「ダブル主演」とは?

関連ニュース

特集上映「映画監督 寺山修司」開催 菅田将暉×ヤン・イクチュン「あゝ、荒野」も! - 04月20日(金)12:30 

 1960年代から時代を挑発する作品を発表し続けたマルチクリエーター・寺山修司の没後35年を記念した特集上映「『映画監督 寺山修司』2018」が、6月2日~7日に東京・渋谷のユーロライブで開催されることが決定した。上映されるのは、一瞬のうちに虜にされてしまう幻想的でカルトな映像作品ばかり。“映像の魔術師”寺山の才能を再認識できる貴重な機会だ。 ・【フォトギャラリー】「映画監督 寺山修司」上映作品の場面写真  ラインナップには、初の長編映画「書を捨てよ町へ出よう」、自歌集をベースとした「田園に死す」、遺作となった「さらば箱舟」のほか、シュールでアバンギャルドな中編と短編も並ぶ。三上博史のデビュー作となった「草迷宮」は「迷宮譚」「消ゴム」「一寸法師を記述する試み」とセットで上映され、「実験映画集1」として「青少年のための映画入門」「疱瘡譚」「マルドロールの歌」「ローラ」「審判(1977)」、「実験映画集2」として「檻囚」「トマトケチャップ皇帝」「ジャンケン戦争」「蝶服記」「書見機」「影の映画 二頭女」が披露される。  また、寺山が唯一残した長編小説を、菅田将暉とヤン・イクチュンのダブル主演で映画化した「あゝ、荒野 前篇」「あゝ、荒野 後篇」も特別上映される。岸善幸監督がメガホンをとった同作は、第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、第30回日刊スポーツ映画大賞、第42回報知映画...more
カテゴリー:

注目映画紹介:「いぬやしき」木梨憲武と佐藤健が壮絶な善悪バトル - 04月19日(木)20:30 

 お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんと俳優の佐藤健さんがダブル主演する映画「いぬやしき」が20日からTOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)ほかで公開される。「GANTZ(ガンツ)」で知られる…
カテゴリー:

『ママレード・ボーイ』桜井日奈子&吉沢亮らの仲良しオフショット到着 - 04月19日(木)12:00 

 桜井日奈子と吉沢亮がダブル主演を務める映画『ママレード・ボーイ』より、撮影オフショットと場面写真が到着。佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、優希美青らとのテニスシーンで撮られた写真は、撮影中に4人が築いた仲の良さが感じられる仕上がりとなっている。【写真】桜井日奈子×吉沢亮『ママレード・ボーイ』仲良しオフショット&場面写真 本作は、ある日突然両親から離婚、そして旅先で出会った松浦夫妻とお互いパートナーを交換して再婚すると告げられた光希(桜井)と、松浦夫妻の一人息子である遊(吉沢)の甘くて苦いママレードのような恋が描かれるラブストーリー。 今回解禁されたのは、光希と遊、そして銀太(佐藤)と茗子(優希)の4人が撮影時に撮ったというオフショットと、2人のイケメンが恋のライバルながらもテニスの試合でダブルスを組む名シーンの場面写真。テニス部のエースである銀太を演じた佐藤はテニスシーンがあると聞いた時から練習を重ね、テニス部のエースらしく説得力のある美しいフォームを追及したそう。一方、遊を演じる吉沢は、空振りをしつつもお茶目なそぶりや笑顔を見せ、現場のエキストラや共演者が思わずキュンとしてしまう程だったとか。 桜井と吉沢は本格共演が本作にて初。佐藤と優希は初共演。4人は、一番年上の吉沢からの声掛けで食事へ出向いたり、暇を見つけてはテニスの練習をしたり、談笑したりと撮影中は和気あいあ...more
カテゴリー:

雑誌連載「シカさんぽ」が好評! 鹿沼憂妃さんにインタビュー - 04月18日(水)07:15 

■ ファッション誌「Ray」の専属モデルとして活躍中 【写真を見る】「連載と連動した番組とか動画配信をしたいくらいです」 12年から女性ファッション誌「Ray」の専属モデルとして活躍している鹿沼憂妃さん。まずは、写真に撮られる時、どういうことを意識しているかを聞いてみた。 「『Ray』の撮影では、その服に合うシチュエーションを想像したりします。読者が女子大生や20代前半の子が多いので、通学の時の『気持ちいい朝だな!』とか『遅刻しちゃう。急げ!』とか、新人OLが朝コーヒーを買って飲んでいたり、かなり洋服に寄せています。目線ありの写真よりも、そういった自然な、日常の一場面を再現する感じが多いので、演じる気持ちで楽しく撮影に臨んでいます」 「Ray」の連載ページ「鹿沼憂妃のシカさんぽ」も好評。 「ゆかりのある場所を訪れる企画で、行くと昔のことを思い出します。普段振り返る機会ってなかなかないのでうれしいですね。私の周りに『シカさんぽ』というワードが浸透してきているので、連載と連動した番組とか動画配信をしたいくらいです。実現は難しいと思いますが希望は持っています(笑)」 撮影=玉井美世子/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=神戸春美/スタイリスト=稲葉有理奈(kind)/編集協力=千葉由知(ribelo visualworks)(東京ウォーカー(全国版)・週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃...more
カテゴリー:

佐藤大樹の熱視線で『ママレード・ボーイ』のトキメキ急上昇!原作ファンが愛してやまない名シーンを独占入手! - 04月17日(火)11:30 

90年代に少女マンガブームを牽引した、少女マンガ雑誌「りぼん」で連載されていた吉住渉の大ヒットコミックを、桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演で実写映画化した『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)。 【写真を見る】原作ファンお待ちかね!茗子と名村先生の“図書館シーン”を完全再現/[c]吉住渉/集英社 [c]2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会 3年以上にわたり連載された原作を実写映画化するにあたり、現代的な物語へアプローチするなど様々な脚色が施された本作。原作ファンが特に気になっていることは「周囲のキャラクターたちの恋模様が描かれているかどうか」ということだろう。 その期待に応えるように、このたび光希への秘めた想いを抱える銀太のエピソードと、担任の名村先生と恋に落ちる茗子のエピソードが劇中で描かれていることが明らかに。あわせて、それぞれせつない恋心を抱く銀太と茗子の姿を写した場面写真が到着した。 中学時代に初恋の相手である銀太に告白するものの、とあることがきっかけでフラれたと勘違いしてしまう光希。しかし銀太はずっと光希に想いを寄せており、甘くてクールな遊の登場によって、自分の気持ちをまっすぐに伝えることを決意する。 銀太を演じているのはEXILEのパフォーマーであり、FANTASTICSのリーダーとしても活躍する佐藤大樹。俳優として急成長を見せている彼に、本作のプロデューサー...more
カテゴリー:

ママレード・ボーイ:國府田マリ子がナレーション アニメ版やマンガの名… - 04月20日(金)07:00 

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、27日公開)の紹介映像が20日、公開された。映像には原作マンガ…
カテゴリー:

桜井日奈子、吉沢亮&佐藤大樹がテニスに挑戦!『ママレード・ボーイ』キラキラ全開オフショット - 04月19日(木)12:00 

吉住渉の大ヒット少女漫画を『ストロボ・エッジ』(15)や『オオカミ少女と黒王子』(16)で知られる廣木隆一監督が桜井日奈子と吉沢亮をダブル主演に迎えて映画化した『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)。このたび本作から劇中に登場するテニスシーンを写した場面写真とオフショットが到着した。 【写真を見る】桜井日奈子もテニスに挑戦!スコート姿がまぶしすぎる/[c]吉住渉/集英社 [c]2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会 今回到着したテニスシーンは原作では遊と銀太が親しくなるきっかけであり、主要なキャラクターたちの関係性が浮き彫りになった重要なシーンのひとつ。実写版でも、遊を演じる吉沢亮と、銀太を演じる佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS )の2人が、ライバルでありながらも見事なコンビネーションを見せる印象的なシーンに仕上がっている。 ダブルスを組んでいた同級生が怪我をしてしまい、試合に出られないピンチに陥る銀太。すると光希は遊が転校してくる前にテニス部に所属していたことを思い出し、助っ人として招集。恋のライバルである遊とダブルスを組むことになった銀太は「この試合に勝ったら…」と光希にある約束を持ちかける。 なんといっても注目は、テニス部のエースである銀太を演じた佐藤の華麗なラケットさばき。テニスシーンがあると聞いた時から練習を重ね、説得力のあるフォームを追求し、抜群の身...more
カテゴリー:

深川栄洋初プロデュース、久間田琳加初主演作品映画「~harajuku story~ヌヌ子の聖★戦」第二弾情報解禁はメインキャスト発表! - 04月18日(水)10:00 

[SAIGATE株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/29126/8/resize/d29126-8-609839-1.jpg ] ダブル主演に女子高生アーティスト吉田凜音、初主演決定! ヌヌ子憧れの存在「清美サリー」役はSeventeenモデル横田真悠! ジェンダーレ...
カテゴリー:

ドラマ「ラブリラン」出演! 大政絢さんにインタビュー - 04月18日(水)07:14 

■ 「ラブリラン」に主人公・南さやかの恋のライバル役で出演 【写真を見る】「今までで一番多く着たんじゃないかっていうくらい試着させてもらいました(笑)」  現在放送中のドラマ「ラブリラン」(読売テレビ・日本テレビ系)。彼氏いない歴30年の南さやか(中村アンさん)が3か月間記憶を失い、気付いたら彼氏がいて、しかも同棲していることがわかった。記憶喪失から始まる新感覚のラブコメに、大政絢さんは主人公の恋のライバル、小笠原杏子役で登場する。 「いろんな恋が絡み合っている物語で、私が演じる杏子もそこに混じっていきます。杏子の職業はモデルで、仕事に対してすごく熱心だけど、恋人の前ではまっすぐな女の子。仕事はできるけれど、恋には不器用な感じがかわいいなって台本を読んだ時に思いました」  モデル役ということで、ファッションにも注目してほしいという。 「衣装合わせの時に、衣装担当の方と『モデルってこんな感じですよね』とか話をしながら、今までで一番多く着たんじゃないかっていうくらい試着させてもらいました(笑)。モデルの時はカラフルな衣装が、そして普段のシーンではシックな感じの服が多いです。メイクもオンとオフでは違っているので、杏子のそういうところにもぜひ注目していただきたいなと思います」 ドラマ「ラブリラン」毎週(木) 23:59〜24:54 読売テレビ・日本テレビ系 天沢アキの同名コミックを中村アン...more
カテゴリー:

沖縄に「バーフバリ」絶叫上映が上陸!井浦新は主演作、黒木メイサはお気に入り引っさげ登壇 - 04月17日(火)09:30 

 4月19~22日に沖縄県全域で開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」の見どころや注目ポイントを、映画.comでは3回にわけてお届けしてきた。最終回となる今回は、同映画祭の名物企画といえる「桜坂映画大学」などを紹介する。  監督やスペシャルゲスト、芸人たちが登壇し、上映とともに撮影秘話を生オーディオコメンタリーで楽しむことができる「桜坂映画大学」では、3大企画を用意。まずは世界累計興行収入300億円を突破し、日本でも異例のロングランヒットを記録した「バーフバリ 王の凱旋」を、沖縄県では初となる絶叫上映で披露する「絶叫上映科」について触れなければならない。観客が主人公バーフバリの名前を叫ぶ絶叫上映が大きな話題を読んだが、「ダイノジ」の大谷ノブ彦、「品川庄司」の品川祐、レイザーラモン、ピーチキャッスルが登壇する桜坂劇場では、どのような盛り上がりをみせるのか、目を離すことができない。  また、「野生爆弾」のくっきーが監督、脚本、音楽を手がけた初の連ドラ作品「ソドム団長とゴモラ人間」が、鬼才芸術学科として上映され、又吉直樹の芥川賞受賞作を菅田将暉と桐谷健太のダブル主演で映画化した「火花」は芸人純文学科としてお披露目される。「火花」では、メガホンをとった板尾創路監督をはじめ2丁拳銃、ゆりやんレトリィバァがマイクを握る。  さらに、演技派俳優として映画、ドラマに引っ張...more
カテゴリー:

もっと見る

「ダブル主演」の画像

もっと見る

「ダブル主演」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる