「タイガーエア」とは?

関連ニュース

スクート、旅行会社向けにセミナーをインフィニ・シンガポール政観と合同で開催 - 06月24日(土)09:15 

スクートは、インフィニトラベルインフォメーション、シンガポール政府観光局と合同で、「スクート・シンガポールセミナー」を、6月15日に大阪、6月20日に東京で開催した。 スクートとタイガーエアの合併に伴い開催したもので、旅行会社へ向けて、スクートは両社の合併の詳細、シンガポール政府観光局はシンガポールへの日本人渡航者の特徴や傾向、LCC利用者の多い層など統計に基づいた説明や注目スポットやイベント情報の紹介を行った。インフィニもスクートの2レターコードが「TZ」から「TR」への変更に伴う予約発券時のシステム使用方法を解説した。 スクートの坪川成樹日本・韓国支社長は、「スクートとタイガーエアの合併により、シンガポール以遠も含めた当社の低運賃をインフィニ上でご提供できるようになった。フルサービスキャリアと変わらない協業の親和性が高いLCCとして、旅行会社の皆様と新しいビジネスモデルを更に構築したい。」と述べた。 セミナー後は、シンガポール料理を囲みランチ意見交換会を行い、スクートのシンガポール往復航空券などが当たる抽選会も行いました。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、岡山〜台北/桃園線をきょうから増便 週4便を運航 - 06月16日(金)17:18 

タイガーエア・台湾は、岡山〜台北/桃園線を6月16日より、週3便から4便に増便した。 月・木・日曜の週3便に、金曜の運航を追加する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機で運航する。2016年7月14日の就航開始から12月17日までの間に、66往復を運航。平均搭乗率は77.4%で、外国人の利用が約7割に達している。 タイガーエア・台湾は、エアバスA320型機10機を保有し、日本、タイ、中国、韓国の14都市に就航。日本では、函館・仙台・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・岡山・福岡・沖縄/那覇の9都市と台北/桃園や高雄を結ぶ12路線を運航している。 ■ダイヤ IT215 岡山(17:30)〜台北/桃園(19:25)/月・木・金・日 IT214 台北/桃園(12:55)〜岡山(16:30)/月・木・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクートとタイガーエアの合併、7/25より全てをスクートに統一! 制服も新調 - 06月15日(木)18:20 

LCCのスクート(本拠地: シンガポール)は7月25日にLCCのタイガーエアと合併し、スクートブランドに統合する。現在のスクートおよびタイガーエアのフライトネットワークは、7月25日以降全てスクートとしての運航となり、ウェブサイトや空港チェックインカウンターはスクートに統一する。 この合併により、スクートは現在のボーイング787ドリームライナーに加え、今後はエアバスA320シリーズも保有する。現在、アジア太平洋地域部門でベストLCCを受賞しているスクートは、この合併によりネットワークを広げ、さらなる成長を目指す。 現在、合併における最終調整段階であり、今後最終的な認可を得て、7月25日以降全てのネットワークがスクートとして運航を開始する。スクートの2レターコードは現在のTZからTRに変更。フライトスケジュールについては現状通りとなる。 今後、タイガーエアのウェブサイトはスクートのウェブサイトに、コールセンターはスクートでのサービスに統一。この合併により、キャビンクルー(スクーティー)のユニフォームも新しくなる。 バジェット・アビエーション・ホールディングス(シンガポール航空グループ傘下のLCCスクートおよびタイガーエアの所有・管理を担う持株会社)のCEOであるLee Lik Hsin氏は、「スクートは現在、世界中の方に親しんでいただいております。私たちは、今回の合併によって...more
カテゴリー:

台北チャーター便就航、佐賀空港と週2往復 - 06月13日(火)08:46 

台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾の台北便が12日、佐賀空港に就航した。台湾の観光客向けのプログラムチャーター便として、台湾桃園国際空港との間を週2往復結ぶ。 佐賀空港の国際線は、上海便(週3往復)、ソウル便(1日1往復)に続き3路線目。A320(定員180人)を使用し、月・木曜日に運航する。 佐賀空港出発ロビーで開かれた記念式典には、山口祥義知事のほか、タイガーエア台湾の張鴻鐘董...
カテゴリー:

「エアライン・オブ・ザ・イヤー」にカタール航空、スカイトラックス社発表 トップ100社も - 06月21日(水)08:00 

スカイトラックス社は、パリ・エアショーで「ワールド・エアライン・アワード2017」の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を発表し、トップにカタール航空を選出した。 カタール航空は、「ワールド・ベスト・ビジネスクラス」、「ワールド・ベスト・ファーストクラスラウンジ」、「中東の最優秀航空会社」にも選ばれている。2015年にも「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選出されていたものの、2016年は2位で、今回1位に返り咲いた。 2位はシンガポール航空、3位は全日空(ANA)となった。ANAは日本の航空会社として初めてトップ3となった。前回トップのエミレーツ航空は4位に転落した。日本の航空会社は、日本航空(JAL)が16位と前回の21位から上昇、ピーチは96位と前回の78位から転落した。 調査対象となったのは325社で、2016年8月から2017年5月にかけて調査が行われた。 ■ランキング/1位〜50位(括弧内は昨年の順位) 1位:カタール航空(2) 2位:シンガポール航空(3) 3位:全日空/ANA(5) 4位:エミレーツ航空(1) 5位:キャセイパシフィック航空(4) 6位:エバー航空(8) 7位:ルフトハンザ・ドイツ航空(10) 8位:エティハド航空(6) 9位:海南航空(12) 10位:ガルーダ・インドネシア航空(11) 11位:タイ国際航空(13位) 12位:ターキッシュ・エアライン時...more
カテゴリー:

スクートとタイガーエアが7月25日合併しスクートブランドへ統合、日本発着便は787型機での運航を継続 スクートの2レターコードはTZからTRへ、客室乗務員の制服も刷新 - 06月15日(木)19:45 

 スクートは6月15日、グループ会社のタイガーエアと合併し、スクートブランドに統合することを発表した。7月25日以降はタイガーエア運航便もすべてスクートとしての運航となり、Webサイトや空港チェックインカウンターを統一。シンガポールを中心にネットワークを持つタイガーエアへの乗り継ぎ利便性などが高まる。
カテゴリー:

スクートとタイガーエア、7月25日に合併を発表 スクートブランドに統一 - 06月15日(木)15:28 

スクートとシンガポールのタイガーエアは、7月25日に合併すると発表した。合併は最終調整段階で、最終認可を経て正式決定する。 7月25日にはスクート、タイガーエアの全便がスクートブランドでの運航となり、ウェブサイトやチェックインカウンターも統一する。2レターコードはタイガーエアの「TR」を使用する。運航スケジュールに変更はない。ウェブサイトやコールセンターもスクートに統一する。キャビンアテンダントの制服は新しくなる。 これにより、スクートはエアバスA320シリーズも保有することになる。タイガーエアが保有する機体の塗装は2018年中旬までにすべてスクートの塗装となる。 両社の持株会社であるバジェット・アビエーション・ホールディングスのリー・リクシン最高経営責任者(CEO)は、「スクートは現在世界中の方に親しんでいただいております。私たちは、今回の合併によってこのスクートブランドを引き継ぎ、拡大されたネットワークでさらに多くのお客様にご利用いただくことを楽しみにしております。」とコメントしている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

茨城空港、エプロンルーフ2基を整備 7月2日から本格供用開始 - 06月02日(金)11:31 

茨城空港で、国管理空港として初めて、ターミナルと航空機間を乗客が移動時に利用する、可動式エプロンルーフを整備し、7月2日より本格供用を開始する。 茨城県が駐機場に2基のエプロンルーフを設置する。これにより、搭乗や降機時に雨風や日差しを避けることができる。エプロンルーフは成田国際空港の第3ターミナルにも設置されている。 同日からは、タイガーエア・台湾が、台北/桃園との間をプログラムチャーター便を就航させる。
カテゴリー:

「タイガーエア」の画像

もっと見る

「タイガーエア」の動画

Wikipedia

タイガーエア (Tigerair) は、シンガポール格安航空会社である。

概要

2003年、シンガポール航空が「タイガー・アビエーション(現・タイガーエアウェイズ・ホールディングス)」に49%出資して、タイガー・エアウェイズ (Tiger Airways) として設立。シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2を利用している2012年9月25日に、バジェットターミナルから移動した。。

2007年、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアを設立し、就航。同年11月、韓国の仁川市と提携し、格安航空会社を設立する計画を公表するが、後に撤回 - tigerairways.com、。

2014年1月8日に、フィリピンセブパシフィック航空と戦略的提携を実施すると発表。両社の路線網について、インターライン提携によって、相互に予約・販売、乗継が可能となり、ネットワークを拡大することで、利便性が高まることとなった。また当社が、フィリピンに置くタイガーエア・フィリピンの株式40%をセブパシフィック航空に譲渡し、タイ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる