「チャーター便」とは?

関連ニュース

【社会】「強制送還で裁判権利奪われた」難民認定求めたスリランカ人の男性2人が提訴 - 10月19日(木)21:11  newsplus

難民認定を求めていたスリランカ人の男性2人が、申し立てが退けられた翌日に強制送還され、日本で裁判を起こす権利を奪われたとして、国に対して合わせて1000万円の賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。 訴えを起こしたのは、3年前にほかの外国人とともに国のチャーター便で一斉に強制送還されたスリランカ人の46歳の男性と56歳の男性の2人です。 訴えによりますと、2人は10年余り前に来日し、その後、不法滞在していたとして摘発されたため、「帰国すれば政治的な迫害を受ける」として難民認定を申請し...
»続きを読む
カテゴリー:

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便 12月から1月に - 10月17日(火)06:45 

ノックスクートは、12月2日から2018年1月4日まで、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便を運航する。 運航便数はフェリー便の2便を含めた19便を運航する。いずれもタイからの訪日旅行客に販売する。スクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を備えた、ボーイング777-200ER型機を使用する。利用者は7,000人以上となる見通し。 ノックスクートは2018年第1四半期にも、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線の定期便を開設する計画。路線開設にあわせ、ボーイング777-200ER型機を1機追加導入する。 坪川成樹日本支社長は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和された事や、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがある為、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また“いつか行きたい日本”から“今行きたい日本”への多様化する観光需要に応える為、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります。」とコメントしている。 ノックスクートは、2014年にスクートとノックエアーが合弁で設立し、2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線...more
カテゴリー:

ノックスクート、バンコク=成田線チャーター便運航--定期便開設を視野に - 10月16日(月)18:13 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、12月2日~2018年1月4日、訪日旅客向けにバンコク(ドンムアン)=成田間でチャーター便を17往復運航する。 このチャーター便はボーイング 777-200ERを使用し、座席数は415席(スクートビズ24席、エコノミー391席)となる。ノックスクートは2014年の設立直後よりチャーター便の運航を開始しており、今回も計7,000人以上のタイからの訪日旅客を予定している。 ノックスクート日本支社長の坪川成樹氏は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和されたことや、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがあるため、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また"いつか行きたい日本"から"今行きたい日本"への多様化する観光需要に応えるため、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります」とコメントしている。 【関連記事】 ・スクート、12/19に関空=ホノルル線就航--加熱するハワイ線を低価格&787で ・LCCアライアンスは切り札になるか? - バリューアライアンスに見るLCC戦略 (1) ・エアアジア・ジャパン、中部=...more
カテゴリー:

下地島空港の旅客ターミナル整備開始--2019年3月開業予定で国際線等に対応 - 10月12日(木)06:00 

三菱地所は10月11日、沖縄県宮古島市伊良部地区において計画を進めてきた下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営及びプライベート機受入事業に関し、「下地島空港旅客ターミナル施設」新築工事に着工、地鎮祭を開催した。同施設は2019年3月に開業を予定している。 同事業は、沖縄県・下地島空港において旅客ターミナル施設を整備し、国際線・国内線旅客の取扱い、並びにプライベート機等の受け入れを行うもの。2015年12月、沖縄県へ事業実施についての提案を行い、2017年3月に沖縄県と基本協定を締結、今般着工する運びとなった。 今後、下地島空港の持つ宮古圏域の玄関口としての高いポテンシャルや、リゾート感あふれる立地を生かしつつ、同社が持つノウハウや知見を用いて、下地島空港及び空港周辺地域の活性化を推進し、内外交流人口拡大によって地域活性化を後押しする。また今後、沖縄県での事業拡大を目指す。 同社は同事業を通じて、国内屈指のリゾート地として人気の高い宮古諸島に国際線機能を整備し、国際的なリゾート地への更なる成長を支える。下地島空港をパイロット訓練飛行場としての機能のみならず、一般旅客が使用できる空港として再出発を図る。 同事業のキーコンセプトを「空港から、リゾート、はじまる。」と定め、空港利用者や航空会社の視点に立った施設づくりに取り組む。空港に到着した瞬間にリゾート体験のはじまりを感じ...more
カテゴリー:

ウズベキスタン、「スタンの国だから危険」というイメージに苦悩 日本人観光客誘致の障害に - 09月29日(金)20:26  news

■特派員リポート 石橋亮介(国際報道部員)  中央アジアのウズベキスタンが最近、シルクロード観光の中心地として注目されている。日本と古都サマルカンドを直行便で結ぶ チャーター便は満席続きで、今年の日本人観光客は例年の2~3割増を見込む大盛況。ウズベク政府も、高速鉄道の整備や ホテルの近代化などに前のめりで取り組む。ただ、もっと多くの観光客を呼び込みたいと願う関係者を悩ませる問題が一つある。 それは、「スタンの国は危険」というステレオタイプなイメージだ。この夏、現地の観光事情を視察するウズベク...
»続きを読む
カテゴリー:

熊本地震後に運休の香港便、チャーター便で復活 国際線3路線、知事「定期便になるよう交渉」 - 10月18日(水)14:40 

 熊本県は18日、昨年4月の熊本地震の影響で航空定期便が運休していた熊本-香港について、11月16日からチャーター便が運航すると発表した。台湾・高雄線、ソウル線は定期便で既に運航を再開しており、地震後に途絶えていた国際線3路線が全て復活する。
カテゴリー:

ノックスクート、バンコク=成田線チャーター便運航--定期便開設を視野に - 10月16日(月)18:13 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、12月2日~2018年1月4日、訪日旅客向けにバンコク(ドンムアン)=成田間でチャーター便を17往復運航する。このチャーター便はボーイング 777-200ERを使用し、座席数は415席(スクートビズ24席、エコノミー391席)となる。
カテゴリー:

赤ちゃんが泣かないヒコーキ、ITで実現できるか(記者の眼) - 10月13日(金)05:00 

 2017年10月初頭のある休日の朝、風変わりな航空便が成田空港からまだ夏の暑さが残る宮崎空港へ向けて飛び立った。全日本空輸(ANA)とNTT、コンビ、東レの4社が企画したチャーター便、その名も「赤ちゃんが泣かない!?ヒコーキ」である。
カテゴリー:

【航空】赤ちゃんも空の旅を楽しんで!親子でフライトを楽しむ企画 成田-宮崎 - 10月01日(日)19:49  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171001/k10011164261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004 旅客機の中で赤ちゃんが泣き続けるのを防ぎ、親子で一緒に空の旅を楽しんでもらう対策につなげようというフライトが、1日、成田空港と宮崎空港との間で行われました。 これは、小さな子どもが旅客機の中で泣いたりぐずったりすることを防ごうと全日空などが初めて行いました。 参加した3歳未満の子どもとその親、34組114人が、成田空港と宮崎空港をおよそ2時間で結ぶチャーター便に搭乗しました。 小さな子...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「バスに乗る感覚」佐賀空港利用70万人突破へ LCCが追い風に - 09月24日(日)23:44  newsplus

佐賀空港が好調だ。  格安航空会社(LCC)の路線開設が追い風となり、年間の利用者数は4年連続で過去最高を更新し、今年度は70万人を突破する見通し。一方で、他空港より滑走路が短いことなど課題も抱えており、“視界良好”とまでは言えないのが現状だ。  ◆LCC増便相次ぐ  「台湾の人は佐賀への印象が良い」。6月中旬に佐賀空港で開かれた、佐賀と台湾を結ぶチャーター便の就航を記念した式典。報道陣に囲まれた台湾のLCC「タイガーエア台湾」の張鴻鐘社長は揚々と語り出し、年内を目標に定期便を運航する考えを披...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「チャーター便」の画像

もっと見る

「チャーター便」の動画

Wikipedia

チャーター便(チャーターびん)は、特定の目的を満たすために共用されている交通機関、輸送機関の一部または全部を借りきること。正式には専属輸送(せんぞくゆそう)という。

航空機

主に、旅行会社または航空会社が貸切る形態。定期航空路線がない場合などに行われる。団体旅行客の需要に対処するために行われることが多いが、旅行会社によっては全部または余剰となる残席の一部を、個人客に対し、通常のチケット同様に販売することもある。航空会社によっては、機動的な運行を目的に、あえて路線認可を取らず(定期的な)チャーター便を飛ばしている場合もある。また、2010年(平成22年)まで羽田空港と金浦空港など各地を結ぶ路線は、すべて「定期チャーター便」扱いであった。なお、貨物専用航空機をチャーターする貨物チャーターも存在する。

また、かつての日本では、ジャパンエアチャーター(JAL系列)やワールドエアネットワーク(ANA系列)、ハーレクィンエア(JAS系列)など、チャーター専門の航空会社が存在していた時期もあった。

ルール
  • 包括旅行チャーター:旅行会社等が、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる