「ダウンタウン」とは?

関連ニュース

松本人志「発言の切り取り、本当にひどい」 メディア批判の二階幹事長に一部賛同 - 04月30日(日)17:27 

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(53)が、「発言の切り取りが本当にひどい」とテレビ番組で最近のメディア批判を展開した。
in English
カテゴリー:

松本人志、泰葉に疑問「アクセス数増やしたいのか」 - 04月30日(日)11:33 

 ダウンタウンの松本人志(53)が、元夫で落語家の春風亭小朝(62)から虐待を受けていたと告発したことで注目を集めているタレントの泰葉(56)について「マナー違反」と指摘した。  松本は30日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、泰葉…
in English
カテゴリー:

坂上忍が「ガチで怒っちゃった」無礼なインタビュアーとは? - 04月30日(日)11:00 

4月29日放送の「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系)で、坂上忍が無礼なインタビュアーに当たってしまった際のエピソードを明かした。 来てほしいゲストに意外な女性を指名していた古舘伊知郎&坂上忍&千原ジュニア 坂上は「(インタビューをする側は)仕事で来てんだから相手のことぐらい知っとけよ!って思うじゃないですか」と切り出す。本を出した時にインタビューを受けると、著書を読まないまま取材に来るインタビュアーもいるという。「普通だったら『本読ませていただきました』から(会話が)始まりますよね」と坂上。しかしインタビュアーの中には「『申し訳ないです、読んでないんですけど』っていう(失礼な)人もたまにいる」とか。 そして昨年には、ある取材で「オレもうガチで怒っちゃったんだけど」という事態も起きた。そのインタビュアーの第一声は「時間がなかったんで、さっき“なんとなく”読ませていただきました」というもの。これを聞いた坂上は心の中で「オイてめえ!この野郎!」「もうブチブチブチーッ!ってキレて」と激怒。その気持ちを抑えながら冷静な口調で「そんなに失礼なこと言われたこと1回もない。あなたとはもうすでにお話しができない」と告げて、インタビュアーではなく同行していた編集者と話すことにしたという。 次回の「おしゃべりオジサンと怒れる女」は、5月6日(土)放送。 【関連記事】 ・「バイキング」にアジ...more
in English
カテゴリー:

藤ヶ谷太輔が先輩俳優・女優たちに付けたニックネームを暴露! - 04月30日(日)09:00 

美人で名家の令嬢でありながら、何よりも骨を愛し、標本士として博物館からの依頼を受け、自宅のアトリエで動物の骨格標本を組み立てる日々を送る九条櫻子(観月ありさ)の活躍を描く「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」(フジ系)を撮影現場からリポート! 【写真を見る】観月ありさが3度の飯より好きなものは食事中でも骨!骨!骨!/(C)フジテレビ 臆病だが正義感のある博物館の新人事務員の館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)と共に、櫻子は骨からヒントを得て、類まれなる頭脳と洞察力で難事件を解決。さまざまな事件に巻き込まれ、シリアスな展開も見どころの本作だが、現場は終始和やかなムードで、笑いが絶えない。この和やかな雰囲気を作っているのは、演出の佐藤祐市氏だ。キツネの骨を鍋で煮てるシーンでは、「ナーハーをシーサーするオイニーがディレイでくる!」(鼻を刺す臭いが遅れてくる)とテレビ業界用語を駆使して演技指導し、笑いを誘う。そして、本作は骨に対する考え方がストーリーを方向づけるため、撮影現場には、実際の標本士が立ち会い、骨の扱い方に熱心な指導が行われている。専門家からの詳細な指摘に、佐藤氏の「餅は餅屋だね」と感心する姿が印象的だ。 一方、連続ドラマ主演30作目となる観月は、「変人ですから、難しいセリフばかり言ってる」とスタッフと談笑。骨好きで変わり者という役柄にも、楽しみながら演じているようだ。また、藤ヶ谷も撮影の...more
in English
カテゴリー:

【試写室】「櫻子さん」藤ヶ谷太輔の心の声センスに嫉妬 - 04月30日(日)04:00 

「感情が顔に出やすいよね」と言われることがよくある。 【写真を見る】観月ありさ演じる櫻子と少女の不器用な交流に注目! それは、イラッとすることを言われ、言い返そうか返すまいか悩んだ揚げ句、言い返さなかったときに心の中で相手をののしったり、街できれいな女性を見かけて「この人うっかり俺にほれてくれないかな~」と、つい妄想しながら鼻の下が伸びているからか…(キモイな)。 そういう感じで、一見ポーカーフェースを装っているものの、心の声がだだ漏れてしまっていることはよくある。そんな“心の声”業界で、いま注目の人物がKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔だ。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回はその藤ヶ谷も出演する、観月ありさ主演ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジテレビ系)を取り上げる。 4月30日(日)夜9時からの第2話では、九条櫻子(観月)の邸宅に招かれて食事を終えた館脇正太郎(藤ヶ谷)は、立ち寄ったコンビニの前で幼い少女を見かける。 深夜だというのに、少女はパジャマ姿で素足のままで、何を聞いても要領を得ないことを話す。親の姿もなく交番も遠いため、正太郎は刑事の山路輝彦(高嶋政宏)に連絡を取ると、ひとまず少女を櫻子の邸宅に連れ戻る...more
in English
カテゴリー:

松本人志、大麻の高樹沙耶被告は「邪魔をしただけ」 - 04月30日(日)11:54 

 ダウンタウンの松本人志(53)が、大麻取締法違反(所持)で有罪判決を受けた元女優の高樹沙耶被告(53)について「医療大麻を必要とする人の邪魔をしただけ」と批判した。  松本は30日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、医療用大麻の合…
in English
カテゴリー:

【テレビ】加藤一二三九段、14連勝中の藤井聡太四段へ「ハッスル同盟」設立を予告 - 04月30日(日)11:24 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000084-sph-ent スポーツ報知 4/30(日) 11:19配信  将棋の加藤一二三九段(77)が30日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、デビューから14連勝中の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)について「私の言葉で今、まもなくハッスル同盟ができます」と予告した。  加藤九段は、昨年12月の藤井四段のデビュー戦の相手を務め敗れた。藤井四段は、今月には非公式戦ながら羽生善治3冠(46)も撃破。「ハッスル同盟」について、MCの東野幸治(...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】松本人志、元夫・小朝をブログ告発の泰葉へ「アクセス数を稼ぎたいのか」 - 04月30日(日)10:52 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000077-sph-ent スポーツ報知 4/30(日) 10:50配信  「ダウンタウン」の松本人志(51)が30日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。自身のブログで元夫の春風亭小朝(62)を告発した歌手の泰葉(56)へ不快感をあらわにした。  泰葉は、セクシー女優の坂口杏里(26)の恐喝未遂事件に刺激を受け、小朝への告発をブログで開始。4月24日には3回もブログを更新していた。  この話題について松本は、小朝と同じ金髪であることから「これに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

オードリー・若林正恭、キューバ旅行記を書き下ろし 4年ぶり待望の新作 - 04月30日(日)05:00 

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(38)が、昨年訪れたキューバについて書き下ろした旅行記エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)を7月14日に発売することが決定した。新作は、書籍と文庫の累計発行部数が約20万部の大ヒットとなった前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』以来、4年ぶりとなる。 【画像】若林正恭が自ら撮影したキューバ  若林は昨年の夏に5日間の休みをもらえることになり、知人から「今のようなレトロな雰囲気では、もうすぐ見られなくなるかもしれない」「街中にWi-fiが飛んでいない」という話を聞き、興味を持っていたキューバを一人で訪問することを決断。自身のラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週土曜 深1:00)でその一部始終を語り、話題となっていた。  情報にあふれ、せわしなく動き続ける日本から遠く離れた地でさまざまな刺激を受けた若林は、そこで感じたことや発見したこと、新たに芽生えた意識などを一冊の本に書き上げた。思わず目を引かれる著書のタイトルは、若林いわく「キューバ旅行中に一番感動したこと」が由来している。  “読書芸人”として日々数多くの本を読み、雑誌のエッセイ連載を長年書き続けるなど、本と文章に造詣の深い若林だが、一冊を書き下ろすのは今回が初めて。「エッセイはいつも月一で1500字程度のものしか書いて...more
in English
カテゴリー:

バナナマン日村の鼻フック姿に「綺麗だよ」 - 04月29日(土)18:00 

AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて、『日村がゆく』(毎週水曜夜9時)の初回放送が4月26日よりスタート。同番組は、世にはびこるバラエティの定番を超えるべく、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀が体を張ってバラエティの“新定番”を開拓していくというもの。 第1回目の放送となる今回の定番は“鼻フック”をテーマに、専門家やSMを知り尽くした女王様などを招き“鼻フック”の新たな可能性を探っていった。 番組冒頭で鼻フックの専門家であり、SM愛好者の集い「耽美界」の主宰者である千葉曵三氏をゲストに迎え、鼻フックについて説明をう受けることに。日村が耽美界についても質問すると、千葉氏は「SMマニアの集いですね。1つの催しとして鼻攻めパーティーなんかも開催します」と話し、日村は唖然とした表情に。さらに日村が「この人とこの人をSMさせてみようかな、みたいなのを千葉さんがプロデュースしてるということですよね?」と質問すると、千葉氏が「例えばですね、この女性はあんまり僕の好みじゃないなという人がいたら、気にくわないS男に回します。そのぐらいのことはやります。気にいった女性なら他には回さない」と回答すると、日村は爆笑していた。 また千葉氏は鼻フックも手作りしているということで手作りしている理由を聞いてみると「一般に使われているものは結局使えないんですよね。それこそ(ダウンタウンの)浜...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ダウンタウン」の画像

もっと見る

「ダウンタウン」の動画

Wikipedia

ダウンタウン (downtown、Downtown)

  • 組織
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる