「チェリャビンスク」とは?

関連ニュース

JAL、S7航空の大阪/関西〜ウラジオストク線でコードシェア - 04月25日(火)06:27 

日本航空(JAL)は、S7航空が4月28日に開設する、大阪/関西〜ウラジオストク線で共同運航(コードシェア)を開始する。 すでに2013年1月から、S7航空が運航する、東京/成田〜ウラジオストク・ハバロフスク線でコードシェアを開始。その後、モスクワ/ドモジェドボ〜サンクトペテルブルグ・サマラ・ペルミ・ウファ・カザン・チェリャビンスク・エカテリンブルク・ボルゴグラード・ニジニ・ノヴゴロド・クラスノダール・ロストフ・ソチ・ニジネカムスク・カリニングラード・オムスク・チュメニ・ノボシビルスク線のモスクワとロシア各地を結ぶ17路線も加えている。大阪/関西〜ウラジオストク線を合わせると、S7航空が運航するコードシェア路線は20路線となる。 政府認可を条件としており、予約・販売は4月25日より開始する。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

「チェリャビンスク」の画像

もっと見る

「チェリャビンスク」の動画

Wikipedia

チェリャビンスクまたはチェリャービンスク( チリャービンスク;ラテン文字転写:)は、ロシア連邦都市である。ウラル山脈東麓、ミアス川沿いに位置する。

チェリャビンスク州の中心都市で、重工業が盛んである。はシベリア鉄道の正式な起点。人口は1,093,000人(2006年)。2002年全ロシア国勢調査では1,077,174人、1989年ソ連国勢調査では1,141,777人。

歴史

チェリャビンスクとミアス川 1736年にチェリャバ要塞が現在のチェリャビンスクの場所に建設された。この地名は、ウラル地方に住むテュルク系民族の言葉であるチェリャビ(高貴な)からきている。この要塞は行政の中心であると同時にテュルク系民族に対する軍事拠点でもあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる