「タルト」とは?

関連ニュース

ローソンに「こだわりたまごのカスタードシュークリーム」新入荷!バニラ香る濃厚クリームがたっぷり - 04月23日(月)09:30 

ローソン各店で、新入荷デザート「こだわりたまごのカスタードシュークリーム」と「イチゴのティラミスタルト」が発売されます(一部の地域・店舗をのぞく)。
カテゴリー:

「カジノ街」のキュートな一面 - 04月21日(土)10:00 

 ここで紹介するのは、すべてマカオの一角をとらえた写真。先日の記事でも紹介したように、カジノやラグジュアリーなホテルのような非日常的なイメージが強いマカオですが、じつはそれって一部に限ったはなしで。すこし外れた場所へ移動すると、こんなにキッチュで可愛い風景が広がっていたのです。 【セナド広場周辺】 マカオはもともとポルトガル領でした。なかでもセナド広場は、ヨーロッパ式の建物や石畳など、当時の名残がしっかりある場所。天主堂跡や戀愛巷など、周辺には観光名所が点在しています。 【タイパヴィレッジ】 お土産屋さんや飲食店が軒を連ねるタイパヴィレッジ。メインストリートの官也街は観光客で賑わっていますが、一本通りを入ると、古き良き中国の面影が残る、ノスタルジックで閑静な住宅街が広がっています。 【コロアンヴィレッジ】 コロアンヴィレッジは、マカオと中国を結ぶ住民専用フェリー発着所がある小さな港町。セナド広場のヨーロッパチックな雰囲気と、タイパヴィレッジの中国らしいノスタルジックな雰囲気がミックスされた感があり、和やかな空気が流れています。有名な教会やエッグタルトのお店なんかもあります。1時間あれば、じゅうぶん観光できますよ。 Photo by Kozai Mikako
カテゴリー:

たっぷりのイチゴと「ひやしあめ」のショウガが爽やかなキルフェボンの「大阪産(もん)ひやしあめとイチゴのタルト」を食べてみた - 04月20日(金)22:00 

四季に合わせて旬のフルーツを使い「今の季節にしか味わえないタルト」を送り出しているキルフェボンで2018年4月20日(金)から期間限定・店舗限定のメニュー「大阪産(もん)ひやしあめとイチゴのタルト」が登場しています。このタルトはイチゴの果肉と大阪の隠れ名物のドリンク「ひやしあめ」を使っているとのことで、「ひやしあめ」と「タルト」という予想外の組み合わせの相性を確かめるべく、実際に買って食べてみました。続きを読む...
カテゴリー:

赤坂にも出店!パリで最高のパン屋賞受賞のブーランジェリー - 04月20日(金)20:15 

パリで“最高のパン屋賞”を受賞したブーランジェリー、「Maison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)」の2号店が港区・赤坂にオープンした。 【写真を見る】モーニングセットやランチボックスも登場する パリで14店舗展開するブーランジェリー・パティスリー「Maison Landemaine」。今回は、グループ史上初のオフィス街出店となる。コンセプトは、「パリのグルメと“ほっこり”をオフィスでも」。 同店は、パン職人で実業家の石川芳美氏と、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌ氏の二人が、2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。季節感を重視し、素材にこだわったクロワッサンやバゲットを提供しており、パリのグルメガイド“ピュドロ”のブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリで“パリ最高パン屋賞”を受賞するなど、さまざまな賞を受賞している。 そんな同店は今回、赤坂で、働くビジネスマン・OLに向けて商品を展開。日本人がまだあまり知らない「タルト・フランベ」(フランス・アルザス地方由来のピザによく似た食べ物)を提供する。 注文を受けてから1枚1枚釜で焼く「タルト・フランベ」は、クリームチーズベースのソースに、ベーコンとタマネギをのせて香ばしく焼いたスタンダードな「タルト・フランベ・クラシック」(ランチメニュー1枚セット税抜850円)や、加工...more
カテゴリー:

”自分は幸せだ”と思い込んでいる人ほど、病魔に襲われるワケとは - 04月20日(金)15:55 

 こんにちは、梯谷幸司です。  メンタルトレーナーとして言葉の技術や心理技術を駆使し、脳の動かし方を変化させる独自の方法により、クライアントが抱えるさまざまな身体面・メンタル面の症状を改善するサポートをしています。  先 […]
カテゴリー:

有名パティシエ辻口氏がプロデュース!名古屋駅に登場した新スイーツに女子大生が舌鼓!! - 04月22日(日)15:56 

JR名古屋駅(名古屋市中村区)の太閤口付近にある、パティシエ・辻口博啓氏がプロデュースの洋菓子店「Cuitte(キュイット)」。2018年4月20日(金)に、チーズタルト専門店から焼き菓子専門店へとリニューアルオープンした。 【写真を見る】女子大生ライター丹羽(左)&河野(右)が新スイーツ「ガレブル」実食! もともと、店名の「Cuitte」は、フランス語で“焼く”を意味する“cuite(キュイ)”と、英語で“かわいい”を意味する“cute(キュート)”を掛け合わせた造語。今後は“焼く”に特化し、旬の食材を使ったさまざまな焼き菓子を展開していく。 今回のリニューアルに伴い、同店では新スイーツ「ガレブル」(230円)が登場した。西フランスの伝統菓子「garette brutonne(ガレットブルトンヌ)」に独自のアレンジを加えた同メニュー。じっくりと炊きこんで糖度を高めたリンゴをしっとり食感のクッキー生地で包んだ一品で、店では焼きたても楽しめる。 ■ 女子大生ライターの丹羽&河合が実食! そんな新登場スイーツ「ガレブル」を女子大生ライターの丹羽&河合が実食!普段から「甘いものには目がない!」という2人に率直な感想を聞いてみた。 丹羽「バターの風味が効いていて、個人的にはとても好きです。クッキー生地も厚めで食べ応えがあります。上品な味わいながらも、甘味がしっかりしているので、ブラックコー...more
カテゴリー:

嵐・大野智「フワフワよりフワフワ」独特すぎる食レポが大好評! - 04月21日(土)09:00 

 4月14日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の中で、嵐のリーダー大野智(37)が“食レポ”に挑戦。その独特の表現センスが、ネットで話題になったようだ。  この日の番組では、「スイーツデスマッチ2018年・春」という企画を放送。女優の菜々緒(29)と、Sexy Zoneの佐藤勝利(21)をゲストに迎え、人気店のスイーツメニューを賭けたクイズ対決が行われた。  クイズが始まり、大野はマシュマロにまつわる問題に正解。銀座の人気スイーツ「できたて焼マシュマロ・タルトスモア」を実食することになった。  焼きたてのマシュマロをほおばった大野は、「おいひ~」とポツリ。さらに嵐のメンバーから「食感はどうなの?」と質問されると、大野は「ふわふわだけど……ふわふわより“ふわふわ”」と発言し、スタジオの観客を爆笑させた。  その後、ゲストの菜々緒も焼きマシュマロを実食し、「触れてる感覚がないくらい“ふわふわ”」と、分かりづらい大野の食レポをフォロー。しかし、大野は「(食感は)若干感じるくらい」とそのフォローを台なしにする発言をし、思わず菜々緒も苦笑していた。  そんな大野の個性的すぎる食レポは、視聴者に大好評だったようだ。ネットには「ふわふわ連呼して壊れてる」「形容詞を反復とは、凡人には理解が追いつかないセンス」「“ふわふわよりふわふわ”って言うリーダーが、一番ふわふわしてる」...more
カテゴリー:

【先行取材】GW限定!銀座の老舗和菓子が集結するアフタヌーンティーを満喫してきた - 04月20日(金)21:00 

ゴールデンウィークは、銀座の青空の下で、特別なアフタヌーンティーを楽しむのはいかが? 2018年4月27日(金)から5月6日(日)まで、松屋銀座の屋上では「GINZA AFTERNOONTEA GARDEN」が開催されます。こちらのアフタヌーンティーでは、和菓子の銘店が集まる銀座ならではのメニューがいただけるそう。オープンに先駆けて、オズモール編集Fが行ってきました!【心地よい風が届く松屋銀座の屋上で】GINZA AFTERNOONTEA GARDENは、松屋銀座の屋上でいただける、ゴールデンウィーク限定のアフタヌーンティーメニューです。開催時間は12時から18時までで、開放的な空間で外の空気を感じながらゆったりとティータイムを過ごせます。4月の取材日はまだ少し肌寒かったのですが、ゴールデンウィークの時期なら初夏の暖かい日差しや心地よい風が届きそう。今回のアフタヌーンティーで注目すべきは、和菓子の銘店たちによるとっておきの1品が集まった「銀座若旦那 アンコマンプレート」。参加したお店は、ぎんざ空也 空いろ、銀座 松﨑煎餅、木村屋総本店、フタバフルーツなど、錚々たる顔ぶれです。ちなみに、プレートの名前になっている「アンコマン」は、和菓子店の若旦那たちが“和菓子をもっと身近に感じてもらうこと”を目的に開催しているDJイベント「アンコマンないと」に由来しているそう。今回のアフタヌーンティ...more
カテゴリー:

首位の星野陸也は車中会議30分でメンタル強化 その中身とは? - 04月20日(金)19:38 

<パナソニックオープン 2日目◇20日◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(7,343ヤード・パー71)> 初日に首位タイスタートを決めた星野陸也が、この日も魅せた。「我慢のゴルフ」が続いたが、上がり4ホールで3バーディ。この日も「68」とスコアを伸ばし、2位グループに2打差をつけて、トータル10アンダーの単独トップで予選ラウンドを突っ走った。 【写真】2日目の戦いを撮れたてフォトでチェック 前半は1バーディ・1ボギー。調子が悪くないだけに、一見フラストレーションがたまりそうな状況でも、21歳の青年は、心のコントロールで成長を見せていた。「難しいピンの場合、ピンに対して攻めていく気持ちを抑えてグリーンセンターを狙いました」と、守りも攻撃の一つといいきり、チャンスが来るまでじっと耐えた。 「技術もそうですけどメンタル面の成長が大きい」と断言する星野。2016年の「アジアパシフィックダイヤモンドカップ」も今回と同じ茨木カンツリー倶楽部開催で、2日目に2位につけながら、決勝ラウンドで崩れて18位タイで終戦。同じ失敗は繰り返さないと自信を見せるのには理由がある。 今季、星野のバッグを主に担ぐのはプロキャディの出口慎一郎氏。昨年は「ISPSハンダマッチプレー」で優勝した片山晋呉のバッグを担ぎ、「マイナビABCチャンピオンシップ」では優勝した小鯛竜也のキャディも務めている。その出口...more
カテゴリー:

あま~い誘惑あふれるパラダイス!スイーツ食べ放題5選!! - 04月20日(金)10:25 

「大好きなスイーツを好きなだけ食べたい!」 【写真を見る】カラフルでかわいいタルトの食べ放題は、インスタ映え間違いなし! 今回は、そんな甘いもの好きに至福の時間を提供してくれるスイーツ食べ放題の店をピックアップ。甘いものに目がない人におすすめの5軒を紹介する。目で、舌で、スイーツを徹底的に堪能できるパラダイスに行ってみよう! ■ 定番ケーキをブッフェ用にアレンジ 1軒目は、フランスの田舎の建物をイメージした愛らしい外観で、赤い屋根が特徴的な「Patisserie L'OASIS(パティスリー ロアジス)」(名古屋市西区)。店内は光を多く取り入れた明るい雰囲気で、ゆったりとした空間でくつろぐことができる。 「Patisserie L'OASIS」では、生地との相性や、それぞれの食感・コクのバランスを考え、7種類の生クリームを使い分けて作るケーキが好評。月1回開催されるブッフェでは、自慢の生クリームを使った定番ケーキをアレンジしたプチサイズのケーキが楽しめる。季節に合わせた旬のフレッシュフルーツを使用したケーキや、口溶けのいい上品な甘さのモンブランなど種類も豊富。ブッフェでしか食べることのできないケーキなどもあるので見逃せない! 【食べ放題データ】「ケーキバイキング」(90分) 時間:毎月1回(18日前後)13:00~15:00/料金:大人2009円、小学生1113円、3歳以上...more
カテゴリー:

もっと見る

「タルト」の画像

もっと見る

「タルト」の動画

Wikipedia

タルト

ケーキ類
  • タルト (洋菓子) - 洋菓子の一つでクッキー生地を使用した皿状の焼菓子。フルーツなどを盛り付けてある。
  • タルト (郷土菓子) - 薄く焼いた(もしくは焼いてスライスした)カステラ生地に餡を巻き込んだロールケーキ状の菓子。愛媛県の郷土菓子として知られる。
キャラクター

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる