「チェリャビンスク」とは?

関連ニュース

【話題】2027年7月21日に巨大小惑星が東京を直撃する!? 隕石衝突に備えた国際会議が開催される(緊急レポート) - 05月25日(木)15:57 

5月15~19日、東京・お台場の日本科学未来館にて国際会議「プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス(PDC)」が開催された。 主催は国際宇宙航行アカデミー(IAA)、共催にJAXA 宇宙科学研究所(JAXA/ISAS)、国立天文台(NAOJ)、日本スペースガード協会(JSGA)、日本惑星協会(TPSJ)が名を連ねるこの会合は、地球に衝突する恐れがある小惑星の早期観測や回避策などについて、各国の専門家が一堂に会して話し合う画期的な試みで、欧米以外で開催するのは今回が初めてのことである。 PDCで交わされる議論は実に興味深いものだ。...
»続きを読む
カテゴリー:

「チェリャビンスク」の画像

もっと見る

「チェリャビンスク」の動画

Wikipedia

チェリャビンスクまたはチェリャービンスク( チリャービンスク;ラテン文字転写:)は、ロシア連邦都市である。ウラル山脈東麓、ミアス川沿いに位置する。

チェリャビンスク州の中心都市で、重工業が盛んである。はシベリア鉄道の正式な起点。人口は1,093,000人(2006年)。2002年全ロシア国勢調査では1,077,174人、1989年ソ連国勢調査では1,141,777人。

歴史

チェリャビンスクとミアス川 1736年にチェリャバ要塞が現在のチェリャビンスクの場所に建設された。この地名は、ウラル地方に住むテュルク系民族の言葉であるチェリャビ(高貴な)からきている。この要塞は行政の中心であると同時にテュルク系民族に対する軍事拠点でもあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる