「タッグ」とは?

関連ニュース

『ブレイブルー クロスタッグバトル』にテイガー、マコト、ニュー、Esが参戦決定 - 12月15日(金)20:28 

2017年12月15日、アークシステムワークスの生放送番組“あーくなま定期便”にて、新作2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロスタッグバトル』に登場する新たなキャラクターが発表された。
カテゴリー:

吉村界人に響く音楽の衝撃「サラバ静寂」場面写真披露 灰野敬二らの出演も決定 - 12月15日(金)18:00 

 「黒い暴動」の宇賀那健一監督がメガホンをとった「サラバ静寂」の場面写真がお披露目され、音楽家・灰野敬二、大貫憲章、仲野茂の出演が明らかになった。  吉村界人、SUMIRE、若葉竜也らフレッシュなキャストが結集した本作は、音楽、映画、小説などあらゆる娯楽を禁止する法律「遊楽法」が施行された世界を描く物語。ネジ工場に勤務し、そこで働くだけの日々を送っていたミズト(吉村)とトキオ(若葉)。ある日、2人は根絶されたはずの音楽が大量に保存されている廃墟を偶然発見する。音楽の世界に魅了されたミズトとトキオは「サノバノイズ」という闇ライブが今でも開催されていることを知り、そのライブに行くことを夢見て、音楽作りをスタート。だが、音楽を心から憎む杉村(斎藤工)率いる警察、父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)が廃墟へ向けて歩みを進めていた。  公開された場面写真は、ミズトとトキオが初めて音楽の素晴らしさに気づく瞬間を活写したもの。物珍しそうにギターに触れ、ヘッドホンを付けながら、音楽作りに没頭している光景も切りとられている。  自らの美学を貫く姿や求道的な音楽への姿勢で、日本のアンダーグラウンド音楽界のなかでも重要な存在となっている灰野。ロックをはじめ、フリージャズ、舞踏などジャンルを超えた国内外のアーティストとセッションを重ね続けており、本作ではミズトとトキオの2人に音楽という“衝撃”を与え...more
カテゴリー:

日本最大級のGIFアニメコンテスト"theGIFs2017"今年もGIFクリエイターの頂点が決定。 - 12月15日(金)17:39 

[株式会社GIFMAGAZINE] [画像1: https://prtimes.jp/i/13629/32/resize/d13629-32-238546-0.jpg ] 2017年12月10日(日)、毎年AdobeとGIFMAGAZINEがタッグを組んで実施している日本最大級のGIFアニメコンテスト「theGIFs -Award of GIF C...
カテゴリー:

ポケモン映画最新作、監督が矢嶋哲生に!湯山邦彦はスーパーバイザーとして参加 - 12月15日(金)12:47 

ポケモン映画最新作が、2018年7月13日(金)に公開されることが決定。この度、第1弾ポスターが解禁となった。今年の夏に公開された記念すべき劇場版第20作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、公開されるや週末動員ランキングで見事1位を獲得。300万人を超える動員を記録し、日本中を熱い涙と感動で席巻した。その後も世界の計36か国で上映され、世界中のポケモンファンにとっても忘れることのない特別な作品となった。1997年に放送されたアニメ第1話の最後で、空を飛ぶホウオウを見つけ、「いつか一緒にあいつに会いに行こうぜ」と誓ったサトシとピカチュウが本当のパートナーとなるまでの成長物語が展開した『キミにきめた!』のエンディングで、さらなる冒険に向けて旅立った二人。最新作では、そんな二人が新たな仲間と出会う様子が描かれる。解禁されたポスターは、まだ見ぬ仲間たちの登場を予感するものに。さらに、本作の監督には『キミにきめた!』で副監督を務めた矢嶋哲生が抜擢。1作目から劇場版の監督を続けていた湯山邦彦からバトンを受け継ぐことになった。20年間監督を務めた湯山は、アニメーションスーパーバイザーとして引き続き本シリーズに参加する。さらには、キャラクターデザインに金子志津枝、アニメーション制作では新進気鋭のWIT STUDIOが新たにOLMとタッグを組み、ポケモン映画に新しい風を吹き込む。 ...more
カテゴリー:

まさかのプロレス!? Facebookがオリジナル動画コンテンツを配信 - 12月15日(金)12:30 

Image: WWE アメリカではショウビジネスの一翼を担っていますからね。NetflixやHulu、Amazonに負けじと、アメリカのFacebookも動画配信が始まっています。それはFacebook Watchという機能で、すでにMachinima(マシニマ)がプロバイダーとなり、『Co-Op Connection』と『Dank/Fire 』、それに『Action Figures』というシリーズなどが配信されています。そこで新たに始まるシリーズがなんと、プロレス団体WWEによる20分x12話の番組『Mixed Match Challenge』。配信開始は2018年1月16日となっています。これはタッグ・チームによるトーナメント戦で、買ったチームには賞金10万ドル(約1130万円)が与えられます。ですがそれを懐に入れるのか、それとも寄付に回すのかといった選択肢が与えられるので、チームが何を選ぶのかもまた見所のひとつになりそうです。WWEはすでに『WWE・ロウ』と『スマックダウン』という2番組を持っていますが、この『ミックスド・マッチ・チャレンジ』はそれらと並行して収録・配信されるのです。この番組はお馴染みの顔ぶれも多く登場し、たとえば女性チャンピオンのシャーロット・フレアーとナッティ・ナイドハートがタッ...more
カテゴリー:

【プロレス】「見せ物の何が悪い」障がい超えたエンターテイナーに拍手喝さい 東京 - 12月15日(金)18:56  mnewsplus

東京都港区で行われた舞台公演「月夜のからくりハウス~平成まぜこぜ一座~」公開リハーサルで、ダンプ松本さんと対戦する「小人プロレス」のレスラーたち(2017年12月10日撮影)。(c)AFPBB News/Yoko Akiyoshi 【AFPBB News】義足のダンサー、手話漫才コンビ、自閉症ミュージシャン、小人プロレスラー、ドラァグクイーン‥。個性豊かなパフォーマーが一堂に会する一夜限りの公演「月夜のからくりハウス~平成まぜこぜ一座~」が10日、東京都港区で行われた。障害の有無や程度を超えて繰り広げられる芸のモットーは、「見られる」では...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドラゴンボール ファイターズ」開発陣インタビュー。バンダイナムコエンターテインメント×アークシステムワークスが目指す“格闘ゲームの次のステージ”とは - 12月15日(金)18:00 

 バンダイナムコエンターテインメントから2018年2月1日に発売の「ドラゴンボールファイターズ」は,同社とアークシステムワークスがタッグを組んで制作する対戦格闘ゲームだ。アニメファンも格闘ゲーマーも注目せざるを得ない本作だが,4Gamerではその開発陣へのインタビューを実施した。
カテゴリー:

ミカンの愛媛と畑作の北海道がタッグ 労働力確保でJA - 12月15日(金)15:49 

 ミカンの一大産地・愛媛県と、畑作などが盛んな北海道の両JAが14日、姉妹協定を結んだ。農作業の忙しい時期がずれていることを生かし、人手不足を補い合うのがねらいだ。 手を組んだのは、愛媛県八幡浜市の「…
カテゴリー:

ポケモン映画最新作、監督が矢嶋哲生に!湯山邦彦はスーパーバイザーとして参加 - 12月15日(金)12:45 

ポケモン映画最新作が、2018年7月13日(金)に公開されることが決定。この度、第1弾ポスターが解禁となった。今年の夏に公開された記念すべき劇場版第20作『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、公開されるや週末動員ランキングで見事1位を獲得。300万人を超える動員を記録し、日本中を熱い涙と感動で席巻した。その後も世界の計36か国で上映され、世界中のポケモンファンにとっても忘れることのない特別な作品となった。1997年に放送されたアニメ第1話の最後で、空を飛ぶホウオウを見つけ、「いつか一緒にあいつに会いに行こうぜ」と誓ったサトシとピカチュウが本当のパートナーとなるまでの成長物語が展開した『キミにきめた!』のエンディングで、さらなる冒険に向けて旅立った二人。最新作では、そんな二人が新たな仲間と出会う様子が描かれる。解禁されたポスターは、まだ見ぬ仲間たちの登場を予感するものに。さらに、本作の監督には『キミにきめた!』で副監督を務めた矢嶋哲生が抜擢。1作目から劇場版の監督を続けていた湯山邦彦からバトンを受け継ぐことになった。20年間監督を務めた湯山は、アニメーションスーパーバイザーとして引き続き本シリーズに参加する。さらには、キャラクターデザインに金子志津枝、アニメーション制作では新進気鋭のWIT STUDIOが新たにOLMとタッグを組み、ポケモン映画に新しい風を吹き込む。 ...more
カテゴリー:

演出家・山崎彬が期待の若手俳優と挑む『笑う吸血鬼』 - 12月15日(金)10:13 

「地元出身クリエイターによる地元発の舞台」として企画された第一弾公演で、関西出身の劇団鹿殺し・丸尾丸一郎と悪い芝居・山崎彬が初タッグ。上演するのは、丸尾末広の同名漫画を原作にした怪奇幻想歌劇『笑う吸血鬼』で、丸尾丸一郎が脚本を、山崎が演出を務める。公演に向けて、山崎とキャストの大原海輝、ゆうたろう、高本学に話を聞いた。怪奇幻想歌劇『笑う吸血鬼』チケット情報(PC)原作は「漫画を読んでいる感覚というより、絵画を観ているような感覚になりました」と大原が語るように、耽美かつ退廃的な世界観が魅力。謎の駱駝女から血を受けて吸血鬼となった14歳の美少年・毛利耿之助(こうのすけ)を中心に、思春期の若者たちの苦悩や葛藤が描かれる。演じる役について、耿之助役の大原は「原作を読んだときは、飄々としている男の子だなって思ったんですけど、戯曲をもとに演じていると、内で燃えるものや人間味がちゃんとあって。生きているからこその感情や心の変化をすごく感じています」と語り、8年前に失踪した姉・ミコを探し続ける橘マコト役のゆうたろうは「いじめられっ子で独りぼっちだけど、一番エネルギーを持っている子だなと思う。僕も割とひとりでいることが好きなタイプだったので、自分との共通点をつなぎつつ、マコトの大きなエネルギーを自分なりに作り上げたいですね」と意気込む。吸血鬼に憧れて放火を繰り返す辺見外男役の高本は「自分の思春期のこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「タッグ」の画像

もっと見る

「タッグ」の動画

Wikipedia

  • redirectタグ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる