「チャイナエアライン」とは?

関連ニュース

チャイナエアライン、搭乗後のアンケート回答で無料航空券などプレゼント - 04月27日(木)08:01 

チャイナエアラインは、搭乗後にアンケートに回答すると、抽選で航空券やボーナスマイルが当たるキャンペーンを実施している。 アンケート回答は同社公式ウェブサイトのキャンペーンページから可能。回答者の中から、同社が就航する目的地であればどこでも選べる「エコノミークラス往復航空券」を毎月1組2名に、プレミアムビジネスクラス利用者を対象に1,800マイルを毎月5名に、ビジネスクラス利用者を対象に1,500マイルを毎月14名に、プレミアムエコノミークラス利用者を対象に1,200マイルを毎月5名に、エコノミークラス利用者を対象に1,000マイルを毎月62名に抽選でプレゼントする。また、年末には全ての回答者の中から抽選で「チャイナエアラインオリジナルカレンダー」を100名にプレゼントする。アンケートの回答締め切りは搭乗翌月の6日まで。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

チャイナエアライン、日本発着全路線が10%割引のキャンペーン実施中 - 04月25日(火)17:35 

チャイナエアラインは4月25日から、日本就航50周年を記念して、日本発全路線の航空券が10%割引のキャンペーンを実施している。 対象となるのは、同社公式ウェブサイトから航空券を購入する場合。対象路線は、チャイナエアラインまたはマンダリン航空が運航する、コードシェア便を除く日本発全路線で、台湾以遠線も含む。対象出発日は4月25日から6月20日まで。なお、14日間タイプの予約クラス「D」および予約クラス「N・L」、オセアニア方面のプロモーション運賃は対象外。航空保険料、諸税、各種サーチャージなど、航空券にかかる諸費用については割引対象外となる。販売期間は5月7日まで。 チャイナエアラインは、1967年4月1日に初の日本路線となる台北/松山~大阪/伊丹~東京/羽田線を就航し、現在は北海道から沖縄まで日本各地15空港に就航している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

沖縄‐高雄線 増便のお知らせ - 04月25日(火)17:00 

チャイナ エアライン(本社:台湾桃園市)は、現在週2便で運航しております沖縄-高雄線を、2017年6月1日より週4便に増便致します。沖縄から台湾、高雄へのご旅行の際にはますます便利になるチャイナ エアラインをご利用下さい。
in English
カテゴリー:

デルタ航空と提携強化に向け協定 - 04月21日(金)10:00 

チャイナ エアライン(本社:台北桃園市)とデルタ航空(本社:ジョージア州アトランタ市)は両社の提携強化に向けた協定を締結しました。提携協定の締結は、両社のフライトネットワークの拡大を目的とし、台湾と米国のマーケットにおける相互利益獲得の関係を構築していきます。
in English
カテゴリー:

3匹の熊共演! 特別塗装機「三熊友達号」と観光大使就任で日本と台湾を結ぶ - 04月21日(金)09:47 

チャイナ エアライン(本社: 台湾)は4月19日、台湾観光局、高雄市政府、熊本県との提携によるボーイング737-800特別機「三熊友達号」を発表。特別機の機体には、台湾の「オーション/オーベア」、「高雄熊(ガオションション/ヒーロー)」、日本・熊本の「くまモン」が塗装される。三熊同時の観光大使就任となり、ユーモアあふれるキュートな三熊が台湾と日本の友好関係がさらに深める。 特別機「三熊友達号」初便は、5月26日に高雄=熊本線に就航する。ビジネスクラス8席、エコノミークラス150席の特別機は、就航後週3往復で高雄=熊本間を運航し、将来的には、熊本線のみならず高雄発/東京・大阪・那覇線での運航も予定している。 今回の特別機企画は、「三熊 一緒に PLAY」をコンセプトに、台湾と日本で人気のマスコットが共演。特別機機体右側面には台湾の春の芝生、台湾・高雄で最高層の85スカイタワーの紫斑蝶、そして、左側面には九州の春の美しい桜吹雪の景色とともに、400年以上の歴史を誇る熊本城や阿蘇山が描かれている。 震災復興から1年を迎えた熊本県の蒲島郁夫知事は、台湾による震災支援について改めて感謝の意を寄せ、熊本への直行便を結んでいる高雄市政府の陳菊市長は、台湾国民を代表して熊本並びに近隣地域の再建を応援している旨を伝えた。 チャイナ エアライン会長の何煖軒氏は、「チャイナ エアラインとしては2...more
in English
カテゴリー:

チャイナエアライン、沖縄/那覇〜高雄線を週4便に倍増 週末絡み3日間の旅行が可能に - 04月25日(火)17:54 

チャイナエアラインは、沖縄/那覇〜高雄線を6月1日より、従来の週2便から週4便に倍増する。 現在は水・土曜の週2便を運航しており、これに月・木曜を加える。これにより、週末を絡めた2泊3日の旅行も可能となる。所要時間は、沖縄/那覇発、高雄発ともに1時間45分。機材は、ビジネスクラス8席、エコノミークラス150席もしくは153席を配置した、ボーイング737-800型機を使用する。いずれの便も、日本航空(JAL)と共同運航(コードシェア)を行う。 チャイナエアラインは、沖縄/那覇〜台北/桃園線を1日2便、ボーイング747-400型機で運航している。また、子会社のマンダリン航空も、沖縄/那覇〜台中線を週2便運航しており、沖縄/那覇と台湾間を週20便体制で運航することになる。 ■ダイヤ CI133 沖縄/那覇(21:20)〜高雄(22:05)/月・水・木・土 CI132 高雄(17:35)〜沖縄/那覇(20:20)/月・水・木・土 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

2017年Cheers雜誌「新世代が最も憧れる企業TOP20 」入選 - 04月25日(火)17:00 

チャイナ エアライン(本社:桃園市)はこの度、「Cheers雜誌」による「新世代が最も憧れる企業調査」においてTOP20に入選しました。「Cheers雜誌」は、台湾有力ビスネス・キャリア誌として2006年より、毎年の新卒就職希望者を対象に、最も憧れる職種及び企業を調査・分析しています。知名度、ブランドイメージ、好感度などの評価指標において高い評点を獲得しており、若い世代を中心に絶大な信頼を得ています。
in English
カテゴリー:

西武鉄道、「台湾デー」でエバー航空とチャイナエアラインのCAが特急レッドアロー号に乗務 - 04月24日(月)06:00 

 西武鉄道は、4月22日~23日のプロ野球 埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ戦において、台湾観光局の特別協賛、チャイナエアライン、エバー航空の協賛で「台湾デー」を開催した。これに合わせて、西武池袋線西武球場前駅行きの臨時列車に、チャイナエアラインとエバー航空のCA(客室乗務員)が乗車するイベントを実施。イベント2日目の4月23日に報道公開した。
in English
カテゴリー:

特別塗装機「三熊友達号」5月26日運航開始のご案内 - 04月21日(金)10:00 

チャイナ エアライン(本社:台湾桃園市)は、19日に台湾観光局、高雄市政府、熊本県との提携によるB737-800特別機「三熊友達号」を発表しました。特別機の機体には、台湾の「喔熊(オーション/オーベア)」、「高雄熊(ガオションション/ヒーロー)」、日本熊本の「くまモン」が塗装されます。三熊同時の観光大使就任となり、ユーモアあふれるキュートな三熊が、台湾と日本の友好関係がさらに深まる様にとの願いを込め、皆様の旅のお供を致します。
in English
カテゴリー:

チャイナエアラインとデルタ航空、路線拡大目指し協定 台湾・アメリカ以遠線強化へ - 04月21日(金)07:38 

チャイナエアラインとデルタ航空は、両社の提携強化に向けた協定を締結した。 両社は2001年12月にコードシェア提携を開始。チャイナエアラインのスカイチーム加盟後に提携を拡大し、現在はアメリカ内陸22都市をはじめとして、世界34都市でコードシェア便を運航している。今後、チャイナエアラインはロサンゼルスやニューヨーク以遠線を、デルタ航空は台湾以遠線を強化し、台湾とアメリカのマーケットにおける相互利益獲得を目指すとしている。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

もっと見る

「チャイナエアライン」の画像

もっと見る

「チャイナエアライン」の動画

Wikipedia

チャイナエアライン(、)は、中華民国台湾)の航空会社。中国語の略称は華航

概要

1959年12月、中華民国空軍(台湾空軍)の退役軍人らによって設立された「月刊エアライン 2009年3月号」イカロス出版中華民国のフラッグ・キャリアである。正式名称は、中国語圏で「中華航空公司」、日本を含めた全世界においては「チャイナエアラインChina Airlines)」である。日本でも、1995年まで「中華航空(ちゅうかこうくう)」を正式名称としていた経緯などから、一部マスコミでは2015年11月現在でも「中華航空」と呼んでいる。なお、名称の似ている中国国際航空(Air China)は中華人民共和国の民用航空総局系の航空会社であり、中華民国の会社ではない。

機体の塗装は、かつては真ん中に国旗(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる