「ティラーソン米国務長官」とは?

関連ニュース

米国務長官、アラブ諸国にカタール「封鎖」の解除求める - 07月24日(月)13:03 

[ワシントン 21日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は21日、テロ資金対策を巡る合意を実行するカタールの努力に満足していると述べた上で、同国に対する「封鎖」を解除するようアラブ諸国に求めた。
カテゴリー:

劉暁波氏、統制下で火葬=妻の「自由」焦点-中国 - 07月15日(土)16:32 

 【北京時事】13日に死去した中国の民主派作家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏は15日、遼寧省瀋陽市で火葬された。中国当局は火葬直前の簡素な葬儀を午前6時半(日本時間同7時半)からという早朝に、限られた親族だけを集めて行い、終了後に地元政府が発表するという厳しい統制下で実行した。 瀋陽市政府が公表した複数の葬儀の写真では、妻の劉霞さんは劉暁波氏の遺影を胸に抱き、憔悴(しょうすい)しきった様子。ひつぎに横たわった劉暁波氏の前には親族6人が並んでいた。支援者によると、劉霞さんとその弟、劉暁波氏の兄夫婦と弟夫婦。6人については外部から連絡が取れない状態が続いていた。 葬儀に参列した「友人」の写真も公表されたが、知られている顔はなかった。そもそも、著名な人権活動家の胡佳氏をはじめ、劉氏の友人は当局によって次々に軟禁状態に置かれており、参列は不可能だった。 中国当局としては、内外で追悼の動きがこれ以上広がらないよう早期に幕引きを図る意向とみられる。そうした中、焦点は自宅軟禁状態に長年置かれてきた劉霞さんの処遇だ。「劉霞さんの自宅軟禁を解き、出国を認めるよう中国政府に求める」(ティラーソン米国務長官)といった海外からの要求に、中国政府は「法律に基づいて問題を処理する」(外務省報道官)と明言を避けている。 【時事通信社】
カテゴリー:

劉氏妻出国、中国に要求=米長官 - 07月14日(金)01:52 

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は13日、中国のノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏死去を受け、声明で哀悼の意を示すとともに、「妻・劉霞さんの自宅軟禁を解き、出国を認めるよう中国政府に求める」と表明した。 ティラーソン氏は「劉氏は母国や人類の向上のため、そして正義と自由を追求するために人生をささげた」と強調。「ノーベル賞に値する人類の精神を体現した」とたたえた。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国務長官、カタール再訪へ=断交問題、仲介続ける - 07月13日(木)07:26 

 【ワシントン時事】サウジアラビアなどがカタールと断交した問題の仲介に当たっているティラーソン米国務長官は13日、直前に訪問したばかりのカタールを再訪し、同国高官らと会談する。国務省が12日発表した。 ティラーソン氏は10日に断交問題の調停役クウェート、11日にカタールを歴訪。カタールではテロ資金対策強化の覚書に調印し、同国のテロ対策を評価した。ただカタールの「テロ支援」を問題視するサウジは対応を「不十分だ」と批判し、歩み寄りを見せていない。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国務長官がカタール訪問、テロ対策で覚書 断交問題収拾目指す - 07月12日(水)15:22 

【7月12日 AFP】レックス・ティラーソン米国務長官は11日、サウジアラビアなどアラブ諸国が国交断絶を宣言したカタールを訪問し、同国のムハンマド・ビン・アブドゥルラフマン・サーニ外相らと会談した。≫続きを読む
カテゴリー:

金委員長排除狙う可能性も=北朝鮮問題でCIA長官-米 - 07月22日(土)14:51 

 【ワシントン時事】北朝鮮の核・ミサイル開発に関連し、米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、金正恩朝鮮労働党委員長の排除を目指す可能性を示唆した。「体制転換を求めない」(ティラーソン米国務長官)と表明してきたトランプ政権の従来の方針から、一歩踏み込んだとも言える。 米メディアによると、ポンペオ長官は20日夜、コロラド州アスペンで開かれた安全保障フォーラムで「朝鮮半島が非核化すれば素晴らしいが、最も危険なのは(核兵器を)支配している人物だ」と発言。「最も重要なのは、そうした(核)能力から(使用の)意図を持つであろう者を分離することだ」と主張した。 CNNテレビによれば、長官は講演後の質疑応答で、金委員長の排除を「紛れもなく正しいこと」とは見なさないと述べ、必ずしも体制転換を追求するわけではないと説明した。一方で「北朝鮮国民は、彼が去るのを切望しているはずだ」と語り、トップ交代への期待も表明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米大統領、サウジ国王と電話会談=カタールとの直接協議催促か - 07月15日(土)05:49 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、フランス訪問から帰国する機中でサウジアラビアのサルマン国王と電話会談し、サウジなどとカタールとの断交問題を協議した。ホワイトハウスによると、トランプ氏は電話で、テロ組織による資金調達や過激思想の拡散を阻止する必要性を強調した。 ティラーソン米国務長官は13日まで、サウジやカタール、調停役のクウェートを行き来するシャトル外交を展開。国務省のナウアート報道官は記者会見で「当事国同士の直接協議が重要な次のステップだ」と述べており、トランプ氏は国王にカタールとの話し合いに応じるよう促した可能性がある。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国務長官、哀悼の意 中国に劉氏の妻の解放要求 - 07月14日(金)01:43 

【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は13日、中国の民主活動家、劉暁波氏の死去を受け「正義と自由を追求するため...
カテゴリー:

米長官、カタール断交解決促す=サウジ国王らと会談 - 07月12日(水)21:16 

 【カイロ時事】ティラーソン米国務長官は12日、サウジアラビア西部ジッダでサルマン国王と会談し、国営通信によると「最近の地域情勢とテロ対策」を協議した。サウジなどがカタールと断交した問題で、対話による解決と早期の関係修復の必要性を訴えたとみられる。しかし、サウジ、カタール双方とも歩み寄る姿勢を見せておらず、軟化を引き出すのは難しそうだ。 ティラーソン長官は10日に断交問題で仲介役を務めるクウェート、11日にはカタールを訪問した。カタールとはテロ資金対策の覚書に調印。長官は12日にサウジ、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの4カ国外相とも会談し、カタールとの関係修復の条件に「テロ対策の強化」を挙げる4カ国に対し、覚書内容を説明し、理解を求める考えだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

米国:断交問題のカタールとテロ資金対策で覚書 - 07月12日(水)13:06 

 【ワシントン会川晴之】ティラーソン米国務長官は11日、サウジアラビアなど4カ国が「テロリストに資金援助を続けている」として断交したカタールを訪問した。タミム首長らとの会談後に記者会見し、米、カタール両国がテロ資金対策強化の覚書を交わしたと発表した。ティラーソン氏は12日にはサウジを訪問しサウジなど4カ国外相と協議、問題解決に向けた取り組みを続ける。
カテゴリー:

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の画像

もっと見る

「ティラーソン米国務長官」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる