「タイトル曲」とは?

関連ニュース

【テレビ】<“韓国のNHK”>アイドル発掘番組が「AKBのまるパクリ」と物議!「どう見ても同じもの」「ありふれた演出ということでは?」 - 10月16日(月)15:27  mnewsplus

2017年10月13日、韓国・マイデイリーなどによると、韓国の公共放送KBS2が始動した「アイドル・リブーティング・プロジェクト ザ・ユニット」がミュージックビデオを公開したが、日本のAKB48のステージに酷似しているとの指摘が上がっている。 「ザ・ユニット」はその名の通り、韓国の元・現職アイドルの価値を改めて見いだし、韓国を代表するユニットとして「再起」させようという趣旨のオーディション番組。今月28日の番組初放送を前に、13日にタイトル曲「マイターン」のステージ映像を含むミュージックビデオが公開された。 しか...
»続きを読む
カテゴリー:

【すぅ(SILENT SIREN)インタビュー】攻めの新曲「ジャストミート」を語る - 10月14日(土)19:46 

10月11日にリリースされたSILENT SIRENの2017年・第3弾シングル「ジャストミート」。タイトル曲は“ロックバンド・SILENT SIREN”のむき出し感を強く打ち出した、前のめりなロックチューンだ。本作でカップリング曲「フユコイ」を含め作詞を担当したすぅは、どのようにしてこれらの歌詞を完成させたのだろうか。 【写真を見る】「ジャストミート」ミュージックビデオ撮影中の独占オフショットをお届け!/Photo by ハタサトシ ■ サイサイのライブに行ったらこれが聴きたい、みたいな曲にしたい ──ニューシングル「ジャストミート」ですが、表題曲はめちゃめちゃロックしてますね。すごく攻めてるなと思いましたよ。 ギターのリフがちょっと渋いというか、個人的にすごく好きですね。しかも、イントロから「おおっ、来たな!」と思える曲かなって。 ──シンプルですごく太い感じ印象の楽曲で。 特に今年のシングル(3月発売の「フジヤマディスコ」、5月発売の「AKANE / あわあわ」)はカラフルな印象が強かったので、そこでの新鮮さがすごくありました。シンプルで音数も今までほど多くないけど、サイサイらしさも残しつつ、っていう曲をオーダーされて、クボくん(サウンドプロデューサー・クボナオキ)が何曲か上げてきたうちの一曲なんです。スタッフさんが「この曲がすごく良い」ということで、じゃあこの曲に歌詞を書い...more
カテゴリー:

カズオ・イシグロが歌詞を提供! ステイシー・ケントのニューアルバム『アイ・ノウ・アイ・ドリーム』10月25日発売 - 10月06日(金)16:37 

キュートな歌声と知性溢れる作品で日本でも人気の高い女性ジャズ・シンガー、ステイシー・ケント。2015年11月にリリースした『テンダリー』以来、2年振りとなる新作『アイ・ノウ・アイ・ドリーム』が10月25日にソニー・ミュージックより発売となる。 今作では長年の夢であったオーケストラとの共演が実現。カルロス・ジョビンの「ダブル・レインボウ」「フォトグラフ」、セルジュ・ゲンスブールの「失われた恋」、ニノ・フェレールの「マデュレイラ通り」などの名曲を美しいストリングス・サウンドをバックにキュートな歌声で聴かせる。 ハイライト・トラックのひとつが、今年2月の来日公演でも披露した「バレット・トレイン(新幹線)」。今年のノーベル文学賞に選ばれたカズオ・イシグロが歌詞を手掛けた書下ろしの最新曲だ。 「Tokyo to Nagoya, Nagoya to Berlin」がというフレーズや「shoulder」「closer」「future」「older」といった韻を踏んだ歌唱に聞き入っていると、時間があっという間に過ぎていくほど、素晴らしい作品に仕上がっている。 また、前々作のアルバム・タイトル曲でもある「チェンジング・ライツ」をストリングス・ヴァージョンで再録。この作品もカズオ・イシグロが歌詞を手掛ている。プロデュースは彼女の夫で人気UKサックス奏者のジム・トムリンソン。 ステイシー・ケン...more
カテゴリー:

【音楽】防弾少年団の新アルバム 日本、米国、英国、豪州など73カ国で1位=韓国歌手最多 - 09月19日(火)13:56  mnewsplus

【ソウル聯合ニュース】韓国の7人組アイドルグループ、 防弾少年団の新ミニアルバム「LOVE YOURSELF  承 ‘Her’」が、世界73カ国・地域のiTunes (アイチューンズ、米アップルのコンテンツ配信サービス)で 1位を席巻した。所属事務所のビッグヒットエンターテイン メントが19日、伝えた。  同作はこの日午前8時現在、日本、米国、英国、オース トラリアなど73カ国・地域のiTunesの総合アルバム ランキングで1位となり、韓国アーティストとして1位獲得国・ 地域の最多記録を打ち立て...
»続きを読む
カテゴリー:

[芸能]TWICE 30日に1stフルアルバムリリース - 10月16日(月)10:27 

【ソウル聯合ニュース】韓国9人組ガールズグループのTWICE(トゥワイス)が30日午後6時、ファーストフルアルバム「TWICETAGRAM」をリリースする。所属事務所は16日、大手ポータルサイトNAVER(ネイバー)のVライブで同アルバムのタイトル曲「LIKEY」のトレーラー映像を公開した。
カテゴリー:

ステイシー・ケントの最新作に カズオ・イシグロ氏が歌詞を提供 - 10月09日(月)12:00 

キュートな歌声と知性溢れる作品で日本でも人気の高い女性ジャズ・シンガー、ステイシー・ケント。2015年11月にリリースした『テンダリー』以来、2年振りとなる新作『アイ・ノウ・アイ・ドリーム』が10月25日にソニー・ミュージックより発売される。 今作では長年の夢であったオーケストラとの共演が実現。カルロス・ジョビンの「ダブル・レインボウ」「フォトグラフ」、セルジュ・ゲンスブールの「失われた恋」、ニノ・フェレールの「マデュレイラ通り」などの名曲を美しいストリングス・サウンドをバックにキュートな歌声で聴かせる。ハイライト・トラックのひとつが、2017年2月の来日公演でも披露した「バレット・トレイン(新幹線)」。2017年のノーベル文学賞に選ばれたカズオ・イシグロ氏が歌詞を手掛けた書下ろしの最新曲。「Tokyo to Nagoya, Nagoya to Berlin」がというフレーズや「shoulder」「closer」「future」「older」といった韻を踏んだ歌唱に聞き入っていると、時間があっという間に過ぎていくほど、素晴らしい作品に仕上がっている。また、前々作のアルバム・タイトル曲でもある「チェンジング・ライツ」をストリングス・ヴァージョンで再録。この作品もカズオ・イシグロが歌詞を手掛ている。プロデュースは彼女の夫で人気UKサックス奏者のジム・トムリンソン。 ステイシー・ケ...more
カテゴリー:

【SCANDAL】SCANDAL、新曲「恋するユニバース」MVに女性の色気 - 10月05日(木)14:10 

SCANDALが10月22日、配信限定シングル「恋するユニバース」をリリースする。同タイトル曲のティザー映像がオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされたこ...
カテゴリー:

「タイトル曲」の画像

もっと見る

「タイトル曲」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる