「タブー視」とは?

関連ニュース

【大相撲】<慶大名誉教授が解説!>「巡業先の土俵は“女人禁制”ではない」「人命」より優先してまで守る「伝統」とは何なのか? - 04月20日(金)06:32  mnewsplus

「相撲協会は『伝統』と『人命』のどちらが大切だと思っているのか。女性に対して失礼だし、対応に疑問を抱いています」(50代女性) 4月4日、京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業で、土俵上で倒れた男性の救命措置を施した女性に、行司が「女性の方は下りてください」とアナウンスしたことについて、怒りの声は高まるばかりだ。 さらに8日、静岡市駿河区に開かれた春巡業でも、力士が土俵で子どもに稽古をつける「ちびっこ相撲」に参加予定だった小学生の女の子が、日本相撲協会からの要請で土俵に上がれなかったことが判明したのだ...
»続きを読む
カテゴリー:

性的に奔放な母親を見て育った男性が抱く「怖れ」とは - 04月17日(火)19:00 

子どもの頃の家庭環境や、幼少時に見聞きしたもの、大人になる過程で経験したことなど、私たちは外部の様々な物事に影響されている。「あの時の経験があったから、今の自分がある」と言えるようないい経験は誰しも一つや二つはあるはずだが、人生をゆがめ、窮屈にしてしまっている原因となっている「悪い経験」についてはなかなか気がつかないものかもしれない。私たちは自分の人生がゆがんでいることに気づかない。ただ、漠然とした生きづらさや苦しさを感じるのみである。■「怖れ」が幸福を遠ざける『「幸せのタイムライン」に乗る生き方の法則』(櫻庭雅文著、徳間書店刊)は、人を幸せから遠ざける原因を「怖れ」だとしている。この怖れこそが、過去の経験によって形作られる。たとえば両親の折り合いが悪い家庭で育った人は、結婚に多少なりとも臆病になる部分はあるだろうし、親に愛されている実感を持てずに育った人は、そのことを強烈なコンプレックスとして抱え続けることがある。これらはいずれも、その人を幸福から遠ざけてしまうだろう。■性的に奔放な母親を見て育った男性が抱く「怖れ」本書では、過去の経験から刷り込まれた怖れが作用して起きてしまうことの一例として「セックスレス」を挙げている。たとえば、母親の性的な一面をしばしば目にしながら育った男性のケースがそう。著者の櫻庭雅文氏は「性的に奔放な母親を見て育った男性は、自分の妻にはそうあってほしくな...more
カテゴリー:

【大炎上】韓国人が日本アニメにブチギレ激怒 / 公式サイトに旭日旗を掲載して「弱虫ペダル」炎上 - 04月02日(月)00:07  news

人気テレビアニメーション「弱虫ペダル」の公式サイトと公式Twitterが炎上している。弱虫ペダルの製作委員会が、エイプリルフールのネタとして暴走族に扮したキャラクターたちの画像を公式サイトに掲載。その画像に描かれていた旭日旗に対し、韓国人たちがブチギレ激怒。猛烈に怒りをぶつけているのである。 ・キャラクターが暴走族に扮した画像 問題が発生したのは、2018年4月1日のエイプリルフール当日。この日はさまざまなサイトやコンテンツが「エイプリルフールのネタ」としてパロディ的要素を披露する日。弱虫ペダルの公式サ...
»続きを読む
カテゴリー:

【山口敬之/準強姦揉み消し問題】伊藤詩織さん NYで語った#MeTooと日本の女性活躍【北村滋/中村格】[03/30] - 03月30日(金)20:48  seijinewsplus

『伊藤詩織さん NYで語った#MeTooと日本の女性活躍』  アメリカでは、現在、セクハラや性暴力を受けた女性が声を上げて社会に変化をもたらそうとする「#MeToo」の運動が大きなうねりを見せています。日本ではこの「#MeToo」運動の盛り上がりはいまひとつといわれていますが、2015年に受けた自らの性暴力の体験をつづった本を17年10月に出版したジャーナリストの伊藤詩織さんは、「性暴力のない社会」実現に向けて活動を続けています。3月16日には国連本部で開催された国連女性の地位委員会イベントに参加。それに先立ち開催されたニ...
»続きを読む
カテゴリー:

おい、バイアグラ使ったことあるやつ、どんな感じ? - 03月27日(火)22:27  news

【3月27日 AFP】20年前、「バイアグラ」と呼ばれる小さな青い錠剤が、米国に文化的変革をもたらした。 数百万人の高齢男性が再び性行為を行えるようになり、かつてはタブー視されていた勃起不全に関する話題が日常の会話に上るようになった。 バイアグラの誕生がきっかけとなった性機能改善という革命は、多くのカップルの性生活を活気づかせたが、その一方で、老化に伴い機能不全や性欲喪失に悩まされている女性たちはほぼ蚊帳の外だった。 1998年3月27日に米食品医薬品局(FDA)によって承認された、米製薬会社ファイザーの超大型...
»続きを読む
カテゴリー:

リニア新幹線で巨大地震発生!電磁波障害水不足で日本の危機だ! - 04月19日(木)07:03  news

【警告】リニア新幹線の建設で巨大地震発生か!? 電磁波被害、水不足も… メディアが書かない“リニア・タブー”が恐すぎる! http://tocana.jp/i/2018/04/post_16625_entry.html 最高時速505km(現在の新幹線の2倍速)で走行し、東京―名古屋―大阪をわずか1時間足らずで結ぶ「リニア中央新幹線」。 JR東海が2027年の開業を目指す“夢の超特急”だが、実現までに解決すべき課題が山積しているのが現状だ。広く叫ばれているのは河川の水枯れなどの環境破壊や、電磁波による住民・乗客の健康被害などの恐れだが、それ以上に危惧すべきもの...
»続きを読む
カテゴリー:

【陸自】“日本版海兵隊” 離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動 南西諸島を防衛 - 04月08日(日)11:17  newsplus

陸自の南西諸島配備計画 離島奪還のイメージ  「日本版海兵隊」となる陸上自衛隊の離島奪還専門部隊「水陸機動団」が始動した。7日に相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で隊旗授与式を開き、訓練を公開した。手本とする米海兵隊も参加した。中国の軍事的脅威が増す中、南西諸島の防衛力強化の要と期待される。ただ、即応体制の整備や輸送力不足など課題は少なくない。  訓練は離島が占領されたとの想定で実施した。飛来したヘリコプター2機から陸自隊員と米海兵隊員が次々と地上に降下。水陸両用車「AAV7」が砲撃しながら隊...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア】ワインスタイン氏告発の女優らは「売春婦」 ロシア大統領報道官 - 03月31日(土)18:24  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3169323?cx_position=82 2018年3月30日 13:02 発信地:モスクワ/ロシア 【3月30日 AFP】ロシアのドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は、モスクワで学生らを前に講演し、米ハリウッド(Hollywood)の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)氏をセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)で告発した女優らを「売春婦」と呼ぶとともに、ロシアの議員のセクハラ疑惑を攻め立てたジャーナリストらをさげすむ発言をした。ラジオ局「モスクワのこだま(Echo of...
»続きを読む
カテゴリー:

【薬】バイアグラの20年、青い錠剤はいかにして革命をもたらしたか - 03月28日(水)05:51  newsplus

【3月27日 AFP】20年前、「バイアグラ」と呼ばれる小さな青い錠剤が、米国に文化的変革をもたらした。数百万人の高齢男性が再び性行為を行えるようになり、かつてはタブー視されていた勃起不全に関する話題が日常の会話に上るようになった。  バイアグラの誕生がきっかけとなった性機能改善という革命は、多くのカップルの性生活を活気づかせたが、その一方で、老化に伴い機能不全や性欲喪失に悩まされている女性たちはほぼ蚊帳の外だった。  1998年3月27日に米食品医薬品局(FDA)によって承認された、米製薬会社ファイザー(Pfiz...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】バイアグラの20年、青い錠剤はいかにして革命をもたらしたか[03/27] - 03月27日(火)19:46  scienceplus

【3月27日 AFP】 20年前、「バイアグラ」と呼ばれる小さな青い錠剤が、米国に文化的変革をもたらした。 数百万人の高齢男性が再び性行為を行えるようになり、 かつてはタブー視されていた勃起不全に関する話題が日常の会話に上るようになった。  バイアグラの誕生がきっかけとなった性機能改善という革命は、多くのカップルの性生活を活気づかせたが、 その一方で、老化に伴い機能不全や性欲喪失に悩まされている女性たちはほぼ蚊帳の外だった。  1998年3月27日に米食品医薬品局(FDA)によって承認された、 米製薬会社ファイ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「タブー視」の画像

もっと見る

「タブー視」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる