「タンポポ」とは?

関連ニュース

世界の終末。そのとき、アナタはどう生き延びる? - 10月16日(月)17:00 

世界終末時計は、残りあと2分半。混沌とする世界で、いつ、何が起こるか分かりません。けれど、私たちにいったいどれほど準備できるというのか。世の中の疑問をシンプルに解明する人気動画シリーズの「AsapSCIENCE」では、文明崩壊後の生存者として手始めに何ができるか、必要最低限のサバイバルガイドを紹介しています。手書きの絵と一緒にわかりやすい解説。参考程度にどうぞ。生きるか死ぬかそのとき、アナタはどうする?01.まずは水まず、新鮮な飲み水を見つけ出すのは、とても難しくなるでしょう。もし、川や湖の淡水に巡り会えたとしても、無数のバイ菌や病原菌で溢れているので注意が必要。それでも、5分ほど沸騰させることでバイ菌や病原菌は滅し、飲食に使用できるようになります。ほかにも、サボテンを切り落として潰すことで新鮮な飲み水として得ることも。もし寒い気候や環境にいるのなら、雪を溶かすという方法もあります。雨水を集めることも同様。唇を湿らせるのは、体内の水分を無駄にしてしまいます。ボタンや小石を口の中に含め、飴のように舐めることで、いくぶんか喉の渇きを軽減させらることも。そして、水を飲む際にはゆっくりと、時間をかけて飲むようにしましょう。体も、水分を効率的に取り入れる体調に慣れていくようにしていきましょう。02.食料調達昆虫食の経験はないかもしれません。それでも、有事においては昆虫やミミズなどを食べること...more
カテゴリー:

切り傷にヨモギ、肌荒れにカラスウリ? 意外と多い「薬草」の効能 - 10月10日(火)01:10 

漢方薬や医薬の世界は日々、少しづつ進化を続けていますが、その原点はスイカカズラ、ヨモギ、ゲンノショウコやヘチマといった「薬草」にあるってご存知ですか? 今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では、著者で科学者のくられさんが、昭和初期の薬草の書を紐解き、さまざまな薬草の効能(切り傷・肌荒れ防止・栄養補給・健胃効果・歯磨き)を紹介しています。 暮らしの科学 サバイバル薬草術 以前、昭和初期に書かれた薬草の書があったので、そこに書かれていたものを少しまとめていました。今回はそこから抜粋して少し紹介。こうした野草の利用から漢方薬や医薬が発展していったのかと思うとなかなか感慨深いものがあります。某サバイバル科学漫画の主人公もこうした知識もあったから、いろいろと生き延びたのでしょう! ・切り傷に効く薬草 植物:椿の種、ヨモギ、スイカカズラ、ゲンノショウコ 医薬品のない状況で切り傷には、ヨモギやスカカズラ、ゲンノショウコをすり潰した汁を擦り込むことで抗菌作用が働き、化膿を防ぐことが出来る。綺麗な水でしめらせた栗や柿の落ち葉などは絆創膏代わりに使うことができる。また、椿などの油の多い植物の種を潰し煮ることで油を分離、その油を傷口に付けることで止血効果。 ・肌荒れに効く薬草 植物:キカラスウリ、カラスウリ、ヘクソカズラ、ヘチマ ウリ科の植物の多くに強力な保湿因子が含まれているので、乾燥や炎症など...more
カテゴリー:

妊娠中に下剤や浣腸を使うと胎児に影響はありますか? - 10月16日(月)11:00 

女性には便秘に悩む人が多いといわれています。では、妊娠中は、妊娠前と同じように下剤を服用したり、浣腸を使用したりして問題はないのでしょうか。お腹の赤ちゃんに影響がないか心配だというプレママからの相談に、専門家はどのようなアドバイスをしているでしょうか。 プレママからの相談:「妊娠中の便秘に下剤や浣腸を使うと胎児に影響はありますか?」 『現在妊娠3カ月ですが、妊娠前から便秘で、下剤や浣腸に頼って生活していました。妊娠してからも、産科から処方される下剤を飲んでいます。毎日飲んではいけないと思い控えていますが、お腹が張って苦しい毎日です。たまに、妊娠中に危険な腹痛では無いかと心配になる時もあります。妊娠前は下剤を飲んでも出ない時は、浣腸していましたが、妊娠中に浣腸をしても問題はないですか。下剤が、お腹の子に影響がないか知りたいです。(20代・女性)』 便秘薬は医師に相談して使用しましょう 妊娠中の便秘は母体や胎児に影響を与える場合があるため、医師に相談の上、胎児に影響の出にくい処方薬を使用するよう勧めてくれました。浣腸は流産や早産を誘発する恐れがあるようで、使用に際しては自己判断をせず医師に相談した方がいいそうです。 『便秘は排便時に強く息む動作を伴うので、胎児に悪影響をもたらす可能性もあり得ます。妊娠中でも、胎児に影響を及ぼさずに安心して使用できる内服の下剤も知られています...more
カテゴリー:

酸化マグネシウムの便秘薬は授乳中に飲んで問題ない? - 10月09日(月)11:00 

酸化マグネシウムの便秘薬は、妊婦でも安心して服用できるとして妊娠中に産婦人科医師から処方されることがあるそうです。では、産後に服薬しても母乳に影響はないのでしょうか。 ママからの相談:「妊娠中に処方された酸化マグネシウムの便秘薬は授乳中でも大丈夫?」 『元々便秘がちの体質でしたが、妊娠をきっかけに1週間も出ないことも増え、産婦人科の先生に酸化マグネシウムを処方してもらいました。毎食後に2錠飲むようにするとだいぶ解消されたのですが、産後は飲まなくなったせいか便秘気味になってきました。妊娠中の時に処方された便秘薬が残っているのですが、授乳中でも飲んで大丈夫でしょうか。また飲み続けることで、依存してしまわないか不安です。(20代・女性)』 酸化マグネシウムは授乳中でも使える便秘薬 授乳中は、母乳を作るために水分不足になりやすい上、育児で生活リズムが整わず便秘になりやすいようです。酸化マグネシウムは妊娠中に限らず、授乳中でも使用できる便秘薬だと教えてくれました。 『妊娠中は便秘になりやすいですが、産後も夜間の授乳で生活リズムが乱れること、母乳を作るために多くの血液を必要とするため水分不足になること、赤ちゃんが気になってゆっくりトイレに行けないことなどから、便秘になりやすくなります。(看護師)』 『一般的に便秘に使用される酸化マグネシウムは、腸内に水分を取り込み、便を柔ら...more
カテゴリー:

「タンポポ」の画像

もっと見る

「タンポポ」の動画

Wikipedia

タンポポ(蒲公英)は、キク科タンポポ属 () の総称である。多年生。多くはユーラシア大陸に自然分布する。

(動画) タンポポの種 (スロービデオ)

名称

日本語では古くはフヂナ、タナと呼ばれた。タンポポはもと鼓を意味する小児語であった。江戸時代にはタンポポはツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたことから、転じて植物もタンポポと呼ばれるようになったとするのが通説であるが、その他にも諸説ある。

英語名のダンディライオン()はフランス語で「ライオン」を意味するダン=ド=リオン()に由来し、これはギザギザしたがライオンのを連想させることによる。また綿毛の球状の部分をさしblowballともいう。現代のフランス語ではピサンリ()というが、piss-en-litで「ベッドの中のおしっこ」という意味である。これはタンポポに利尿作用があると考えられているためである。

特徴

多くの種では黄色いを咲かせ、綿毛(冠毛)のついた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる