「タイガーマスク」とは?

関連ニュース

『ONE PIECE』作曲家がオリジナルヒーローソング作成!? アニメ&特撮の名曲を紹介 - 11月18日(土)09:00 

司会を務める音楽知識ゼロのバナナマン&川田裕美と共に音楽を楽しんでいくバラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合、毎週土曜22:20~)。11月18日放送は、 井上小百合(乃木坂46)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、土田晃之、中川翔子らを迎えて、アニメ・特撮のヒーローソングを特集する「ヒーローソングSP」をおくる。今回、冬木透、菊池俊輔、渡辺宙明、田中公平といった偉大な4人の作曲家たちの名曲をクイズで振り返ることに。『ウルトラセブン』など「ウルトラシリーズ」の音楽を数多く担当した冬木が手掛けた“ワンダバ”とは一体? また、『タイガーマスク』『ドラえもん』といったアニメや、『仮面ライダー』シリーズなどの特撮、『キイハンター』『暴れん坊将軍』などのドラマなど様々な有名作品を手掛けたヒットメーカーの菊池。そんな彼が生み出したイントロ名曲集を届ける。そして、『マジンガーZ』『人造人間キカイダー』など様々な特撮・アニメ音楽を作り出した渡辺の『太陽戦隊サンバルカン』に、スタジオは大盛り上がり。『ONE PIECE』も担当した田中は、番組オリジナルヒーローソングを作成する。さらに、アニソン歌手の串田アキラが登場。『宇宙刑事ギャバン』を熱唱する。 関連リンク 『バナナ♪ゼロミュージック』公式サイト
カテゴリー:

くりぃむ有田&ビビる大木、悲運のレスラーから人生の教訓を学ぶ - 11月14日(火)18:00 

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平のトーク番組『有田と週刊プロレスと シーズン2』(Amazonプライム・ビデオ 毎週火曜 深0:00配信)。15日配信の「No.17」からは、大のプロレス好きのお笑い芸人・ビビる大木がゲスト出演し、有田と熱すぎるプロレストークを繰り広げる。 【写真】プロレスグッズが満載!『有田と週刊プロレスと』スタジオセット  同番組は、有田が『週刊プロレス』を教科書代わりに、豊富な知識とトーク力でプロレスの魅力をゲストに徹底的に語りかけ、プロレスから学ぶべき人生の教訓を伝授するトークバラエティー。有田の話術と見事な物まねにハマる人が続出で、シーズン1はAmazonカスタマーレビューで「星4.8」という高評価を獲得している。  今回のゲストの大木は、ジャンボ鶴田の大ファン。右手を突き上げ「オー!」と叫んでアピールする物まねを披露するなど、有田同様にプロレスファンとして知られる。そんな大木を迎えて、有田が教科書にした週プロは『1983年11月22日号』で、“悲運のマスクマン”ザ・コブラを徹底紹介する。  この頃の新日本プロレスでは、アントニオ猪木率いる正規軍と、長州力やアニマル浜口らの維新軍が抗争を繰り広げていた。そんな中、日本中を熱狂させていた人気レスラーのタイガーマスクが突然の引退となり、次なるスタートして期待されたザ・コブラが日本デビューするこ...more
カテゴリー:

「試合に勝った方が強い」伝説のキックボクサー藤原敏男の勝負論【最強レスラー数珠つなぎvol.14】 - 11月05日(日)08:41 

「最強レスラー数珠つなぎ」――毎回のインタビューの最後に、自分以外で最強だと思うレスラーを指名してもらい、次はそのレスラーにインタビューをする。プロレスとはなにか。強さとはなにか。この連載を通して探っていきたい。 「機動隊が50人、襲いかかってきたらしいです。それをすべてかわしたら、今度は柔道の猛者たちがやってきた。捕まった藤原先生の身元引受人になったのが、黒崎先生だったとか」  藤原敏男の強さを教えてほしいと言うと、弟子の小林聡はそう言って笑った。本人は「若いときは喧嘩もした」と控えめに言うが、おそらく相当、やんちゃをしたのだろう。武勇伝は数知れない。  伝説のキックボクサー。外国人で初めてムエタイの頂点・ラジャダムナン王者になった。タイに行くといまでもレッドカーペットが敷かれ、藤原を見つけるとヒクソン・グレイシーが走ってくるという。ヨーロッパのキックボクシングの拠点になったオランダ目白ジムには、道場の壁一面に藤原の写真が飾られている。 「先生に教わったことは、パンチでもキックでも技術でもなく、人間そのものを強くするということです」  試合に負けると、容赦なく罵倒してくる。それから1か月間は、ジムに行っても目を合わせてくれない。プライドをズタズタにされた。見返してやる――そうして小林はWKAムエタイ世界ライト級王者になった。  佐山サトルは、藤原敏男は立派な人だと言っ...more
カテゴリー:

【プロレス】75歳のマスカラスが華麗な空中殺法を披露、藤波、武藤との夢トリオが劇的勝利 - 10月27日(金)22:23  mnewsplus

◆ドラディション「スカイハイ・ドラゴンツアー」(27日・後楽園ホール)観衆1212 【写真】記念撮影する藤波辰爾、初代タイガーマスク、ミル・マスカラス、武藤敬司  プロレス界の“レジェンド”藤波辰爾(63)が、“仮面貴族”ミル・マスカラス(75)、武藤敬司(54)と夢のトリオを結成し、 ザ・グレート・カブキ(69)、新崎人生(50)、KAZMA SAKAMOTO(35)と対戦し、マスカラスがトップロープからの ダイビングボディアタックでSAKAMOTOを抑え、勝利した。  75歳のマスカラスが空...
»続きを読む
カテゴリー:

『ONE PIECE』作曲家がオリジナルヒーローソング作成!? アニメ&特撮の名曲を紹介 - 11月17日(金)18:42 

司会を務める音楽知識ゼロのバナナマン&川田裕美と共に音楽を楽しんでいくバラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合、毎週土曜22:20~)。11月18日放送は、 井上小百合(乃木坂46)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、土田晃之、中川翔子らを迎えて、アニメ・特撮のヒーローソングを特集する「ヒーローソングSP」をおくる。今回、冬木透、菊池俊輔、渡辺宙明、田中公平といった偉大な4人の作曲家たちの名曲をクイズで振り返ることに。『ウルトラセブン』など「ウルトラシリーズ」の音楽を数多く担当した冬木が手掛けた“ワンダバ”とは一体? また、『タイガーマスク』『ドラえもん』といったアニメや、『仮面ライダー』シリーズなどの特撮、『キイハンター』『暴れん坊将軍』などのドラマなど様々な有名作品を手掛けたヒットメーカーの菊池。そんな彼が生み出したイントロ名曲集を届ける。そして、『マジンガーZ』『人造人間キカイダー』など様々な特撮・アニメ音楽を作り出した渡辺の『太陽戦隊サンバルカン』に、スタジオは大盛り上がり。『ONE PIECE』も担当した田中は、番組オリジナルヒーローソングを作成する。さらに、アニソン歌手の串田アキラが登場。『宇宙刑事ギャバン』を熱唱する。 関連リンク 『バナナ♪ゼロミュージック』公式サイト
カテゴリー:

【芸能】ダウンタウン・松本人志のハロウィンコスプレにウエンツ瑛士が冷静ツッコミ「筋肉見せたいだけ」 - 11月06日(月)21:18  mnewsplus

5日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」に出演したダウンタウンの松本人志がハロウィーンについて話した。 番組では、近年、盛り上がりを見せているハロウィーンだが、今年はどう過ごしたのかをトークしていった。 出演していたウエンツ瑛士は「僕は一切しないですね」「パーティーなんてしたことがないですよ」と仮装なども楽しんでいないと明かした。 ウエンツの発言に驚いた様子を見せた松本は自身のコスプレについて「今年は僕できてないんですよ。だって天気悪かったでしょ?」と話し、天気が良ければ”タイガーマスク...
»続きを読む
カテゴリー:

【プロレス】ミル・マスカラス(75)がダイビングボディーアタックで勝利! - 10月28日(土)18:43  news

27日のドラディション東京・後楽園ホール大会で“炎の飛龍”藤波辰爾(63)が “仮面貴族”ミル・マスカラス(75)、武藤敬司(54)と夢トリオを結成した。 夢トリオはザ・グレート・カブキ(69)、新崎人生(50=みちのくプロレス)、 KAZMA SAKAMOTO(35)組と激突。 武藤対カブキの“親子対決”で始まったが、やはり仮面貴族の独壇場だ。 SAKAMOTOを老かいなテクニックで翻弄すると、フライングクロスチョップ2連発で喝采を浴びる。 最後は、藤波がSAKAMOTOにドラゴンスクリューを決...
»続きを読む
カテゴリー:

「タイガーマスク」の画像

もっと見る

「タイガーマスク」の動画

Wikipedia

タイガーマスクは、梶原一騎原作、辻なおき作画のプロレス漫画およびアニメ作品。

概要

1968年から1971年にかけて、以下の漫画雑誌に連載された。

知名度の点では、巨人の星あしたのジョーと並んで、梶原一騎の代表作に数えられる。

作品の特徴としては、

  • 同じ孤児という出自で格闘技の世界に身を投じるあしたのジョーの主人公・矢吹丈と、本作の伊達直人の好対照
  • 「大金を稼げるようになったのは虎の穴のおかげ、恩知らずは死ね!」と断じる“育ての親”との死闘という、巨人の星の星親子よりさらに壮絶な...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる