「チャーター便」とは?

関連ニュース

コリアエクスプレスエア、北九州〜襄陽・務安線を定期便化 5月13日から - 02月22日(木)14:30 

コリアエクスプレスエアは、北九州〜襄陽・務安線を5月13日から定期便化する。 エコノミークラス50席を配置したエンブラエル145型機を使用し、北九州〜襄陽線は火・木・日曜、北九州〜務安線は火・金・日曜にそれぞれ1日1便を運航する。これにより北九州発着の国際線定期便路線は5路線に拡大する。 コリアエクスプレスエアは韓国のコミューター航空会社。現在、ツアー利用向けのチャーター便を北九州に就航させている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「商売のルールを中国に勝手に作られている」中国との商売に軍事込みの圧力が必要な理由を自民党議員が解説 - 02月22日(木)12:00 

 自民党参議院の山本一太氏が番組ホストを務める「直滑降ストリーム」に同じく自民党参議院議員の青山繁晴氏がゲストで登場し、対中関係について対談を行いました。 法制度の不備による中国の日本の土地買い占め問題や、日本と中国の外交力の比較、そして「中国共産党は意外にも、どうすれば生き残れるかを模索している」と青山氏が中国事情について解説を行いました。 したたかな中国共産党の戦略を読み誤ってはいけない 山本一太氏、青山繁晴氏。 山本: いよいよ参議院議員の議員立法の排他的経済水域(EEZ)を何とか守ろうという法律の議論がはじまって、当然外務省も対中関係を考えて慎重になる。中国、外国人による土地所有の問題が出ていて、たとえばアメリカでもイギリスでも国益のために制限する法律はあるけれど日本はない。  たとえば「科学的調査について違法なことをやったら罰則を設ける」と、これは中国も韓国も持っている。そういう法律すらないというのはまずいと思うんですよ。日中関係は大事なんですけれど、こういう枠組みを粛々と作っていかないといけないと思うんですけど、いかがでしょうか。 青山: 日本の法制度の不備や、あるいは日本の実質国立と言っていいバイオ関係の研究機関の国家意識のなさ、国際法の枠組みや、お互いに対等だという意識がなくて、とにかく中韓の言うことは聞かないといけないという人たちがいます。  悪気はない...more
カテゴリー:

北九州:韓国2空港と定期便 5月13日から - 02月20日(火)19:53 

 北九州市は20日、北九州空港と韓国・襄陽(ヤンヤン)、務安(ムアン)の両空港を結ぶ国際定期2路線を5月13日から就航させると発表した。両路線でチャーター便を就航させていた韓国の航空会社「コリアエクスプレスエア」が運航する。北九州空港が福岡市や山口県下関市など人気の観光地から近く、24時間発着できる点を評価した。
カテゴリー:

南紀白浜空港開港50周年で遊覧フライト 4月1日に実施 - 02月20日(火)10:58 

日本航空(JAL)は、南紀白浜空港の開港50周年を記念したチャーター便を、4月1日に運航する。 和歌山県が主催し、ジェイエアが運航するもので、乗客は和歌山県が県民を対象に募集する。機材はエコノミークラス76席を配置したエンブラエル170型機を使用する。同日の午後2時30分に南紀白浜を出発し、紀伊半島上空を1時間かけて周遊する。 和歌山県は南紀白浜空港開港50周年記念事業として、4月から6月には写真・新聞記事・航空会社提供品などの空港歴史展、6月から8月にはフォトコンテストを実施する。秋には空の日フェスタと航空ショーを同時開催する。また、JALも4月1日から2019年3月31日まで、エンブラエル190型機を「JAL わかぱんジェット」として運航するほか、機内での観光PR動画の放映や機内誌での特集、5月7日から7月12日までは就航記念運賃の設定も行う。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発 - 02月19日(月)22:55 

スカイマークは、経営再建後初めてとなる国際線チャーター便を2月19日、運航した。 平昌冬季オリンピックに向かう、東京都大田区の町工場が中心となって製造した「下町ボブスレー」の関係者を乗せ、東京/羽田〜ソウル/仁川線を1往復運航する。復路は2月23日午前5時15分に東京/羽田に到着する。「下町ボブスレー」はジャマイカ代表が使用する予定だったものの、別のボブスレーを使う見通し。 東京/羽田発のBC1201便は、特別塗装機「下町ボブスレージェット」(ボーイング737-800型機、登録記号:JA73NT)で、乗客40名を乗せて午後10時28分に出発。午後10時42分にD滑走路を離陸した。ソウル/仁川には定刻では翌2月20日の午前1時10分に到着する見通し。第1ターミナルの20番スポットを使用する。 スカイマークは、1996年にスカイマークエアラインズとして設立。2002年7月には国際運送事業許可を取得し、同年8月に初めてとなる国際線チャーター便を東京/羽田〜ソウル/仁川線で運航した。2015年1月には民事再生手続きの開始を申し立て、2016年3月に民事再生手続きを終結している。 ■ダイヤ BC1201 東京/羽田(22:30)〜ソウル/仁川(01:10+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

コリアエクスプレスエア、北九州〜襄陽・務安線を定期便化 5月13日から - 02月22日(木)14:30 

コリアエクスプレスエアは、北九州〜襄陽・務安線を5月13日から定期便化する。 エコノミークラス50席を配置したエンブラエル145型機を使用し、北九州〜襄陽線は火・木・日曜、北九州〜務安線は火・金・日曜にそれぞれ1日1便を運航する。これにより北九州発着の国際線定期便路線は5路線に拡大する。 コリアエクスプレスエアは韓国のコミューター航空会社。現在、ツアー利用向けのチャーター便を北九州に就航させている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

南紀白浜空港開港50周年で、「JALわかぱんジェット」が1年限定で飛行 - 02月22日(木)10:00 

JALは4月1日に南紀白浜空港が開港50周年を迎えるにあたり、和歌山県主催の50周年記念チャーター便を運航する。ほかにも、4月1日~2019年3月31日の1年間限定で「JALわかぱんジェット」(エンブラエル190)を運航するなど、様々な記念事業を実施する。
カテゴリー:

南紀白浜空港開港50周年を記念した無料遊覧飛行、J-AIRがエンブラエル 170型機で実施 - 02月20日(火)13:45 

 JAL(日本航空)と和歌山県は、南紀白浜空港が開港50周年を迎えることを記念したチャーター便を運航する。
カテゴリー:

南紀白浜空港開港50周年で遊覧フライト 4月1日に実施 - 02月20日(火)10:58 

日本航空(JAL)は、南紀白浜空港の開港50周年を記念したチャーター便を、4月1日に運航する。 和歌山県が主催し、ジェイエアが運航するもので、乗客は和歌山県が県民を対象に募集する。機材はエコノミークラス76席を配置したエンブラエル170型機を使用する。同日の午後2時30分に南紀白浜を出発し、紀伊半島上空を1時間かけて周遊する。 和歌山県は南紀白浜空港開港50周年記念事業として、4月から6月には写真・新聞記事・航空会社提供品などの空港歴史展、6月から8月にはフォトコンテストを実施する。秋には空の日フェスタと航空ショーを同時開催する。また、JALも4月1日から2019年3月31日まで、エンブラエル190型機を「JAL わかぱんジェット」として運航するほか、機内での観光PR動画の放映や機内誌での特集、5月7日から7月12日までは就航記念運賃の設定も行う。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発 - 02月19日(月)22:55 

スカイマークは、経営再建後初めてとなる国際線チャーター便を2月19日、運航した。 平昌冬季オリンピックに向かう、東京都大田区の町工場が中心となって製造した「下町ボブスレー」の関係者を乗せ、東京/羽田〜ソウル/仁川線を1往復運航する。復路は2月23日午前5時15分に東京/羽田に到着する。「下町ボブスレー」はジャマイカ代表が使用する予定だったものの、別のボブスレーを使う見通し。 東京/羽田発のBC1201便は、特別塗装機「下町ボブスレージェット」(ボーイング737-800型機、登録記号:JA73NT)で午後10時30分頃に出発。ソウル/仁川には定刻では翌2月20日の午前1時10分に到着する見通し。第1ターミナルの20番スポットを使用する。 スカイマークは、1996年にスカイマークエアラインズとして設立。2002年7月には国際運送事業許可を取得し、同年8月に初めてとなる国際線チャーター便を東京/羽田〜ソウル/仁川線で運航した。2015年1月には民事再生手続きの開始を申し立て、2016年3月に民事再生手続きを終結している。 ■ダイヤ BC1201 東京/羽田(22:30)〜ソウル/仁川(01:10+1) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「チャーター便」の画像

もっと見る

「チャーター便」の動画

Wikipedia

チャーター便(チャーターびん)は、特定の目的を満たすために共用されている交通機関、輸送機関の一部または全部を借りきること。正式には専属輸送(せんぞくゆそう)という。

航空機

主に、旅行会社または航空会社が貸切る形態。定期航空路線がない場合などに行われる。団体旅行客の需要に対処するために行われることが多いが、旅行会社によっては全部または余剰となる残席の一部を、個人客に対し、通常のチケット同様に販売することもある。航空会社によっては、機動的な運行を目的に、あえて路線認可を取らず(定期的な)チャーター便を飛ばしている場合もある。また、2010年(平成22年)まで羽田空港と金浦空港など各地を結ぶ路線は、すべて「定期チャーター便」扱いであった。なお、貨物専用航空機をチャーターする貨物チャーターも存在する。

また、かつての日本では、ジャパンエアチャーター(JAL系列)やワールドエアネットワーク(ANA系列)、ハーレクィンエア(JAS系列)など、チャーター専門の航空会社が存在していた時期もあった。

ルール
  • 包括旅行チャーター:旅行会社等が、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる