「チャーター便」とは?

関連ニュース

タイガーエア・台湾、茨城へのチャーター乗り入れ計画見直しへ - 06月26日(月)11:20 

タイガーエア・台湾は、茨城〜台北/桃園線の運航計画を見直す方針であることがわかった。 茨城県の橋本昌知事は、6月22日に開いた定例会見で記者の質問に対し、パイロットの居眠り問題の報道が影響しているのではないかと言われているものの、「真の原因はわかりません。」とした。茨城県の空港対策監が台湾を訪問し、タイガーエア・台湾の担当者と協議しているという。 タイガーエア・台湾は、7月2日から10月25日まで、茨城〜台北/桃園線でプログラムチャーター便を週2便、期間中には計34便を運航する計画だった。 ■関連記事 タイガーエア・台湾、茨城〜台北/桃園線でプログラムチャーター 7月から10月まで
カテゴリー:

夏休みの旅行予約、欧州は復調・台湾は約2倍 阪急交通社発表 - 06月15日(木)12:29 

阪急交通社は、7月15日から8月31日までの夏休み期間中の海外・国内旅行の予約状況を6月5日付けでまとめ、発表した。 海外旅行は、予約人数ベースで前年同期比138%と好調。出発日のピークは8月13日、8月11日、7月29日の順だった。ヨーロッパは復調傾向にあり、ゴールデンウィークに引き続いて前年を大きく上回っている。特にスイスや北欧が人気で、チャーター便が就航することも影響している。前年からの伸び率は、台湾は約197%、ハワイは176%、中国は169%となった。横浜港発着のチャータークルーズの人気も高い。 国内旅行も、予約人数ベースで前年同期比110%と好調。出発日のピークは8月6日、7月23日、7月30日の順だった。長崎やハウステンボス、フリープランの個人旅行の人気も高い。前年からの伸び率1位は九州が236%と最も高かった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

台北チャーター便就航、佐賀空港と週2往復 - 06月13日(火)08:46 

台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾の台北便が12日、佐賀空港に就航した。台湾の観光客向けのプログラムチャーター便として、台湾桃園国際空港との間を週2往復結ぶ。 佐賀空港の国際線は、上海便(週3往復)、ソウル便(1日1往復)に続き3路線目。A320(定員180人)を使用し、月・木曜日に運航する。 佐賀空港出発ロビーで開かれた記念式典には、山口祥義知事のほか、タイガーエア台湾の張鴻鐘董...
カテゴリー:

茨城空港、エプロンルーフ2基を整備 7月2日から本格供用開始 - 06月02日(金)11:31 

茨城空港で、国管理空港として初めて、ターミナルと航空機間を乗客が移動時に利用する、可動式エプロンルーフを整備し、7月2日より本格供用を開始する。 茨城県が駐機場に2基のエプロンルーフを設置する。これにより、搭乗や降機時に雨風や日差しを避けることができる。エプロンルーフは成田国際空港の第3ターミナルにも設置されている。 同日からは、タイガーエア・台湾が、台北/桃園との間をプログラムチャーター便を就航させる。
カテゴリー:

大韓航空、日本4空港からホノルルへチャーター便 8月に計10便 - 06月22日(木)12:12 

大韓航空は、8月に東京/成田・名古屋/中部・小松・福岡〜ホノルル線でチャーター便を運航することを決めた。 運航を行うのは、東京/成田発は8月6日〜8日の3便、福岡発は8月9日〜11日の3便、名古屋/中部発は8月12日〜13日の3便、小松発は8月15日の1便の計10便。いずれも6日間のツアーで利用する。機材はエアバスA330-300型機を使用する。販売席数は出発地域により異なる。 大韓航空が福岡〜ホノルル線のチャーター便を運航するのは初めて。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

コリアエクスプレスエア、北九州〜襄陽線チャーター便の北九州発着ツアーと航空券販売開始 - 06月13日(火)16:12 

コリアエクスプレスエアは、北九州〜襄陽線の定期チャーター便を利用する、北九州発着の航空券と旅行商品の販売を旅行代理店を通じて開始した。 襄陽(ヤンヤン)は韓国東北部の江原道に位置し、山岳リゾートや海水浴場などの観光資源に恵まれた都市。平昌オリンピックの主要会場まで車で1時間程度でアクセスできる。運賃は、片道14,700円、往復24,700円から29,400円。ツアーは29,800円から。ラド観光で取り扱う。 コリアエクスプレスエアは2005年に設立。2008年から運航を開始し、国内線はソウル/金浦、光州、釜山、国際線は対馬に乗り入れた。2016年12月には北九州と襄陽を結ぶ定期チャーター便に就航している。エンブラエルERJ145型機を2機を保有しており、6月に3号機を導入する計画。 ■ダイヤ KW511 襄陽(20:00)〜北九州(21:20)/火・木・土 KW512 北九州(21:50)〜襄陽(23:20)/火・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ホーチミン:中心部と空港間をヘリで送迎、チャーター便を試験運航 - 06月12日(月)03:01 

 南部ヘリコプター社(VNH South)は9日、ホーチミン市1区中心部のグエンフエ通りとドンコイ通りに面した一等地に立地する複合施設「サイゴン・タイ...
カテゴリー:

「チャーター便」の画像

もっと見る

「チャーター便」の動画

Wikipedia

チャーター便(チャーターびん)は、特定の目的を満たすために共用されている交通機関、輸送機関の一部または全部を借りきること。正式には専属輸送(せんぞくゆそう)という。

航空機

主に、旅行会社または航空会社が貸切る形態。定期航空路線がない場合などに行われる。団体旅行客の需要に対処するために行われることが多いが、旅行会社によっては全部または余剰となる残席の一部を、個人客に対し、通常のチケット同様に販売することもある。航空会社によっては、機動的な運行を目的に、あえて路線認可を取らず(定期的な)チャーター便を飛ばしている場合もある。また、2010年(平成22年)まで羽田空港と金浦空港など各地を結ぶ路線は、すべて「定期チャーター便」扱いであった。なお、貨物専用航空機をチャーターする貨物チャーターも存在する。

また、かつての日本では、ジャパンエアチャーター(JAL系列)やワールドエアネットワーク(ANA系列)、ハーレクィンエア(JAS系列)など、チャーター専門の航空会社が存在していた時期もあった。

ルール
  • 包括旅行チャーター:旅行会社等が、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる