「タイガーエア」とは?

関連ニュース

【イベントレポート】【関空旅博2018】タイガーエア台湾、台北/高雄線の往復航空券などが当たる「おみくじ」抽選会 3000円引き券と2000円引き券は計80名分用意 - 05月19日(土)23:48 

 タイガーエア台湾は、5月19日~20日に関西国際空港で開催されている「関空旅博2018」に出展(ブース番号:N93)。「開運おみくじ大抽選会」と題し、関空~台北または高雄の往復航空券(2名)などが当たるキャンペーンを実施している。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、日本線全線でセール 片道4,900円から - 05月18日(金)20:48 

タイガーエア・台湾はあす5月19日午前11時から、「ファミリー旅セール」を開催する。 対象路線と片道運賃は、沖縄/那覇~台北/桃園・高雄線が4,900円から、福岡・岡山・名古屋/中部~台北/桃園線と福岡~高雄線が5,300円から、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西~台北/桃園線と東京/成田・大阪/関西~高雄線が5,600円から、仙台・函館~台北/桃園線が5,900円から、花巻~台北/桃園線が8,900円から、茨城~台北/桃園線が9,200円から、旭川~台北/桃園線が10,500円から、小松~台北/桃園線が11,600円から。 いずれも空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は5月19日から8月31日まで。販売期間は5月20日午後11時59分まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了する。 ⇒詳細はこちら 投稿 タイガーエア・台湾、日本線全線でセール 片道4,900円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

チャイナエアラインとマンダリン航空、桃園国際空港での搭乗手続きを出発60分前に締め切り 6月15日から - 05月15日(火)17:35 

チャイナエアラインとマンダリン航空は、台北・桃園国際空港での搭乗手続きを、6月15日より出発時刻の60分前で締め切る。 対象となるのは、チャイナエアラインとマンダリン航空が運航する全便と、タイガーエア・台湾が運航する無錫行きのIT129便(CI8609便)。乗客が時間に余裕を持って保安検査・出国手続きへ進めるようにする。 チャイナエアラインとマンダリン航空は桃園国際空港で、アメリカ・カナダ・オーストラリア・日本・中国行きは第2ターミナル、それ以外の地域行きは第1ターミナルを使用している。 ⇒詳細はこちら 投稿 チャイナエアラインとマンダリン航空、桃園国際空港での搭乗手続きを出発60分前に締め切り 6月15日から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、「台湾デー」開催記念でセール開催 片道5,300円から - 05月11日(金)14:41 

タイガーエア・台湾は、6月5日と6日に阪神甲子園球場で開催される阪神対オリックス戦を「台湾デー」として開催するのを記念し、大阪/関西・岡山発着路線を対象に「台湾デー開催記念キャンペーン」を、5月11日午前11時から12日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、岡山〜台北/桃園線は5,300円から、大阪/関西〜台北/桃園・高雄線は5,600円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は5月11日から9月30日まで。 タイガーエア・台湾は2014年9月26日に台北/桃園~シンガポール線で運航を開始。日本には2015年4月2日に東京/成田~台北/桃園線で初就航し、現在では東京/成田・東京/羽田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・函館・仙台・岡山・沖縄/那覇に就航している。 ⇒詳細はこちら 投稿 タイガーエア・台湾、「台湾デー」開催記念でセール開催 片道5,300円から は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、日本線全線でセール 片道4,900円から - 05月18日(金)20:48 

タイガーエア・台湾はあす5月19日午前11時から、「ファミリー旅セール」を開催する。 対象路線と片道運賃は、沖縄/那覇~台北/桃園・高雄線が4,900円から、福岡・岡山・名古屋/中部~台北/桃園線と福岡~高雄線が5,300円から、東京/羽田・東京/成田・大阪/関西~台北/桃園線と東京/成田・大阪/関西~高雄線が5,600円から、仙台・函館~台北/桃園線が5,900円から、花巻~台北/桃園線が8,900円から、茨城~台北/桃園線が9,200円から、旭川~台北/桃園線が10,500円から、小松~台北/桃園線が11,600円から。 いずれも空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は5月19日から8月31日まで。販売期間は5月20日午後11時59分まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するフルサービスキャリアのシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは1989年にトレードウィングスとして設立し、1992年に現在の名称に変更した。現在はボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 シンガポール航空グループでは、2017年7月にタイガーエアをスクートに統合している。シンガポール航空とシルクエアーの統合後のシンガポール航空グループの航空会社は、貨物航空会社を除くと、フルサービスキャリアはシンガポール航空、格安航空会社(LCC)はスクートに一本化されることなる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 - 05月17日(木)19:41 

セブパシフィック航空は、5月16日に日本支社を開設した。 アジア太平洋地域での事業拡大戦略の一環として開設するもので、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポート、プロモーション活動などを行う。日本支社長にはカタール航空日本支社長、タイガーエア・台湾の日本地区支配人を務めた、松本智彦氏が就任した。 松本知彦日本支社長は、「日本支社をこの度無事に開設できたことを光栄に思っております。日本とフィリピン間において貿易や観光の機会はたくさんあります。我々のミッションは、日本市場とセブパシフィック航空本社との橋渡しをすることです。1年を通して低価格を実現しているセブパシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していきます。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブパシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしています」とコメントしている。 セブパシフィック航空は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・福岡〜マニラ線と東京/成田〜セブ線を週70便運航している。日本就航から10年を迎え、2017年の利用者数は43.5万人以上となった。 ⇒詳細はこちら 投稿 セブパシフィック航空、日本支社開設 アジア太平洋地域で事業拡大 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、「台湾デー」開催記念でセール開催 片道5,300円から - 05月11日(金)14:41 

タイガーエア・台湾は、6月5日と6日に阪神甲子園球場で開催される阪神対オリックス戦を「台湾デー」として開催するのを記念し、大阪/関西・岡山発着路線を対象に「台湾デー開催記念キャンペーン」を、5月11日午前11時から12日まで開催する。 対象路線と片道運賃は、岡山〜台北/桃園線は5,300円から、大阪/関西〜台北/桃園・高雄線は5,600円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は5月11日から9月30日まで。 タイガーエア・台湾は2014年9月26日に台北/桃園~シンガポール線で運航を開始。日本には2015年4月2日に東京/成田~台北/桃園線で初就航し、現在では東京/成田・東京/羽田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・函館・仙台・岡山・沖縄/那覇に就航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「台湾デー」実施内容追加のお知らせ ~林威助氏のトークショーの開催や新食感かき氷「ICE MONSTER」の出店が決定~ - 05月10日(木)15:10 

[阪神電気鉄道株式会社] また、甲子園球場では初となる台湾発 世界一の新食感かき氷「ICE MONSTER」が外周ミズノスクエアに出店するほか、台湾プロ野球チームに所属しているチアガールの来場や、タイガーエア台湾の客室乗務員による特別...
カテゴリー:

もっと見る

「タイガーエア」の画像

もっと見る

「タイガーエア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる