「ツキノワグマ」とは?

関連ニュース

【富山】86歳新聞配達員の女性が民家の玄関先でクマに襲われる 「生きた心地しない」南砺市嫁兼 - 12月13日(水)16:29  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011257351000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 12月13日 16時11分 13日未明、富山県南砺市の山あいの集落で、新聞配達をしていた86歳の女性がクマにかまれて、腕に軽いけがをしました。クマはすぐに逃げたということで、市や警察は周辺の住民に注意するよう呼びかけています。 警察や市によりますと、13日午前3時40分ごろ、南砺市嫁兼の住宅の玄関先で、新聞配達をしていた86歳の女性がうしろから突然クマに襲われ、左腕をかまれるなどしました。 体長が...
»続きを読む
カテゴリー:

クマ飼育の男性、不起訴に 今後、許可得て飼育の意向 - 12月13日(水)07:31 

 鹿角区検は12日、ツキノワグマを無許可で捕獲、飼育したとして、動物愛護法違反などの疑いで書類送検された秋田県鹿角市の畜産業の60代男性を不起訴処分とした。地検は「人畜に被害がなく、今後は許可を得て飼…
カテゴリー:

【ペット】無許可でクマ飼育の疑い 「子グマが罠にかかりかわいそう」秋田・鹿角市 - 12月06日(水)18:24  newsplus

2017年12月6日 11時55分 掲載  捕獲したツキノワグマを牛舎内のオリで許可なく飼育したとして、秋田県警は6日までに、動物愛護法違反の疑いで、同県鹿角市の畜産業の60代男性を書類送検した。11月24日付。同法は県の許可なく危険な動物を飼うことを禁止している。  捜査関係者によると、男性は「わなを仕掛けたら子グマがかかってしまった。かわいそうだったので飼った」と話しているという。送検容疑は、鹿角市十和田草木の牛舎内のオリで、捕獲したクマ1頭を無許可で飼育した疑い。 http://www.sakigake.jp/news/artic...
»続きを読む
カテゴリー:

【UMA】ヒマラヤの雪男イエティ、米チームが「身元」特定 - 11月29日(水)16:41  news

伝説についに終止符? ヒマラヤの雪男、米チームが「身元」特定 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 【11月29日 AFP】「雪男」の正体はやはりクマだった──。ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya) 一帯に住むと言い伝えられ、雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」について、米研究者ら がこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、それらが実は複数のクマ のものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く 研究成果となった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

秋田県、冬季クマ猟を9年ぶり解禁 人的被害の抑制に期待 - 12月13日(水)11:42 

秋田県は、ツキノワグマの冬季の狩猟を2008年以来9年ぶりに解禁した。本年度、県内でクマの目撃数と人的被害が過去最多となったためだ。11月15日に始まった猟は来年2月15日までで、今月11日現在、25
カテゴリー:

無許可でクマ飼育、不起訴 秋田の男性 - 12月12日(火)20:21 

鹿角区検は12日、捕獲したツキノワグマを許可なく飼育したとして動物愛護法違反容疑で秋田県警に書類送検された畜産業の...
カテゴリー:

【遺伝学】〈やはりアイツだった〉伝説についに終止符? ヒマラヤの雪男、米チームが「身元」特定 - 11月30日(木)03:17  scienceplus

【11月29日 AFP】 「雪男」の正体はやはりクマだった──。 ネパール・チベット間のヒマラヤ(Himalaya)一帯に住むと言い伝えられ、 雪男とも称されてきた未確認動物「イエティ、Yeti」について、 米研究者らがこれまでイエティのものとされてきた遺物の広範な遺伝学的調査を行い、 それらが実は複数のクマのものだったことを突き止め、29日、学術誌に発表した。 長らく信じられてきたイエティ神話を打ち砕く研究成果となった。  イエティの正体がクマだったとする研究はこれが初めてではないが、 英学術専門誌「英国王立協会紀要...
»続きを読む
カテゴリー:

「ツキノワグマ」の画像

もっと見る

「ツキノワグマ」の動画

Wikipedia

ツキノワグマ (''Ursus thibetanus'') は、食肉目クマ科クマ属に分類される食肉類。別名アジアクロクマヒマラヤグマ

形態

体長120 - 180センチメートル。尾長6 - 10.5センチメートル。体重オス50 - 120キログラム、メス40 - 70キログラム。最大体重173キログラム。肩が隆起せず、背の方が高い。全身の毛衣は黒いが、赤褐色の個体もいる。胸部に三日月形やアルファベットの「V」字状の白い斑紋が入り(無い個体もいる)、和名の由来になっている。旧属名''Selenarctos''は「月のクマ」の意で、これも前胸部の斑紋に由来する。

眼や耳介は小型。乳頭の数は3対。 File:Black bear.jpg File:V character.JPG|胸 File:Selenarctos thibetanus fur skin.jpg|毛皮 File:Ursus thibetanus skull - Kyoto University Museum - DSC06442.JPG|頭蓋骨

分類

亜種および記載年は、川口 (1991) 、Wozencraft (2005) 、和名は 川口 (1991) に従う。

;''Ursus thibetanus thibetanus'' (G. Cuvier, 1823) チベットツキノワグマキョウ継恩, Ricard B. Harris 「第13章 中国のクマ類の現状」アジアのクマ達-その現状と未来-、日本クマネットワーク、2007年、95-100頁。

アッサム、シレット。中華人民共和国(雲南省南西部、[[四川省北...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる