「チャーター便」とは?

関連ニュース

スターフライヤー、北九州~台北/桃園線でチャーター便 10月に2往復 - 08月19日(土)21:35 

スターフライヤーは10月の2日間、北九州~台北/桃園線でチャーター便を運航する。 運航するのは10月7日・10日北九州空港発の2往復。機材はエアバスA320型機を使用する。ジェイティービー(JTB)とエイチ・アイ・エス(H.I.S)がこのチャーター便を利用したツアーを販売しており、旅行代金は116,800円から。 同社は2016年に初めて北九州~台北/桃園線でチャーター便を運航し、今年5月にも2往復を運航している。 ■ダイヤ 7G9671 北九州(16:00)~台北/桃園(17:30)/10月7日・10日 7G9672 台北/桃園(18:30)~北九州(21:50)/10月10日・13日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

国交省、国際旅客チャーター便の規制緩和--チャーター便需要の掘り起こし - 08月18日(金)14:27 

国土交通省はこのほど、日本国内を発着する国際旅客チャーター便に係る規制の見直しを発表。本邦を発着する国際旅客チャーター便の運航について、認められる形態の限定を撤廃することで、原則禁止から原則許可という規制のあり方に転換し、個札販売や包括旅行チャーターの用機者による卸売の要件も緩和した。
カテゴリー:

国交省、国際旅客チャーター便の運航を規制緩和。需要掘り起こし図る - 08月10日(木)17:04 

 国土交通省は8月8日、2010年10月22日に発効された「本邦を発着する国際チャーター便の運航について」の通達を改正し、日本発着の国際旅客チャーター便運航に関する規制を緩和した。同改正については5月に案が提示され、6月にかけてパブリックコメントの募集が行なわれていた。チャーター便に対する潜在的需要を掘り起こし、観光立国のさらなる推進を図るのが狙い。
カテゴリー:

人気絶景本の著者・詩歩さんと行くアイランドホッピング FDAチャーター便で行く4日間が”無料” - 08月09日(水)18:39 

JTB西日本は、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の著者である詩歩さんと行くアイランドホッピングツアー4日間の参加者の募集を、8月9日より開始した。 JTB西日本が受託した、内閣府の「特定有人国境離島地域アイランドホッピングツアーに係る調査業務」の一環。フジドリームエアラインズのチャーター機を用いて、対馬、種子島、福江島の3つの国境離島を巡る。各島の名所旧跡観光、郷土料理、星空観察など、離島の魅力を体験する。 参加者は将来の誘客の可能性を調査することを目的にアンケートや意見交換会に参加し、SNSやブログ、YouTubeなどでの発信に協力することが条件となる。旅行代金は無料。応募者の中から選考委員会が審査し、参加者を決定する。応募締め切りは9月5日。選考を通過した人には、9月下旬頃に通知する。 発着地は名古屋空港。募集人数は50名で、最少催行人数は2名。1〜4名1室(定員利用)で、男女別の相部屋利用となる可能性がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

日本各地から長崎へ。FDAチャーター便を就航!「ミタイ」を「体験」する旅に行こう。  - 08月18日(金)16:00 

[株式会社エイチ・アイ・エス]   [画像1: https://prtimes.jp/i/5110/487/resize/d5110-487-365738-0.jpg ]  現在、県外から長崎空港への定期直行便は6路線ありますが、東京、大阪、名古屋、神戸、那覇の主要都市に集中しております。通常...
カテゴリー:

国交省、国際旅客チャーター便の規制緩和--チャーター便需要の掘り起こし - 08月18日(金)14:27 

国土交通省はこのほど、日本国内を発着する国際旅客チャーター便に係る規制の見直しを発表。本邦を発着する国際旅客チャーター便の運航について、認められる形態の限定を撤廃することで、原則禁止から原則許可という規制のあり方に転換し、個札販売や包括旅行チャーターの用機者による卸売の要件も緩和した。 2016年4月に包括旅行チャーター便に係る個札販売の要件を緩和したが、2017年3月28日に閣議決定された「観光立国推進基本計画」において、「更なる航空自由化の推進を図るため、チャーター便に係る規制のあり方を見直す」としたことを踏まえ、チャーター便に対する潜在的な需要を掘り起こし、観光立国の更なる推進を図るため、2017年8月8日に「本邦を発着する国際チャーター便の運航について」(2010年10月22日国空国第1769号・国空事第463号)について、所要の改正を行った。 具体的には、認められる形態はオウンユース・アフィニティ・ITCのみだったのが制限撤廃となり、個札販売の要件として羽田・成田・関空とそれ以外の空港を区別していたものを羽田・成田とそれ以外の空港に変更。また、包括旅行チャーターの用機者による卸売の要件は、チャーターした部分の全部の卸売は不可から、チャーターした部分の全部の卸売を認めるとした。なお、伊丹・神戸の空港政策上の制約、羽田の7時~22時の制約等は維持する。 【関連記事】 ・...more
カテゴリー:

<キャセイドラゴン>花巻-香港 8年ぶりチャーター便 - 08月10日(木)13:52 

岩手県は9日、花巻空港(花巻市)と香港を結ぶキャセイドラゴン航空(香港)のチャーター便が10月19日に運航されると発表した。花巻空港への香港発チャーター便の運航は2009年度以来、8年ぶり。 チャータ
カテゴリー:

福岡の魅力 - 08月04日(金)09:21  news

青森-福岡線10月下旬3往復/JAL http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170803027518.asp 日本航空(JAL)は3日、青森-福岡間を結ぶチャーター便を10月下旬に3往復運航すると発表した。 同間のチャーター便運航は2014年以来、3年ぶり。 青森-福岡線は、1995年3月に定期便として就航。週3~4往復していたが、JALの経営再建問題により、 2007年9月に撤退した。その後チャーター便として毎年運航し、15、16年は使用する機材数の関係で見合わせていた。 同日、JALのグループ会社「ジェイエア」の大貫哲也社長やJALの柏...
»続きを読む
カテゴリー:

「チャーター便」の画像

もっと見る

「チャーター便」の動画

Wikipedia

チャーター便(チャーターびん)は、特定の目的を満たすために共用されている交通機関、輸送機関の一部または全部を借りきること。正式には専属輸送(せんぞくゆそう)という。

航空機

主に、旅行会社または航空会社が貸切る形態。定期航空路線がない場合などに行われる。団体旅行客の需要に対処するために行われることが多いが、旅行会社によっては全部または余剰となる残席の一部を、個人客に対し、通常のチケット同様に販売することもある。航空会社によっては、機動的な運行を目的に、あえて路線認可を取らず(定期的な)チャーター便を飛ばしている場合もある。また、2010年(平成22年)まで羽田空港と金浦空港など各地を結ぶ路線は、すべて「定期チャーター便」扱いであった。なお、貨物専用航空機をチャーターする貨物チャーターも存在する。

また、かつての日本では、ジャパンエアチャーター(JAL系列)やワールドエアネットワーク(ANA系列)、ハーレクィンエア(JAS系列)など、チャーター専門の航空会社が存在していた時期もあった。

ルール
  • 包括旅行チャーター:旅行会社等が、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる