「チンパンジー」とは?

関連ニュース

CGナシ! 筆一本で描きあげる特殊メイクアーティスト・JIROの世界 - 01月20日(土)12:10 

女性の手に移動したかのような顔。何枚にも重ねられた紙が破れたかのような顔。加工や合成ではない。そこにあるのは、現実(リアル)の人体。これらは、CGなどで作られたものではない。すべてが“筆一本”、特殊メイクアーティスト・JIROさんの手で、直接人の肌にペイントされたものだ。「見た人にサプライズを与える」特殊メイクの数々リアリティと奇想、トリックに満ちた88の作品たち。それらJIROさんのフェイス&ボディメイク作品を中心に収録した、初の作品集「Amazing JIRO -SPECIAL MAKEUP-」(リトルモア刊)が話題だ。ページをめくるたび、「すごい」「どうなってるんだろう」と思わずにはいられない作品の連続。ポスターや、AKB48やBiSHなどのCDジャケット、「これもそうだったのか!」という見慣れた作品もある。特殊メイクや造形の世界の枠を超え、広告やファッションの世界など様々な世界で活躍するJIROさん。作品集に収録されたインタビューでは、青山の美容室「HairMake UR」のオーナー、川島悦実氏に、ショー用の特殊メイクを依頼され、「おまかせするんで、好きにやってください」と言われたたことが、現在の方向性を決定づけた。本書中で、「それまで常識だと思っていたことが音を立てて崩れました」と語っている。そんなJIROさんに、特殊メイクの道を選んだ原点と呼べる出会いはあったのか、あら...more
カテゴリー:

【AI】Googleの人工知能、「黒人」と「ゴリラ」を2年かけても判別できず ゴリラタグを削除する結果に★4 - 01月16日(火)02:06  newsplus

波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず 2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、...
»続きを読む
カテゴリー:

【テクノロジー】〈黒人女性をゴリラと認識〉波紋を呼んだGoogleフォト「ゴリラ」誤認識、 機械学習ではいまだ解決せず - 01月15日(月)18:22  scienceplus

2015年、グーグルは大きな非難を受けた。 グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。 しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。 その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした 。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。 しかし、ゴリラやチンパンジー、それにヒト科に分類されるチンパンジー属の画像につい...
»続きを読む
カテゴリー:

【AI】Googleの人工知能、「黒人」と「ゴリラ」を2年かけても判別できず ゴリラタグを削除する結果に - 01月15日(月)16:14  newsplus

波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず 2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、...
»続きを読む
カテゴリー:

やっぱり母は最強! 愛すべきオカンたちの爆笑エピソード - 01月13日(土)20:50 

久しぶりに実家に帰り母親に会ったときのこと。一緒に散歩に行き、道端に咲くきれいなパンジーの花を見て「まあ、きれいなチンパンジーね」と言った筆者の母親。花と動物を混同してしまったようです。 しかし世の中のオカンたちは、さらに上をいくエピソードをお持ちのようで……。ママたちの親世代であるオカンのエピソードが最強すぎるとママスタBBSが賑わっていました。突拍子もない発言や行動に多々驚かされることもありますが、愛嬌があってみんな大好き!  そんな愛すべきオカンたちのちょっと笑えるお話をたっぷりとご紹介します。吹き出し注意です! それ合ってる!? 思わず吹いた言い間違い 言いたいことは分かるけど、でも間違ってるその言葉遣い……どうしてオカンの言葉の選び方って、こんなにズレているのでしょうか!? 『実家に遊びにいったときに履いていたレギンスを息子に汚されてしまって、「ちょっとレギンス買いに行ってくるわ」と実家を出た。 帰ったら「おかえり~! エリンギあった?」 ……お母さんまだ48才なのに』 『広告に「アマゾン店オープン!」って書かれてあって「あらぁ~こんなシャレた店が密林の所に……買う人いるのかしらね」って真顔で言ってた。 おかん大丈夫なんだろうか』 『「ノンステップバス」を見て 「どこからやねん! どこまでやねん!」て突っ込んでた。 うん、かぁちゃん……よーく見て……「ノンス...more
カテゴリー:

<週末のおすすめビデオ>『猿の惑星』新シリーズ完結編 猿に共感し、猿から学ぶ人間らしさ - 01月19日(金)18:00 

 1968年に公開された、オリジナル版『猿の惑星』に繋がる、新三部作としてスタートしたリブート版『猿の惑星』が、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』でついに完結した。全米公開時から、その複雑で道徳的なストーリーが話題となり、日本でも高い注目を集めた本作の見どころを紹介したい。【写真】『猿の惑星:聖戦記』フォトギャラリー SF映画の金字塔として有名な「猿の惑星」シリーズ。新シリーズ1作目となる『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』では、産まれながらに高い知性を持ったチンパンジーのシーザーが人間に反旗を翻す姿が描かれた。第2作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』では、伝染病によって絶滅しつつある人間と猿たちの戦いが始動。そして、『猿の惑星:聖戦記』へと展開していく。本作では、猿と人間の最終決戦が描かれ、その結末がオリジナル版『猿の惑星』へと繋がっていくのだ。 新シリーズの最大の特徴は、「人間も登場しているのに感情移入するのは猿」であるということであろう。そして、その印象は『聖戦記』でさらに強くなる。1968年に公開されたシリーズ1作目『猿の惑星』を思い出して欲しい。同作では、猿たちは個性やキャラクターがはっきりとしていたし、それぞれに意思を持って行動していた。しかし、共感したのは主人公の人間・テイラーではなかっただろうか。 ところが、本作では猿たちの苦悩や葛藤を丁寧に描れたことで、猿にこ...more
カテゴリー:

【AI】Googleの人工知能、「黒人」と「ゴリラ」を2年かけても判別できず ゴリラタグを削除する結果に★3 - 01月15日(月)20:18  newsplus

波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず 2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、...
»続きを読む
カテゴリー:

【AI】Googleの人工知能、「黒人」と「ゴリラ」を2年かけても判別できず ゴリラタグを削除する結果に★2 - 01月15日(月)17:40  newsplus

波紋を呼んだ「ゴリラ」誤認識、機械学習ではいまだ解決せず 2015年、グーグルは大きな非難を受けた。グーグル・フォトの画像認識システムが黒人女性をゴリラと認識してしまったからだ。しかし、2年経った今でも、問題は適切に修正されていない。その代わり、グーグルは多くの霊長類に関連する画像タグを検閲して削除している。 ワイアード(Wired)は多くの動物の写真を使ってグーグル・フォトを再度テストした。確かに、パンダからプードルといった動物については簡単に認識できることは分かった。しかし、ゴリラやチンパンジー、...
»続きを読む
カテゴリー:

Google人工知能、黒人画像を「ゴリラ」→ 調教 →調教後「ゴリラ…?そのような概念は存在しません」 - 01月15日(月)11:50  news

Googleはゴリラ画像を検索結果からブロックしている 写真や画像を無料で保存できるGoogle Photosには機械学習が使われており、類似のコンテンツ認識し、 自動でラベル付きで分類してくれます。2015年にこのGoogle Photosが黒人を「ゴリラ」とラベリングしたことが 大きなニュースとなりましたが、2年たってどれだけ画像認識技術が進歩したかがチェックされたところ、 「Google Photosはゴリラを見えないものとしている」ということがわかりました。 Googleのフォトアプリ「Google Photos」がJacky Alcineさんとその友人に「ゴリ...
»続きを読む
カテゴリー:

【動物】ワンダフル「がん探知犬」的中率99・7% 人を助ける嗅覚、人の心を読む「コミュニケーション能力」 - 01月11日(木)16:20  newsplus

人の尿で「がん」を嗅ぎ分ける  盲導犬や介助犬、警察犬、災害救助犬など、いろいろな場面で私たちを助けてくれる犬たち。その優れた嗅覚を使って、人間のがんなどを調べる研究も進んでいる。今年は戌(いぬ)年。医療での活躍が期待される犬の最前線と、人との関わりを探った。【伊藤奈々恵】  ●的中率99・7%  「探せ!」。トレーナーのかけ声で、黒いラブラドルレトリバーが木箱に鼻を近づけてにおいを嗅ぎ始めた。がん探知犬のエスパー号(メス・9歳)だ。木箱には人の尿が入った小瓶が入っており、「がんのにおい」...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「チンパンジー」の画像

もっと見る

「チンパンジー」の動画

Wikipedia

チンパンジー(''Pan troglodytes'')は、霊長目ヒト科チンパンジー属に分類される類人猿。

分布

セネガルからコンゴ民主共和国ウガンダルワンダタンザニア

形態

メスのチンパンジーの頭蓋骨標本 体長オス85センチメートル、メス77.5センチメートル。体重オス40 - 60キログラム、メス32 - 47キログラム。全身の毛衣は黒く、顎の毛衣は白い。脳容積は397 mL前後である。

顔は黒や肌色。成長に伴い額がはげ上がり(オスで顕著)、顔が黒ずむ。

分類

種小名''troglodytes''はギリシャ語の「穴居人」に由来し、転じて「原人」の意。

ミトコンドリアDNAの全塩基配列の解析では487万年前±23万年にチンパンジー亜族とヒト亜族が分岐したとされる。

国際チンパンジー22番染色体解読コンソーシアム(The International Chimpanzee Chromosome 22 Consortium, ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる