャ問題で制裁検討 米長官「民族浄化」と非難 - 11月22日(水)23:57 

【ワシントン共同】ミャンマー西部ラカイン州でのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で、ティラーソン米国務長官は...
カテゴリー:

ムガベ氏辞任「国民に歴史的な好機」 米国務長官が歓迎 - 11月22日(水)08:57 

【11月22日 AFP】レックス・ティラーソン米国務長官は21日、37年にわたって実権を握ってきたジンバブエのロバート・ムガベ大統領が辞任したことについて、国民にとって変化に向けた「歴史的な好機」となり、同国の国際舞台での孤立の終結につながる可能性もあると歓迎した。≫続きを読む
カテゴリー:

米国務長官、北朝鮮問題「外交解決望む」 制裁の効果強調 - 11月21日(火)11:56 

【11月21日 AFP】レックス・ティラーソン米国務長官は20日、ホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題について「まだ外交(的解決)を望んでいる」と述べた。≫続きを読む
カテゴリー:

米国務長官、ロヒンギャ問題は「民族浄化」 制裁も検討 - 11月23日(木)01:44 

 ティラーソン米国務長官は22日、ミャンマーでの少数派イスラム教徒ロヒンギャに対する迫害問題について「民族浄化に等しい」と非難する声明を出した。米政府は迫害に関わった軍や治安部隊の関係者らに制裁を含め…
カテゴリー:

米国務長官:ロヒンギャ問題で制裁検討 「民族浄化」非難 - 11月23日(木)00:17 

 ミャンマー西部ラカイン州でのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で、ティラーソン米国務長官は22日、声明を発表し、ラカイン州で起きた事態は「民族浄化に当たる」と非難し、制裁の可能性を含めて対応を検討していると表明した。
カテゴリー:

ジンバブエ大統領辞任:「歴史的な瞬間」米国務長官歓迎 - 11月22日(水)09:39 

 【ワシントン高本耕太】ティラーソン米国務長官は21日、ジンバブエのムガベ大統領の辞任について「歴史的な瞬間」と歓迎する声明を発表した。37年間、実権を握り続けたムガベ体制からの転換を訴えた「すべてのジンバブエ国民を祝福する」とし「政治・経済面での改革を引き続き支持する」と述べた。
カテゴリー:

米少年兵禁止法、ティラーソン国務長官の決定に省内で批判 - 11月21日(火)18:48 

[ワシントン 21日 ロイター] - 少年兵を動員している国への軍事協力を禁止する法律を巡り、ティラーソン米国務長官の判断を批判する声が国務省の複数高官から上がっている。ロイターが入手した関係資料で明らかになった。
カテゴリー:

安倍首相考案の「戦略」を米国がパクっても河野外相が歓迎した訳 - 11月19日(日)22:21 

安倍総理が昨夏に提唱した「インド太平洋戦略」をアメリカは大いに気に入った様子で、トランプ大統領もたびたび使うようになりました。そのことを詫びたティラーソン国務長官に対して、日本の河野外相は「どんどん使ってくれ」と大歓迎。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際政治に詳しい北野幸伯さんは、「河野外相ナイス!」と大絶賛した上で、その理由を記しています。 インド太平洋戦略の「知的所有権」は、アメリカにくれてやれ! インド太平洋戦略、さらに進展しました。 <日米豪印>インド太平洋で結束 中国をけん制 毎日新聞 11/13(月)23:33配信 【マニラ高本耕太、朝日弘行】マニラ訪問中の安倍晋三首相は13日、トランプ米大統領、ターンブル豪首相との日米豪首脳会談に臨んだ。日米両国は「自由で開かれたインド太平洋戦略」を掲げ、オーストラリア、インド両国との連携を強化する方針。 日本とアメリカは、オーストラリア、インドを「インド太平洋戦略」に入れたいのですね。トランプさんは、インドのモディさんにも会っています。 また米印首脳会談でモディ氏はトランプ氏に対して「アジアの未来のため共に歩む」と協調姿勢を示した。(同上) ちなみに、この「インド太平洋戦略」、考案したのは安倍さんなのです。 インド洋から西太平洋にまたがる広い地域で民主主義や法の支配に基づく秩序を構築するとのインド太平洋戦略は、...more
カテゴリー:

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の画像

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる