「タイガーエア」とは?

関連ニュース

シンガポール航空、飛行訓練センター設立--CAE社とジョイントベンチャー - 08月16日(水)11:38 

シンガポール航空は8月16日、CAE社と共同でシンガポールにパイロット訓練センターを設立することで合意し、覚書を交わしたことを発表した。このジョイントベンチャーは、ボーイング社製のシミュレーターの提供を主に、シンガポールにおけるシンガポール航空グループやその他の航空会社のパイロット訓練のニーズをサポートする。 両社の折半出資による今回のジョイントベンチャー施設は、チャンギ空港近くに位置するシンガポール航空の訓練センター(STC)より活動を開始する。シンガポール航空は、まずボーイング社製のフルフライト・シミュレーター4基をジョイントベンチャーに移管し、その後順次、CAE社製の訓練装置を追加していく予定。この訓練施設では、ボーイング737MAX、747、777、787に対応した広範囲なイニシャル・タイプレーティング訓練や、リカレント訓練を提供する。 シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEO は、「航空業界の今後の見通しは明るく、新たにCAE社と設立する飛行訓練のジョイントベンチャーが、航空業界を牽引するハブとして、シンガポールの地位をさらに向上させると確信しています。シンガポール航空グループのさらなる成長を推し進める保有機数の拡大とともに、今回のジョイントベンチャーは、当社の訓練だけでなく、この地域に拠点を置く他の航空会社の訓練にも対応していきます。 また、世界有数の民間航空教...more
カテゴリー:

航空業界ニュースをななめ読み 第3回 JALとベトジェットの提携の意味、オリックス連合運営の神戸空港への期待 - 08月16日(水)06:00 

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、JAL植木義晴社長のA350に関する発言と、タイガーエア・シンガポールとスクートの合併について取り上げたい。
カテゴリー:

「タイガーエア」の画像

もっと見る

「タイガーエア」の動画

Wikipedia

タイガーエア (Tigerair) は、シンガポール格安航空会社である。

概要

2003年、シンガポール航空がタイガー・アビエーション(現:タイガーエアウェイズ・ホールディングス)に49%出資して、「タイガー・エアウェイズ(Tiger Airways)」 として設立。シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2を利用している2012年9月25日に、バジェットターミナルから移動した。。

2007年、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアを設立し、就航。同年11月、韓国の仁川市と提携し、格安航空会社を設立する計画を公表するが、後に撤回 - tigerairways.com、。

2014年1月8日に、フィリピンセブパシフィック航空と戦略的提携を実施すると発表。両社の路線網について、インターライン提携...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる