「チェリャビンスク」とは?

関連ニュース

衝突すれば原爆の10倍のエネルギーを放出する巨大小惑星が地球に急接近していたことが判明 - 01月10日(火)15:00 

2017年1月9日(現地時間)に、直径15メートル~34メートルの小惑星「AG13」が地球に接近していたことがわかりました。これは2013年のロシアで1000人以上の負傷者を出したチェリャビンスク州の隕石落下と同サイズの隕石と見られていますが、すでに地球を離れているため、地球に落下する心配はないと発表されています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

「チェリャビンスク」の画像

もっと見る

「チェリャビンスク」の動画

Wikipedia

チェリャビンスクまたはチェリャービンスク( チリャービンスク;ラテン文字転写:)は、ロシア連邦都市である。ウラル山脈東麓、ミアス川沿いに位置する。

チェリャビンスク州の中心都市で、重工業が盛んである。はシベリア鉄道の正式な起点。人口は1,093,000人(2006年)。2002年全ロシア国勢調査では1,077,174人、1989年ソ連国勢調査では1,141,777人。

歴史

チェリャビンスクとミアス川 1736年にチェリャバ要塞が現在のチェリャビンスクの場所に建設された。この地名は、ウラル地方に住むテュルク系民族の言葉であるチェリャビ(高貴な)からきている。この要塞は行政の中心であると同時にテュルク系民族に対する軍事拠点でもあり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる