「ティラーソン国務長官」とは?

関連ニュース

【平昌五輪】<韓国騒然!> 北朝鮮の情勢次第で「中止」の可能性も? ★2 - 12月12日(火)06:18  mnewsplus

・韓国騒然!平昌五輪、米国連大使「参加未確定」で日本追随は? 最悪「中止」の可能性も 韓国で来年2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に激震が走った。米国のニッキー・ヘイリー国連大使が米テレビ番組で、北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、米国選手団の参加は「未確定」と述べたのだ。米国が不参加となれば、日本も追随する可能性がある。今後の北朝鮮情勢次第で、大会は事実上の「中止」に追い込まれることもありそうだ。  ドーピング問題によるロシア選手団の参加除外決定が出されたのに続き、平昌五輪にとって...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】<韓国騒然!> 北朝鮮の情勢次第で「中止」の可能性も? - 12月10日(日)07:29  mnewsplus

・韓国騒然!平昌五輪、米国連大使「参加未確定」で日本追随は? 最悪「中止」の可能性も 韓国で来年2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪に激震が走った。米国のニッキー・ヘイリー国連大使が米テレビ番組で、北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなか、米国選手団の参加は「未確定」と述べたのだ。米国が不参加となれば、日本も追随する可能性がある。今後の北朝鮮情勢次第で、大会は事実上の「中止」に追い込まれることもありそうだ。  ドーピング問題によるロシア選手団の参加除外決定が出されたのに続き、平昌五輪にとって...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】エルサレム首都認定、娘婿クシュナー氏が主導 国務長官、国防長官の反対退け アラブ諸国との関係維持に「勝算」 - 12月08日(金)22:13  newsplus

日本経済新聞 2017/12/7 22:59 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24404160X01C17A2EA2000/  【ワシントン=永沢毅】トランプ氏は米政権内の意見が割れるなかで公約の実現を強行した。大統領の背中を押したのは娘婿でユダヤ系米国人のクシュナー大統領上級顧問だった。  トランプ氏は昨年の大統領選で米大使館の移転を公約に掲げ、早期の実現にこだわった。政治専門紙ポリティコなどによると、1月の政権発足で中東和平交渉の担当となったクシュナー氏は、今夏の時点で「交渉に障害になる」として首都認定に反対していた。ト...
»続きを読む
カテゴリー:

「大使館 すぐにエルサレム移転ではない」米国務長官 - 12月08日(金)10:48 

アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたうえでアメリカ大使館をエルサレムに移転する方針を明らかにしたことについて、ティラーソン国務長官は「すぐに移転させるわけではない」と強調し、中東地域などで抗議デモの拡大が予想される中、反米感情を抑えたいという思惑もあると見られます。
カテゴリー:

トランプ政権「動じてない」=北朝鮮核ミサイル懸念-米大統領補佐官 - 12月04日(月)05:36 

 【ワシントン時事】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)は3日、FOXテレビのインタビューに応じ、フリン前大統領補佐官の訴追やティラーソン国務長官の去就をめぐって揺れるトランプ政権について「(政権や国家安全保障チームは)動じていない」と述べ、外交・安保方針が揺るぎないことを強調した。 マクマスター氏は、「(政権の先行きについて)同盟国を安心させる必要があるか」との質問に対し、「その必要はない」と明言。「北朝鮮問題や過激派組織『イスラム国』(IS)掃討戦、アフガニスタンやパキスタンなどすべての主要課題でこれまで通り同盟国と協力していく」と語った。 一方、北朝鮮が核ミサイルを完成させれば世界に拡散する恐れがあると懸念を示し、日本や韓国も核保有を模索する可能性があると警告。その上で「金正恩(朝鮮労働党委員長)が合理的な意思決定をできるかどうかに米国の都市の命運を懸けたくはない」と述べ、北朝鮮の核保有を認めない姿勢を改めて訴えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

突然の「エルサレム首都」発言でトランプは誰を試したかったのか - 12月11日(月)04:45 

トランプ大統領は12月6日、ホワイトハウスで行った会見で「エルサレムをイスラエルの首都と公式に認定する時期が来た」と表明しました。現在テルアビブにある米国大使館を、聖地エルサレムに移転するとも公言し、この「エルサレム首都認定」発言は世界中で大きな波紋を呼んでいます。このトランプ発言の真意は何か、なぜトランプ氏はあからさまなイスラエル支持を続けるのか、パレスチナ問題を20年近くに渡って取材し続けてきたジャーナリスト・藤原亮司さんが発言の裏側を読み解きます。 トランプ大統領の「エルサレム首都発言」が世界中で波紋を呼んだ理由 今こそエルサレムをイスラエルの首都として正式に認めるときだと決断した。 12月6日、記者会見でトランプ米大統領はそう述べた。それに伴い、テルアビブにある米国大使館をエルサレムに移転させるべく指示を出した、という。自らが選挙活動の際に口にした「公約」を、いま実現させようとしているとアピールしてみせた。 イスラエルの中心都市、エルサレムは、城壁に囲まれた旧市街の中に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地を持つ。第一次世界大戦以降、イギリスの委任統治下にあったパレスチナは、イスラエル建国に伴う国連パレスチナ分割決議(1947年)により、国連管理下に置かれるとされた。しかし、1948年5月のイスラエル建国とともに起きた第一次中東戦争でイスラエルが西エルサレムを占領。さら...more
カテゴリー:

【米国】ティラーソン国務長官、大使館移転「今年も来年もないだろう」 - 12月09日(土)13:40  newsplus

ティラーソン国務長官、大使館移転「今年も来年もないだろう」 7時間前 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3234906.html  アメリカのティラーソン国務長官はイスラエルにある大使館のエルサレムへの移転について「今年も来年もないだろう」と述べ、実施までには時間がかかるという認識を示しました。  「大使館の移転は今年行われる話ではなく、おそらく来年もないだろう」(アメリカ ティラーソン国務長官)  ティラーソン国務長官は8日、訪問先のパリでトランプ大統領が発表したテルアビブにある大使館のエルサレム...
»続きを読む
カテゴリー:

大使館のエルサレム移転「急がず」 米国務長官発言、トランプ氏との温度差浮き彫り - 12月08日(金)19:34 

米国のティラーソン国務長官が訪問先のウィーンで2017年12月7日(現地時間)に記者会見し、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定し、国際社会から批判が相次いでいる問題に言及した。首都の認定については「現状の追認」だとしてトランプ氏の判断に理解を求める一方で、テルアビブにある米大使館のエルサレムへの移転について、「急いで行うわけではない」と発言した。
カテゴリー:

「エルサレム首都」献金者ら後押し=国務長官の警告退ける-米紙 - 12月07日(木)15:42 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め、米大使館のエルサレム移転指示を決断した際、ティラーソン国務長官らの警告を退け、ペンス副大統領や大口献金者ら政権内外の賛成派の意見を受け入れていたことが分かった。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が6日報じた。 政権内では、ペンス氏のほかヘイリー国連大使、トランプ氏の娘婿クシュナー大統領上級顧問が大使館移転に賛成した。トランプ氏は昨年の大統領選で移転を公約に掲げており、ペンス氏とクシュナー氏は「支持層は移転の決定を気に入る」と助言した。 イスラエルのネタニヤフ首相の支援者でトランプ氏に高額献金を行ってきたユダヤ系米国人のカジノ王シェルドン・アデルソン氏も決断を後押ししたという。 一方、ティラーソン国務長官とマティス国防長官は治安上の懸念から移転に反対してきた。ティラーソン氏は、2012年にリビア東部ベンガジで起きた米領事館襲撃事件を念頭に、大使館移転が中東で危険な連鎖を引き起こしかねないと主張したという。 【時事通信社】
カテゴリー:

国務長官更迭を否定=米大統領 - 12月02日(土)09:41 

トランプ米大統領(写真右)は1日、ティラーソン国務長官(同左)更迭報道について、ツイッターに「フェイク(偽)ニュースだ!」と投稿し、否定した=11月撮影、ワシントン
カテゴリー:

もっと見る

「ティラーソン国務長官」の画像

もっと見る

「ティラーソン国務長官」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる