「チャーター便」とは?

関連ニュース

維新関連に1億3600万円 補正予算案 - 05月23日(火)08:23 

■県が調整会議 佐賀県は22日、6月13日開会の6月定例県議会に提案する一般会計補正予算案に関する調整会議を開き、各部局の予算要求状況を確認した。要求件数は153件、補正額は46億9211万円で、2018年に展開する明治維新150年記念事業や県総合運動場に整備を計画しているアリーナ施設などの基本設計、佐賀空港のソウル便増便や台北チャーター便新規就航に伴うPRなど関連経費を盛り込む。 明治維新...
カテゴリー:

台湾LCC 佐賀-台北便、6月就航 - 05月17日(水)08:42 

佐賀県は16日、台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾が6月から佐賀空港に台北便を就航させると発表した。国際線は3路線目で、台湾の観光客向けのプログラムチャーター便でスタートさせ、早ければ年内にも佐賀空港から利用できる定期便化する見通しで、準備を進めている。 台北便の就航日は6月12日で、佐賀空港と台湾桃園国際空港とを週2往復(月、木曜)する。定期便の移行は9カ月程度の準備期間を要する...
カテゴリー:

チェジュ航空、29号機目を導入 年末までに32機体制 - 05月12日(金)12:02 

チェジュ航空は、4月末に29機目の機材を導入した。 機材はボーイング737-800型機(エコノミークラス189席)。5月中に日本線や東南アジア線などの増便路線に投入を開始する。保有機材数は2013年の13機から、2016年には26機に拡大している。2017年には6機を導入し、32機体制となる見込み。2017年の年間導入機材数は過去最多となる見通し。 チェジュ航空は、2007年に広島〜済州線にチャーター便として乗り入れを開始。2009年に定期便を開設後、現在は東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、札幌/千歳、沖縄/那覇とソウル、釜山を結ぶ11路線を運航している。OAGの調査によると、日本と韓国を結ぶLCCの中では2番目に多い年間196万席を供給している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【青森】三沢空港、滑走路工事で異例の55日間全便が運休・・・利用離れ防止に向けた事業を展開 - 05月10日(水)13:29 

東奥日報 5/10(水) 11:06配信 三沢空港で滑走路工事が行われるのに伴い、民間航空発着便が11日~7月4日の55日間、全便運休となる。工事による運休は昨年(7月20日~8月11日)に続き2年連続だが、これほど長期の運休は前例がない。 関係機関は、工事終了後の8月にチャーター便を運航したり、今月13日からターミナルビルで写真展を開くなど、利用客離れ防止に向けた事業を展開する。 青森県三沢市と周辺市町村などでつくる三沢空港振興会(会長・種市一正三沢市長)は9日、同空港発着で稚内空港(北海道稚内市)との間を往復するチャ...
»続きを読む
カテゴリー:

松本空港:長野県、チャーター便誘致本腰 信州魅力をPR - 05月21日(日)14:11 

国際定期便の就航目指す  県営松本空港(長野県松本市)とアジアの都市を結ぶ国際チャーター便が4、5月、2年ぶりに就航した。県は松本空港の利用拡大と国際化を打ち出し、将来は国際定期便の就航を目指している。それに向け、国際チャーター便の運航実績を積み上げ、海外での松本空港の知名度アップを目指すが、実現には課題も多い。
カテゴリー:

佐賀空港に台湾LCC就航 年度内にも定期便化へ - 05月16日(火)13:32 

佐賀県は16日、県が運営する佐賀空港(佐賀市)に台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾の台北線が就航すると発表した。6月から台北発に限ったチャーター便の運航を始め、早ければ年度内にも定期便化する見通しとしている。 佐賀空港はLCCの拠点を目指しており、現在は春秋航空(中国)の上海便と、ティーウェイ航空(韓国)のソウル便が往復。駐車場を無料で利用できるサービスなども好評で、2016年度は...
カテゴリー:

スカイマークが「タカガールジェット」に託した想い--女性に届く翼へ - 05月10日(水)13:59 

スカイマークは5月14日より、特別デザイン機「タカガールジェット」を運航。運航に先駆け、5月10日に同機を披露した。スカイマークは今回の取り組みを通じて、同社が弱いとしている若年層の女性も含め、幅広い年齢層の女性ファン獲得、また、福岡線の認知向上を目指す。 ○世代を問わず広く女性にアピール 今回の取り組みは、福岡ソフトバンクホークスの営業とスカイマーク代表取締役会長 佐山展生氏との間で、「阪神タイガースとやっているなら、福岡ソフトバンクホークスともやりましょうよ」という話が出たのがきっかけ。2017年1月に動き始め、3月にはオフィシャルスポンサー契約締結に至った。 タカガールジェットは、福岡ソフトバンクホークスを応援する女子の総称「タカガール」をデザインした機体。ボーイング737-800(JA73NJ)を使用し、5月14日からプロ野球シーズン終了をめどに、スカイマークの全路線を対象に運航する。初便は14日のSKY003便(羽田07:40発/福岡09:35着)とSKY008便(福岡10:15発/羽田11:55着)。対象便は運航日の前日にFacebookを通じて発表するが、当日対象便が変更になる場合もあるという。 特にこの14日は、タカガールにとって年間で最も大事なイベント「タカガール デー」(楽天戦)が行われる。2016年開催時には3万人の女性が訪れており、タカガールジェット...more
カテゴリー:

「チャーター便」の画像

もっと見る

「チャーター便」の動画

Wikipedia

チャーター便(チャーターびん)は、特定の目的を満たすために共用されている交通機関、輸送機関の一部または全部を借りきること。正式には専属輸送(せんぞくゆそう)という。

航空機

主に、旅行会社または航空会社が貸切る形態。定期航空路線がない場合などに行われる。団体旅行客の需要に対処するために行われることが多いが、旅行会社によっては全部または余剰となる残席の一部を、個人客に対し、通常のチケット同様に販売することもある。航空会社によっては、機動的な運行を目的に、あえて路線認可を取らず(定期的な)チャーター便を飛ばしている場合もある。また、2010年(平成22年)まで羽田空港と金浦空港など各地を結ぶ路線は、すべて「定期チャーター便」扱いであった。なお、貨物専用航空機をチャーターする貨物チャーターも存在する。

また、かつての日本では、ジャパンエアチャーター(JAL系列)やワールドエアネットワーク(ANA系列)、ハーレクィンエア(JAS系列)など、チャーター専門の航空会社が存在していた時期もあった。

ルール
  • 包括旅行チャーター:旅行会社等が、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる