「チャイナエアライン」とは?

関連ニュース

チャイナエアライン、台北/桃園〜ローマ線を増便 ダイヤ変更で日本線から同日乗り継ぎ可能に - 02月22日(木)08:05 

チャイナエアラインは、週2便を運航している台北/桃園〜ローマ線を、7月1日より週3便に増便し、発着時刻を変更する。 スケジュールはこれまでの台北/桃園発が午前、台北/桃園着が午後のスケジュールから、台北/桃園発は深夜、台北/桃園着は早朝となることで、往復ともに日本線からの同日乗り継ぎも可能となる。 機材は、「1-2-1」配列のビジネスクラス32席、「2-3-2」配列でリクライニング時に座面がスライドし、背もたれが倒れてこない構造のプレミアムエコノミークラス31席、エコノミークラス243席の計306席を配置したエアバスA350-900型機を使用する。エコノミークラスには3席のフットレストを持ち上げ、フルフラットのベッドとすることができる「ファミリーカウチ」も設定している。 ■ダイヤ CI75 台北/桃園(23:40)〜ローマ(07:50+1)/火・木・日(7月1日〜) CI76 ローマ(11:05)〜台北/桃園(05:45+1)/月・水・金(7月2日〜) CI76 ローマ(11:30)〜台北/桃園(05:45+1)/月・水・金(9月17日〜10月26日) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チャイナエアラインとエールフランス航空、台北/桃園〜パリ線でコードシェア 4月16日から - 02月21日(水)21:15 

チャイナエアラインとエールフランス航空は、4月16日より共同運航(コードシェア)を開始する。 エールフランス航空が運航する、台北/桃園を火・金・日曜の午前10時25分に出発し、パリに午後6時40分に到着するAF557便・CI9137便と、パリを月・木・土曜の午後1時35分に出発し、台北/桃園に翌日の午前8時15分に到着するAF552便・CI9123便が対象となる。 両社のコードシェアは初めて。台北とパリの間は、エバー航空が毎日1便を運航している。エールフランス航空は4月16日より週3便で乗り入れることを予定している。 ■ダイヤ AF557/CI9137 台北/桃園(10:25)〜パリ(18:40)/火・金・日 AF552/CI9123 パリ(13:35)〜台北/桃園(08:15+1)/月・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チャイナエアライン、4月以降の公式ウェブサイト限定運賃を設定 往復2万円から - 02月21日(水)17:08 

チャイナエアラインは、4月1日以降出発分の台湾行きを対象に、公式ウェブサイト限定運賃を設定した。2月22日より販売を開始する。 設定路線と往復運賃は、沖縄/那覇・石垣発は20,000円から、東京/成田・静岡・富山・名古屋/中部発は27,000円から、福岡・熊本・宮崎・鹿児島発は29,000円から、札幌/千歳・東京/羽田発は30,000円から、高松発は35,000円から、広島発は38,000円から。共同運航(コードシェア)便など一部便は対象外となる。燃油サーチャージや諸税、ピークデーサーチャージは別途必要となる。 対象となる搭乗期間は4月1日から2019年3月23日まで、繁忙期の一部は対象外となる。予約クラスは「N」、旅行期間は2泊以上10泊以内。購入期限は出発3日前まで。予約変更や発券後の払い戻しはできない。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エールフランスとコードシェア運航開始のご案内 チャイナ エアライン日本支社 - 02月21日(水)15:00 

チャイナ エアライン(本社:台湾 桃園市)は、2018年4月16日よりエールフランスと週3便で台北-パリ(CDG)路線のコードシェア運航を開始致します。 チャイナ エアラインとエールフランスはいずれもスカイチームのメンバーですが、コードシェア提携を結ぶのは初めてとなり、これにより双方のフライトネットワーク拡大を実現することができます。 年間8,500万人にものぼる観光客が訪れるパリは、観光業がGDPの6.5%を占め、歴史ある食文化が多くの人々を引き寄せる美食家のメッカです。また、重要な国際都市のひとつであるパリはルーブル美術館や凱旋門、ノートルダム大聖堂など有名な観光スポットが集まります。 皆様のご利用をお待ちいたしております。
カテゴリー:

台北桃園-ローマ(FCO)線 増便のお知らせ - 02月20日(火)18:00 

チャイナ エアライン(本社:台湾 桃園市)は、現在週2便で運航しております台北桃園-ローマ(FCO)線を2018年7月1日より1便増便致しまして、週3便体制での運航となりますことをご案内申し上げます。発着時間も変更し、日本路線からの同日乗り継ぎが可能となります。
カテゴリー:

チャイナエアラインとエールフランス航空、台北/桃園〜パリ線でコードシェア 4月16日から - 02月21日(水)21:15 

チャイナエアラインとエールフランス航空は、4月16日より共同運航(コードシェア)を開始する。 エールフランス航空が運航する、台北/桃園を火・金・日曜の午前10時25分に出発し、パリに午後6時40分に到着するAF557便・CI9137便と、パリを月・木・土曜の午後1時35分に出発し、台北/桃園に翌日の午前8時15分に到着するAF552便・CI9123便が対象となる。 両社のコードシェアは初めて。台北とパリの間は、エバー航空が毎日1便を運航している。エールフランス航空は4月16日より週3便で乗り入れることを予定している。 ■ダイヤ AF557/CI9137 台北/桃園(10:25)〜パリ(18:40)/火・金・日 AF552/CI9123 パリ(13:35)〜台北/桃園(08:15+1)/月・木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チャイナエアライン、4月以降の公式ウェブサイト限定運賃を設定 往復2万円から - 02月21日(水)17:08 

チャイナエアラインは、4月1日以降出発分の台湾行きを対象に、公式ウェブサイト限定運賃を設定した。2月22日より販売を開始する。 設定路線と往復運賃は、沖縄/那覇・石垣発は20,000円から、東京/成田・静岡・富山・名古屋/中部発は27,000円から、福岡・熊本・宮崎・鹿児島発は29,000円から、札幌/千歳・東京/羽田発は30,000円から、高松発は35,000円から、広島発は38,000円から。共同運航(コードシェア)便など一部便は対象外となる。燃油サーチャージや諸税、ピークデーサーチャージは別途必要となる。 対象となる搭乗期間は4月1日から2019年3月23日まで、繁忙期の一部は対象外となる。予約クラスは「N」、旅行期間は2泊以上10泊以内。購入期限は出発3日前まで。予約変更や発券後の払い戻しはできない。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チャイナ エアラインとエールフランスがコードシェア--パリ=台北線で週3便 - 02月21日(水)15:04 

チャイナ エアライン(本社: 台湾)とエールフランスは4月16日より、週3便でパリ(CDG)=台北線のコードシェア運航を開始する。
カテゴリー:

公式WEB限定運賃販売開始のご案内 チャイナ エアライン日本支社 - 02月21日(水)12:00 

チャイナ エアライン(日本支社:東京 千代田区)は、2018年4月1日以降ご出発の航空券につきまして、 公式ページ限定のオンライン運賃を設定致しました。2月22日より販売開始となりますので、皆様のご利用をお待ち申し上げております。
カテゴリー:

「燃油特別付加運賃」、及び「航空保険特別料金」について チャイナ エアライン日本支社 チャイナ エアライン日本支社 - 02月14日(水)16:00 

チャイナ エアライン、及びマンダリン航空では、「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」、及び「航空保険特別料金」を設け、航空燃油価格、航空保険料の高騰や、航空保安強化による費用増の一部をお客様にご負担いただいております。2018年4月1日以降、下記の通り航空券発券時に申し受けさせていただきますのでお客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。また、航空保険・保安費超過負担料についても同様に引き続き各区間ごとに300円を適用させていただきます。
カテゴリー:

もっと見る

「チャイナエアライン」の画像

もっと見る

「チャイナエアライン」の動画

Wikipedia

チャイナエアライン(、)は、中華民国(台湾)の航空会社。中国語の略称は華航

概要

チャイナエアライン(IATA2レターコード:CI;ICAO3レターコード:CAL;コールサイン:Dynasty;台北証券取引所:2610)は台湾・桃園県に本社を置く中華民国(台湾)の航空会社である。

1959年12月、中華民国空軍(台湾空軍)の退役軍人らによって設立された「月刊エアライン 2009年3月号」イカロス出版

正式名称は、中国語圏で「中華航空公司」、日本を含めた中華圏以外の地域においては「チャイナエアラインChina Airlines)」である。

なお、名称が似ている中国国際航空()は、中華人民共和国の民用航空総局系の航空会社であり、中華民国(台湾)の会社ではなく、提携などの関係もない。

当初は水陸両用機PBY-5Bを利用した台北ー日月潭の不期便運航からスタートし、金門と馬祖への軍事物資や人員の輸送、軍幹部の輸送により会社の規模を拡大した。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる