「タカラジェンヌ」とは?

関連ニュース

未来のタカラジェンヌ入学式 - 04月17日(火)14:43 

未来のタカラジェンヌ入学式:宝塚音楽学校で入学式が行われ、未来のタカラジェンヌたちが第一歩を踏み出した。...
カテゴリー:

憧れの「タカラジェンヌ」へ、宝塚音楽学校で入学式 - 04月17日(火)13:01 

 未来のタカラジェンヌが第一歩を踏み出しました。
カテゴリー:

宝塚入学式 毬菜友を母に持つ木村鞠菜さんが答辞 - 04月17日(火)12:37 

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校の106期生入学式が17日、兵庫県宝塚市の同校で行われ、元月組トップ紫吹淳と同期の毬菜友(まりな・とも)を母に持つ木村鞠菜(まりな)さんが、新入生総代として答辞を述べた。  グレーの制服に身を包み、…
カテゴリー:

40人、憧れのタカラジェンヌへ 宝塚音楽学校で入学式 - 04月17日(火)11:39 

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で17日、106期生の入学式があった。競争率24・1倍の難関を突破した40人が晴れやかな笑顔を見せ、タカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。 グレーの制服姿の新入生たちは1人…
カテゴリー:

平祐奈、主演ドラマ撮了に「感極まって涙…目から汗が」 - 04月12日(木)21:20 

4月16日(月)スタートのメ~テレドラマ「ミューブ♪~秘密の歌園~」(毎週月曜夜0:55-1:26)の制作発表記者会見が都内にて行われ、平祐奈、大友花恋、優希美青、中村里帆、鶴田奈々、高月彩良、脚本の池田テツヒロ、宝来忠昭監督が登壇した。 【写真を見る】ミュージカル部らしいあいさつを披露する平たち 同作は、とある女子高のミュージカル部を廃部の危機から救うため奮闘するイケコ(平)ら女子高校生の姿を描く、個性派オリジナル“シットコムドラマ”。 会見は、お嬢様女子高が舞台ということで、出演の6人が「ごきげんよう」とあいさつをしてスタート。 主演の平は「舞台経験もなく撮影前は不安だったんですがスタッフさん、5人のミューブのメンバーにパワーをもらって、笑顔で毎日頑張れました。タイトなスケジュールの中ですごく絆が深まって部活をやり切った! 達成感を味わいました。クランクアップ少し前にはそれらの思いが沸き上がってきて感極まって涙…目から汗が出てきちゃいました」と元気よく語った。 部長・イケコを支えるしっかり者のブッチを演じる大友は「笑いの絶えない現場で撮影中どうやって笑いをこらえようかと思うほどでした。6人それぞれが、途中から役と自分が近づいて、自然体でお芝居ができたと思います」と撮影の様子を明かした。 陰のある少女ウラミユ役の優希は「朝から晩までみんな一緒で、すごくパワフルな現場でした。その勢...more
カテゴリー:

タカラジェンヌへ 宝塚音楽学校入学式 4/17 14:39更新 - 04月17日(火)14:39 

宝塚音楽学校で17日朝、入学式が行われ、新入生がタカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。
カテゴリー:

宝塚音楽学校で入学式 - 04月17日(火)12:46 

兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で17日入学式が行われ、未来のタカラジェンヌを目指す40人が初舞台に向けた第一歩を踏み出しました。
カテゴリー:

宝塚音楽学校:晴れの入学式 40人、狭き門くぐり抜け - 04月17日(火)11:50 

 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で17日、第106期生の入学式があり、24.1倍の狭き門をくぐり抜けた40人がタカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。2年間かけて声楽やダンスを学び、2020年春の初舞台を目指す。
カテゴリー:

宝塚で晴れの入学式 音楽学校に40人 - 04月17日(火)10:30 

 兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は17日、同校で106期生の入学式を開いた。  新入生は24・1倍の難関をくぐり抜けた17都府県の40人。晴れの式を終えると、タカラジェンヌとして舞台に立つため2年間のトレーニング生活に入る。…
カテゴリー:

【ジェンヌの卵】宝塚音楽学校で合格発表 40人が難関を突破 - 03月29日(木)17:30  mnewsplus

宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市武庫川町)で29日午前、第106期生の合格発表があった。兵庫県出身者8人を含む40人が難関を突破し、タカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。  応募できるのは15歳から18歳の女性で、かつ「容姿端麗で、卒業後宝塚歌劇団生徒として舞台人に適する方」とされる。  入学試験は3次まであり、受験生は面接や歌唱試験、舞踊試験などを通じて個性や将来性が審査された。今回は国内外から965人が受験し、競争倍率は24・1倍だった。  午前10時、合格者の受験番号が張り出されると、番号を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「タカラジェンヌ」の画像

もっと見る

「タカラジェンヌ」の動画

Wikipedia

タカラジェンヌは、宝塚歌劇団の団員に対する愛称である。

宝塚と「パリジェンヌ()フランス語では地名に接尾辞「ィエンヌ ()」をつければ「その地の女性」という意味になる(男性は「ィアン 」をつける)。で「パリ人」の女性形となる。語には特段お洒落との関連はない。(アルルの女)となる。」を合成した言葉であり、おしゃれな団員をパリジェンヌのイメージに連想したものである。

単に「ジェンヌ」と略されるときもある。ファンが団員を指すときには「ジェンヌさん」などのように呼ぶ。

語誌

小林一三は宝塚音楽学校の生徒が「ヅカガール」をはじめとする様々な名称で呼ばれることを嫌い、タカラジェンヌと呼ぶことを発案した。最初にこの言葉が公式に登場したのは、1937年の「たからじぇんぬ」(白井鐵造作)においてである。以来タカラジェンヌをモチーフにしたショーや楽曲が多数制作されている。

しかし、宝塚歌劇団の外部ではタカラジェンヌの愛称はなかなか普及しなかった。大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録・宝塚歌劇団の項によると、1970年代...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる