「チャイナエアライン」とは?

関連ニュース

花巻空港にチャーター便、9月から11月に台北/桃園・高雄・香港から3社 - 08月21日(月)19:40 

タイガーエア・台湾とチャイナエアライン、キャセイドラゴン航空は、花巻にチャーター便を運航する。 タイガーエア・台湾は、9月3日・6日・10日・13日・17日・20日・24日・27日、10月1日・4日・8日・11日・15日・18日・22日・25日に台北/桃園線をいずれも1日1便、エアバスA320型機で運航する。 チャイナエアラインは、10月17日・18日・19日・20日に台北/桃園線、11月1日・5日に高雄線をいずれも1日1便、ボーイング737-800型機で運航する。 キャセイドラゴン航空は、10月19日に香港線を1日1便、エアバスA320型機で運航する。
カテゴリー:

「燃油特別付加運賃」、及び「航空保険特別料金」について - 08月15日(火)12:00 

チャイナ エアライン、及びマンダリン航空では、「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」、及び「航空保険特別料金」を設け、航空燃油価格、航空保険料の高騰や、航空保安強化による費用増の一部をお客様にご負担いただいております。2017年10月1日以降、下記の通り航空券発券時に申し受けさせていただきますのでお客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。また、航空保険・保安費超過負担料についても同様に引き続き各区間ごとに300円を適用させていただきます。
カテゴリー:

「チャイナエアライン」の画像

もっと見る

「チャイナエアライン」の動画

Wikipedia

チャイナエアライン(、)は、中華民国(台湾)の航空会社。中国語の略称は華航

概要

チャイナエアライン(IATA2レターコード:CI;ICAO3レターコード:CAL;コールサイン:Dynasty;台北証券取引所:2610)は台湾・桃園県に本社を置く中華民国(台湾)の航空会社である。

1959年12月、中華民国空軍(台湾空軍)の退役軍人らによって設立された「月刊エアライン 2009年3月号」イカロス出版

正式名称は、中国語圏で「中華航空公司」、日本を含めた中華圏以外の地域においては「チャイナエアラインChina Airlines)」である。

なお、名称が似ている中国国際航空()は、中華人民共和国の民用航空総局系の航空会社であり、中華民国(台湾)の会社ではなく、提携などの関係もない。

当初は水陸両用機PBY-5Bを利用した台北ー日月潭の不期便運航からスタートし、金門と馬祖への軍事物資や人員の輸送、軍幹部の輸送により会社の規模を拡大した。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる