「ダブルス戦」とは?

関連ニュース

J・デイ&R・ファウラー組、池ポチャで失速も「スコアよりも良いプレーができている」 - 04月28日(金)08:47 

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 初日◇27日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>  米国にあるTPCルイジアナを舞台に米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」が開幕。今季からダブルス戦にフォーマットが変更された今大会で、戦前から注目を集めていたジェイソン・デイ(オーストラリア)とリッキー・ファウラー(米国)のコンビは3バーディ・1ボギーの“71”と思うようにスコアを伸ばせず、初日は33位タイと静かなスタートを切った。 【関連ニュース】相談は“グリーン上”のみ!? 好スタートを生んだ松山英樹、谷原秀人組の戦略  10番ホールからスタートしたデイ、ファウラー組は3ホール連続でパーを重ねると、13番でこの日最初のバーディ。前半さらに18番パー5できっちりバーディを奪うと、後半に入っても2番パー5で再びバーディ奪取。この時点で首位に並ぶなど、快調なプレーを展開した。  しかし、6番パー4で落とし穴が。デイがティショットを左に池に打ち込み、この日初めてのボギーを叩くと、最終9番パー3でもアプローチを寄せきれずにボギー。終盤にスコアを2つ落とし、トータル1アンダーで初日のプレーを終えた。  現時点では予選通過も気になるラインではあるが、デイ、ファウラー共に焦りの色はない。「首位とのスコア差はわかっている。でも、これから天候が変化し...more
in English
カテゴリー:

松山英樹、初見のコースを警戒も「明日は倍の集中力で」 - 04月27日(木)07:21 

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 事前情報◇26日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)> 「コースは狭いし、難しいし、楽しみって言えなくなってきましたね」。米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」開幕を翌日に控え、谷原秀人とのチームで出場する松山英樹はプロアマ後のインタビューでコースへの警戒感を口にした。 松山&谷原コンビの強力なライバル!メダリストコンビ 松山が今大会に出場するのは初めてのこと。もちろん、戦いの舞台となるTPCルイジアナをラウンドするのも初めてだ。「曲げられないという感じのホールが多くて、ロングも、ミドルも、ショートもティショットが大事になる」とコースを分析。また、「今日も風が強かったけど、週末はさらに強くなるみたい…」と強風への対応も大きなカギとなりそうだ。 しかし、好材料なのはダブルス戦という珍しいフォーマット。同じ東北福祉大出身の先輩である谷原は気心の知れた仲ということもあり、「リラックスしてプレーできる」と笑顔をのぞかせた。「いろんな強いペアがいるけど、注目はボクたち。いや、注目は谷原さんですよ」と冗談っぽく笑ったが、それも谷原に対する信頼の現れだろう。 ただ、コース戦略については「何も決めてない」とのこと。今大会では初日と3日目がフォアサム方式(1つのボールを交互に打つ)でのプレーで、ティショッ...more
in English
カテゴリー:

ボウリング 伊万里シニアクラブ月例会など - 04月17日(月)07:30 

ボウリング◇伊万里シニアクラブ・ボウリング月例会(4月2日・伊万里スターボウル)=ダブルス戦3ゲーム (1)前田浩信・瀬戸口幸子1239点(2)中原英嗣・吉野岩子1167点(3)澤田博・坂口治義1148点(4)横尾隆弘・吉岡光枝(5)植崎隆彦・三善郁子 ◇県高齢者大学鹿島校19期徳の会第73回ボウリング月例会(4月4日・武雄ボウリングセンター) (1)原田敏夫(2)光武芳子(3)小柳幸子(4...
in English
カテゴリー:

相談はグリーン上のみ!? 好スタートを生んだ松山英樹、谷原秀人組の戦略 - 04月28日(金)08:30 

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 初日◇27日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)>  米国男子ツアーで36年ぶりにダブルス競技で開催されている「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」。1つのボールを交互に打つフォアサム方式など、独特な形で競技が進行する今大会では、通常の個人競技と違った戦略が求められる。 オーガスタで見せた!絢香夫人、長男の悠人くんとの3ショット  その意味で、個人戦と大きく違うのはチームメイト同士で“相談”ができることだ。通常、プレーヤーはキャディとのみコース戦略などを相談できるが、今大会に限っては同じフィールドでプレーする競技者(※チームメイトに限る)に番手やグリーンのラインを聞くことができる。これは大きなメリットのように感じられるが、松山英樹や谷原秀人の話を聞くと、決してそうとは言い切れない面もあるらしい。  「飛距離も違えば、番手も違うし、同じコースでプレーしているとはいえ参考にならない面も出てくる」と話すのは松山だ。昨年、石川遼と共に同じダブルス競技の「ワールドカップ」に出場したが、その時に「遼がプレーするときにあれこれ口出ししすぎたなって思ったんですよ。だから今日は(谷原に)言わない方がいいかなと思ってやっていました。実際、同組のステンソンとローズも同じようにプレーしていましたね」。同じピンを狙うでも、パワー...more
in English
カテゴリー:

松山&谷原ペアは優勝予想7番手 最注目は欧州の金・銀コンビ! - 04月25日(火)13:06 

<チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ 事前情報◇25日◇TPCルイジアナ(7,425ヤード・パー72)> 今季から2人1組の新フォーマットで開催される米国男子ツアー「チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ」が米国のTPCルイジアナで開幕する。プレイ方式は初日と3日目が1つのボールを交互に打つ「オルタネート・ショット」、2日目と最終日がお互いの良いほうのスコアを採用する「ベストボール」で行われる。 華麗な水切りショットを披露する松山&谷原 米ツアーの公式サイトで優勝予想が発表された。優勝最右翼に挙げられたのは、リオ五輪の金メダリスト、ジャスティン・ローズ(イングランド)と銀メダリストのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)の黄金コンビ。「ライダーカップ」において通算4勝2敗という結果が相性の良さを物語っている。 優勝予想2番手には世界ランク3位のジェイソン・デイ(オーストラリア)、同9位のリッキー・ファウラー(米国)コンビ。3番手には南アフリカの雄、ブランデン・グレースとルイ・ウーストハウゼンのペアがランクインしている。 日本から参戦する松山英樹&谷原秀人ペアは、優勝予想7番手にピックアップ。「お互いの長所が一番発揮できるペア」と評されており、米ツアーを代表するショットメーカーの松山とパター巧者の谷原が起こす化学反応はどんな結果をもたらすか。サムライ2人の...more
in English
カテゴリー:

「ダブルス戦」の画像

もっと見る

「ダブルス戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる