「チェリャビンスク」とは?

関連ニュース

【国際】通常の986倍の放射性物質=核施設は関連否定―ロシア中部 - 11月21日(火)22:10  newsplus

 【モスクワ時事】ロシアの気象当局は21日までに、9月末から10月初めにかけ、中部チェリャビンスク州で、通常の986倍の量の放射性物質ルテニウム106を検出したと発表した。  同州にある核燃料再処理工場「マヤーク」は「発生源ではない」と関連を否定した。  同州の別の場所でも通常の440倍のルテニウム106が検出された。フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は9日、欧州の大気中で微量のルテニウム106が検出されたと発表。ロシアのウラル山脈とボルガ川の間が発生源と推測していた。  マヤークは工場周辺の放射線量は...
»続きを読む
カテゴリー:

【おそロシア】ロシアの動物園で虎が飼育係を襲う瞬間の写真 客が応戦し飼育係は一命をとりとめる - 11月07日(火)11:02  news

ロシアのロシアカリーニングラードにあるチェリャビンスク動物園で飼育係がシベリア虎に襲われるという事件がおきた。 虎は飼育係に乗りかかり今にも食べようという勢い。 それを見ていた客は大騒ぎになるも必死で襲われている飼育係を助けるため、大きな音を出したり石を虎に向けて投げたり、 また男性客はカフェから椅子とテーブルを持ってくるとそれをフェンス越しに投げ入れ応戦した。それにより虎は襲うのをやめ、 飼育係は助けられた。その後動物園のスタッフがかけつけ虎に鎮痛剤をうちこみ大人しくさせた。 この襲われる...
»続きを読む
カテゴリー:

通常の986倍の放射性物質=核施設は関連否定-ロシア中部 - 11月21日(火)21:16 

 【モスクワ時事】ロシアの気象当局は21日までに、9月末から10月初めにかけ、中部チェリャビンスク州で、通常の986倍の量の放射性物質ルテニウム106を検出したと発表した。同州にある核燃料再処理工場「マヤーク」は「発生源ではない」と関連を否定した。 同州の別の場所でも通常の440倍のルテニウム106が検出された。フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は9日、欧州の大気中で微量のルテニウム106が検出されたと発表。ロシアのウラル山脈とボルガ川の間が発生源と推測していた。 マヤークは工場周辺の放射線量は通常であり、ルテニウム106も長年扱っていないと説明。検出されたルテニウム106についても年間許容量をはるかに下回っていると主張した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「チェリャビンスク」の画像

もっと見る

「チェリャビンスク」の動画

Wikipedia

チェリャビンスクまたはチェリャービンスク( チリャービンスク;ラテン文字転写:)は、ロシア連邦都市である。ウラル山脈東麓、ミアス川沿いに位置する。

チェリャビンスク州の中心都市で、重工業が盛んである。チェリャビンスク駅シベリア鉄道の正式な起点。人口は1,093,000人(2006年)。2002年全ロシア国勢調査では1,077,174人、1989年ソ連国勢調査では1,141,777人。

歴史

チェリャビンスクとミアス川 1736年にチェリャバ要塞が現在のチェリャビンスクの場所に建設された。この地名は、ウラル地方に住むテュルク系民族の言葉であるチェリャビ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる