「ソフトバンクグループ」とは?

関連ニュース

アングル:ソフトバンクの通信会社上場、「信用力」見極め判断へ - 01月19日(金)17:46 

[東京 19日 ロイター] - 国内通信子会社ソフトバンクの株式上場を検討しているソフトバンクグループが信用力の維持に神経をとがらせている。上場で目先のキャッシュは入るものの、市場がM&A(企業の合併・買収)の原資となるフリーキャッシュフローの外部流出をより強く意識すれば、株価に影響がでかねないためだ。 ただ、現時点で株式市場の受け止めは総じてポジティブとなっている。 <
カテゴリー:

ソフトバンク(9984)傘下の携帯事業会社、 上場にはちょっと「問題」がある!? - 闇株新聞 - 01月19日(金)17:00 

ソフトバンクグループ(9984)が、年内にも傘下の携帯事業会社「ソフトバンク」を東証1部に年内に上場させる方針を固めたとの報道が1月15日付日本経済新聞で大々的に報じられましたが、闇株新聞プレミアムはこの子会社売り出しには「ちょっと問題がある」と解説しています。
カテゴリー:

ソフトバンク、Uberの筆頭株主に--出資契約が完了 - 01月19日(金)11:24 

Uberは、ソフトバンクグループが率いるコンソーシアムとの間で、株式の20%を同コンソーシアムに売却する契約を米国時間1月18日に締結したことを認めた。
カテゴリー:

米ウーバーへの出資完了 ソフトバンク、筆頭株主に - 01月19日(金)10:14 

 ソフトバンクグループが、米配車大手ウーバー・テクノロジーズへの出資を完了したことが18日、分かった。欧米メディアが報じた。ソフトバンクは昨年12月、ウーバーの株式15%を77億ドル(約8500億円)で取得することで合意したと明らかにしていた。
カテゴリー:

ソフトバンク上場か、資金の行き先に注視すべし - 01月16日(火)07:30 

 ソフトバンクグループは、稼ぎ頭を売却するかもしれない。このニュースに胸をときめかせた投資家は、その売却で得た資金がどこにつぎ込まれるかに注視すべきだ。
カテゴリー:

アングル:ソフトバンクの通信会社上場、「信用力」見極め判断へ - 01月19日(金)17:46 

[東京 19日 ロイター] - 国内通信子会社ソフトバンクの株式上場を検討しているソフトバンクグループが信用力の維持に神経をとがらせている。上場で目先のキャッシュは入るものの、市場がM&A(企業の合併・買収)の原資となるフリーキャッシュフローの外部流出をより強く意識すれば、株価に影響がでかねないためだ。
カテゴリー:

ICTで障害児学習・生活支援「魔法のプロジェクト2018」協力校募集 - 01月19日(金)16:15 

 東京大学先端科学技術研究センター、ソフトバンク、エデュアスは、ICTを活用して障がい児の学習・生活支援を行う研究「魔法のプロジェクト2018」の協力校を、2018年2月28日まで募集する。研究期間は1年間で、協力校にはタブレットや人型ロボットを無償で貸し出す。 東京大学先端研とソフトバンクグループは、2009年実施の携帯電話を活用した障がい児の学習支援「あきちゃんの魔法のポケットプロジェクト」から「魔法のプロジェクト」をスタート。障がい児の生活の場まで支援を広げ、教員志望の学生や若手教員の育成を強化するなど、実施年度によってさまざまな実践研究を行ってきた。 今回の「魔法のプロジェクト2018~魔法のダイアリー~」では、児童・生徒の学習や成長の「めあて」(学習や生活における具体的な目標)に向けて、指導の記録を取得し、効果を示すことが目的。タブレットや人型ロボット「Pepper」を1年間無償で貸し出し、教育現場や日常生活の場などで活用してもらう。 協力校は各地域にて、活用事例を発表する研修会を任意で実施することが予定されている。プロジェクト名にある「魔法のダイアリー」という言葉は、これらの活動をベースに実践研究を進めることで、児童・生徒が支援や配慮を途切れることなく受けられるように、という願いが込められているという。 応募の対象は、日本国内の特別支援学校、小中学校・高等学校の特別支援...more
カテゴリー:

配車大手:ウーバーへの出資完了 ソフトバンク、筆頭株主 - 01月19日(金)11:12 

 ソフトバンクグループは19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズへの出資を完了したと明らかにした。ソフトバンクを含む数社の投資家連合で計93億ドル(約1兆円)を出資した。ソフトバンクのウーバーに対する持ち株比率は約15%で、筆頭株主になったとみられる。
カテゴリー:

運転情報を技術開発に活用 米ベンチャーがトヨタなどに協力 - 01月17日(水)20:58 

 トヨタ自動車やソフトバンクグループが出資する米自動運転関連ベンチャー、nauto(ナウト、カリフォルニア州)は17日、都内で説明会を開き、トヨタなど大手メーカーの技術開発に協力していることを明らかにした。ナウトが収集したタクシーの運転情報を自動運転の開発に役立てる試みで、ステファン・ヘック最高経営責任者(CEO)は「今後10年間で自動運転が実現される中で、当社のシステムが搭載されていくだろう」との見通しを示した。
カテゴリー:

ソフトバンクグループ 携帯子会社上場、2兆円を調達 年内にも東証1部検討 - 01月16日(火)06:05 

 ソフトバンクグループ(SBG)は15日、携帯電話事業など国内通信子会社のソフトバンクを株式上場させる方向で検討していることを明らかにした。早ければ年内にも東京証券取引所第1部に上場し、2兆円程度を調達する案などを念頭に置く。上場で財務体質の改善や海外投資の加速を図る考えとみられる。新規株式公開(IPO)としては過去最大額を調達した1987年のNTT(約2兆2000億円)に匹敵する大型上場となる可能性がある。
カテゴリー:

もっと見る

「ソフトバンクグループ」の画像

もっと見る

「ソフトバンクグループ」の動画

Wikipedia

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本携帯電話等の電気通信事業者インターネット関連企業等を傘下に置く持株会社日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。

携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高を誇る巨大企業で、売上の6割を占める。また、固定電話インターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業も行っている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。

各事業に関する説明はグループ会社を参照。

沿革 1970年代
  • 1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに、日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる