「タイ国際航空機」とは?

関連ニュース

羽田空港に着陸のタイ国際航空機、重大インシデントとして調査 - 04月18日(水)17:09 

運輸安全委員会は、4月11日にバンコク発東京/羽田行きのタイ国際航空660便(ボーイング747-400型機、機体記号:HS-TGX)が、着陸進入中に地上に接近し、対地接近警報装置の警報が作動したとして、重大インシデントとして調査を開始した。 同便は現地時間午後6時43分にバンコクのスワンナプーム国際空港を離陸、羽田空港のC滑走路に向けて進入中、羽田空港の北東約8キロの場所で、地上に約170メートルまで接近した。対地接近警報装置の警報が作動したため、上昇の後、着陸をやり直し、翌12日午前0時4分に羽田空港のB滑走路に着陸した。負傷者はいなかった。
カテゴリー:

警報作動、着陸やり直し=タイ国際航空機、けが人なし-羽田 - 04月17日(火)12:41 

 国土交通省は17日、タイ・バンコク発羽田行きタイ国際航空660便(ボーイング747型機)が11日深夜に羽田空港付近を飛行中、水面や地上への接触を回避するための警報が作動し、着陸をやり直したと発表した。乗客乗員384人にけがはなかった。 同省は、操縦士が滑走路と同機の位置関係を十分に把握しておらず、高度を下げ過ぎたとみて、事故につながる恐れがある重大インシデントに当たると判断。運輸安全委員会は17日、調査官4人を指名した。 【時事通信社】
カテゴリー:

羽田空港に着陸のタイ国際航空機、重大インシデントとして調査 - 04月18日(水)17:09 

運輸安全委員会は、4月11日にバンコク発東京/羽田行きのタイ国際航空660便(ボーイング747-400型機、機体記号:HS-TGX)が、着陸進入中に地上に接近し、対地接近警報装置の警報が作動したとして、重大インシデントとして調査を開始した。 同便は現地時間午後6時43分にバンコクのスワンナプーム国際空港を離陸、羽田空港のC滑走路に向けて進入中、羽田空港の北東約8キロの場所で、地上に約170メートルまで接近した。対地接近警報装置の警報が作動したため、上昇の後、着陸をやり直し、翌12日午前0時4分に羽田空港のB滑走路に着陸した。負傷者はいなかった。 投稿 羽田空港に着陸のタイ国際航空機、重大インシデントとして調査 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

国交省:タイ機、着陸やり直し 重大インシデントに該当 - 04月17日(火)12:27 

 国土交通省は17日、タイ国際航空機が11日に羽田空港に着陸する際、地面・海面への衝突を回避する緊急操作があったとして、重大インシデントに該当すると判断した。乗客乗員384人にけがはなかった。運輸安全委員会は17日、調査を始めた。
カテゴリー:

「タイ国際航空機」の画像

もっと見る

「タイ国際航空機」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる